固定スペース
消防設備士甲種4類 消防設備士教習所

甲種四類講習会教習所.jpg

 

 

 一発合格!!  消防設備士甲種4類免許!

  消防設備士甲種4類の免許を一番早く短期間で合格率90%〜100%の合格率で取得する方法は、消防設備士免許13免許(甲種特類、甲種1類、甲種2 類、甲種3類、甲種4類、種5類、乙種1類、乙種2類、乙種3類、乙種4類、乙種5類、乙種6類、乙種7類)の講習を実施している国内最大級消防設備士教習所 の講習を受講することです。

 

 当社の消防設備士教習所 講習会を受講して甲種4類の免許を12日〜30日の短期間で簡単に取得してみませんか?

  

 当社の講習会を受講すると甲種4類の1免許1発合格の合格率90%〜100%で、取得期間はたったの12日〜30日の短い期間で取得できます。  

 

 当社の多数の受講生が実際に取得した消防設備士免許写真の掲載と取得期間から合格率が判断できますので、必ず甲種4類の消防設備士の免許が短期間の合格率100%で取得できる事を確認できます。

 

 例えば、68歳の男性消防設備士が、消防設備士7免許を4ヶ月未満(115日)で取得したなら、1免許の取得日数は17日となります。 17日が連続7回で取得したことにより合格率100%で超スピードでの取得したことは誰も疑いません。                                               

088.jpg

 消防設備士代表講師   

 宇  山  幸  逸

 

 

 消防設備士全類(8免許)取得 (225日)(取得期間7ケ月半)

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間4ヶ月未満の115日)

 免許の種別

 交付年月日

 サトウ.bmp 1 乙種6類 R01.06.14
2 甲種4類 R01.06.21

3 甲3種類

R01.07.30
4 乙種7類 R01.08.02
5 甲種5類 R01.09.02
6 甲種1類 R01.10.01
7 甲種2類 R01.10.09
8 甲種特類 R02. 01.29

 当社は、消防設備士13免許の全ての消防設備士講習会を毎月4免許〜8免許の講習会を実施している全国で1ヶ所しかない消防設備士免許取得専門の消防設備士教習所です。

  

甲種4類免許の取得消防設備士教習会場

 消防設備士講習会の講習会場は、千葉市土気商工会館の2階会議室の40名程度6名程度入室できる2室を使用して講習をお待ちしております。  

 千葉A.bmp講習会写真.jpg

 

 甲種4類消防設備士講習会実施予定日

回 数  類  別 講 習 会 開 催 年 月 日 受 験 地 ・ 試 験 日 空席の有無
 1

甲種4類講習

乙種4類講習

令和 2年4月18日(土)19日(日)    空席有
 2

甲種4類講習

乙種4類講習

令和 2年6月  6日(土)   7日(日)    空席有
 3

甲種4類講習

乙種4類講習

令和 2年7月11日(土) 12日(日)    空席有

 

 

消防設備士講習会の申し込みはこちらクリックしてください

 

 

消防設備士講習会講師の実務経歴と同僚上司
 岡本.jpg

 消防備士教習所の講習会の講師は、長年の消防行政にたずさわってきた知識と経験を生かし、自治省消防庁予防課時代に岡本 保氏 現 自治体国際化協会理事長 (元総務省事務次官、消防庁長官、)、  小林 恭一氏 現 東京理科大学教授総務省消防庁 初代国民防災保護部長、消防庁予防課長)、次郎丸誠男氏 (元総務省消防庁審議官・消防研究所所長・危険物保安技術協会理事長、消防設備専門官)3名に御指導を受けた経験を生かし、消防設備士育成のために設立された全国一ヶ所しかない専門の「消防設備士教習所」なので甲種4類の免許は簡単に12日〜30日で取得できます。  

 岡本 保 

 日本の行政官

 自治体国際化協会理事長 

 総務事務次官

 総務省消防庁長官

 自治行政局長

 小林 恭一  

東京理科大学教授 

建設省建築指導係長

総務省消防庁予防課長 

総務省消防庁国民防災保護部長

危険物保安技術協会理事

  次郎丸 誠男

危険物保安技術協会特別顧問  

総務省消防庁予防課長

消防庁審議官

消防庁消防研究所長

危険物保安技術協会理事長

  

岡本保.jpg 小林恭一.jpg 次郎丸.jpg

  私は、47年前に総務省消防庁予防課千葉市消防局予防課等に36年間勤務し、11年前の平成20年に定年退職をきに消防設備士教習所を開設して消防設備士育成業務を始めようと考えました。

  

 消防設備士免許の種類は、昭和40年に免許制度が始まり平成16年5月まで7種類の免許でしたが、平成16年6月に甲種特類の免許ができて8種類の免許に増えました。

  

 このため、甲種特類の免許ができた平成16年6月以降において消防設備士全類8種類の免許一年以内に取得した受験者は当然だれもおりませんでした。   

 

 私は、消防設備士教習所を開設して消防設備士育成業務をおこなうため、「実績と信頼」を得るためにどうしても消防設備士全類8免許一年以内に取得する必要にせまられました。

 

 また、平成16年6月以降において消防設備士全類8種類の免許一年以内に取得すれば、日本で初めて日本一最速の消防設備士全類8免許取得者になり、全国の消防設備士受験者この免許をみて実績を信頼して、全国から講習会に来ると単純な発想からです。

 

 私は、平成17年10月25日消防設備士全類8免許を364日で取得し、念願の「日本一最速の消防設備士全類8免許取得者」になることができました。

 

自治.jpg コウイツ免許.jpg

 

消防設備士講習会の申し込みはこちらクリックしてください

 

当社の実績ある2名のスーパー消防設備士講師

 消防設備士講師になるための実績と指導力を得るために、現役の消防職員時代に平成17年10月25日に消防設備士全類8免許日本一最速超スピード364日(1免許45日)で取得し日本一最速免許取得者になりました。

 

日本最速全類8免許取得のスーパー消防設備士講師

 14年前の甲種特類の免許ができ7免許が8免許になった。

日本で最初に全類8免許を年未満(364日)で取得した消防設備士

 

免許の種別

 

交付年月日

コウイツ免許.jpg 1 甲種4類 H16.10.26
2 乙種7類 H17.01.28
3 甲種1類 H17.02.28
4 乙種6類 H17.03.03
5 甲種2類 H17.07.07
6 甲種5類 H17.08.05
7 甲種3類 H17.10.13
8 甲種特類 H17.10.25

  

 現役の消防職員時代の3年間に消防設備士教習所の開設の準備をおこない、退職と同時に息子と消防設備士教習所を設立開設しました

 

息子も消防設備士教習所の講師として13年前に消防設備士7免許を7ヶ月(1免許1ヶ月)で取得し、当時消防設備士全類8免許を日本一最速スピードの348日で取得しています。

 

日本最速全類8免許取得のスーパー消防設備士講師

 11年前消防設備士全類(8免許)日本最速取得者(取得期間348日

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間7ヶ月)

 

免許の種別

 

交付年月日

宇山免許.jpg 1 甲種2類 H19.10.25
2 甲種4類 H19.11.14
3 甲種1類 H19.11.22
4 甲種5類 H20.03.06
5 甲種3類 H20.04.16
6 乙種6類 H20.05.26
7 乙種7類 H20.06.03
8 甲種特類 H20.10.08

 

 この消防設備士教習所の特徴は、日本一最速のスピードで消防設備士全8免許ができ、さらに13種類の全ての免許が取得できるのが大きな特徴です。

 

 また、 受講生は全員が日本一最速スピード日本で最初消防設備士全類8免許を取得した実績と指導力あるスーパー設備士講師の指導により、消防設備士13種類の免許が短期間ですべて取得できるのが大きな特徴です。 

  

 先輩15名の受講生が短期間で取得した実物の消防設備士全類8免許の取得写真を見れば、私も取得できると自信をもって受講できます。 

  

