固定スペース
消防設備士乙種6類 消防設備士教習所

消火.bmp

 

一発合格!!消防設備士乙種6類免許!

 消防設備士甲種4類の免許を一番早く短期間で合格率90%〜100%の合格率で取得する方法は、消防設備士免許13免許(甲種特類、甲種1類、甲種2 類、甲種3類、甲種4類、種5類、乙種1類、乙種2類、乙種3類、乙種4類、乙種5類、乙種6類、乙種7類)の講習を実施している国内最大級消防設備士教習所 の講習を受講することです。

 

 当社の消防設備士教習所 講習会を受講して甲種4類の免許を12日〜30日の短期間で簡単に取得してみませんか?

  

 当社の講習会を受講すると甲種4類の1免許1発合格の合格率90%〜100%で、取得期間はたったの12日〜30日の短い期間で取得できます。  当社の多数の受講生が実際に取得した消防設備士免許写真の掲載から取得期間と合格率が判断できますので、必ず甲種4類の消防設備士の免許が取得できると確信を持てます。

 

 例えば、1人の消防設備士が、消防設備士7免許を4ヶ月(120日)で取得したなら、1免許の取得日数は17日となります。 17日が連続7回で取得したことになり合格率100%で超スピードでの取得は誰も疑いません。                                               

088.jpg

 消防設備士代表講師   

 宇  山  幸  逸

 

 

  当社は、消防設備士13免許の全ての消防設備士講習会を毎月4免許〜免許の講習会を実施している全国で1ヶ所しかない消防設備士免許取得専門の消防設備士教習所です。

  

乙種6類免許の取得消防設備士教習会場

 消防設備士講習会の講習会場は、千葉市土気商工会館の2階会議室の40名程度6名程度入室できる2室を使用して講習をお待ちしております。  

 千葉A.bmp講習会写真.jpg

 

 乙種6類消防設備士講習会実施予定日

回 数  類  別 講 習 会 開 催 年 月 日 受 験 地 ・ 試 験 日 空席の有無
 1

甲種4類講習

乙種4類講習

令和 2年4月18日(土)19日(日)    空席有
 2

甲種4類講習

乙種4類講習

令和 2年6月  6日(土)   7日(日)    空席有
 3

甲種4類講習

乙種4類講習

令和 2年7月11日(土) 12日(日)    空席有

 

 

消防設備士講習会の申し込みはこちらクリックしてください

 

 

消防設備士講習会講師の実務経歴と同僚上司
 岡本.jpg

 消防備士教習所の講習会の講師は、長年の消防行政にたずさわってきた知識と経験を生かし、自治省消防庁予防課時代に岡本 保氏 現 自治体国際化協会理事長 (元総務省事務次官、消防庁長官、)、  小林 恭一氏 現 東京理科大学教授総務省消防庁 初代国民防災保護部長、消防庁予防課長)、次郎丸誠男氏 (元総務省消防庁審議官・消防研究所所長・危険物保安技術協会理事長、消防設備専門官)3名に御指導を受けた経験を生かし、消防設備士育成のために設立された全国一ヶ所しかない専門の「消防設備士教習所」なので乙種6類の免許は簡単に7日〜14日で取得できます。  

 岡本 保 

 日本の行政官

 自治体国際化協会理事長 

 総務事務次官

 総務省消防庁長官

 自治行政局長

 小林 恭一  

東京理科大学教授 

建設省建築指導係長

総務省消防庁予防課長 

総務省消防庁国民防災保護部長

危険物保安技術協会理事

  次郎丸 誠男

危険物保安技術協会特別顧問  

総務省消防庁予防課長

消防庁審議官

消防庁消防研究所長

危険物保安技術協会理事長

  

岡本保.jpg 小林恭一.jpg 次郎丸.jpg

  私は、47年前に総務省消防庁予防課と千葉市消防局予防課に勤務しておりましたが、11年前の平成20年に定年退職して消防設備士教習所を開設して消防設備士育成業務を始めようと考えました。

  

 消防設備士免許の種類は、昭和40年に免許制度が始まり平成16年5月まで7種類の免許でしたが、平成16年6月に甲種特類の免許ができて8種類の免許に増えました。

  

 このため、甲種特類の免許ができた平成16年6月以降において消防設備士全類8種類の免許一年以内に取得した受験者は当然だれもおりませんでした。   

 

 私は、消防設備士教習所を開設して消防設備士育成業務をおこなうため、「実績と信頼」を得るため消防設備士全類8免許一年以内に取得する必要にせまられました。

 

 また、消防設備士全類8種類の免許一年以内に取得すれば、日本で初めて日本一最速の消防設備士全類8免許取得者になれます。

 

 私は、平成17年10月25日消防設備士全類8免許を364日で取得し、念願の「日本一最速の消防設備士全類8免許取得者」になることができました。

 

自治.jpg コウイツ免許.jpg

 

消防設備士講習会の申し込みはこちらクリックしてください

 

 当社の実績ある2名の消防設備士講師

  消防設備士講師になるための実績と指導力を得るために、現役の消防職員時代に平成17年10月25日に消防設備士全類8免許日本一最速超スピード364日(1免許45日)で取得し日本一最速免許取得者になりました。

 

日本最速全類8免許取得のスーパー消防設備士講師

 14年前の甲種特類の免許ができ7免許が8免許になった。

日本で最初に全類8免許を年未満(364日)で取得した消防設備士

 

免許の種別

 

交付年月日

コウイツ免許.jpg 1 甲種4類 H16.10.26
2 乙種7類 H17.01.28
3 甲種1類 H17.02.28
4 乙種6類 H17.03.03
5 甲種2類 H17.07.07
6 甲種5類 H17.08.05
7 甲種3類 H17.10.13
8 甲種特類 H17.10.25

  

 現役の消防職員時代の3年間に消防設備士教習所の開設の準備をおこない、退職と同時に息子と消防設備士教習所を設立開設しました

 

息子も消防設備士教習所の講師として13年前に消防設備士7免許を7ヶ月(1免許1ヶ月)で取得し、当時消防設備士全類8免許を日本一最速スピードの348日で取得しています。

 

日本最速全類8免許取得のスーパー消防設備士講師

 11年前消防設備士全類(8免許)日本最速取得者(取得期間348日

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間7ヶ月)

 

免許の種別

 

交付年月日

宇山免許.jpg 1 甲種2類 H19.10.25
2 甲種4類 H19.11.14
3 甲種1類 H19.11.22
4 甲種5類 H20.03.06
5 甲種3類 H20.04.16
6 乙種6類 H20.05.26
7 乙種7類 H20.06.03
8 甲種特類 H20.10.08

 

 この消防設備士教習所の特徴は、日本一最速のスピードで消防設備士全8免許ができ、さらに13種類の全ての免許が取得できるのが大きな特徴です。

 

 また、 受講生は全員が日本一最速スピード日本で最初消防設備士全類8免許を取得した実績と指導力あるスーパー設備士講師の指導により、消防設備士13種類の免許が短期間ですべて取得できるのが大きな特徴です。 

  

 先輩15名の受講生が短期間で取得した実物の消防設備士全類8免許の取得写真を見れば、私も取得できると自信をもって受講できます。 

  

 全国で消防設備士13免許すべて取得できる消防設備士教習所なので、全国から多数の受験者が指導力実績を信じ、甲種4類設備士免許が簡単に合格率90%〜100%の一発合格しております。

  最近の受講生の消防設備士免許取得状

 

 69歳の私は、6年前に消防設備士1免許を2日間の講習を受講して、7免許を8ヶ月で取得(1免許34日×7回)し全類8免許を349日で取得できました。    

 2018年12月18日付の「国家資格最高齢合格調査」の消防設備士部門で驚いたことに69歳の私が消防設備士資格部門で最高齢者と認定されていました。 

 69歳の私が、消防設備士教習所の講習会を受講して、消防設備士全類8免許取得したが消防設備士国家資格最高齢者として非常に高い評価を受けている講習を受講できたのが幸運でした。  

 消防設備士全類(8免許)取得期間日本第2位(取得期間349日

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間8ケ月)

 

免許の種別

 

交付年月日

8免許.jpg 1 甲種4類 H26.04.15
2 甲種2類 H26.05.09
3 甲種1類 H26.09.01
4 甲種3類 H26.09.05
5 甲種5類 H26.11.25
6 乙種6類 H26.12.17
7 乙種7類 H26.12.17
8 甲種特類 H27.03.30

 

最高齢.bmp

 

消防設備士(全類8免許)<参考情報>
消防設備士受験準備合格セミナー

消防設備士は理系資格の中では最近人気が上昇してきており、電気工事士に迫るほどの勢いを見せています。
ビルメン系資格の求人数調査:電気工事士と消防設備士が強い!

ちなみに、この消防設備士というのは消防員の資格ではなく、「設備」を司るメカニックのような位置付けのものです。

それぞれの消防設備ごとに特類、1類〜7類まで「8つ」に細分化されており各類の設備を取り扱うにはそれぞれの種類の試験に合格しなければなりません。
(参考)消防設備士免状の種類

なお、各類の合格率は30%前後なので、一つ一つが決して簡単な試験ではない事を付け加えておきます。

そして、この方は何と1年未満で8つ全類取得されたとの事。

おそらく各類での最高齢は、それぞれ別にいらっしゃると思いますが、69歳で全類8免許を349日の1年未満で取得された方はこの方以外にはいないと思われます。

  

 小津さんより1歳年下の68歳の私は、令和元年と元号が変わり、6月に一大決心しました。  私は69歳の「小津善久」先輩の消防設備士全類8免許の実物写真免許を見て、かならず取得できる確信しので、思い迷わず8免許の講習費を一括支払いしました。 

 実際に講習を受講してみると私も小津さんと同じように、驚くことに日本一超最速スピード日本一超高合格率で7免許を4ヶ月未満の115日で取得し更に消防設備士全類8免許を小津さんより124日3ヶ月も早い7ヶ月半の取得できたことに講習会が非常に良いことに驚いています。

 全国108,920人の消防設備士受験生全員にこの講習会を自信を持っておススメします。 

 消防設備士全類(8免許)取得 (225日)(取得期間7ケ月半)

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間4ヶ月未満の125日)

 免許の種別

 交付年月日

 サトウ.bmp 1 乙種6類 R01.06.14
2 甲種4類 R01.06.21

3 甲3種類

R01.07.30
4 乙種7類 R01.08.02
5 甲種5類 R01.09.02
6 甲種1類 R01.10.01
7 甲種2類 R01.10.09
8 甲種特類 R02. 01.29

 

 現在66歳の私は、4年前の62歳のとき乙種1類〜乙種7類の消防設備士7免許を取得しました。 そして7免許を取得したころ、楽しくなり、残りの甲種6免許を取得しょうと考え消防設備士13免許をすべてこの消防設備士教習所で取得しました。    

 今年の令和2年5月半ばに故郷の鹿児島にもどり、この13資格免許九州全域官公庁関係消防設備の入札支援業務及び消防設備点検業務携わります。

 この5月から鹿児島県南さつまし市に在住しますので、官公庁入札支援と消防設備士点検の必要な方は、090-2658-3505へご連絡くだされば、御協力できますので、坂元まで是非連絡ください。 

消防設備士13免許の取得期間(取得期間日4年10ケ月)

甲種特類、甲種1類〜甲種5類、乙種1類〜乙種7類の13免許

 

免許の種別

 

交付年月日

 坂本13免許です.bmp 1 甲種特類 R01.09.27
2 甲種1類 H30.03.20
3 甲種2類 H30.08.27
4 甲種3類 H30.10.25
5 甲種4類 H29.11.10
6 種5類 H30.07.26
7 乙種6類 H26.10.31
8 乙種7類 H27.01.23

 

 

 30歳の私は、平成から令和元年と元号が変わるとき一大決心しました。 69歳の「小津善久」さんより、40歳も若い私も簡単に全類8免許を取得できると確信し、8免許講習費を一括支払いしました。 そして10ヶ月で消防設備士全類8免許取得しました。

 消防設備士全類(8免許)取得 (292日)(取得期間10ケ月)

  

 免許の種別

 交付年月日

 小島全類.bmp 1 乙種6類 H31.01.24
2 甲種4類

H31.03.05

3 甲種1類

R01.05.21
4 甲種5類 R01.07.04
5 甲種3類 R01.09.19
6 甲種2類 R01.11.06
7 乙種7類 R01.11.22
8  甲種特類 R01.11.22

 

 47歳の私は、平成最後の元号になめため1月に一大決心しました。 69歳の「小津善久」先輩受講生の全類8免許の取得を見て、私にも取得できる確信し、消防設備士全類8免許の講習費を一括支払いしました。  

 消防設備士7免許取得したで、あと甲種特類免許を講習を受講して甲種特類を取得するだけです。

    消防設備士甲種1類〜甲種5類乙6乙7取得

 免許の種別

 交付年月日

 7免許愛媛.bmp 1 甲種4類 H30.01.25
2 乙種6類 H30.04.12

3 甲種5類

H30.04.12
4 甲種2類 H30.09.13
5  甲種1類 H31.01.08
6 甲種3類 H.31.01.24
7  乙種7類 H31.03.08
8  甲種特類 R02..

