固定スペース

消防設備士免許試験で使用消防設備資機材

  甲種1類消防設備士試験講習会用資機材

 屋内消火栓9.jpg  屋内消火栓7.jpg

  

すすすす.jpg ややややや.jpg
ヘッド.jpg 結合金具.jpg
フート弁.jpg 流水検知装置.jpg
一斉開放弁.jpg 圧陸珪.jpg
発信機.jpg 発信機1.jpg

  

甲種4類消防設備士試験講習会用資機材

018.JPG

自動火災報知機受信機(1級・2級3級)非常放送設備

  受信機.jpg

   

感知器Z.jpg 三級受信機.jpg
感知器.jpg ガス検知器.jpg
三級受信機.jpg 電話機.jpg

 

  甲種2類消防設備士試験講習会用資機材

  1111111.jpg

  

甲種2類.jpg 444.jpg
ヘッド.jpg 結合金具.jpg
フート弁.jpg 流水検知装置.jpg
一斉開放弁.jpg 圧陸珪.jpg
発信機.jpg 発信機1.jpg

  

   甲種3類消防設備士試験講習会用資機材

  ガス三類.jpg

 

 3-3.jpg  3-5.jpg
9-2.jpg 3-7.jpg
5-1.jpg 9-1.jpg
 3-8.jpg  1-1.jpg
 1-7.jpg  11-1.jpg

甲種5類消防設備士試験講習会用資機材 

緩降機.jpg 皮内器具.jpg

 

 

乙種6類消防設備士試験講習会用資機材

し受か器.jpg 

 

6消火器.jpg

 

乙種7類消防設備士試験講習会用資機材 

漏電.jpg

 

  

  

日本最速女性消防設備士の実物資機材の感想!

  日本一最速女性全類8免許取得記録としては、平成29年8月4日に甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許を10ヶ月、全類8免許を351日の一年未満で取得した最初の女性消防設備士は次のように感想を述べてすます。

  消防設備につてなにも知らない文系女子の23歳の私は、消防設備士全類8免許が1年以内に取得できる『日本一最速の講習会』の言葉を信じて受講してみました。   実際に消防設備にさわったり、配線や配管を実際におこない目でみて覚えてしまい全類8免許を1年未満で取得しました。

 甲種1類〜甲種5免許、乙種6、乙種7免許を10ヶ月で取得 

  消防設備士全類(8免許)取得期間351日で取得

免許の種別

 交付年月日

千木良舞.jpg 1 甲種4類 H28.08.23
2 甲種2類 H29.02.20
3 甲種5類 H29.03.29
4 甲種1類 H29.04.17
5 甲種3類 H29.05.15
6 乙種6類 H29.06.22
7 乙種7類 H29.07.19
8 甲種特類

H29.8.04

 

何も知らない文系女子の講習会受講しての感想

  ・何といっても消防設備の実物を目で見て、触れられること。 何故その造りをしているのかを理論的に解説してくださるので覚えやすい。 


合格に最低限必要な知識を全範囲に渡ってたった二日間で教えてくださる。仕事をしながらでも平気

 

 講習もわかりやすいので、しっかり話を聞いておけば

その後の自習で充分合格できる。 

 

 ・甲種1免許は、38,000円かかりますが、一時的に見れば決して安い金額ではない。 長いスパンで考えれば資格の取得で充分ペイできるどころか収入はプラスであるし、短期間の取得による周りからの評価も合わせれば安すぎる くらいだと思う。 

 

相談ごとには親身になってアドバイスしてくださるし、必要があればマンツーマンで教えてくださるので頼りっきりです。 

 

・わからないことがあっても、電話ひとつで教えてもらえる。  ・講習中の雑談も、聞いていて面白い。 


・とにかく手厚い。同じ類の講習を複数回受けても、出題された最新の試験問題をその度配ってくださるので全く同じ講習はない。教科書の改訂も多いので、信頼できる。

 

 

  初めて「消防設備士免許を取得」しょうとする場合、試験に対す知識、試験内容、程度、難易さ、受験資格、合格率等に知識がない方はご相談(090-4613-3479 宇山)お待ちしています。 

 

なぜ、こんなに簡単に消防設備士免許が短期間で簡単に取得できる大きな理由は、「消防設備士各類の講習会資機材」を直接手でさわり、目で見て消防設備資機材の構造を理解できるからです。

 

  のものを覚える場合、脳の構造は右脳と左脳」の2つに分わかれているそうです。  消防設備士講習会では、右 脳」を使用して目でみて構造を覚えます。  そのため、「高速で大量に見たまま記憶」できるので100倍もの速さでものを覚えることができるからです。

 

 平成29年度の統計の合格率を見ると甲種6免許の平均合格率は、23.5%と超低合格率です。  市販の参考書で独学では、地方の年2回の受験では5回以上平均受験しなければ免許は取れません。

  

   当社の多数の受講生が消防設備士全類8免許超高速スピードの1年未満で取得できる理由は、消防設備を実際に手に取りさわり、実際に配線と配管するから目で見て構造を覚えてしまうからです。 

 

「百聞は一見にしかず」の例えのとおり、20歳の受講生は、 「私は、何も知らない素人ですが、目で見て一回で覚えた。」とお話しています。   市販の参考書で、100回も読まなければ覚えられない事が、誰でも目でみれば1回で覚えることができす。

 

 市販の参考書は、実物の消防設備を見る事が出来ないので、活字と写真覚えるため速度が遅くなります。 しずつ理解しながら学習して行く」ので非常に時間がかかり1免許取得するのに2年以上かかってしまいます。  

  

 消防設備を実際に見て、さわって覚える場合、右脳で覚えるので高速で大量のものを簡単に覚える」ことができるからです。   直感的にイメージ(映像)を見たまま高速で簡単に記憶」することができるから「12日〜30日で1免許を取得」することができます。

左脳.jpg

  

   当社の講習会は、消防設備試験13免許の全ての消防設備資機材700万円の費用かけ講習会場に用意しています。   用意されている消防設備資機材実際に見て手でさわりるので構造が一回で理解でき覚えてしまいます。

▲このページのトップに戻る