 全国で消防設備士13免許すべて取得できる消防設備士教習所なので、全国から多数の受験者が指導力実績を信じ、甲種4類設備士免許が簡単に合格率90%〜100%の一発合格しております。

  最近の受講生の消防設備士免許取得状

 

 消防設備士受験準備合格セミナーで、当社の8種類の消防設備講習を全て受講して、当社で「消防設備士全類8免許」最初に取得「小津善久さん(69歳)」を紹介します。

小津さん.bmp

 69歳の私は、6年前に消防設備士1免許を2日間の講習を受講して、7免許を8ヶ月で取得(1免許34日×7回)し全類8免許を349日で取得できました。 

   

 2018年12月18日付の「国家資格最高齢合格調査」の消防設備士部門で驚いたことに69歳の私が消防設備士資格部門で最高齢者と認定されていました。

 

 69歳の私が、消防設備士教習所の講習会を受講して、消防設備士全類8免許取得したが消防設備士国家資格最高齢者として非常に高い評価を受けている講習を受講できたのが幸運でした。  

 消防設備士全類(8免許)取得期間日本第2位(取得期間349日

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間8ケ月)

 

免許の種別

 

交付年月日

8免許.jpg 1 甲種4類 H26.04.15
2 甲種2類 H26.05.09
3 甲種1類 H26.09.01
4 甲種3類 H26.09.05
5 甲種5類 H26.11.25
6 乙種6類 H26.12.17
7 乙種7類 H26.12.17
8 甲種特類 H27.03.30

 

最高齢.bmp

消防設備士(全類8免許)<参考情報>
消防設備士受験準備合格セミナー

消防設備士は理系資格の中では最近人気が上昇してきており、電気工事士に迫るほどの勢いを見せています。
ビルメン系資格の求人数調査:電気工事士と消防設備士が強い!

ちなみに、この消防設備士というのは消防員の資格ではなく、「設備」を司るメカニックのような位置付けのものです。

それぞれの消防設備ごとに特類、1類〜7類まで「8つ」に細分化されており各類の設備を取り扱うにはそれぞれの種類の試験に合格しなければなりません。
(参考)消防設備士免状の種類

なお、各類の合格率は30%前後なので、一つ一つが決して簡単な試験ではない事を付け加えておきます。

そして、この方は何と1年未満で8つ全類取得されたとの事。

おそらく各類での最高齢は、それぞれ別にいらっしゃると思いますが、69歳で全類8免許を349日の1年未満で取得された方はこの方以外にはいないと思われます。   (国家資格最高齢者調査部署のコメント)        

消防設備士免許取得349日の詳細な軌跡

  消防設備士受験準備合格セミナー消防設備士全類免許が取得できる大きな要因は、消防設備士1類〜7類までの消防設備の部材が全て用意されており、製図・鑑定試験に全て対応できる「百聞は一見にしかず」のたとえの通り、一目で見てすべてを大量のデーターを右脳を使用して大量に簡単に覚えてしまうからです。  

 

 テキストは、過去36年間の詳細な情報収集に基づいて作成されており、消防設備7種類の講習会で使用する費機材を800万円で購入してこの消防設備の部材を使用しての講習テキストの相乗効果により1免許34日で合格できたと思います。 

 

 なにも知らない小津善久さんは、15年まえ全類8免許1年未満でで取得した「2名のスーパー消防設備士講師」の指導を受け、消防設備士7免許取得するに1免許34日の合格が7回連続で続いています。

 

 消防設備士全類8免許を349日の詳細な取得軌道は、「甲種4類」を最初に合格し、2回目は、甲種2類」が一度不合格になりその後は8免許すべて一回で合格しました。  9回受験し8回合格して90%の合格率で全類8免許取得しています。

68才からの消防設備士全類8免許を1年未満取得の合格への軌跡!!

 甲種4類 平成26年4月15日 合格 2甲種2類 平成26年5月 9日 合格 3甲種1類  平成26年9月 1日 合格
小津甲4類.jpg オズ甲種二類.jpg 小津甲.jpg
4 甲種3類 平成26年9月 5日 合格 5 甲種5類 平成26年10月20日合格 6 乙種7類 平成26年10月24日合格
オズ甲種三類.jpg オズ甲種五類.jpg オズ乙種七類.jpg
 乙種6類 平成26年11月17日合格 8 甲種特類 (受験準備中)   
オズ6類.jpg  

8甲種特類平成27年3月30日合格

1 甲4類 平成26年4月15日合格  

 2甲2類 平成26年5月 9日合格

3甲1類 平成26年9月1日合格

4甲種3類 平成26年9月 5日合格

5甲5類 平成26年11月17日合

6乙6類平成26年12月17日合格

7乙6類平成26年12月17日合各

8甲種特類平成27年3月30日合格

1 甲種4類 平成26年4月15日合格  甲種2類 平成26年5月 9日合格 3 甲種1類 平成26年9月1日合格
オズ免許写真.jpg オズ免許写真002.jpg オズ免許写真003.jpg
4 甲種3類 平成26年9月 5日合格 5 甲種5類 平成26年11月2日合格 6 乙種7類 平成26年11月17日合格
オズ免許写真003.jpg オズ甲種五類免許.jpg 7免許オズ.jpg
7 乙種6類平成26年12月9日合格 8 甲種特類平成27年 3月30日合格 9歳の男性 全類8免許349日で取得

7免許オズ.jpg

8免許.jpg 1 甲4類 平成26年4月15日合格

 2甲2類 平成26年5月 9日合格

3甲1類 平成26年9月1日合格

4甲種3類 平成26年9月 5日合格

5甲5類 平成26年11月17日合

6乙6類平成26年12月17日合格

7乙6類平成26年12月17日合各

8甲種特類平成27年3月30日合格

 

小津さんに続く受講生の消防設備士免許取得状況

  

小津さんより1歳年下の68歳の私は、令和元年と元号が変わり、6月に一大決心しました。私は69歳の「小津善久」先輩の消防設備士全類8免許の実物写真免許を見て、かならず取得できる確信できたので、迷わず8免許の講習費を一括支払いしました。 

 

 実際に講習を受講してみると私も小津さんと同じように、驚くことに日本一超最速スピード日本一超高合格率で7免許を4ヶ月未満の115日で取得し更に消防設備士全類8免許を小津さんより124日3ヶ月も早い7ヶ月半の取得できたことに講習会が非常に良いことに驚いています。

 

 全国の約11万人の消防設備士受験生全員にこの講習会を自信を持っておススメしますよ。 

 消防設備士全類(8免許)取得 (225日)(取得期間7ケ月半)

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間4ヶ月未満の125日)

 免許の種別

 交付年月日

 サトウ.bmp 1 乙種6類 R01.06.14
2 甲種4類 R01.06.21

3 甲3種類

R01.07.30
4 乙種7類 R01.08.02
5 甲種5類 R01.09.02
6 甲種1類 R01.10.01
7 甲種2類 R01.10.09
8 甲種特類 R02. 01.29

 

 小津さんの8免許を見て、現在66歳の私は、4年前の62歳のとき乙種1類〜乙種7類の消防設備士7免許を取得しました。 そして7免許を取得したころ、楽しくなり、残りの甲種6免許を取得しょうと考え消防設備士13免許をすべてこの消防設備士教習所で取得しました。    

 

 今年の令和2年5月半ばに故郷の鹿児島にもどり、この13資格免許九州全域官公庁関係消防設備の入札支援業務及び消防設備点検業務携わります。

 

 この5月から鹿児島県南さつまし市に在住しますので、官公庁入札支援と消防設備士点検の必要な方は、090-2658-3505へご連絡くだされば、御協力できますので、坂元まで是非連絡ください。 

消防設備士13免許の取得期間(取得期間日4年10ケ月)

甲種特類、甲種1類〜甲種5類、乙種1類〜乙種7類の13免許

 

免許の種別

 