 

 学生だったなにも知らない21才の私は、『消防設備士免許教習所』 講習会で消防設備を手でさわり、配管するので目で見て覚える事がてきました。   消防設備士甲種1類〜甲種5類の5免許を60日で取得 甲種1類〜乙種7類の7免許が100日で取得で簡単に取得できました 。

消防設備士全類(8免許)取得期間日本第1位(取得期間219

甲種特類、甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(100日)

 

免許の種別

 

交付年月日

斎最速免許.jpg 1 甲種1類 H28.05.18
2 甲種2類 H28.05.18
3 甲種4類 H28.06.21
4 甲種5類 H28.07.11
5 甲種3類 H28.07.19
6 乙種6類 H28.08.31
7 乙種7類 H28.08.31

 

 文系女子の23歳の私は、消防設備士全類8免許を1年以内に取得しょうと講習会を受講しました。  実際に消防設備をさわったり、配線及び配管するので1年以内の351日で消防設備士全類8免許が取れました。 女性消防設備士免許取得者として女性日本一最速消防設備士免許取得者となりました。

 甲種1類〜甲種5免許、乙種6、乙種7免許を10ヶ月で取得 

  消防設備士全類(8免許)取得期間351日で取得

免許の種別

 交付年月日

舞.jpg 1 甲種4類 H28.08.23
2 甲種2類 H29.02.20
3 甲種5類 H29.03.29
4 甲種1類 H29.04.17
5 甲種3類 H29.05.15
6 乙種6類 H29.06.22
7 乙種7類 H29.07.19
8 甲種特類

H29.8.04

※ なにも知らない文系女子の講習会の評価とトメリット

 何といっても消防設備の実物を目で見て、触れられること。 何故その造りをしているのかを理論的に解説してくださるので覚えやすい。 わからないことがあっても、すぐ直接に電話ひとつで教えてもらえるメリットがあります。

    

 なにも知らない60才の私は、定年後、大手のマンション管理会社に勤務しています。  日本一最速で消防設備士免許が取れる消防設備士講習会を受講し、平成29年4月に消防設備士全類8免許を短期間で取得しました。 75歳年金、2000万円貯蓄時代に対応できる資格です。

  現在、宇山さんの紹介で東京理科大学の小林恭一教授の予防塾でソフトの勉強をしています。 

消防設備士全類(8免許)取得

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間8ケ月)

 

免許の種別

 

交付年月日

山田2.jpg 1 甲種2類 H28.02.20
2 甲種4類 H28.03.22
3 甲種1類 H28.05.10
4 甲種3類 H28.07.11
5 甲種5類 H28.09.15
6 乙種7類 H28.09.20
7 乙種6類 H28.10.18
8 甲種特類 H29.04.25

 

 消防設備関係の仕事をした事のない51才の私は、定年後の将来事を考えて一年未満の消防設備士全類8免許を取得しました。  この平成30年4月1日から消防設備会社の正社員になって給料もあがり新会社で夢をもって勤務しています。 人生100歳、75年金、2000万円貯蓄時代に対応資格です。

  消防設備士全類(8免許)取得

免許の種別

 交付年月日

関口免許.jpg 1 甲種4類 H28.10.12
2 乙種6類 H29.02.15
3 甲種5類 H29.02.20
4 乙種7類 H29.04.26
5 甲種1類 H29.05.01
6 甲種3類 H28.09.27
7 甲種2類 H29.09.28
8 甲種特類 H29.10.27

 

 51歳の私は、大手製薬会社で研究総務部施設グループで施設の管理の業務の仕事をしており消防設備士全類8免許を1年以内で取得しました。 40歳〜60歳の社員が、平成30年9月に945名の大リストラされ、消防設備士全類8免許が、私を「大リストラの波」から守ってくれ資格の強さを実感しました。   現在、宇山さんの紹介で「東京理科大学の小林恭一教授の予防塾」で勉強していた事もリストラの波を避けました。

  消防設備士全類8免許取得1年

免許の種別

交付年月日

樋口.jpg 1 乙種6類 H29.08.28
2 乙種7類 H30.02.05
3 甲種5類 H30.02.20
4 甲種1類 H30.03.20
5 甲種4類 H30.05.14
6 甲種2類 H30.07.26
7 甲種3類 H30.08.27
8 甲種特類 H30.09.19

 

 私は、ネットで日本最速で消防設備士全類8免許が取得できる「消防設備士教習所」を見つけ、将来の事を考えて消防設備士全類8免許取得しまた。 ハードだけでなくソフトの防火管理の知識が必要になり、現在は、宇山さんの紹介で「東京理科大学の小林恭一教授の予防塾」ソフトの勉強をしています。

  消防設備士全類(8免許)取得

免許の種別

 交付年月日

記.jpg 1 甲種1類 H29.09.07
2 甲種4類

H30.01.16

3 乙種6類 H30.06.21
4 甲種5類 H30.09.12
5 乙種7類 H30.09.18
6 甲種3類 H30.10.26
7 甲種2類 H31.02.18
8 甲種特類 H31.04.08

 

  私は、18年前独学で甲種4類を取得しました。 現役の消防職員だった宇山さんと知り合いになり、残りの7免許を無料で教えてもらいました。  消防設備士全類8免許を取得したので消防設備3大メーカーホーチキの役員になれ、更に75歳までの仕事があります。

 消防設備士全類(8免許)取得

 免許の種別

 交付年月日

小澤茂2.jpg 1 甲種4類 S63.04.24
2 乙種6類 H18.02.23
3 甲種5類 H18.07.21
4 甲1種類 H18.10.24
5 乙種7類 H19.01.24
6 甲種3類 H19.01.25
7 甲種2類 H19.04.12
8 甲種特類 H20.03.17

 

    私は、20年前に「独学で甲1類と甲2類」の2免許を取得しました。 社長の指示で「甲種特類の免許」を短期間で取得し、新しい消防設備の開発を依頼れました。 そのため、日本一最速で「甲種特類が取得できる講習会」を受講して全類免許を免許を取得し、課長から部長に昇進しました。   ハードだけでなくソフトの勉強が必要となり、 現在、宇山さんの紹介で東京理科大学の小林恭一教授の予防塾でソフトの勉強をしています 。

 消防設備士全類(8免許)取得

 免許の種別

 交付年月日

傍島免許.jpg 1 甲種1類 H08.10.23
2 甲種2類 H12.03.08

3 乙種6

H27.05.22
4 甲3種類 H27.07.14
5 甲種4類 H27.08.27
6 甲種5類 H27.09.18
7 乙種7類 H27.12.04
8 甲種特類 H28.02.08

 

野村.bmp

 

 私は、ビル管理会社に勤務し「独学で乙種7類、甲4類、乙種6類」の3免許を1年7ヶ月で取得しました。 甲1類、甲種2類、甲種3類及び甲種5類は独学での取得は絶対無理だと考えました。 

  ネットで日本最速で「甲種特類全ての13免許が取得できる講習会」を見つけて残りの甲種5免許を1年半で取得しました。 そして残りの乙種5免許を取得して13免許のすべて埋めました。 

 消防設備士全類(8免許)取得

 免許の種別

 交付年月日

13免許.bmp 1 乙種7類 H22.03.24
2 甲種4類 H23.04.12

3 乙種6

H23.10.24
4 甲1種類 H25.04.08
5 甲2種類 H25.07.16
6 甲種3類 H25.10.25
7 甲種5類 H26.03.07
8 甲種特類 H26.10.31

 

消防設備士講習会の申し込はこちらから

令和2年 甲種4類消防設備士講習会の申しみは、消防設備士講習会予定表クリック確認してから申し込んでください。

消防設備士講習会の予定日こちら

 

消防設備士講習会の申し込みはこちら

 

 消防設備士講習会のご案内

 

消防設備士免許が超高速で取得できる最大の理由

  「百聞は一見にしかず」の例えとおり、資機材を直接手でさわり、 大量に資機材を見たまま記憶できるので、100倍もの速さ簡単に覚えられるから短期間で免許が取れるのです

  

乙種6類消防設備士試験講習会用資機材

 

 

6消火器.jpg

  断面消火器.jpg           

1 消防設備士免許は、国家資格の中で、『消防設備士免許取得教育センター』の講習会を受講すれば簡単に30日で取得できる1番やさしい免許です。 特に乙種6類免許簡単に7日で取得できる免許です。

   

    本当に、消防設備士  甲種1類〜甲種5類の5免 60日の1免許12日取得できたり、超スピードの甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許が100日の1免許14日で取得できるのなら、国家資格の中で一番やさしい国家資格と誰でも言います。

  6消火器.jpg

 

  なにも知らない21才の私は、『消防設備士免許取得教育センター』 講習会で全ての消火器を手でさわり、内部の構造分解して理解し目で見て覚える事がてきました。  

 消防設備士甲種1類〜甲種5類の5免許を60日で取得 甲種1類〜乙種7類の7免許が100日で取得で簡単に取得できました 。   特に乙種6類免許は楽でした。

 

 

 甲種1類〜甲種5免許の5免許を60日で取得 (1免許12日) 

 甲種1類〜甲種5免許、乙種6、乙種7免許を100日で取得 

 

免許の種別

 

交付年月日

斎最速免許.jpg 1 甲種1類 H28.05.18
2 甲種2類 H28.05.18
3 甲種4類 H28.06.21
4 甲種5類 H28.07.11
5 甲種3類 H28.07.19
6 乙種6類 H28.08.31
7 乙種7類 H28.08.31

 

   69歳の私は、消防設備士1免許を2日間の講習を受講して、7免許を8ヶ月で、1免許を34日で、全類8免許を349日で簡単に取得しています。  1回の講習料金で2回、3回でも受講できるのでリーザブルなうれしい講習会でした。 

 

  69才で消防設備士7免許を8ヶ月で、消防設備士全類8免許1年未満の349日で簡単に取得できた!!  特に乙種6類免許は、7日で取得しました。

 

 消防設備士全類(8免許)取得期間日本第2位(取得期間349日

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間8ケ月)

 

免許の種別

 

交付年月日

8免許.jpg 1 甲種4類 H26.04.15
2 甲種2類 H26.05.09
3 甲種1類 H26.09.01
4 甲種3類 H26.09.05
5 甲種5類 H26.11.25
6 乙種6類 H26.12.17
7 乙種7類 H26.12.17
8 甲種特類 H27.03.30

 

 60才の私は、定年後、日本一最速で免許が取れる消防設備士講習会消防設備士7免許を8ヶ月で取得し、全類8免許取得しました。  大手のマンション管理会社に勤務いています。

 消防設備士全類(8免許)取得

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間8ケ月)

 

免許の種別

 

交付年月日

山田2.jpg 1 甲種2類 H28.02.20
2 甲種4類 H28.03.22
3 甲種1類 H28.05.10
4 甲種3類 H28.07.11
5 甲種5類 H28.09.15
6 乙種7類 H28.09.20
7 乙種6類 H28.10.18
8 甲種特類 H29.04.25

 

 

 日本一最速で消防設備士免許が取れる消防設備士講習会です。  消防設備士免許取得教育センター講習を受講すると一週間で免許が取れます。  受講生には一番優秀な消防設備士講師が付きますので簡単に免許が取れます。

 

 わからない箇所は、直接お気軽に 090-4613-3479へお問合わせでき、いつでもすぐ回答をもらえます。

 

『消防設備士免許取得教育センター』の消防設備士講師は、12年前、甲種特類の免許が初めてでき8免許になった時、当時、8免許を364日の日本最速で取得した講師です

 

 また、もう1名の消防設備士講師は、10年前、甲種1類〜乙種7類の7免許を7ヶ月(1免許30日)で取得し、当時、日本最速の全類8免許を348日で取得した講師陣です。  この講師陣が全国10万7千人の消防設備士受験者を支援いたします。

 

 

 日本最速全類8免許取得のスーパー消防設備士講師

全類日本最速取得者 (甲種特類の全類を348日)                 

甲種1〜甲種5、乙種6、乙種7の7免許を7月で取得

消防設備士免許全類を364日で取得                    1免許取得45日で取得
ユキズミ.jpg 幸逸.jpg

 

消防設備士全類8免許の講習会はこちら

 

 

2  日本で一番早く消防設備士免許が簡単に取れる講習会!!

