固定スペース

講習会及び通信講習料金は他社より安いか、高いかの判断基準

 

1 消防設備士講習会・消防設備士通信講習会及び講習料金

   消防設備士の講習会および通信講座の受講料は、講習会と通信講座を同時に受講しても甲種消防設備士39,000円・乙種消防設備士28,000円です。  通信講座を受講しながら講習会の開催日に講習を受講できます。

 

68歳の受講生は、全類27万円支払い鑑定製図は2回受講し、7免許を8ヶ月で取得してしまいました。

 

消防設備士講習会の種類 講習会料金 消防設備士通信講習会の種類 消防設備名
消防設備士甲種特類講習 45,000円 消防設備士甲種特類講習 特殊消防設備
消防設備士甲種1類講習 36,000円 消防設備士甲種1類講習 屋内消火、スプリンクラー設備等
消防設備士甲種2類講習 36,000円 消防設備士甲種2類講習 泡消火設備
消防設備士甲種3類講習 36,000円 消防設備士甲種3類講習 不活性ガス、粉末消火設備等
消防設備士甲種4類講習 36,000円 消防設備士甲種4類講習 自動火災報知設備等
消防設備士甲種5類講習 36,000円 消防設備士甲種5類講習 救助袋、緩降機
消防設備士乙種1類講習 28,500円 消防設備士乙種1類講習 屋内消消火、スプリンクラー設備、
消防設備士乙種2類講習 28,500円 消防設備士乙種2類講習 泡消火設備
消防設備士乙種3類講習 28,500円 消防設備士乙種3類講習

不活性ガス、粉末消火設備

消防設備士乙種4類講習 28,500円 消防設備士乙種4類講習 自動火災報知設備等
消防設備士乙種5類講習 28,500円 消防設備士乙種5類講習 救助袋、緩降機
消防設備士乙種6類講習 28,500円 消防設備士乙種6類講習 消火器
消防設備士乙種7類講習 28,500円 消防設備士乙種7類講習 漏電火災警報器

 

68才からの消防設備士全類8免許を1年未満取得の合格への軌跡!!

1 甲種4類 平成26年4月15日合格  甲種2類 平成26年5月 9日合格 3 甲種1類 平成26年9月1日合格
オズ免許写真.jpg オズ免許写真002.jpg オズ免許写真003.jpg
4 甲種3類 平成26年9月 5日合格 5 甲種5類 平成26年11月25日合格 6 乙種7類 平成26年12月17日合格
オズ免許写真003.jpg オズ甲種五類免許.jpg 7免許オズ.jpg
7 乙種6類平成26年12月17日合格 8 甲種特類受験準備中

 68歳の男性 全類8免許1年未得挑戦 

7免許オズ.jpg

 

全類取得1年未満で取得準備中

平成26年4月15日〜平成27年4月14日までの1年で全類8免許に挑戦(現在7免許取得)

 

1 甲4類 平成26年4月15日合格

2甲2類 平成26年5月 9日合格

3甲1類 平成26年9月1日合格

4甲種3類 平成26年9月 5日合格

5甲5類 平成26年11月17日合

6乙6類平成26年12月17日合格

7乙6類平成26年12月17日合

 

 

2 消防設備士講習会及び通信講習会の講習料金の価値判断

  当社は、全類の消防設備士免許を取得できる消防設備士取得講習会です。また特に短期間で消防設備士免許が取得できる講習会です。 甲種特類、甲種1類〜甲種5類、乙種1類〜乙種7類の消防設備士免許の1つ免許30日から45日で取得できる講習会です。 ユーキャンの甲種免許は7ケ月〜8ケ月、乙種免許は6ケ月〜7月が標準学習期間とされています。

 当社の講習会及び通信講座の受講料金は、料金的にユーキャンの43,000円より安いが、そのほかの他社より消防設備免許取得講習会の受講料金より高いか、安いかをどう考えるか? さまざまな判断により受講料金が高いか、安いか判断されます。  受講者の方が ご自分の価値判断をどこに置くかで受講が決まります。

 