交付年月日

 坂本13免許です.bmp 1 甲種特類 R01.09.27
2 甲種1類 H30.03.20
3 甲種2類 H30.08.27
4 甲種3類 H30.10.25
5 甲種4類 H29.11.10
6 種5類 H30.07.26
7 乙種6類 H26.10.31
8 乙種7類 H27.01.23

 

 

 30歳の私は、平成から令和元年と元号が変わるとき一大決心しました。 69歳の「小津善久」さんより、40歳も若い私も簡単に全類8免許を取得できると確信し、8免許講習費を一括支払いしました。 そして10ヶ月で消防設備士全類8免許取得しました。

 消防設備士全類(8免許)取得 (292日)(取得期間10ケ月)

  

 免許の種別

 交付年月日

 小島全類.bmp 1 乙種6類 H31.01.24
2 甲種4類

H31.03.05

3 甲種1類

R01.05.21
4 甲種5類 R01.07.04
5 甲種3類 R01.09.19
6 甲種2類 R01.11.06
7 乙種7類 R01.11.22
8  甲種特類 R01.11.22

 

 47歳の私は、平成最後の元号になめため1月に一大決心しました。 69歳の「小津善久」先輩受講生の全類8免許の取得を見て、私にも取得できる確信し、消防設備士全類8免許の講習費を一括支払いしました。  

 消防設備士7免許取得したで、あと甲種特類免許を講習を受講して甲種特類を取得するだけです。

    消防設備士甲種1類〜甲種5類乙6乙7取得

 免許の種別

 交付年月日

 7免許愛媛.bmp 1 甲種4類 H30.01.25
2 乙種6類 H30.04.12

3 甲種5類

H30.04.12
4 甲種2類 H30.09.13
5  甲種1類 H31.01.08
6 甲種3類 H.31.01.24
7  乙種7類 H31.03.08
8  甲種特類 R02..

 

 小津さんの取得8免許を見て、学生でなにも知らない21才の私は、『消防設備士免許教習所』 講習会で消防設備を手でさわり、配管するので目で見て覚える事がてきました。   消防設備士甲種1類〜甲種5類の5免許を60日で取得 甲種1類〜乙種7類の7免許が100日で取得で簡単に取得できました 。

消防設備士全類(8免許)取得期間日本第1位(取得期間219

甲種特類、甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(100日)

 

免許の種別

 

交付年月日

斎最速免許.jpg 1 甲種1類 H28.05.18
2 甲種2類 H28.05.18
3 甲種4類 H28.06.21
4 甲種5類 H28.07.11
5 甲種3類 H28.07.19
6 乙種6類 H28.08.31
7 乙種7類 H28.08.31

 

 小津さんの取得した8免許をみて、文系女子の23歳の私は、消防設備士全類8免許を1年以内に取得しょうと講習会を受講しました。  実際に消防設備をさわったり、配線及び配管するので1年以内の351日で消防設備士全類8免許が取れました。 女性消防設備士免許取得者として女性日本一最速消防設備士免許取得者となりました。

 甲種1類〜甲種5免許、乙種6、乙種7免許を10ヶ月で取得 

  消防設備士全類(8免許)取得期間351日で取得

免許の種別

 交付年月日

舞.jpg 1 甲種4類 H28.08.23
2 甲種2類 H29.02.20
3 甲種5類 H29.03.29
4 甲種1類 H29.04.17
5 甲種3類 H29.05.15
6 乙種6類 H29.06.22
7 乙種7類 H29.07.19
8 甲種特類

H29.8.04

※ なにも知らない文系女子の講習会の評価とトメリット

 何といっても消防設備の実物を目で見て、触れられること。 何故その造りをしているのかを理論的に解説してくださるので覚えやすい。 わからないことがあっても、すぐ直接に電話ひとつで教えてもらえるメリットがあります。

    

 小津さんの取得8免許を見て、なにも知らない60才の私は、定年後、大手のマンション管理会社に勤務しています。  日本一最速で消防設備士免許が取れる消防設備士講習会を受講し、平成29年4月に消防設備士全類8免許を短期間で取得しました。 75歳年金、2000万円貯蓄時代に対応できる資格です。

  現在、宇山さんの紹介で東京理科大学の小林恭一教授の予防塾でソフトの勉強をしています。 

消防設備士全類(8免許)取得

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間8ケ月)

 

免許の種別

 

交付年月日

山田2.jpg 1 甲種2類 H28.02.20
2 甲種4類 H28.03.22
3 甲種1類 H28.05.10
4 甲種3類 H28.07.11
5 甲種5類 H28.09.15
6 乙種7類 H28.09.20
7 乙種6類 H28.10.18
8 甲種特類 H29.04.25

 

 小津さんの8免許をみて、消防設備関係の仕事をした事のない51才の私は、定年後の将来事を考えて一年未満の消防設備士全類8免許を取得しました。  この平成30年4月1日から消防設備会社の正社員になって給料もあがり新会社で夢をもって勤務しています。 人生100歳、75年金、2000万円貯蓄時代に対応資格です。

  消防設備士全類(8免許)取得

免許の種別

 交付年月日

関口免許.jpg 1 甲種4類 H28.10.12
2 乙種6類 H29.02.15
3 甲種5類 H29.02.20
4 乙種7類 H29.04.26
5 甲種1類 H29.05.01
6 甲種3類 H28.09.27
7 甲種2類 H29.09.28
8 甲種特類 H29.10.27

 

 小津さんの8取得した免許をみて、51歳の私は、大手製薬会社で研究総務部施設グループで施設の管理の業務の仕事をしており消防設備士全類8免許を1年以内で取得しました。 

 40歳〜60歳の社員1000名リストラ対象となり社長と全員面接し、平成30年9月30日に945名の大リストラされました。 

 消防設備士全類8免許が、私を「大リストラの波」から守ってくれ資格の強さを痛感しました。   現在、宇山さんの紹介で「東京理科大学の小林恭一教授の予防塾」で勉強していた事もリストラの波を避けました。

  消防設備士全類8免許取得1年

免許の種別

交付年月日

樋口.jpg 1 乙種6類 H29.08.28
2 乙種7類 H30.02.05
3 甲種5類 H30.02.20
4 甲種1類 H30.03.20
5 甲種4類 H30.05.14
6 甲種2類 H30.07.26
7 甲種3類 H30.08.27
8 甲種特類 H30.09.19

 

 私は、ネットで日本最速で消防設備士全類8免許が取得できる「消防設備士教習所」を見つけ、将来の事を考えて消防設備士全類8免許を取得し、課長に昇進しまた。 

 

 ハードだけでなくソフトの防火管理の知識が必要になり、現在は、宇山さんの紹介で「東京理科大学の小林恭一教授の予防塾」ソフトの勉強をしています。

  消防設備士全類(8免許)取得

免許の種別

 交付年月日

記.jpg 1 甲種1類 H29.09.07
2 甲種4類

H30.01.16

3 乙種6類 H30.06.21
4 甲種5類 H30.09.12
5 乙種7類 H30.09.18
6 甲種3類 H30.10.26
7 甲種2類 H31.02.18
8 甲種特類 H31.04.08

  

  私は、18年前独学で甲種4類を取得しました。 現役の消防職員だった宇山さんと知り合いになり、残りの7免許を無料で教えてもらいました。  消防設備士全類8免許を取得したので消防設備3大メーカーホーチキの役員になれ、更に75歳までの仕事があります。

 消防設備士全類(8免許)取得

 免許の種別

 交付年月日

小澤茂2.jpg 1 甲種4類 S63.04.24
2 乙種6類 H18.02.23
3 甲種5類 H18.07.21
4 甲1種類 H18.10.24
5 乙種7類 H19.01.24
6 甲種3類 H19.01.25
7 甲種2類 H19.04.12
8 甲種特類 H20.03.17

 

    私は、20年前に「独学で甲1類と甲2類」の2免許を取得しました。 社長の指示で「甲種特類の免許」を短期間で取得し、新しい消防設備の開発を依頼れました。 

 