  全国10万7人の受験生の皆さんは、『消防設備士免許取得教育センター』の講習会や通信講座 を受講すれば、例えば甲種1類〜甲種5類の5免許を60日(1免許12日)、また甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許をたったの100日(1免許14日)取得しています。

 

  甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許が7ヶ月で、消防設備士全類8免許が348日の1年未満で取得できます。

 

  消防設備士受験者は、講習会の消防設備士講師がそれだけの実力と実績がなければ講習会を受講しません。  実力と実績があるかどうかは、実際に目に見える消防設備士免許の掲示がなければ、消防設備士講師の実力と指導力の判断できません。  

 

    例えば10年前、消防設備士1免許30日取得したり、7免許を7ヶ月で取得ししたり、消防設備士全類8免許が1年以内で取得した消防設備士免許の掲示されているから安心して受講できます。   実績と信頼のある消防設備士講師の指導と講習により、消防設備士7免許を7ヶ月で取得したり、全類8免許が1年以内で取得できるのです。

 

 日本最速全類8免許取得のスーパー消防設備士講師
全類日本最速取得者 (甲種特類の全類を348日)                  甲種1〜甲種5、乙種6、乙種7の7免許を7月で取得      消防設備士免許全類を364日で取得                    1免許取得45日で取得
ユキズミ.jpg 幸逸.jpg

  

 

 『消防設備士免許取得教育センター』の教本は、小学生の教科書は、国語、算数、社会、理科のように系統立て作製されています。    教本は、消防法電気・機械規格・構造製図・鑑定問題集出題される部分のみだから非常に薄く5分冊されています。  実際に消防設備の機器を見たり、触ったり、構造を映像で覚えてしまい、理論で覚えるから簡単に覚えられ短期間で免許が取れます。   

 

  『消防設備士免許取得教育センター』の多数の受講生が超高速スピードで複数の消防設備士免許を取得しています。   この様に、 実際に目に見える合格した受講生の取得免許の掲示されているから信頼と実績を確認できます。  また、消防設備士講師の7ヶ月7免許取得消防設備士全類8免許1年以内に取得した消防設備士免許の掲示があるから安心して講習会や通信講座が受講して免許が取れます。

 

消防設備士免許が簡単に取れる講習こちら

 

各種の講習会(消防設備士13免許)のご案内 はこちらへ
消防設備士甲4類・消防設備士乙4類の詳細ご案内はこちら
消防設備士甲1類・消防設備士乙1類の詳細ご内  はこちら
消防設備士免許は90%と高い合格しやすい資格

消防設備士甲2類・消防設備士乙2類の詳細ご案内はこちら

消防設備士甲3類・消防設備士乙3類の詳細ご案内はこちら
消防設備士甲5類・消防設備士乙5類の詳細ご案内はこちら
消防設備士乙種6類の詳細ご案内はこちら

 

3 頭の中が整理され覚えやすい消防設備士乙種6類のテキスト 

68歳の私が使用した消防設備士教習所の合格率は、90%高合格率の7免許8ヶ月で取得できた『消防設備士免許取得教育センター』の教本は、 講習会・通信講座の教本は、小学生の教科書の国語・算数・社会・理科と同じように教本がわかれ整理され覚えやすくなっています。

 

   テキストは、具体的に @消防法  A機械  B規格・構造  C鑑定・製図  D練習問題の5分冊され整理され、覚え安いテキストとなっています。 共通科目の、@消防法 A電気・機械 のテキストは、1類から7類まで同じですので一度覚えてしまえば覚える必要はないので楽でした。 テキストの内容は、過去に出題された内容に基づいて作成されて教本のため薄く効率の良いテキストです。 テキストは、10個の特徴のある非常に覚えやすいテキストでした。

 

   10個の特徴のある非常に覚えやすいテキスト

特徴1

 必要項目・ポイントがまとめられているので、効率よく学習できます。

特徴2

 務経験のない方にも解りやすいよう、カラーページや絵図を多数取り入れています。

特徴3  わかりやすい言葉を用い、文意ごとに区切ったり、箇条書きにするなど理解しやすいように工夫がされています。
特徴4  教材は受験用のもので、市販の参考書類にはない工夫がされています。
特徴5  教材は最新の出題傾向に対応した、手作り教材です。試験傾向を徹底分析し、短期間で改訂を行っています。
特徴6  実技テキスト・練習問題は、実際の出題問題が多数載せられています。
特徴7  実技の鑑別問題・製図問題、練習問題には、実際に出題された問題が多数載せられています。
特徴8  学習効率を考慮し、法令・基礎知識・構造機能規格・実技・練習問題の各分冊としました。
特徴9  消防用設備がはじめての方、実務に就いている方にも役立つ内容です。
特徴10  基礎的な内容からプロの知識までを網羅しており、経験者から大好評を得ております。

 

 また、消防設備免許を取得しようとする教材を見たり、触ったりすることが出来なければ消防設備について理解できませんでした。 消防設備の鑑定の試験、製図の作成試験も回答したり、触ったりすることで良く理解できました。

 

  講習会で、全類の消防設備を見て、さわって構造を理解することが合格につながました。 市販の参考書では短期間で取得することは絶対に無理ですね。  68歳の受講生が甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許を8ヶ月で取得するには各類の消防設備を見て、さわつて勉強するから甲種1類、甲種2甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類及び乙種7類の7免許簡単に覚えられ免許の取得につながったと思います。 

 

断面消火器.jpg

 

 

各種の講習会(消防設備士13免許)のご案内 はこちらへ
消防設備士甲4類・消防設備士乙4類の詳細ご案内はこちら
消防設備士甲1類・消防設備士乙1類の詳細ご内  はこちら
消防設備士免許は90%と高い合格しやすい資格

 

4 氾濫する合格率の低い消防設備士乙種6類参考書

  建物に最初に設置される消防設備が乙種6類の消火器です。 そのため消防設備士乙種6の試験は、消防設備士13免許の中で1番受験者が多く受験し、今年も26,958人が受験しています。  また、18,478人が不合格となっています。

 

  消防設備士乙種6類の消防設備士試験の合格率は、26,958人が受験して8,480人が合格し合格率は31.4%です。   消防設備士試験は、年間10万人が受験して、10万人の受験料金4億2千2百万円を一般財団法人 消防試験研究センター支払って受験しておりす。

 

  また、毎年2万人受験者は、消防設備士教習所がないので、市販の参考書で勉強するため試験勉強が間に合わず試験を放棄して5人に1人試験会場に行っていません。  2万人の受験放棄者は、やさしい簡単な消防設備士試験を普通に勉強していますので合格するはずです。

 

 市販の参考書の作製内容が非常に解りずらいため消防設備士試験に間に合わないので受験できないのです。 消防設備士乙種6類の受験者の4,539人が受験勉強に間に合わず試験を辞退しています。

 

  年間2万人の受験者は、受験放棄し試験会場にいかず毎年8千万の受験料がドブに捨てられている現状を見ると驚愕します。  また、一般財団法人 消防試験研究センターは、消防設備士試験問題の過去問題は公開していません。  2万人の試験辞退者の試験問題は、次の試験会場でそのまま使用できるので無駄にならないので、試験会場で試験終了後に試験辞退者の試験問題を回収しているのです。

 

 国家試験で合格率が30%をきる資格は、参考書が悪いと言われています。 消防設備士甲種、乙種の合計平均合格率は、27.1%です。 市販の参考書が非常に悪いので10万人の受験者の中で2万人の受検者が受験勉強に間に合わず受験放棄していのを見ても解

 

9 消防設備士乙6免許を簡単に10日で取得してみませんか

     消防設備士の試験は、全類13免許をとおして消防法、電気・機械、規格・構造の筆記試験は合格するのですが、実技試験の鑑定の士試験、製図試験でほとんどの方が落ちています。 

 

  甲種6免許の平均合格率は19.9%で、特に甲種1類は14.7%と非常に低いです。   消防設備士乙6の合格率は、31.4%で3人に1人の合格まで行っておりません。   消防設備士免許取得教育センター』 で消防設備士乙6の消火器の資機材を実際に見て、さわり、構造を理解し消防設備士乙6の免許を簡単に10日間で取得してみませんか。

 

   『消防設備士免許取得教育センター』の消防設備士乙6の受講生の合格率は90%です。   消防設備士乙6の講習会は、鑑定で不合格なる受験者ありますので実技を重視した分かり易い講座で評判です!    鑑定での講習は、各種類の消火器を実際にさわり、キャップスパナを使用して消火器を分解し構造内部を理解します。   エアーガンを使用して標準圧力計や・継手金具を使用して圧力を測ったりします。

  

  化学泡消火器の内筒や外筒を分解し薬剤を入れる量を未確認したりします。    各消火器を実際にさわり、見て特徴を覚えて鑑定の試験のとき直ちに回答できるようその場で覚えてしまいます。   プライヤーを使用して圧力ボンベをはずしたりする講習会を実施しています。  

  

  消防設備士乙6講習会でなにが分かる、なにが分からないのかをきちんと確認しながらその場で覚えてしまいます。   消防設備士乙6試験は実際には一般には目にすることのないものが試験に出題されます。   例えば粉上がり防止封板、ろ過網、安全弁、ガス導入管などが出題されるため、消火器を分解することによりその場で覚えてしまいます。

 

  受講生は様々で機械の苦手な女性の方、実技問題の苦手な方、法令の苦手な男性の方様ざまです『消防設備士免許取得教育センター』では消防設備士免許全類8免許を1年未満で取得した全国はいトップの講師が全類の消防設備の資格指導に当たっています。

 

  消防設備士乙6の試験は、出題されるパターンがある程度決まっているといわれています。  当講習会では消防設備士試験に合格するため、講習会に来られた先輩の受験生から試験問題をききとったり、買い取り業務したりして徹底的に分析し皆様に消防設備士乙6の免許としてお返ししています。 だから合格率90%と質の高い消防設備士乙6の講習会として実施されております。 

 

   例えば、68歳の男性が消防設備士甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類及び乙種7類の7免許を7ヶ月で取得している受講生もおります。    当講習会は、消防設備士講師2名も受講生も実績があるから自信を持って指導できるのです。    消防設備士講師2名は、全類8免許を1年未満で取得した免許を掲示して信頼を得て講習しております。 当講習会は、消防設備士乙6の講習会としてナンバーワン、オンリーワンなのです

なのです

  

甲種3類の講習会・通信講座のご案内

 

10 消防設備士乙種6類の免許を10日間で簡単に取る方法

     建物に最初に設置される消防設備が乙6の消火器です。   そのため消防設備士乙6の試験は、消防設備士13免許の中で受験者が1番多く受験しています。

 

  消防設備士乙種6類の試験は、筆記試験が3科目のあり、消防法10問、機械5問、構造・機能15問の計30問の4肢択一式で行われます。 消防設備士乙6の試験の合格基準は、3科目ごとの最低40点以上で取得しなければなりません。 全体の取得点数は、3科目で180点取得しなければ合格できません。

 

  消火器(乙6)の試験は、甲種消防設備士の試験と異なり製図の試験はありません。   建物の各階ごとに消火器を歩行距離20mごとに置くだけですので製図の必要はありません。    消火器(乙6)の実技試験は、鑑定の試験のみがが実施されます。    鑑定試験は、消火器の写真見て消火器の種類を答えたり、整備の工具の名称、点検方法などの写真、イラスト、図面などによる鑑別の記述式で5問出題され、60点以上であれば合格となり乙6の消火器の免許が来ます。