特徴1

他社との料金価価格よる判断

 他社の消防設備士講習会より5,000円高い、10,000円安いとかただ単に価格的な判断よるもので高いか、安いかの判断だけてす。10,000円高い方が誰でも高いと判断できますが判断には色々な判断要素が含まれます。  『大きなお金、小さな努力、大きな成果』が根本的な判断です。

特徴2

 短期間で取得できる時間による判断

 『全類を1年以内の短期間で免許が取得できるから安いのか』 の1免許を30日から45日で取得できる短期間で取得できるため、勉強時間の短時間で済みます。

 勉強時間が短時間で済むという効率的な講習の価格が、安いのか、高いのかの判断です。このことは、試験に出題される重要項目・ポイントがまとめられているからです。 免許取得時間が短時間で済むという時間を購入することになります。 

 また、 地方では、年1回から2回の消防設備士試験で合格しないと1年間努力が無駄になり、人生においても大きな時間の無駄になります。 甲種特類の免許を取得して取締役になった人や取締役になれなかって人もおります。

特徴3

高合格率による判断

  免許取得率が85%〜90%との合格率である。との高合格率が安いのか、高いのかの価格の判断になります。  合格率は一般的に平均30%であるが85%〜90%との合格率』は講習内容か充実しており、出題される必要な項目・ポイントだけ覚えれば良いく少ない努力ですむ高合格率が高いのか、安いのかの判断です。  

消防設備、機器類の接れ見分による判断

 受講する消防設備の種別ごとの消防防設備・機器類に触れることができる ため7消防防設備・機器類に触れることにより無理なく設備及び機器の名称及び機能を無理なくその場で覚えられます。   実物に触れることにより鑑定の記憶が確実になる講習会と写真や図面だけの講習会が高いのか、安いのかの判断です。

特徴4
特徴5

実務経験者指導による判断

 消防設備メーカーで長年の実務経験や消防設備業務を通じた製図作成者経験者によりが無理なく製図の作成の指導が受講できる講習会です。  過去問中心での合格者は、基礎的な内容がわからずにたまたま過去問がでて、まぐれで合格しただけです。 設備会社での製図の作成、ポンプ大きさ、配線の作成及び配管方法がよくわかる講習あるでなら料金は安いと判断です。

特徴6

消防設備士良い教本の判断

 当講習会は、日本で初めての当社独自の全類13種類の教本が作成されております。  必要項目・テキストは項目ごとにまとめられ非常に薄く、頭の中が整理されて覚えやすくいく市販の教本を購入する必要であります。 

 ユーキャンの通信講座の担当者は、よい通信講座の教本はできる限り薄い方がよいとの言葉は的を得ています。 

特徴7

よい講師及びよい通信講座の判断

 講習会において講師は、消防設備士免許を所有している事が最低必要です。 講師が免許を取得していなければ体験がないのでどこが出題されるか指導はできません。 消防設備士免許を所有していなくても講師をしていり、配線図、配管図を書けない講師もおります。

 当社の講師は、全類免許所有者や2名講師は全類設備免許を1年以内で取得しています。 実績がある 日本一最速の全類消防設備士免許の取得講師による合格率の高い指導が受けられるます。 物事を教えてもらうには一番に知っている人に教えてもらうのが一番であります。

消防設備士講習会及び通信講座のメリット

 

 他社の消防設備士免許講習会は3種類〜5種類の免許講習会であるが、当社は日本で初めての甲種特類、甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類乙種1類、乙種2類、乙種3類、乙種4類、乙種5類、乙種6類、乙種7類の13種類の消防設備免許の講習会及び通信講座を実施しているおり全類の消防設備士免許の取得ができます。

 

 消防設備の種別ごとの消防防設備・機器類に触れ触れることにより無理なく覚えられる。

写真や図面だけの鑑定より実物に触れることにより鑑定の記憶が確実になる。

 

 全類の消防設備免許を1年以内の短期間で取得でき、1種類の免許が30日〜45日取得で きる。 当講習会のテキストは項目ごとにまとめられ、頭の中が整理されて覚えやすくい。

 

 社独自の全類13種類の教本があり、最新の出題傾向を分析し、学習教材に反映しおり 市販の教本を購入する必要がありません。

 

日本一最速の全類消防設備士免許の取得講師の取得経験に基づく指導が受けられる。

 

 

▲このページのトップに戻る