 そのため、日本一最速で「甲種特類が取得できる講習会」を受講して全類免許を免許を取得し、課長から部長に昇進しました。   ハードだけでなくソフトの勉強が必要となり、 現在、宇山さんの紹介で東京理科大学の小林恭一教授の予防塾でソフトの勉強をしています

 消防設備士全類(8免許)取得

 免許の種別

 交付年月日

傍島免許.jpg 1 甲種1類 H08.10.23
2 甲種2類 H12.03.08

3 乙種6

H27.05.22
4 甲3種類 H27.07.14
5 甲種4類 H27.08.27
6 甲種5類 H27.09.18
7 乙種7類 H27.12.04
8 甲種特類 H28.02.08

 

野村.bmp

 

 私は、ビル管理会社に勤務し「独学で乙種7類、甲4類、乙種6類」の3免許を1年7ヶ月の独学で取得しました。 甲種特類、甲1類、甲種2類、甲種3類及び甲種5類の甲種5免許は、独学での取得は絶対無理だと判断しました。 

  ネットで日本最速で「甲種特類全ての13免許が取得できる講習会」を見つけて残りの甲種5免許を1年半で取得しました。 そして残りの乙種5免許を取得して13免許のすべて埋めました。

 

 講習会は、最高高齢消防設備士の小津善久さんと講習はかぶっている年代でした。

 消防設備士全類(8免許)取得

 免許の種別

 交付年月日

13免許.bmp 1 乙種7類 H22.03.24
2 甲種4類 H23.04.12

3 乙種6

H23.10.24
4 甲1種類 H25.04.08
5 甲2種類 H25.07.16
6 甲種3類 H25.10.25
7 甲種5類 H26.03.07
8 甲種特類 H26.10.31

 

消防設備士講習会の申し込はこちらから

令和2年 甲種4類消防設備士講習会の申しみは、消防設備士講習会予定表クリック確認してから申し込んでください。

消防設備士講習会の予定日こちら

 

消防設備士講習会の申し込みはこちら

 

 消防設備士講習会のご案内

 

消防設備士免許が超高速で取得できる最大の理由

 「百聞は一見にしかず」の例えとおり、資機材を直接手でさわり、 大量に資機材を見たまま記憶できるので、100倍もの速さ簡単に覚えられるから短期間で免許が取れるのです

  

甲種4類消防設備士試験講習会用資機材

018.JPG

  P型1級受信機2基・2級受信機1基・3級受信機1基・非常放送設備2基

              

感知器Z.jpg 三級受信機.jpg
感知器.jpg ガス検知器.jpg
三級受信機.jpg 電話機.jpg

 炎感知器、煙感知器、差動式感知器・定温式感知器 差動式分布型感知器・ガス漏れ検知器

 当社の消防設備士教習所の甲種特類、甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の全ての講習会用資機材部材を講習会場で実際に触ったり、目で見て構造や名称を覚え、実際に配線・配管するので製図の書き方、鑑定問題その場で簡単に覚えることができ製図や鑑定対策は万全です。

 

   

  当社の消防防設備士教習所の講習を受講すると免許が簡単に取得できる大きな理由

  ものを覚える場合、脳の構造は右脳と左脳」の2つの構造に分わかれ、右脳と左脳により覚える機能がちがいます。

 

 市販の参考書は、左脳を使用して理解しながら覚えるため長い時間がかかります。  当社の教習所では、右脳を使用して目で見て、手でさわって覚えます。

 

 なぜ、こんなに簡単に消防設備士免許が短期間で簡単に取得できるきな理由右脳を使用して覚えるからです。

 

 当社の講習会は、消防設備士各類の講習会資機材」直接手でさわり目で見ることにより、大量の消防設備資機材の構造を簡単に理解でき、覚えてしまいます。

 

 市販の参考書は、左脳を使用して理解しながらものを覚えるので時間がかかり遅くなり、消防設備士免許取得に時間がかかります。

 

  消防設備士試験に出題される「大量の消防設備士資機材」を見て、さわる事により超高速スピードで簡単に記憶できてしまいます。 右脳を使うことにより100倍もの速さでものを覚えることができます。

 

  多数の受講生が全類8免許を超高速スピードで取得できる理由は、消防設備を実際に手に取りさわり、実際に配線と配管するから目で見て構造を覚えてしまいます。

 

 昔から 百聞は一見にしかず」の例えのとおり、21歳の受講生は、「私は、何も知らない素人ですが、目で見て一回で覚えてしまった。」とお話しています。  当社の講習会で甲種5免許を60日(1免許12日)で取得しています。

   

 市販の参考書で、100回も読まなければ覚えられない事が、誰でも目でみれば1回で簡単に覚えることができます。  

 

 市販の参考書は、実際に消防設備資機材を見てさわることなく、活字と写真で少しずつ理解しながら覚えて行くため非常に時間がかかります。 

    

 地方の消防設備士試験回数は、年2回で市販の参考書による独学では甲種4類の合格率は、23.1%なので平均5回受験しなければ1免許が取得できません。 東京以外の年2回の消防設備士試験では年半の912日取得するのにはかかります。

     

 消防設備を実際に見て、さわって覚える場合右脳で覚えるので高速で大量のものを簡単に覚える」ことができるからです。 直感的にイメージ(映像)を見たまま高速で簡単に記憶」することができ「12日〜30日で1免許を取得」することができます。

 

左脳.jpg

 

 市販の消防設備士参考書は、読んでも解らないため受験勉強が間に合わず、過去年間で膨大な175,065人が生きません試験会場に生きません。

  市販の消防設備士参考書の内容は、最悪内容のため、勉強しても受験日まで受験勉強が間に合いません。  過去8年間の受験放棄者が膨大・大量の175,065人発生しており、高い受験料金を支払っても受験しません。  高い受験料金を支払って、これだけの大量の受験者が試験放棄する市販の参考書の内容は、読んでも解らず、意味不明の内容のため、受験日に試験会場行き受験しないのは参考書できが悪いためです。    受験者が合格できないのは、受験者が頭が悪いのでなく、参考書のできが悪いから合格できないのです。

  当社の消防設備士教習所の講習を受講すると、ネットに掲載してあるように、消防設備士受講生が取得した実物の免許写真をみれば、安心して簡単に短期間で1免許が12日から30日で取得で、合格率90%〜100%で取得している事が確認できます。

 

 市販の参考書では、合格率90%〜100%で取得できた記載内容はなく、取得した消防設備士免許の実物写真の掲載はなく、その市販の参考書で取得した証明はありません。  当社は、わからない事があれば直接携帯に電話して直ちに質問して聞けます。

 

 市販の参考書では、わからない事があれば直接の質問の回答はできませんとの記載があり、出版社はそのような参考書を販売しいおません。 

 

 わからない事がないような内容で参考書を作成していないため、過去8年間で175,065人が53年の半世紀にわたりこの様な参考しよを購入しています。

 

 一般財団法人消防試験研究センターの統計に8年間で175,065人受験料金を支払い試験日当日に驚くほどの大量の受験者が受験放棄しています。  

  

 昭和40年から免許制度が始まり、53年の半世紀すぎ消防設備教習所がなかったため消防設備士免許を取得するには、市販の参考書を購入して独学で勉強して取得するしかありまんでした。

  

市販の参考書で消防設備士免許が絶対取れない理由

 消防設備士免許制度が昭和40年から始まり半世紀の53年たちます。  平成29年度の消防設備士免許受験者をみると、108,920人が受験して、99.999%の受験者は、消防設備士教習所がないため、53年間半世紀以上市販の参考書 を購入して独学で勉強するしか無かったのです。 

  

 自動車の教習所は、全国で1,500ヶ所で免許取得者数は、年間150万人取得しており、1人当たり30万円の講習費をいただくので企業経営として成り立ちますので自動車の教習所があります。

  

 消防設備士教習所がない理由は、消防設備士13免許の合格者数は、3万人以下で、1免許当たりたったの2,200人しかおりません。 

  