 

 乙6  ハロン1301消火器  乙6 蓄圧式 機械泡消火器  乙6 化学泡消火器(転倒式)
ハロン.jpg 粉末.jpg あわ.jpg

 

   消火器(乙6)試験の難易度は、消防法は消防法のごくさわり程度の簡単なもの、機械は、高校1年生で習う内容です。    乙種6類の構造・規格は規格省令から出題され内は簡単で取得しやすい免許です。

 

  乙6試験の合格率は、年間26,958人受験して8,480人(31.4%)が合格しております。 また、3人に一人の合格を切っている状況です。    一般的に合格率30%以下の国家試験は、市販の参考書の作成が悪いとされています。

 

  乙種6類の受験者の99.999%は、市販の参考書で独学で勉強しております。   乙6の市販の教本の内容が悪いため受験勉強が間に合わず、4,539人(13%)の人が受験放棄して受験しません。

 

 乙種6類の消防設備士試験者は、誰でも小さな努力と大きな成果により1回で合格したいものです。31.4%の合格率では最低3回受験しなければ合格できません。

 

  消防設備士試験制度がはじまり50年たち毎年10万人が受験します。    全国10万人の受験者は出来の悪い市販の参考書で勉強するため、2万人の受験者が受験勉強がまにあわず試験会場に行かず受験放棄しております。    毎年2万人の受験者の受験料金8千万円がドブに捨てられ、乙種6類は1,500万円がドブに捨てられている状況です。

 

  乙種6類の参考書は、一番多く出版され、年間26,958人の受験者が購入しています。   受験者の99.99%の受験者は、乙種6類の消火器の構造について実際に見たりさわったりすることなく受験しています。    また、消火器の内部見たことがなければ、乙種6類の構造について解るはずがなく、実際に点検もできません。

 

 

 乙6  化学泡消火器(車載式) 大型消火器  乙6 粉末消火器(車載式) 大型消火器
30.jpg 大2.jpg 粉末大1.jpg

 

  消防設備士乙6の試験は、全類13免許をとおして消防法、電気・機械、規格・構造の筆記試験は合格するのですが、実技試験の鑑定の士試験、製図試験でほとんどの方が落ちています。   甲種6免許の平均合格率は19.9%で、特に甲種1類は14.7%と非常に低いです。    乙種6類の31.4%で3人に1人の合格まで行っておりません。    『消防設備士免許取得教育センター』 で乙6の消火器の資機材を実際に見て、さわり、構造を理解し消防設備士免許乙6の免許を簡単に短時間で取得してみませんか。

  

  『消防設備士免許取得教育センター』の乙6の受講生の合格率は90%です。   乙種6類の講習会は、鑑定で不合格なる受験者多いので実技を重視した分かり易い講座で評判です!      鑑定での講習は、各種類の消火器を実際にさわり、キャップスパナを使用して消火器を分解し構造内部を理解します。エアーガンを使用して標準圧力計や・継手金具を使用して圧力を測ったりします。

   

  化学泡消火器(乙6)の内筒や外筒を分解し薬剤を入れる量を未確認したりします。   各消火器を実際にさわり、見て特徴を覚えて鑑定の試験のとき直ちに回答できるようその場で覚えてしまいます。   プライヤーを使用して圧力ボンベをはずしたりする講習会を実施しています。  

  

  消火器(乙6)の講習会でなにが分かる、なにが分からないのかをきちん消火器を見ながら確認し、その場で覚えてしまいます。    乙6試験は実際には一般に消火器内部の粉上がり防止封板、ろ過網、安全弁、ガス導入管など目にすることのないものが試験に出題されます。    例えば粉上がり防止封板、ろ過網、安全弁、ガス導入管などが出題されるため、消火器を分解することによりその場で覚えることができます。

  

  受講生は様々で機械の苦手な女性の方、実技問題の苦手な方、法令の苦手な男性の方様ざまです。『消防設備士免許取得教育センター』では消防設備士免許全類8免許を1年未満で取得した全国はいトップの講師が消火器(乙6)の資格指導に当たっています。

 

  消防設備士試験(乙6)は、出題されるパターンがある程度決まっています。    乙6の当講習会では消防設備士試験に合格するため、乙6の講習会に来られた先輩の受験生から試験問題をききとったり、買い取り業務したりして徹底的に分析し皆様にお返ししています。    だから合格率90%の講習会となるのです。 

  

  例えば、68歳の男性が甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類及び乙種7類の7免許を7ヶ月で取得している受講生もおります。    当講習会は、消防設備士講師2名も受講生も実績があるから自信を持って指導できるのです。   消防設備士講師2名は、全類8免許を1年未満で取得した免許を掲示して信頼を得て講習しております。   当講習会は、ナンバーワン、オンリーワンです

  

 

  消防設備士免許取得教育センター』の特徴は、消防設備全類の消防設備試験用の資機材が用意してあります。     だから資機材を見て、手で触ることができるから1年未満手での消防設備全類8免許取得につながるのです。     消防設備試験用の資機材容易についてもナンバーワン、オンリーワンです。  

 

 

消防設備士乙種6類講習会実施案内はこちら

 

 

 

11 消防設備士免許は40点、40点、100点でも合格

  合格率の低い一番の大きな原因は、消防設備士試験の過去問題が公開されてないのが原因であります。    昔は電気工事士の試験問題は消防設備士と同様に公開されていませんでした。

 

 電気工事士の試験問題は、昔と違い過去問として公開され、実技試験は前もって提示され電気工事士の合格率は72%と取得するための試験となっています。

 

 消防設備士試験は、昔同様に公開されないため、13免許の合格率は27%と非常に低い状況です。 このため消防設備士の数が足りない状況が発生し、消防庁長官は国会で国会議員に責められます。

 

   そのため、筆記試験3科目(消防法、電気・機械、規格・構造)の合計が180点とし1科目の最低点数を命にかかわる設備なのに40点としました。 

 

   どの国家試験でも最低60点ありますが、程度を下げなければ合格できません。    どんな法律でも5年に一回は変わるので5年に1度再講習行っています。   程度の低い消防設備士を5年間世の中に野放しにしておくと大変なこと考えたのです。    消防設備士だけは、最初免許を取得後に2年目で再講習することにしたのです。    そのあとは5年、5年と再講習が行われています。

 

乙種6類 ハロン1301消火器 乙種6類  加圧式 粉末消火器 乙種6類 化学泡消火器(転倒式)
ハロン.jpg 粉末.jpg あわ.jpg

12 過去問題に基づいた教本で全類8免許が1年未満で取れる

   消防設備士試験は、受験申請して最初からなぜ試験会場に来ないのか?  消防設備士受験生は、市販の消防設備士受験の参考書を購入し受験勉強します。    また、99.9%の受験者は市販の参考書で受験勉強をするため乙種6類の合格者は3人に1人しか合格しておりません。 

 

  市販の参考書の参考書は、電気工事士の様に過去問題であれば72%の合格率となります 、消防設備士試験に出題されたことのない予想問題、想定問題のため3人に1人の合格率です。    この合格率から見ると、乙種6類の免許取得には、最低3回消防設備士試験を受けなれればなりません。    過去問題がないからなかなか合格できないのです。   過去問だがあれば合格率は90%の高合格率になります。   1年未満で全類8免許が取得できても当たり前です。

 

   また、消防設備士試験は過去問題に基づいた教本が作成されておらず、筆記試験の消防法、機械、規格・構造の3科目と鑑定・実技と整理された教本がありません。    市販の参考書は、消防法、機械、規格・構造、鑑定・実技がゴチャゴチャに記載されており何が何だかわからない状況です。    小学校の国語、算数、社会、理科の教本のように整理されていないから頭の中は整理されません。    独自に分析した過去問題に基づき教本が作成されておれば90%以上の合格率と全類8免許が1年未満で取得できます。

 

  平成16年6月の甲種特類の免許ができ7免許(甲種1類から甲種5類、乙6類、乙7類)から8免許に増え平成17年に8免許を1年未満で取得した受験生は誰もいませんでした。     市販の参考書では、年間10万人の受験者の合格率は、27%です。    一般に国家試験の合格率が30%以下の場合は、市販の参考書が良くないとされ、悪い参考書で勉強してもなかなか合格しない現状です。 

  

 『消防設備士免許取得教育センター』の合格率は全類8免許を短期間の1年未満で取得し、90%以上の合格率です。   現在は1年未満で全類8免許を取得できることが常識になっています。    1年未満で全類8免許を取得した消防設備士免許が実績です。

 

  消防設備士(全類8免許)を1年未満の超スピードで取得の消防設備士講師

全類日本最速取得者 (甲種特類の全類を348日)                  甲種1〜甲種5、乙種6、乙種7の7免許を7ケ月取得 消防設備士免許全類を364日で取得                 1免許取得45日で取得
ユキズミ.jpg 幸逸.jpg

   甲種消防設備士6免許の合格率は、19.9%、乙種消防設備士7免許の合格率は、33.7%で、甲種乙種の合計合格率は27%となっています。    平均27%の合格率は、過去問題でなく、出題されたことのない想定問題、予想問題なので運があるかないか賭けのような市販の参考書で勉強している状態です。 

 

  全国平均の平均27%の合格率は、運があるかないかの合格です。   1回で合格した場合は、まぐれで合格したようなものです。   一つの消防設備士免許を取得するには、3回以上設備士試験を受験しなければ合格しません。   

 

   最近なの 防設備士免許取得教育センター』の68歳の受講生で甲種1類〜甲種5類、乙種6類及び乙種7類の7免許を7ヶ月で取得し、甲種特類の免許を1年以内で取得できる受講者もおります。  防設備士免許取得教育センター』消防設備講習会や消防設備通信講座で全類8免許90%の合格率で消防設備士免許を取得してみませんか。

 

乙種6類 蓄圧式強化液消火器 乙種6類  蓄圧式 機械泡消火器 乙種6類化学泡消火器(破蓋転倒式) 
粉末1.jpg 粉末2.jpg 泡2.jpg

 

13 68才からの消防設備士全類8免許を1年未満取得に初挑戦!!

  私は、68才で現在ビルの管理業務をしております。    消防設備免許がないためビル管理について不安になり消防設備士の免許を取得しようと思い立ちました。    乙種6類の消火器の消防設備士免許が簡単に短期間で取得できる方法がないかネットで調べてみました。 

 

 日本一の最速で取得した講師が教える消防設備士講習会と消防設備士通信講座『消防設備士免許取得教育センター』 を見つけました。  この『消防設備士免許取得教育センター』最大の特徴は超スピードの30日』1つの消防設備士免許の取得』できる講習会と通信講座です。  『消防設備士免許取得教育センター』は、乙種6類の消火器の免許だけで゛なく全類13免許の講習会と通信講座を実施しています。

 

 当講習会の合格率は、90%高合格率消防設備士試験直前講習会です。    代表講師の宇山講師とお話をしてみますと2学年下だったのでお話があいました。    講習会・通信講座の教本は、小学生の教科書の国語・算数・社会・理科と同じように教本がわかれ整理され覚えやすくなっています。

 

 最初に消火器の乙種6類の免許を取得しょうと思ったのですが、甲種消防設備士の免許が30日で取得できると聞いたので、無謀にも乙種6類の消火器をやめ甲種4類から取得することにしました。

 

  テキストは、具体的に @消防法  A電気・機械  B規格・構造  C鑑定・製図  D練習問題の5分冊され整理され、覚え安いテキストとなっています。     共通科目の、@消防法 A電気・機械 のテキストは、1類から7類まで同じですので一度覚えてしまえば覚える必要はないので楽でした。    テキストの内容は、過去に出題された内容に基づいて作成されて教本のため薄く効率の良いテキストです。 

 

 私が68才で勉強して7免許(甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類)を7ヶ月で取得できたのは、このテキストで勉強したからです。 最初に取得しようとした乙種6類の免許は1番最後の取得になってしまいました。

 

 消防設備免許を取得しようとする教材の部材を見たり、触ったりすることが出来なければ消防設備について理解できませんでした。    消防設備の鑑定の試験、製図の作成試験も見たり、触ったりすることで良く理解できました。 乙種6類の消火器を分解し中の部材を見ることで理解でき鑑定の試験に役だちました。

 