 1免許講習費が当社が一番やすく38,000円で、全体で13免許で3万人以下の合格者で、1免許当たり2,200人の合格者しかおりません。

 

 47都道府県に1ヶ所の消防設備士教習所を設け、各県13人の講師を雇用して、自動車免許のように30万円講習費もらえなければ企業経営が成立しないので、53年の半世紀以上わたり消防設備士教習所がなかたのです。  

  

 しかたなく、消防設備士免許を取得するには、市販の消防設備士の参考書を購入し独学で勉強するしかないのです。

  

 昭和40年から53年間消防設備士教習所がないため99.9999%の受験生は、市販の参考書を最低2冊以上6,000円で購入して独学で勉強します。  このこは、一般財団法人消防試験研究センターの合格率の統計に明確に、市販の参考書による受験した合格率が記載されています。

  

 例えば、平成29年度の受験者数は、108,920人が受験して、毎年、毎年、1冊3000円の市販の参考書2冊で6,000円で購入すると6億五千万円の超特大ベストセラーになり、このことが半世紀以上にわたり続いています。 

 

 不合格になっても出版社に参考書が悪いと苦情を言う受験者は誰もいません。  言っても、あなたの受験勉強が足りないのではと反論されるだけです。 

  

 市販の消防設備士参考書の代表的出版社は、一般財団法人日本消防設備安全センターの参考書、オーム社の参考書等が代表的な参考書で、年間6億五千万円の超特大ベストセラーの半世紀以上の53年も続き大笑が止まりません。

参考書安全センター.bmp

 教本.jpg

 

 消防設備士全類8免許取得する方法として、当社の消防設備士講習所で取得するか、独学で市販の参考書勉強する方法の2方法しかありません。

  

 ところが、市販の参考書の内容が最悪で受験勉強が間に合わず受験せず、受験料金を支払って試験日当日受験しない大量の不合格者だしています。 

 

 平成23年度平成30年度の過去9年間の一般財団法人消防試験研究センターの統計をみると、  高い受験料金を支払い試験日当日18,776人(23%)が試験会場に最初から行かず、試験開始と同時に188,776人が不合格になっています。 

 受験放棄者175,065人

            188,776人(令和1年4月〜12月まで)

 

年度   申  請  者   受 験 者   受 験 放 棄 者  全合格者数  1免許合格者
R 01   65,824人

  52,113人

13,711人

   (令和2年1月〜3月除く)

 18,158人

 

H30 108,317人  80,881人 22,936人(22.1%) 29,106人

2,238人

H29 108,920人  84,419人  24,501人(22.5%) 29,773人  2,290人
H28 10,214人  84,337人  23,947人(22.2%)  29,114人 2,239人
H27 107,804人  84,848人  22,956人(21.3%)  27,516人 2,116人
H26

104,224人

 83,110人 21,114人(20.3%) 30,825人 2,055人
H25 101,405人  80,891人 20,541人(20.2%) 28,521人 2,193人
H24  101,413人  82,260人 19,153人(18.8%) 27,546人 2,118人
H23 102,669人  82,721人 19,945人(19.4%)  28,645人 2,203人
      合計受験放棄者175,065人    

 

 消防設備士免許制度昭和40年から始まり、53年間の半世紀の長い歴史の中で、市販の参考書消防設備士全類8免許を1年未満で取得し受験者は誰もいません。

 

    当社の消防設備士教習所の受講者の合格取得免許を見れば明らかで、合格率90%〜100%です。 市販の参考書合格できないのは、受験者が頭が悪いのではなく市販の参考書の内容が悪いから受験勉強が間に合わず合格できないだけです。 

 

 試験当日に、試験開始と同時時間に過去9年間で大量の175,065人が試験会場に行かず受験放棄して不合格になっています。  試験日前日まで受験勉強しても市販の参考書の内容が悪いからなにを記載しているか解らないからです。 

 

 受験勉強しているのは受験者本人ですので、受験勉強が間に合わなのでハッキリ不合格になる事がわかります。

  

  社会一般に合格率30%をきる国家試験は、市販の参考書の内容が非常に良くないと言われ一般常識になています。 また、合格率30%をきる国家試験は、市販の参考書による独学での国家資格の取得絶対無理だといわれます。

  

 市販の参考書で消防設備士免許が取得できないのは、「受験生が頭が悪いわけでなく」、市販の参考書の内容が非常に出来が悪いため合格できないのです。

  

消防試験研究センター統計(平成29年度)実際の合格率   

 

313129.jpg

  

市販の消防設備士の参考書は、読んでも内容が意味不明

  甲種6免許の市販の参考書の合格率は、23.5%ですとおおむね4人一人の合格者です。 社会一般に合格率30%を切る国家資格試験は、市販の参考書の内容が悪いと言われいます。

  

 この様に甲種6免許の合格率は、23.5%、消防設備士13免許の合格率は、27.2%と合格率30%をきっており、市販の参考書の内容が非常に悪いことが明らかです。 

 

 当社の講習を受講すれば合格率90%〜100%で取得できる消防設備士免許が取得できます。 市販の参考書で独学で勉強する受験者の皆さんが合格できないのは、頭が悪いためではなく市販の参考書の内容が非常に悪いため合格できないだけで安心してくださす。

 

 市販の参考書の内容できが非常に悪いため記載内容が意味不明で内容が理解できません。 当然、受験日まで2ヶ月〜3ヶ月勉強しますが受験勉強が間に合いません。

 

 受験日の当日、自分の事なので受験しても不合格になるのはハッキリと分かるので受験しないで受験料金を支払っていますが受験放棄します。

 

 合格できない理由は、市販の消防設備士参考書で勉強しても、何が書いてあるか意味が分からず、理解できない内容だかです。 この様な参考書では不合格になるのは判りますので受験しません。

   

 毎年、毎年、毎年、高額な受験料金を支払つて試験日当日に受験しなかった人は、過去8年間で驚くほどの大量の175,065人が受験放棄する最悪の最悪のできの良くない参考書

  

 なぜ、大量の175,065人いう受験者が高い受験料金支払い受験しないのですか?  受験しない理由として、175,065人の大量の受験者が試験日の当日に急に用事ができてたのか? 当日に急に病気なったのか? という事は絶対に考えられませし、伝染病が発生していません。

 

 消防設備士受験者は、このの様な市販の参考書で消防設備士免許の取得は考えた方がいいと思います。 

 

 一発合格!!  消防設備士甲種4類免許!

 15年前から消防設備士免許取得は消防設備士教習所の時代に変わっており、私も平成17年10月25日消防設備士全類8免許364日で消防設備士教習所取得しています。

 

 日本最速全類8免許取得のスーパー消防設備士講師

 14年前の甲種特類の免許ができ7免許が8免許になった。

日本で最初に全類8免許を年未満(364日)で取得した消防設備士

 

免許の種別

 

交付年月日

コウイツ免許.jpg 1 甲種4類 H16.10.26
2 乙種7類 H17.01.28
3 甲種1類 H17.02.28
4 乙種6類 H17.03.03
5 甲種2類 H17.07.07
6 甲種5類 H17.08.05
7 甲種3類 H17.10.13
8 甲種特類 H17.10.25

 

令和1年〜平成23年過去8年間の受験放棄者の実態

  一般財団法人消防試験研究センター統計(令和 1年度)

   令和1年の統計は平成30年4月〜12月まで、令和2年1月〜3月までは未統計

 令和1年度.bmp

 

受験申請者65,824人−52,113人=13,711人(%)受験放棄者 

 

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成30年度)

30年.bmp

   受験申請者103,817人−80,881人=22,936人(22.1%)受験放棄者

 

 

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成29年度) 

29年度の合格者.jpg

  受験申請者108,920人−84,419人=24,501人(22.5%)受験放棄者  

  

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成28年度)

8282.bmp

  受験申請者108,284人−84,337人=23,947人(22.2%)受験放棄者  

  

 一般財団法人消防試験研究センター統計(平成27年度)

27.bmp

 受験申請者107,804人−84,848人=22,956人(21.3%)受験放棄者    

 

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成26年度)

 626262.bmp

 受験申請者104,224人−83,8114人=22,956人(20.3%)受験放棄者   

 

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成25年度)

 252525.bmp

 受験申請者101,405人−80,891人=20,541人(20.2%)受験放棄者    

 

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成24年度)

 242424.bmp

 受験申請者101,413人−82,260=19,153人(19.2%)受験放棄者  

 

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成23年度)

232323.bmp

 受験申請者102,669人−82,721=19,153人(19.2%)受験放棄者  

10万8千人の超低合格率の最大の原因は 市販の参考書の内容が非常に良くないため甲種6免許の合格率は20.6%甲種1は、1万6千人と受験者の2番目に多く、合格率は2番目に低く、16.9%です。 そのため全体で24,501人という受験放棄者がでております。

  

 平成29年度の大量の24,501人(22.5%)の受験者は、市販の参考書の内容が理解できず高い受験料金を支払い受験しても自分の事なので不合格になることは分かるので、交通費と1日無駄になるので最初から受験しないのです。

  

 市販の参考書の内容が非常に最悪のため受験放棄者24,501人(22.5%)の受験料金1億5百万円がドブに捨てられています。

   

 出版社は、合格できないどんな参考書でも売れるので笑いが止まらないほど儲かります。  当社に7社から出版依頼が来ています。  合格できないほど出版社は儲かり合格できない市販の消防設備士参考書ほど良い参考書です。

  

 平成29年度の統計には108,920人が受験し、受験者は受験するにあたり最低でも市販の参考書を2冊以上購入します。 1冊3,000円で2冊で6,000円かかります。

 

 108,920人×6,000円=653,520、000円

合格しなくても6億5千3百52万ボロ儲けです。 消防設備士教習所がないため市販の参考書は、108,920人の99.999%の受験者は、市販の参考書で受験しなければなりません。

 

 当社の消防設備士教習所の講習を受講すれば合格率90%〜100%で取得でき、簡単に1免許12日〜30日で取得できます。  

 

 読んでも内容が判らないため平成29年度の受験放棄者は24,501人(22.5%)という受験放棄者として数値がでています。

 

 昭和40年から免許制度が始まり54年間の半世紀にわたり最悪の参考書が続いています。 この様に詐欺に近い参考書で消防設備士免許を取得していると消防設備士の数が社会的に足りなくなります。

 

 この事から国家資格試験に関わらず、共通筆記試験3科目で最低合格点が40点でも合格とさせる出来の悪い内容参考書です。 40点、40点、100点の10点でも合格にしたのです。

 

 国家資格試験で最低合格点が40点でも合格な国家資格試験は消防設備士試験だけです。 どんな法令でも5年たてば改正され、5年に一度

必ず国家資格の再講習が実施されます。

 

 消防設備士免許は、免許を取得して2年目で再講習が行われ、その後5年ごとに再講習が実施されます。  なぜ免許取得して2年目で再講習を行うのは変だと試験センターに質問しました。

 

 消防設備士の数が足りないため、社会的問題になるので最低合格点を40点しました。  本来合格者でない人を合格にしているので、こんなバカを世の中に5年間も野放しにして置いたら大変なことになる。

 

 最初から2年目で実務を実施させれば何とかなると考え、2年目で再講習を実施させる様にして消防設備士不足の対応したのですとの回答でした。  

 

 本来は、60点以上でなければ合格者でないのです。 これは、市販の参考書の内容があまりにもひどく出来が悪いため40点、40点、100点でも合格者にし、国家資格試験の合格基準点の最低合格点を下げさせる内容の最悪の参考書です。

消防設備士教習所の消防設備士講師の実績と経

 

 

当社の消防設備士教習所での超高合格率

   当社の消防設備士教習所での消防設備士免許の合格率は、教習生が取得した実物の消防設備士免許をみればわかります。

 

 消防設備士教習所での1免許が簡単に短期間で取得できます。例えば、甲種5免許を12日、12日、12日、12日、12日と5回連続して60日で取得したら合格率100%です。

 

 また、7免許を100日取得したなら14日連続で7免許を取得したことになります。 当社の消防設備士教習所での消防設備士1免許取得は、12日〜30日の短時間で簡単に取得できてしまう国家資格の中で1番やさしい国家資格です。

  

 消防設備士甲種1類〜甲種5類の甲種5免許を60日で取得」し、 甲種1類〜乙種7類の7免許が100日で取得しました。

消防設備士全類(8免許)取得期間日本第1位(取得期間219

甲種特類、甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(100日)

 

免許の種別

 

交付年月日

斎最速免許.jpg 1 甲種1類 H28.05.18
2 甲種2類 H28.05.18
3 甲種4類 H28.06.21
4 甲種5類 H28.07.11
5 甲種3類 H28.07.19
6 乙種6類 H28.08.31
7 乙種7類 H28.08.31

  この様な実物の消防設備士免許をみれば誰も信じません。

 

市販の参考書での独学による実際の合格率

  消防設備士免許制度が昭和40年から始まり、53年の半世紀たちますが、消防設備士教習所がないため市販の参考書により独学で勉強して取得する方法しかありません。

 

 53年間の長年にわたり消防設備士教習所がないのは、平成29年度の合格者数は、13免許で29,733人で、1免許当たり非常に少ない2,27人しか合格しておりません。

 

 自動車教習所は、全国で1,300ヶ所の教習所があり、1免許取得に教習費30万円かかります。 年間140万人が自動車免許を取得しているので自動車教習所は成り立ちます。

 

 消防設備士教習所は、13免許で29,733人合格者で、1免許当たり2,27人合格者で、1免許3万円の費用で各県1教習所を設けても免許取得者が少ないため企業として成り立ちません。  

 

 昭和40年から消防設備士免許制度が始まり53年間の半世紀たつが消防設備士教習所がないのです。  そのため消防設備士免許を取得する方法は、市販の消防設備士参考書を購入して独学で取得する方法しかありません。

  

 社会一般に合格率30%きる国家資格は、市販の参考書のできが非常に悪いと言われいます。  平成29年度の一般財団法人消防設備試験研究センターの99.999%受験者は、市販の参考書で独学で勉強した合格率です。

  

 一般財団法人消防験研究センター  平成29年度合格率 

313129.jpg

 平成29年度の合格率は、【甲種6免許の合格率は、23.5%、甲種及び乙種13免許の平均合格率は27.2%と超抵合格率です。 30%を切る市販の参考書は、非常に悪い内容でなかなか消防設備士免許が取得できません。

 

 

 市販の消防設備士参考書の記載内容は、読んでもなにが記載されいてる内容がわからない参考書

  平成29年度の一般財団法人消防験研究センター統計を見るとよくわかりますが、受験料金を支払って108,920人 が受験申請者しています。 高い受験料金を支払った受験者は、市販の参考書のできが非常悪いため受験勉強が間に合いません。  

  

 受験勉強が間に合わないのは、受験生が頭が悪いのではなく、市販の参考書の記載内容が何を記載してるか読んでも全くわからない内容なので受験勉強が間に合わないだけです。

  

平成29年度の消防設備士受験辞退者数の統計

29年度の合格者.jpg

 この統計を見ると受験申請者(受験者)は、108,920人が受験しております。  受験勉強が間に合ったか、間に合わなかったかわからないが、84,419人試験会場に行き実際に受験しています。

  

 108,920人受験申請者(受験者)のうち、受験辞退者は、自分のことなので受験しても不合格になるのが判るので試験会場に行かず受験しません。

   

 一般財団法人消防試験研究センターの統計によると108,920人84,419人=24,501人(22.5%)の大量の想像つかない受験者が、最悪のできの市販の参考書のため受験を辞退しています。

  