 消火器火災適応マーク  乙種6類  加圧式・ 蓄圧式粉末消火器     住宅用消火器の絵表示
 マーク.jpg 断面消火器.jpg  住宅小字.jpg

 

 乙種6類の消防設備は、他の消火設備と設置基準が異なっています。 1 設置しないかするかは、延べ面積で決まります。 2 乙種6類の消火器を何本設置するかは、室内のどこら行っても歩行距離20mに1本設置されます。  室内に机等があり曲がって出口にしかなければならないとき歩いた距離が歩行距離になり、20mに1本設置されます。  3 さらに乙種6類の消火器の大きさは、用途ごとの能力単位の面積で割って消火器の大きさが決まります。 

 

講習会で、全類の消防設備を見て、さわって構造を理解することが合格につながました。 市販の参考書では短期間で取得することは絶対に無理ですね。    68歳の受講生が甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許を7ヶ月で取得するには各類の消防設備をさわつて、見て勉強するから簡単に覚えられ免許の取得につながったと思います。 

   乙種6類   二酸化炭素消火器   乙種6類   二酸化炭素消火器(大型消火器)
   

 

   『消防設備士免許取得教育センター』の過去問題中心に作成されたテキストで勉強したから短期間の合格につながりました。 目標の全類8免許まであとの1免許の甲種特類だけです。   スーパー設備士の甲種特類の受験勉強を平成27年2月8日までの3ヶ月間勉強して受験を待つだけです。

 

 甲種特類の試験は、消防関係法令、構造・機能、火災及び防火関する知識の3科目です。甲種1類〜甲種5類の免許を取得したばかりですのですので、消防関係法令、構造・機能の2科目は勉強は終了しています。    あとの1科目の火災及び防火関する知識を重点的に勉強すれば良いだけです。    講師と同じように全類8免許を1年未満で取得できると思います。

 

   『消防設備士免許取得教育センター』の講習会・通信講座を受講すれば消防設備士全類8免許を1年未満で取得できると確信できたので8免許の講習料金27万円を一括で支払いしました。    消防設備免許を全類取得できるんだいう気持ちが 講習料金を一括で支払いしました。    車の免許を取得するのに30万円かかります。 27万円で人生を買えるから若い人も私と同年代の人も頑張って消防設備士免許を取得してください!!

 

 現在の消防設備士免許の取得状況は、 1 甲種4類平成26年4月15日合格  2 甲種2類  平成26年5月9日合格  3 甲種1類  平成26年9月1日合格  4 甲種3類  平成26年9月 5日合格  5 甲種5類  平成26年10月20日合格  6 乙種7類  平成26年10月24日、7 乙種7類  平成26年12月12日に合格して7免許を7ヶ月(1免許の取得 33日)の短時間で取得しました。  

 

 また、あと受験はあと1免許となり、 甲種特類のスーパー設備士の免許は、平成27年2月 8日に挑戦します。全類8免許を68歳の受講生が1年未満で取得する予定です。  

 

 消防設備士講習会・消防説設備士通信講座

 

 

14 受講生の甲種1類、3類の3回連続合格、他15回連続合格体験談

   皆さん こんにちは 受講生の高木です。   私はビルメンテナンス会社に就職して、防災センターに配属されています。    長いこと防災センターで働いているので消防設備の知識を身につけた方がいいだろうと思い、消防設備士の勉強をしようと思いました。

 

 甲4、乙4、乙6、乙7は弘文社のテキストを使い独学で取得しました。 4免許取得すのに1年10ヶ月(22ヶ月)かかりました。   その後、その他の類もほしくなり、勉強をしようと思いましたが、弘文社のテキストはなく、市販されているテキストでは勉強する気になれませんでした。

 

 そこでなんとか取れる方法はないかとネットで調べていたら、この日本消防コンサルティングのホームページをみつけました。    ホームページには親子2名の消防設備士講師の消防設備士を全類取得した免状がアップされていましたが、受講料もそれなりにしますので、申し込むには正直、不安でした。

 

 それから毎日のようにホームページを見て申し込もうかどうしょうかと悩んでました。   ある日、宇山さんに電話して、本当に取得できるのかなど、いろいろ質問させてもらいました。   それでも不安はありましたが、甲1が取れたらいいなと思い、申し込むことにしました。

 

  申し込んで受講料を払ったら、すぐに教材を送っていただきました。    私の勉強方法は先ず練習問題を解くのに必要な知識を覚えようと思い、練習問題とテキストを照らし合わせながら、一問ずつ自分なりの解答マニュアルを作りました。   時間はかかりますが、記憶には残ります。    分からないところは、講習会で質問して、その後は宇山さんに電話やメールして教えてもらいました。

 

   講習会では、各類の消防設備の部材が展示され、手に取り、触れたりすることで構造が良くわかります。その場で鑑定の勉強してしまいます。   製図について各類の消防設備の構造について1分〜2分の説明で簡単に分かるよう説明されるので、その場で覚えられました。   消防設備構造を理論的に教えてくれるので、1度聞けば消防設備の製図を書けるようになりました。

 

  甲種一類の免許の合格率は1番低く14.7%で1回で合格できないと思い 甲1の試験東京と神奈川で願書受付期間が被っていたので、両方申し込むことにしました。    最初の東京の試験は難しかったなって思い、不合格だった時のことを考え、2回目の神奈川の試験を受ける前に、3回目の東京の試験を申し込みました。

 

  結果的には最初の東京の試験で受かっていたのですが、残り2回分の試験を申し込んでいたので、全部受けてみましたが、3回受けて3回受かりました。   ちなみに勉強した期間は2ヶ月ぐらいでした。 小さな努力で大きな成果です。    試験結果は、最初の東京が一番よく、法令(93%)、基礎知識(80%)、機能(75%)、筆記全体(83%)で実技試験(83%)の合格でした。

 

  甲1が取れると欲が出るもので、甲2と甲3も取得したいなと思いました。   早速、甲2の講習を申し込みました。   もう講習を申し込むのに戸惑いはありません。    甲2は東京と新潟で申し込みました。    最初の東京で受けたところ、手応えもあり受かっているだろうと思えたので、新潟に行くために新幹線の乗車券を購入していましたが、払い戻しました。    試験の結果は無事、東京で受かっていました。 甲2も勉強した期間は2ヶ月ぐらいでした。 小さな努力で大きな成果です。    試験結果は、法令(93%)、基礎知識(60%)、機能(80%)、筆記全体(80%)で実技試験(90%)で合格でした。

 

  甲1、甲2とスムーズに取得できましたが、勉強するのに疲れてきました。   でも、年内に甲3も取得したかったので講習を申し込みました。    3類は甲3を3回、乙3を1回受けましたが、全ての試験に受かることができました。    勉強した期間は2ヶ月ぐらいでした。 小さな努力で大きな成果です。   甲種3類の試験結果は、法令(100%)、基礎知識(80%)、機能(75%)、筆記全体(84%)で実技試験(80%)で合格でした。 8回連続合格だと法令も100%の最高点です。

  

   5類は苦手な分野で、あんまり興味がありませんでした。   なので、勉強する気も起きませんでした。 10月頃に講習を申し込み1ヶ月ぐらい勉強しましたが、諦めてやめてしまいました。   勉強を2ヶ月ぐらい放置した状態で、翌年の1月末に甲5の試験を試しに受けたのですが、受かってたので、びっくりしました。

 

    甲5の取得は無理だと思っていたので、3月の乙5の試験を申し込んでいました。    甲5を取得した後ですが、受けることにしました。      試験前日に教材を見直して受けただけですが、受かりました。 5類は苦手な分野でしたが、甲5・乙5共に取得することができました。   甲5の勉強した期間は1ヶ月ぐらいです。 2ヶ月放置してましたが受かりました。    受かったのは教材が優れているからだと思います。 小さな努力で大きな成果です。

 

   途中でダラケタところもありますが、約一年で甲種特類、甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲甲種5類、乙種1類、乙種2類、乙種3類、乙種5類の9免許を取得することができました。   ちなみに試験は、トータル15回受けましたが、15回とも全て合格しました。 合格率は100%です。

日本消防コンサルティングの教材を使わなかったら、1つも取れずに諦めていたと思います。

 

    あとは、甲種特類だけです。 3月に甲5を取得し、甲特が受験できるようになりました。    宇山さんに甲種特類試験のアドバイスをいただき少し自信が付きました。    宇山さんのアドバイスで全類取得13免許を取得することにしました。    それから残りの乙1と乙2の勉強はしましたが、甲特についての勉強はしていませんでしたが、9月の試験で受かることができました。    待望の甲種特類の免許の交付は埼玉で26年10月31日交付なります。   このことにより消防設備士免許全類13免許全て埋まります。 

  

   また、特類交付後、東京で10月5日に受験していた甲種特類の試験が11月8日合格発表があり東京で交付をすればよかったと思いました。(残念)

  

    甲種特類ほか15回連続の100%合格の合格通知書
1 甲種1類 平成25年3月8日 合格 2 甲種1類 平成25年4月17日  合格 3 甲趣1類 平成25年4月30日  合格
     
4 甲種2類 平成25年6月 19日  合格 5 乙種3類 平成25年8月5日  合格 6 甲種3類 平成25年9月27日  合格
     
7 甲種3類 平成25年10月11日  合格 8 甲種3類 平成25年10月1日 合格

9 甲種5類  平成26年2月14日 合格

     
10 乙種5類  平成26年3月19日 合格 11 乙種1類 平成26年7月7日合格

12 乙種2類 平成26年9月26日合格

     
13 乙種2 類 平26年10月10日 合格 14 甲種特類 平26年10月10日 合格 15 甲種特類 平26年11月8日 合格 
     

 

待望の夢に見た消防説設備士全類13免許取得の軌跡!!
 

 

                                         

15 受験資格がない状況から消防設備士甲種4類に挑戦

 誰でも消防設備士乙種6類、甲種4類の免許を1回の試験で取得したいと思うはずです。    消防設備士甲種4類の免許を取得するには、甲種消防設備士試験 の受験資格がなくてはなりません。    そのためには、乙種6類の消防設備士免許を取得して2年以上業務に経験が必要だったり、電気、建築関係の学校の卒業生とか建築士や電気工事士とか無線従事者とかの資格がなければ受験できません。

 

  大学も消防設備士試験の受験資格のある学校でなく経済で消防設備士甲種4類の受験資格もありません。   乙種6類の消防設備士を取って2年もの待たなくてはなりません。    どうしても1日で消防設備士甲種4類のの受験資格を取得するする方法がないかと考えました。

  

16 消防設備士免許の短期間で取得方法は過去問題

 過去問題が最高の合格の早道です。市販の参考書の想定問題や予想問題を解いても合格しません。   甲種1類から甲種5類乙種6類、乙種7類の7免許が7ヶ月で取得できるのは過去問題を解くからです。1ケ月1免許取得できる訳です。

 

  電気工事士の免許の合格状況みても明らかです。、昔は過去問題が公開されないため非常に難しかったです。    筆記試験の過去問題が毎年公開され、実技試験は、前もって出題される4問ほど提示されており、その中から1問出題されるようになり、現在の合格率は72%となり合格させるための試験となっています。

 

  誰でも過去問題があれば、勉強すれば70%以上の合格となります。   試験にとてもよく出てくる内容と問題は過去問題です。   試験問題を解くために必要なものだけに、究極的に内容を絞っているからです。 

 

  過去25年ぶんの過去問を徹底的にリサーチし、出題率の高かったものを厳選して絞りました。「  テキストの内容がそのまま出ていてびっくりしました!」というお声良く聞きます。

 

   薄くてよく出るテキストを使って、講義では、筆記試験の@消防法、A電気・機械、B構造・規格省令について解りやすく効果的な勉強をします。   講義の後に過去問を解いてみると、すらすら解けるようになっているでしょう。

 

 『消防設備士免許取得講習センター』教本だけで他に市販の参考書は不要です。    効果的な勉強の仕方、消防設備の構造を理論的に一回で覚える方法を教えます。   講習の後に過去問を解いてみると、すらすら解けるようになっているでしょう。

 

    1年未満で全類8免許を取得した実績 のある消防設備士講師が、乙種6類の消火器の効果的な勉強の仕方、消防設備の構造を理論的に一回で覚える方法を教えます。   講習会で試験に出る消防設備資機材を実際に見て、触れて、構造確認して楽に鑑定の勉強をしてしまいます。   講習の後に過去問を解いてみると、すらすら解けるようになっているでしょう。