 平成29年度は、24,501人(22.5%)の受験料金を支払い受験辞退しています。 過去7年度の受験辞退者の統計を見ると、平成29年度は24,501人(22.5%)、平成28年度は23,943人(22.1%)、平成27年度は22,956人(21.3%)、平成26年度は21,114人(20.3%)、平成25年度は20,514人(20.3%)、平成24年度は19,153人(1.9%)、23年度は19,948人(19.4%)膨大な受験辞退者が発生しおります。

  

 平成29年度から過去7年間消防設備士試験辞退者合計は、152,129人が辞退しております。 一年間の平均辞退者数は、毎年21,745人が受験していません。

 

 毎年21,745人が消防設備士試験が間に合わず受験料金を支払い受験しないほどの出来の最悪の参考書です。  平成29年度は、24,501人(22.5%)の2割以上の受験者が頭が悪く受験しないのでなく、参考書の記載内容が最悪で、読んでも何が書いてあるか判らない内容だからです。

 

 当社の消防設備士教習所の受講生の実際に取得した免許をみれば1免許が12日〜30日で90%〜100%の合格率で取得しています。  こんなに短期間で簡単に取得できる免許が市販の参考書で悪いため24,501人(22.5%)の受験しないの最悪の本です。

 

 最初から市販の参考書での独学は、毎年24,501人(22.5%)の2割以上の受験者は、市販の参考書の内容が理解できない最悪のできの悪い参考書のなので、甲種6免許の合格率は、23.5%超抵合格率となっています。

 

 市販の消防設備士参考書は、非常にできが最悪で かならず5人に1人上の受験する前ら24,501人(22.5%)が不合格で必ず空席になっています。 平成29年度の受験辞退者の受験料金だけで1億536万円の大金が、ドブに捨てられている最悪のできの悪い参考書です。

 

 消防設備士免許の取得は、市販の参考書で独学で勉強して取得する時代は、平成16年10月26日で終わりました。 平成16年10月26日から消防設備士教習所で消防設備士全類8免許を取得する時代になりました。

 

 消防設備士教習所で消防設備士免許を取得する時代なった事を証明するため、実際に1年以内取得した消防設備士全類8免許掲載して市販の参考書で消防設備士免許の取得する時代が終了したことを証明しています。

 

 日本最速全類8免許取得のスーパー消防設備士講師

 14年前の甲種特類の免許ができ7免許が8免許になった。

日本で最初に全類8免許を年未満(364日)で取得した消防設備士

 

免許の種別

 

交付年月日

コウイツ免許.jpg 1 甲種4類 H16.10.26
2 乙種7類 H17.01.28
3 甲種1類 H17.02.28
4 乙種6類 H17.03.03
5 甲種2類 H17.07.07
6 甲種5類 H17.08.05
7 甲種3類 H17.10.13
8 甲種特類 H17.10.25

 

 市販の消防設備参考書は、毎年2万千人が受験放棄する最悪の参考書の販売でも、過去53年間わたり毎年6億5千万円の超利益のベストセラーは終わった。

  平成29年度の108,920人の消防設備士受験者は、1免許取るのに市販の参考書を2冊6千円(1冊3千円)で購入します。  超低合格率の参考書でも6億5千万円以上の50年間も続いている超大ベストセラーです。

 

 電気工事士の市販の参考書は非常にできが良く、合格率72%との超高合格率で電気工事士の数がたりるので年2回しか実施されていません。   消防設備士甲種6免許の合格率は 23.5%、甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.5%と超低合格率の免許となっています。   

 

 なぜ、消防設備士の市販の参考書が53年間も6億5千万円以上の超大ベストセラー続くのかという、自動車教習所のような消防設備士教習所かないからです。  消防設備士免許を取得するには、市販の参考書を購入し独学で取得する方法しかないからです。

 

 全国108,920人の99.99%の受験者は、市販の参考書を購入して消防設備士免許を取るしかないのです。  当社の消防設備士教習所で合格率90%〜100%合格率と消防設備士全類8免許が1年未満で取得できる事を知れば 市販の参考書を購入しなくなります。 

 

 平成17年10月25日に消防設備士教習所で消防設備士全類8免許を1年未満で取得することができたの、市販の参考書で消防設備士免許を14年前に取得する時代は終わり、すでに消防設備士教習所で取得する時代なっています。

 

 消防設備士教習所を知れば、市販の参考書を購入しなくなり 年間6億5千万円の参考書の売り上げはすべて減ります。   

 

 どうしても、早急に消防設備士免許を必要な人は、12日〜30日で1免許、100日〜7ヶ月で7免許取得でき、消防設備士全類8免許が1年以内の超スピードで、超高合格率の90%〜100%の合格率の講習会を受講し免許を取得できます。

  

5 市販の参考書は、超抵合格率の市販の消防設備士参考書でも黙って6億5千万円で売れるので合格しなくていい最悪の本

  社会一般に合格率30%をきる国家資格は、教本が悪いとされています。   毎年、10万人の受験者は、しかたなく市販の参考書を購入して消防設備士免許を取る方法しかないのです。  

 

  消防設備士免許は、90%の合格率で簡単に短期間の1ヶ月で1免許取得できる免許です。  甲種6免許の合格率は19.9%で 甲種及び乙種の合計平均合格率は、27.1%の超低合格率の非常に悪い参考書でも黙っても売れるのです。 

 

  

 10万人の受験者は、1免許取得するのに誰でも市販の参考書を1人平均2冊以上を五千円で購入します。    10万人×五千円=5億円の売り上げになります。   消防設備士の参考書は、黙っていも毎年5億円以上の50年間も売れ続けた超特大ベス トセラーです。 

 

 出版社は、50年間も黙っていて毎年5億円以上売れるので参考書の内容が悪く超低合格率参考書でもいいのです。  出版社は、消防設備受験者が毎年、合格しなくても5億円以上の売れる参考書だから合格しなくてもいいのです。

  

   市販の参考書で勉強する全国10万人の消防設備士受験申請者は、驚くことに2万人の消防設備士受験者が試験会場に行かない状況から消防設備士の参考書が非常に分りにくく、受験勉強が間にあわないことは事実です。  

 

 市販の参考書は、系統立てた記載でなく例えば消防法、構造、電気、製図、鑑定、機械内容が混じりい、あっちに飛んだり、こっちに飛んだり、頭の整理ができない状況となり、勉強していてもなにを勉強しているか分からない参考書になっています。 

 

 勉強していても何が書いているかわからないので覚えられない現状です。 年間10万人の消防設備士受験者のうち、驚くことに、2万人の受験者が毎年、試験会場に行っておらず受験を辞退しています。 

  

 市販の参考書の内容が悪いから受験勉強が間に合わず、受験料金を支払っていても受からないことがわかるので受験しないのです。  毎年、毎年2万人の受験辞退者の受験料金8千3百万円が毎年ドブに捨てられ、もったいないお話です。 

 

 

 甲種4類の消防設備免許が平均3年以上独学で勉強しなければ取得できない理由

   消防備士免許が簡単に30日で1免許がなかなか取得できない理 由が4つあります

 

 1つ目は、昭和40年から消防設備士免許制度が始まり50年たちます。  全国で自動車免許の教習所は、  1,500あるのに対し消防設備士教習所は全国で1ヶ所です。  そのため50年間も全国10万7千人の99.999%の受験生は、しかたなくなく市販の参考書で独学で受験勉強するかありません。

 

 つ目は、市販の参考書を使用して、脳の『 左 脳 』を使用して勉強するから、 覚える速度は「少しずつ理解しながら学習して行く」ため非常に遅く時間がかかり、1免許12日〜30日で取れる免許が1050日もかってしまいます。

 

つ目は、 社会一般に独学で合格できる国家資格は、60%以上合格率でなければ合格できないと言われています。  また 、社会一般に30%をきる国家試験は市販の参考書が悪いと言われ、合格率21.9%ですので良くありません。  甲種4類の免許は、独学で取得するのは無理です。

 