 

9 消防設備士乙6免許を簡単に10日で取得してみませんか
9 消防設備士乙6免許を簡単に10日で取得してみませんか

     消防設備士の試験は、全類13免許をとおして消防法、電気・機械、規格・構造の筆記試験は合格するのですが、実技試験の鑑定の士試験、製図試験でほとんどの方が落ちています。 

 

  甲種6免許の平均合格率は19.9%で、特に甲種1類は14.7%と非常に低いです。   消防設備士乙6の合格率は、31.4%で3人に1人の合格まで行っておりません。   消防設備士免許取得教育センター』 で消防設備士乙6の消火器の資機材を実際に見て、さわり、構造を理解し消防設備士乙6の免許を簡単に10日間で取得してみませんか。

 

   『消防設備士免許取得教育センター』の消防設備士乙6の受講生の合格率は90%です。   消防設備士乙6の講習会は、鑑定で不合格なる受験者ありますので実技を重視した分かり易い講座で評判です!    鑑定での講習は、各種類の消火器を実際にさわり、キャップスパナを使用して消火器を分解し構造内部を理解します。   エアーガンを使用して標準圧力計や・継手金具を使用して圧力を測ったりします。

  

  化学泡消火器の内筒や外筒を分解し薬剤を入れる量を未確認したりします。    各消火器を実際にさわり、見て特徴を覚えて鑑定の試験のとき直ちに回答できるようその場で覚えてしまいます。   プライヤーを使用して圧力ボンベをはずしたりする講習会を実施しています。  

  

  消防設備士乙6講習会でなにが分かる、なにが分からないのかをきちんと確認しながらその場で覚えてしまいます。   消防設備士乙6試験は実際には一般には目にすることのないものが試験に出題されます。   例えば粉上がり防止封板、ろ過網、安全弁、ガス導入管などが出題されるため、消火器を分解することによりその場で覚えてしまいます。

 

  受講生は様々で機械の苦手な女性の方、実技問題の苦手な方、法令の苦手な男性の方様ざまです『消防設備士免許取得教育センター』では消防設備士免許全類8免許を1年未満で取得した全国はいトップの講師が全類の消防設備の資格指導に当たっています。

 

  消防設備士乙6の試験は、出題されるパターンがある程度決まっているといわれています。  当講習会では消防設備士試験に合格するため、講習会に来られた先輩の受験生から試験問題をききとったり、買い取り業務したりして徹底的に分析し皆様に消防設備士乙6の免許としてお返ししています。 だから合格率90%と質の高い消防設備士乙6の講習会として実施されております。 

 

   例えば、68歳の男性が消防設備士甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類及び乙種7類の7免許を7ヶ月で取得している受講生もおります。    当講習会は、消防設備士講師2名も受講生も実績があるから自信を持って指導できるのです。    消防設備士講師2名は、全類8免許を1年未満で取得した免許を掲示して信頼を得て講習しております。 当講習会は、消防設備士乙6の講習会としてナンバーワン、オンリーワンなのです

  

甲種3類の講習会・通信講座のご案内

 

10 消防設備士乙種6類の免許を10日間で簡単に取る方法

     建物に最初に設置される消防設備が乙6の消火器です。   そのため消防設備士乙6の試験は、消防設備士13免許の中で受験者が1番多く受験しています。

 

  消防設備士乙種6類の試験は、筆記試験が3科目のあり、消防法10問、機械5問、構造・機能15問の計30問の4肢択一式で行われます。 消防設備士乙6の試験の合格基準は、3科目ごとの最低40点以上で取得しなければなりません。 全体の取得点数は、3科目で180点取得しなければ合格できません。

 

  消火器(乙6)の試験は、甲種消防設備士の試験と異なり製図の試験はありません。   建物の各階ごとに消火器を歩行距離20mごとに置くだけですので製図の必要はありません。    消火器(乙6)の実技試験は、鑑定の試験のみがが実施されます。    鑑定試験は、消火器の写真見て消火器の種類を答えたり、整備の工具の名称、点検方法などの写真、イラスト、図面などによる鑑別の記述式で5問出題され、60点以上であれば合格となり乙6の消火器の免許が来ます。

 

 乙6  ハロン1301消火器  乙6 蓄圧式 機械泡消火器  乙6 化学泡消火器(転倒式)
ハロン.jpg 粉末.jpg あわ.jpg

 

   消火器(乙6)試験の難易度は、消防法は消防法のごくさわり程度の簡単なもの、機械は、高校1年生で習う内容です。    乙種6類の構造・規格は規格省令から出題され内は簡単で取得しやすい免許です。

 

  乙6試験の合格率は、年間26,958人受験して8,480人(31.4%)が合格しております。 また、3人に一人の合格を切っている状況です。    一般的に合格率30%以下の国家試験は、市販の参考書の作成が悪いとされています。

 

  乙種6類の受験者の99.999%は、市販の参考書で独学で勉強しております。   乙6の市販の教本の内容が悪いため受験勉強が間に合わず、4,539人(13%)の人が受験放棄して受験しません。

 

 乙種6類の消防設備士試験者は、誰でも小さな努力と大きな成果により1回で合格したいものです。31.4%の合格率では最低3回受験しなければ合格できません。

 

  消防設備士試験制度がはじまり50年たち毎年10万人が受験します。    全国10万人の受験者は出来の悪い市販の参考書で勉強するため、2万人の受験者が受験勉強がまにあわず試験会場に行かず受験放棄しております。    毎年2万人の受験者の受験料金8千万円がドブに捨てられ、乙種6類は1,500万円がドブに捨てられている状況です。

 

  乙種6類の参考書は、一番多く出版され、年間26,958人の受験者が購入しています。   受験者の99.99%の受験者は、乙種6類の消火器の構造について実際に見たりさわったりすることなく受験しています。    また、消火器の内部見たことがなければ、乙種6類の構造について解るはずがなく、実際に点検もできません。

 

 

 乙6  化学泡消火器(車載式) 大型消火器  乙6 粉末消火器(車載式) 大型消火器
30.jpg 大2.jpg 粉末大1.jpg

 

 

  消防設備士乙6の試験は、全類13免許をとおして消防法、電気・機械、規格・構造の筆記試験は合格するのですが、実技試験の鑑定の士試験、製図試験でほとんどの方が落ちています。   甲種6免許の平均合格率は19.9%で、特に甲種1類は14.7%と非常に低いです。    乙種6類の31.4%で3人に1人の合格まで行っておりません。    『消防設備士免許取得教育センター』 で乙6の消火器の資機材を実際に見て、さわり、構造を理解し消防設備士免許乙6の免許を簡単に短時間で取得してみませんか。

  

  『消防設備士免許取得教育センター』の乙6の受講生の合格率は90%です。   乙種6類の講習会は、鑑定で不合格なる受験者多いので実技を重視した分かり易い講座で評判です!      鑑定での講習は、各種類の消火器を実際にさわり、キャップスパナを使用して消火器を分解し構造内部を理解します。エアーガンを使用して標準圧力計や・継手金具を使用して圧力を測ったりします。

   

  化学泡消火器(乙6)の内筒や外筒を分解し薬剤を入れる量を未確認したりします。   各消火器を実際にさわり、見て特徴を覚えて鑑定の試験のとき直ちに回答できるようその場で覚えてしまいます。   プライヤーを使用して圧力ボンベをはずしたりする講習会を実施しています。  

  

  消火器(乙6)の講習会でなにが分かる、なにが分からないのかをきちん消火器を見ながら確認し、その場で覚えてしまいます。    乙6試験は実際には一般に消火器内部の粉上がり防止封板、ろ過網、安全弁、ガス導入管など目にすることのないものが試験に出題されます。    例えば粉上がり防止封板、ろ過網、安全弁、ガス導入管などが出題されるため、消火器を分解することによりその場で覚えることができます。

  

  受講生は様々で機械の苦手な女性の方、実技問題の苦手な方、法令の苦手な男性の方様ざまです。『消防設備士免許取得教育センター』では消防設備士免許全類8免許を1年未満で取得した全国はいトップの講師が消火器(乙6)の資格指導に当たっています。

 

  消防設備士試験(乙6)は、出題されるパターンがある程度決まっています。    乙6の当講習会では消防設備士試験に合格するため、乙6の講習会に来られた先輩の受験生から試験問題をききとったり、買い取り業務したりして徹底的に分析し皆様にお返ししています。    だから合格率90%の講習会となるのです。 

  

  例えば、68歳の男性が甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類及び乙種7類の7免許を7ヶ月で取得している受講生もおります。    当講習会は、消防設備士講師2名も受講生も実績があるから自信を持って指導できるのです。   消防設備士講師2名は、全類8免許を1年未満で取得した免許を掲示して信頼を得て講習しております。   当講習会は、ナンバーワン、オンリーワンです

  

 

  消防設備士免許取得教育センター』の特徴は、消防設備全類の消防設備試験用の資機材が用意してあります。     だから資機材を見て、手で触ることができるから1年未満手での消防設備全類8免許取得につながるのです。     消防設備試験用の資機材容易についてもナンバーワン、オンリーワンです。  

 

 

消防設備士乙種6類講習会実施案内はこちら

 

 

 

 

11 消防設備士免許は40点、40点、100点でも合格

  合格率の低い一番の大きな原因は、消防設備士試験の過去問題が公開されてないのが原因であります。    昔は電気工事士の試験問題は消防設備士と同様に公開されていませんでした。

 

 電気工事士の試験問題は、昔と違い過去問として公開され、実技試験は前もって提示され電気工事士の合格率は72%と取得するための試験となっています。

 

 消防設備士試験は、昔同様に公開されないため、13免許の合格率は27%と非常に低い状況です。 このため消防設備士の数が足りない状況が発生し、消防庁長官は国会で国会議員に責められます。

 

   そのため、筆記試験3科目(消防法、電気・機械、規格・構造)の合計が180点とし1科目の最低点数を命にかかわる設備なのに40点としました。 

 

   どの国家試験でも最低60点ありますが、程度を下げなければ合格できません。    どんな法律でも5年に一回は変わるので5年に1度再講習行っています。   程度の低い消防設備士を5年間世の中に野放しにしておくと大変なこと考えたのです。    消防設備士だけは、最初免許を取得後に2年目で再講習することにしたのです。    そのあとは5年、5年と再講習が行われています。

 

乙種6類 ハロン1301消火器 乙種6類  加圧式 粉末消火器 乙種6類 化学泡消火器(転倒式)
ハロン.jpg 粉末.jpg あわ.jpg
12 過去問題に基づいた教本で全類8免許が1年未満で取れる

   消防設備士試験は、受験申請して最初からなぜ試験会場に来ないのか?  消防設備士受験生は、市販の消防設備士受験の参考書を購入し受験勉強します。    また、99.9%の受験者は市販の参考書で受験勉強をするため乙種6類の合格者は3人に1人しか合格しておりません。 

 

  市販の参考書の参考書は、電気工事士の様に過去問題であれば72%の合格率となります 、消防設備士試験に出題されたことのない予想問題、想定問題のため3人に1人の合格率です。    この合格率から見ると、乙種6類の免許取得には、最低3回消防設備士試験を受けなれればなりません。    過去問題がないからなかなか合格できないのです。   過去問だがあれば合格率は90%の高合格率になります。   1年未満で全類8免許が取得できても当たり前です。

 

   また、消防設備士試験は過去問題に基づいた教本が作成されておらず、筆記試験の消防法、機械、規格・構造の3科目と鑑定・実技と整理された教本がありません。    市販の参考書は、消防法、機械、規格・構造、鑑定・実技がゴチャゴチャに記載されており何が何だかわからない状況です。    小学校の国語、算数、社会、理科の教本のように整理されていないから頭の中は整理されません。    独自に分析した過去問題に基づき教本が作成されておれば90%以上の合格率と全類8免許が1年未満で取得できます。

 

  平成16年6月の甲種特類の免許ができ7免許(甲種1類から甲種5類、乙6類、乙7類)から8免許に増え平成17年に8免許を1年未満で取得した受験生は誰もいませんでした。     市販の参考書では、年間10万人の受験者の合格率は、27%です。    一般に国家試験の合格率が30%以下の場合は、市販の参考書が良くないとされ、悪い参考書で勉強してもなかなか合格しない現状です。 

  

 『消防設備士免許取得教育センター』の合格率は全類8免許を短期間の1年未満で取得し、90%以上の合格率です。   現在は1年未満で全類8免許を取得できることが常識になっています。    1年未満で全類8免許を取得した消防設備士免許が実績です。

 

  消防設備士(全類8免許)を1年未満の超スピードで取得の消防設備士講師

全類日本最速取得者 (甲種特類の全類を348日)                  甲種1〜甲種5、乙種6、乙種7の7免許を7ケ月取得 消防設備士免許全類を364日で取得                 1免許取得45日で取得
ユキズミ.jpg 幸逸.jpg

   甲種消防設備士6免許の合格率は、19.9%、乙種消防設備士7免許の合格率は、33.7%で、甲種乙種の合計合格率は27%となっています。    平均27%の合格率は、過去問題でなく、出題されたことのない想定問題、予想問題なので運があるかないか賭けのような市販の参考書で勉強している状態です。 

 

  全国平均の平均27%の合格率は、運があるかないかの合格です。   1回で合格した場合は、まぐれで合格したようなものです。   一つの消防設備士免許を取得するには、3回以上設備士試験を受験しなければ合格しません。   

 

   最近なの 防設備士免許取得教育センター』の68歳の受講生で甲種1類〜甲種5類、乙種6類及び乙種7類の7免許を7ヶ月で取得し、甲種特類の免許を1年以内で取得できる受講者もおります。  防設備士免許取得教育センター』消防設備講習会や消防設備通信講座で全類8免許90%の合格率で消防設備士免許を取得してみませんか。

 

乙種6類 蓄圧式強化液消火器 乙種6類  蓄圧式 機械泡消火器 乙種6類化学泡消火器(破蓋転倒式) 
粉末1.jpg 粉末2.jpg 泡2.jpg

 

13 68才からの消防設備士全類8免許を1年未満取得に初挑戦!!

  私は、68才で現在ビルの管理業務をしております。    消防設備免許がないためビル管理について不安になり消防設備士の免許を取得しようと思い立ちました。    乙種6類の消火器の消防設備士免許が簡単に短期間で取得できる方法がないかネットで調べてみました。 

 

 日本一の最速で取得した講師が教える消防設備士講習会と消防設備士通信講座『消防設備士免許取得教育センター』 を見つけました。  この『消防設備士免許取得教育センター』最大の特徴は超スピードの30日』1つの消防設備士免許の取得』できる講習会と通信講座です。  『消防設備士免許取得教育センター』は、乙種6類の消火器の免許だけで゛なく全類13免許の講習会と通信講座を実施しています。

 

 当講習会の合格率は、90%高合格率消防設備士試験直前講習会です。    代表講師の宇山講師とお話をしてみますと2学年下だったのでお話があいました。    講習会・通信講座の教本は、小学生の教科書の国語・算数・社会・理科と同じように教本がわかれ整理され覚えやすくなっています。

 

 最初に消火器の乙種6類の免許を取得しょうと思ったのですが、甲種消防設備士の免許が30日で取得できると聞いたので、無謀にも乙種6類の消火器をやめ甲種4類から取得することにしました。

 

  テキストは、具体的に @消防法  A電気・機械  B規格・構造  C鑑定・製図  D練習問題の5分冊され整理され、覚え安いテキストとなっています。     共通科目の、@消防法 A電気・機械 のテキストは、1類から7類まで同じですので一度覚えてしまえば覚える必要はないので楽でした。    テキストの内容は、過去に出題された内容に基づいて作成されて教本のため薄く効率の良いテキストです。 

 

 私が68才で勉強して7免許(甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類)を7ヶ月で取得できたのは、このテキストで勉強したからです。 最初に取得しようとした乙種6類の免許は1番最後の取得になってしまいました。

 

 消防設備免許を取得しようとする教材の部材を見たり、触ったりすることが出来なければ消防設備について理解できませんでした。    消防設備の鑑定の試験、製図の作成試験も見たり、触ったりすることで良く理解できました。 乙種6類の消火器を分解し中の部材を見ることで理解でき鑑定の試験に役だちました。

 

 消火器火災適応マーク  乙種6類  加圧式・ 蓄圧式粉末消火器     住宅用消火器の絵表示
 マーク.jpg 断面消火器.jpg  住宅小字.jpg

 

 乙種6類の消防設備は、他の消火設備と設置基準が異なっています。 1 設置しないかするかは、延べ面積で決まります。 2 乙種6類の消火器を何本設置するかは、室内のどこら行っても歩行距離20mに1本設置されます。  室内に机等があり曲がって出口にしかなければならないとき歩いた距離が歩行距離になり、20mに1本設置されます。  3 さらに乙種6類の消火器の大きさは、用途ごとの能力単位の面積で割って消火器の大きさが決まります。 

 

   講習会で、全類の消防設備を見て、さわって構造を理解することが合格につながました。 市販の参考書では短期間で取得することは絶対に無理ですね。    68歳の受講生が甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許を7ヶ月で取得するには各類の消防設備をさわつて、見て勉強するから簡単に覚えられ免許の取得につながったと思います。 

   乙種6類   二酸化炭素消火器   乙種6類   二酸化炭素消火器(大型消火器)
2222.jpg 大型多.jpg

 

   『消防設備士免許取得教育センター』過去問題中心に作成されたテキストで勉強したから短期間の合格につながりました。 目標の全類8免許まであとの1免許の甲種特類だけです。   スーパー設備士の甲種特類の受験勉強を平成27年2月8日までの3ヶ月間勉強して受験を待つだけです。

 

 甲種特類の試験は、消防関係法令、構造・機能、火災及び防火関する知識の3科目です。甲種1類〜甲種5類の免許を取得したばかりですのですので、消防関係法令、構造・機能の2科目は勉強は終了しています。    あとの1科目の火災及び防火関する知識を重点的に勉強すれば良いだけです。    講師と同じように全類8免許を1年未満で取得できると思います。

 

   『消防設備士免許取得教育センター』の講習会・通信講座を受講すれば消防設備士全類8免許を1年未満で取得できると確信できたので8免許の講習料金27万円を一括で支払いしました。    消防設備免許を全類取得できるんだいう気持ちが 講習料金を一括で支払いしました。    車の免許を取得するのに30万円かかります。 27万円で人生を買えるから若い人も私と同年代の人も頑張って消防設備士免許を取得してください!!

 

 現在の消防設備士免許の取得状況は 1 甲種4類平成26年4月15日合格  2 甲種2類  平成26年5月9日合格  3 甲種1類  平成26年9月1日合格  4 甲種3類  平成26年9月 5日合格  5 甲種5類  平成26年10月20日合格  6 乙種7類  平成26年10月24日、7 乙種7類  平成26年12月12日に合格して7免許を7ヶ月(1免許の取得 33日)の短時間で取得しました。  

 

 また、あと受験はあと1免許となり、 甲種特類のスーパー設備士の免許は、平成27年2月 8日に挑戦します。全類8免許を68歳の受講生が1年未満で取得する予定です。  

 

 消防設備士講習会・消防説設備士通信講座

 

 

14 受講生の甲種1類、3類の3回連続合格、他15回連続合格体験談

   皆さん こんにちは 受講生の高木です。   私はビルメンテナンス会社に就職して、防災センターに配属されています。    長いこと防災センターで働いているので消防設備の知識を身につけた方がいいだろうと思い、消防設備士の勉強をしようと思いました。

 

 甲4、乙4、乙6、乙7は弘文社のテキストを使い独学で取得しました。 4免許取得すのに1年10ヶ月(22ヶ月)かかりました。   その後、その他の類もほしくなり、勉強をしようと思いましたが、弘文社のテキストはなく、市販されているテキストでは勉強する気になれませんでした。

 

 そこでなんとか取れる方法はないかとネットで調べていたら、この日本消防コンサルティングのホームページをみつけました。    ホームページには親子2名の消防設備士講師の消防設備士を全類取得した免状がアップされていましたが、受講料もそれなりにしますので申し込むには正直、不安でした。

 

 それから毎日のようにホームページを見て申し込もうかどうしょうかと悩んでました。   ある日、宇山さんに電話して、本当に取得できるのかなど、いろいろ質問させてもらいました。   それでも不安はありましたが、甲1が取れたらいいなと思い、申し込むことにしました。

 

  申し込んで受講料を払ったら、すぐに教材を送っていただきました。    私の勉強方法は先ず練習問題を解くのに必要な知識を覚えようと思い、練習問題とテキストを照らし合わせながら、一問ずつ自分なりの解答マニュアルを作りました。   時間はかかりますが、記憶には残ります。    分からないところは、講習会で質問して、その後は宇山さんに電話やメールして教えてもらいました。

 

   講習会では、各類の消防設備の部材が展示され、手に取り、触れたりすることで構造が良くわかります。その場で鑑定の勉強してしまいます。   製図について各類の消防設備の構造について1分〜2分の説明で簡単に分かるよう説明されるので、その場で覚えられました。   消防設備構造を理論的に教えてくれるので、1度聞けば消防設備の製図書けるようになりました。

 

  甲種一類の免許の合格率は1番低く14.7%で1回で合格できないと思い 甲1の試験東京と神奈川で願書受付期間が被っていたので、両方申し込むことにしました。    最初の東京の試験は難しかったなって思い、不合格だった時のことを考え、2回目の神奈川の試験を受ける前に、3回目の東京の試験を申し込みました。

 

  結果的には最初の東京の試験で受かっていたのですが、残り2回分の試験を申し込んでいたので、全部受けてみましたが、3回受けて3回受かりました。   ちなみに勉強した期間は2ヶ月ぐらいでした。 小さな努力で大きな成果です。    試験結果は、最初の東京が一番よく、法令(93%)、基礎知識(80%)、機能(75%)、筆記全体(83%)で実技試験(83%)の合格でした。

 

  甲1が取れると欲が出るもので、甲2と甲3も取得したいなと思いました。   早速、甲2の講習を申し込みました。   もう講習を申し込むのに戸惑いはありません。    甲2は東京と新潟で申し込みました。    最初の東京で受けたところ、手応えもあり受かっているだろうと思えたので、新潟に行くために新幹線の乗車券を購入していましたが、払い戻しました。    試験の結果は無事、東京で受かっていました。 甲2も勉強した期間は2ヶ月ぐらいでした。 小さな努力で大きな成果です。    試験結果は、法令(93%)、基礎知識(60%)、機能(80%)、筆記全体(80%)で実技試験(90%)で合格でした。

 

  甲1、甲2とスムーズに取得できましたが、勉強するのに疲れてきました。   でも、年内に甲3も取得したかったので講習を申し込みました。    3類は甲3を3回、乙3を1回受けましたが、全ての試験に受かることができました。    勉強した期間は2ヶ月ぐらいでした。 小さな努力で大きな成果です。   甲種3類の試験結果は、法令(100%)、基礎知識(80%)、機能(75%)、筆記全体(84%)で実技試験(80%)で合格でした。 8回連続合格だと法令も100%の最高点です。

  

   5類は苦手な分野で、あんまり興味がありませんでした。   なので、勉強する気も起きませんでした。 10月頃に講習を申し込み1ヶ月ぐらい勉強しましたが、諦めてやめてしまいました。   勉強を2ヶ月ぐらい放置した状態で、翌年の1月末に甲5の試験を試しに受けたのですが、受かってたので、びっくりしました。

 

    甲5の取得は無理だと思っていたので、3月の乙5の試験を申し込んでいました。    甲5を取得した後ですが、受けることにしました。      試験前日に教材を見直して受けただけですが、受かりました。 5類は苦手な分野でしたが、甲5・乙5共に取得することができました。   甲5の勉強した期間は1ヶ月ぐらいです。 2ヶ月放置してましたが受かりました。    受かったのは教材が優れているからだと思います。 小さな努力で大きな成果です。

 

   途中でダラケタところもありますが、約一年で甲種特類、甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲甲種5類、乙種1類、乙種2類、乙種3類、乙種5類の9免許を取得することができました。   ちなみに試験は、トータル15回受けましたが、15回とも全て合格しました。 合格率は100%です。