 4つ目は、 筆記試験の最低合格点を40点にして、40点、40点、100点の180点の合格にしなければ合格できないほど参考書の内容が悪い状況です。 

 

 命にかかわる消防設備士の最低の合格点60点以上にしたら合格率は10%を切りってしまいます。  消防設備士の数が更にたりなくなって大きな社会問題に発展するほど良くない参考書です。  逆に40点、40点、100点の180点だから簡単に合格でききる資格ともいえます。

 

 

  市販の参考書での独学の合格率は、最低合格点を下げても甲種6免許は20.5%で、甲種4類は21.9%と非常に低い合格率です。  年2回の試験だと6回受験の3年受験しなければ免許は取れません。

 

  甲種4類の1免許取得の経費は、6回以上の受験料金3万円かかります。 6回の交通費は、1回5千円×6回の3万円かかり、合計金額6万円かかつてしまいます。  1免許取得日数は、30日で取得できる免許が3年の1095日かかってしまいます。

  消防設備士講習費3万6千円で人生1050日の貴重な時間を購入できて、1050日をほかの仕事に有効に使用できます

 

 

  消防設備士受験者は、講習会の消防設備士講師がそれだけの指導力と実績がなければ、全国から飛行機や新幹線に乗り沖縄、福岡、四国、沖縄、秋田、新潟、福島、北海道等から講習会にきません。

 

  ※ 『消防設備士免許取得教育センター』の教本は、小学生の教科書は、国語、算数、社会、理科のように系統立て作製されています。    教本は、消防法、電気・機械、規格・構造、製図・鑑定、問題集の出題される部分のみだから非常に薄く5分冊されています。  消防設備の機器を見たり、触ったり、構造を映像で覚えてしまい、理論で覚えるから簡単に覚えられ免許が短期間で取れます。     

 

3 消防設備士甲種4類の試験は難しい試験なの?

国34,672人の消防設備士4類受験生の皆さん、消防設備士試験の筆記試験の内容は、非常に難しい内容の試験なのでしょうか?   消防設備士試験の筆記試験の内容は、電気は中学2年生でならう内容、消防法は中学生でもわかる内容規格・構造、製図は高校生でもわかる程度です。  全体的に見て非常にやさしい取得しやすい内容の試験です。 

 

  また、消防設備士免許の筆記試験は、消防法 電気・機械 構造・規格の3科目ありますが、1科目最低点数が40点で良く3科目の合計180点あれば合格です。  例えば、40点、40点、100点の180点で合格となり、60点以上の点数の科目から40点の科目に点数を分配でき合格になります。   高校生でも他の国家試験とことなり、60点以上の点数が取れなくても50点、50点、80点の180点でも簡単に合格しています。   

  

 

 また、消防設備士免許取得教育センターの講習会や通信講座の2名の講師は、消防設備士全類8免許を1年未満で取得した経験と実績 と指導あるからです。  

7 市販の参考書は、黙って5億円売れるので合格しなくていいのです

 社会一般に合格率30%をきる国家資は、教本が悪いとされています。   毎年、10万人の受験者は、しかたなく市販の参考書を購入して消防設備士免許を取る方法しかないのです。  消防設備士免許は、90%の合格率簡単に短期間の1ヶ月で1免許取得できる免許です。  甲種6免許の合格率は19.9%で 甲種及び乙種の合計平均合格率は、27.1%の超低合格率の非常に悪い参考書でも黙っても売れるのです。 

 

  10万人の受験者は、1免許取得するのに誰でも市販の参考書を1人平均2冊以上を五千円で購入します。    10万人×五千円=5億円の売り上げになります。   消防設備士の参考書は、黙っていも毎年5億円以上の50年間も売れ続けた超特大ベス トセラーです。  

 

  出版社は、50年間も黙っていて毎年5億円以上売れるので参考書の内容が悪く超低合格率参考書でもいいのです。  出版社は、消防設備受験者が毎年、合格しなくても5億円以上の売れる参考書だから合格しなくてもいいのです。

 

 ある出版社は、甲種4類の市販の参考書を7冊ほど出版しています。  最初は、一人最低2冊参考書を購入します。 合格できないので更に5冊も購入するようになります。  出版社は、合格しない方が、笑いが止まらないほど購入してくれます。   出版社としては、超低合格率の参考書ほうが超特大ベス トセラー の素晴らしい良い本なのです。

 

 参考書が非常に分りにくく、受験勉強が間にあわないことは事実です。  

 

(1) 超低合格率の市販の参考書は、60点から40点に下げて合格

超低合確率の市販の参考書では、消防設備士の増員はできません。 総務省消防庁は増員をはかるため、はしかたなく消防設備士制度の変更を余儀なくされました。

 

  消防設備士の国家試験は、消防設備士筆記試験3科目は、消防法60点、電気・機械60点、規格構造60点の180点以上で鑑定と製図試験は60点以上であれば合格となります。  市販の参考書の内容が非常に良くないため最低合格点60点が取れません。

 

  総務省消防庁長官は、消防設備士数の人員がたりなければ、国会で国会議員に消防設備士の増員の責任を求められます。  そのため、消防設備士免許制度を大幅に変更防設備士免許の最低合格点60点40点さげて合格にしました。  

 

  国家試験の最低合格点を40点まで下げさせるほど非常に品質や出来が良くない市販参考書は、世の中で消防設備士の参考書だけです   『命にかかわる大切な消防設備』なのに、筆記試験3科目で40点、40点、100点180点、50点、50点、80点の180点でも合格として合格しやすい配点にしたのです。 

  合格点は、本来60点でなければならないところを40点にさげて合格率を上げようとしましたが、それでも市販の参考書が非常に品質や出来が良くない合格率は上がりません。 

 合格しやすく配点を下げても、それでも甲種6免許の合格率は 19.9%、甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.1%と超低合格率です。   最低合格点を60点としたなら消防設備士免許の合格率は10%をきる超難しい国家試験になってしまいます。

 

  甲種6免許のうち、特に甲種1類超低合格率の14.7%の合格率で非常に品質や出来が良くない参考書としか言いようがありません。  最低合格点を合格しやすく配点を下げても、市販の参考書の品質や出来が非常に良くない消防設備士の免許はなかなか取れません。 

 

     

(2) 消防設備士試験回数を大幅に増やして、消防設備士の増員

消防設備士免許と電気工事士免許を比較すると、電気工事士の市販の参考 書は、非常に良いため、合格率は72%年1回しか試験は実施されていません。 消防設備士の市販の参考書は、非常に良くないため甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.1%と超低合格率です。 

   

市販の参考書の品質や出来が良くないため消防設備士免許が取れず増員できません。  総務省消防庁は、消防設備士の増員をはかるために試験回数を1回でなく試験回数を大幅に増やして消防設備士の確保をはかろうとしました。

 

 今まで、各県年間行われる試験回数を1回を2回以上に増やしました。 それでも消防設備士数はたりず、多いところは、東京都の35回は別にして、青森県は6回、北海道、岩手県、山形県、長野県は4回、宮城県、秋田県、広島県、福岡県、京都、奈良、富山県、新潟県は3回実施していますが消防設備士の増員をはかれません。  

  

(3) 消防設備士の大幅増員できないので消防設備士点検資格者で対応

 種類  市販の参考書の品質や出来が良くないため 

  受験資格もおだやかで、消防設備士免許がなく、消防設備業務に5年携わっていれば、

 

(4) 低レベル40点合格の消防設備士の再講習が5年が2年に変更された

  一般にどんな免許でも取得すれば、最初の再講習は、免許取得後の5年で行われます。  本来国家資格の合格点は、60点以上が合格です。 市販の参考書が内容が良くない免許がとれず、本来の60点合格点40点下げ、しかたなく合格としたのです。    このため命にかかわる消防設備士業務に支障でると大変なことになります。   本来免許の取れない程度の低い消防設備士を5年間も世の中に野放しにしておいたら大変ことになると考えたのです。  

▲このページのトップに戻る