日本消防コンサルティングの教材を使わなかったら、1つも取れずに諦めていたと思います。

 

    あとは、甲種特類だけです。 3月に甲5を取得し、甲特が受験できるようになりました。    宇山さんに甲種特類試験のアドバイスをいただき少し自信が付きました。    宇山さんのアドバイスで全類取得13免許を取得することにしました。    それから残りの乙1と乙2の勉強はしましたが、甲特についての勉強はしていませんでしたが、9月の試験で受かることができました。    待望の甲種特類の免許の交付は埼玉で26年10月31日交付なります。   このことにより消防設備士免許全類13免許全て埋まります。 

  

   また、特類交付後、東京で10月5日に受験していた甲種特類の試験が11月8日合格発表があり東京で交付をすればよかったと思いました。(残念)

  

    甲種特類ほか15回連続の100%合格の合格通知書
1 甲種1類 平成25年3月8日 合格 2 甲種1類 平成25年4月17日  合格 3 甲趣1類 平成25年4月30日  合格
合格二月.jpg 合格三月2.jpg 合格四月.jpg
4 甲種2類 平成25年6月 19日  合格 5 乙種3類 平成25年8月5日  合格 6 甲種3類 平成25年9月27日  合格
合格月六.jpg 修正2.jpg 合格八月2.jpg
7 甲種3類 平成25年10月11日  合格 8 甲種3類 平成25年10月1日 合格

9 甲種5類  平成26年2月14日 合格

合格九一.jpg 合格九月月2.jpg 最終.jpg
10 乙種5類  平成26年3月19日 合格 11 乙種1類 平成26年7月7日合格

12 乙種2類 平成26年9月26日合格

乙5.jpg 7777.jpg 乙2高木.jpg
13 乙種2 類 平26年10月10日 合格 14 甲種特類 平26年10月10日 合格 15 甲種特類 平26年11月8日 合格 
乙2  10月10.jpg 高木.jpg 東京高木.jpg

 

待望の夢に見た消防説設備士全類13免許取得の軌跡!!
高木都市.jpg 

 

                                         

15 受験資格がない状況から消防設備士甲種4類に挑戦

 誰でも消防設備士乙種6類、甲種4類の免許を1回の試験で取得したいと思うはずです。    消防設備士甲種4類の免許を取得するには、甲種消防設備士試験 の受験資格がなくてはなりません。    そのためには、乙種6類の消防設備士免許を取得して2年以上業務に経験が必要だったり、電気、建築関係の学校の卒業生とか建築士や電気工事士とか無線従事者とかの資格がなければ受験できません。

 

  大学も消防設備士試験の受験資格のある学校でなく経済で消防設備士甲種4類の受験資格もありません。   乙種6類の消防設備士を取って2年もの待たなくてはなりません。    どうしても1日で消防設備士甲種4類のの受験資格を取得するする方法がないかと考えました。

  

16 消防設備士免許の短期間で取得方法は過去問題

 過去問題が最高の合格の早道です。市販の参考書の想定問題や予想問題を解いても合格しません。   甲種1類から甲種5類乙種6類、乙種7類の7免許が7ヶ月で取得できるのは過去問題を解くからです。1ケ月1免許取得できる訳です。

 

  電気工事士の免許の合格状況みても明らかです。、昔は過去問題が公開されないため非常に難しかったです。    筆記試験の過去問題が毎年公開され、実技試験は、前もって出題される4問ほど提示されており、その中から1問出題されるようになり、現在の合格率は72%となり合格させるための試験となっています。

 

  誰でも過去問題があれば、勉強すれば70%以上の合格となります。   試験にとてもよく出てくる内容と問題は過去問題です。   試験問題を解くために必要なものだけに、究極的に内容を絞っているからです。 

 

  過去25年ぶんの過去問を徹底的にリサーチし、出題率の高かったものを厳選して絞りました。「  テキストの内容がそのまま出ていてびっくりしました!」というお声良く聞きます。

 

   薄くてよく出るテキストを使って、講義では、筆記試験の@消防法、A電気・機械、B構造・規格省令について解りやすく効果的な勉強をします。   講義の後に過去問を解いてみると、すらすら解けるようになっているでしょう。

 

 『消防設備士免許取得講習センター』教本だけで他に市販の参考書は不要です。    効果的な勉強の仕方、消防設備の構造を理論的に一回で覚える方法を教えます。   講習の後に過去問を解いてみると、すらすら解けるようになっているでしょう。

 

    1年未満で全類8免許を取得した実績 のある消防設備士講師が、乙種6類の消火器の効果的な勉強の仕方、消防設備の構造を理論的に一回で覚える方法を教えます。   講習会で試験に出る消防設備資機材を実際に見て、触れて、構造確認して楽に鑑定の勉強をしてしまいます。   講習の後に過去問を解いてみると、すらすら解けるようになっているでしょう。 

センター』の講習会や通信講座 を受講すれば甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許が7ヶ月で、消防設備士全類8免許が

5 日本で一番早く消防設備士免許が簡単に取れる講習会!!

348日の1年未満で取得できます。

 

  消防設備士受験者は、講習会の消防設備士講師がそれだけの実力と実績がなければ講習会を受講しません。  実力と実績があるかどうかは、実際に目に見える消防設備士免許の掲示がなければ、消防設備士講師の実力と指導力の判断できません。  

 

  例えば、消防設備士1免許30日で取得し、7免許を7ヶ月で取得し、消防設備士全類8免許が1年以内で取得した消防設備士免許の掲示があるから安心して受講できます。   実績と信頼のある消防設備士講師の指導と講習により、消防設備士7免許を7ヶ月で取得したり、全類8免許が1年以内で取得できます。

 

 

 なぜ『消防設備免許取得教育センター』の講習会は免許が取れるの

受講生から講習会とはどんなものですかとよく聞かれます。   なぜ消防設備士免許が取得できるのかいうと、消防設備全類の消防設備資機材や備品を直接見てさわり講習会が受講できるからです。

 

  消防設備資機材や備品を見て触るので百聞は一見にしかずの 例えとおり 映像として簡単に覚えてしまいます。   見て触るので構造が簡単にわかるので、楽に簡単に覚えられるので消防設備士免許が短期間に取得でます。  

6消火器.jpg

 

講習会の例え話ととして、セブンイレブンに買い物に行き綺麗な女店員さんがいれば顔を覚えているでしょう。  消防設備資機材や備品を見て触るので印象が強いから簡単に覚えられると同じですよとお話をします。

 

  全国10万人の消防設備士受験生の皆さんは、 自動車免許を取得するのには自動車教習所30万円かけ自動車免許を取得しています。  消防設備士免許を取得するには、今まで消防設備士の教習所はありませんでした。   消防設備士全類8免許を取得するに消防設備士教習所27万円を支払えば取得して取得できます。  消防設備士免許の取得は『大きなお金、大きな成果、小さな楽な努力』で取得できます。

 

  ※市販の消防設備士参考書で勉強する時代は、終わったのです。   消防設備士教習所 『消防設備士免許取得教育センター』消防設備士免許を取得する時代になりました。

 

 

  また、 『消防設備士免許取得教育センター』は、消防設備士受験生に消防設備士全類8免許が1年以内の超スピードで、超高合格率の90%の合格率で取得できる時間を販売している会社です。

 

7 市販の参考書では消防設備士免許がなかなか取れない理由

消防設備士免許が昭和40年から始まり50年たちます。  消防設備士免許を取得する全国10万人の消防設備士受験者の99.999%は、自動車教習所のような消防設備士の教習所がないため、50年間も市販の参考書 を購入して独学で免許を取る方法しかありませんでした。   市販の参考書で勉強している全国10万人の99.99%の受験者の合格率は、一般財団法人消防試験研究センタが掲載しているとおりです。  

 

  市販の消防設備士試験の参考書は、非常に品質や出来が悪いため、消防設備士免許が取れない超低合格率のとなっています。  甲種6免許の合格率は 19.9%、特に甲種一類は、14.7%です    甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.1%と超低合格率の免許となっています。

 

  社会一般に30%をきる国家試験は、市販の参考書が悪いと言われております。  消防設備士免許は、市販の参考書の内容がよくないためなかなか免許が取れません。   当然、消防設備士の人数が大きくたりなくなって大きな社会的問題に発展しています。  

 

  市販の参考書が悪いため、総務省消防庁は、消防設備士の絶対数が現在でも足りないため、国家資格である最低合格点を60点で40点に変更して40点、40点、100点の180点にしてまで消防設備士数を増やそうと試験制度をかえました。

 

   電気工事士の市販の参考書は非常にできが良く合格率72%との超高合格率で電気工事士の数があまり、年1回しか実施されていません。   消防設備士甲種6免許の合格率は 19.9%、甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.1%と超低合格率の免許です。  

 

  そのため、電気工事士の市販の参考書と比較すると消防設備士の市販の参考書はできが悪いため、消防設備士の絶対数が足りないので東京都が35回、地方は年間6回、4回、3回、2回の多数の試験が実施されている状況です。 

   

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成24年度) 上げ底合格率

24年度2.jpg

全国10万人の市販の参考書での本当の合格率をご存知ですか?

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成24年度) 実際の合格率

20統計.jpg

 

  合格率とは、受験料金を支払った消防設備士試験申請者(受験者)で合格者を除した数値が合格率となります。  一般財団法人消防試験研究センターは、実際に試験会場に来て受験した受験者の数で割った誤った合格者を合格率としてだしています。 万人の受験放棄者(101,413−82,260=19,153)を除いて合格率をだしております。 

 

  一般財団法人消防試験研究センターは、正しい合格率27,546(合格者)÷101,413(申請者)27.1%(合格率) です。   虚偽の合格率は、27,546(合格者)÷82,260(試験会場に来て受験者)33.5%(上げ底合格率)をだしています。   毎年、万人の受験放棄者8千3百万円の受験料金がドブに捨てられています。

 

 ※ 万人の受験放棄者最大の原因は、市販の消防設備士の参考書が非常にできが良くないため、消防設備士試験に受験勉強が間に合わないません。  10万人の超低合格率最大の原因は 市販の参考書が非常にできが良くないため甲種6免許の合格率は19.9%、特に甲種一類は、14.7%の超低合格率と万人という受験放棄者がおります。

  

   市販の参考書で勉強している全国10万人の99.99%の受験者の合格率は、甲種6免許の合格率は 19.9%、特に甲種一類は、14.7%です    甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.1%と超低合格率の免許となっています。

 

 ※ 万人の受験放棄者最大の原因は、市販の消防設備士の参考書が非常に内容が良くありません。  そのため、消防設備士試験に受験勉強が間に合わないことので8千3百万円の受験料金を支払っても受験していない。   年間、10万人の消防設備士受験者は、1免許取るのに市販の参考書を2冊5千円で購入します。    超低合格率の参考書でも5億円以上の50年間も続いている超大ベストセラーです。

 

  電気工事士の市販の参考書は非常にできが良く合格率72%との超高合格率で電気工事士の数がたりるので年1回しか実施されていません。   消防設備士甲種6免許の合格率は 19.9%、甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.1%と超低合格率の免許となっています。   

 

  なぜ、消防設備士の市販の参考書が50年間も5億円以上の超大ベストセラー続くのかという、自動車教習所のような消防設備士教習所かないからです。   全国10万人の99.99%の受験者は、市販の参考書を購入して消防設備士免許を取るしかないのです。。

 

   このことを全国10万人の受験者が、このことを知れば、1年未満で消防設備士全類8免許を取得することができる消防設備士教習所を知れば、市販の参考書を購入しなくなり 年間5億円の参考書の売り上げが減ります。   どうしても、早急に消防設備士免許を必要な人は、30日で1免許、7ヶ月で7免許取得でき、消防設備士全類8免許が1年以内の超スピードで、超高合格率の90%の合格率『消防設備士免許取得教育センター』の講習会を受講します。

 

8 消防設備士教習所の講習で1免許30日で取得

   消防設備士教習所の 『消防設備士免許取得教育センター』なら1免許30日で消防設備士免許が取得できてしまいます。  各科目ごとにわかりやすく合格しやすいよう薄くまとめてあるから7免許を8ヶ月で取得できてしまうのです。

  

全国10万人の99.999%の消防設備士受験者は、過去50年間にわたり消防設備士免許を取得するには市販の参考書購入する以外方法がないからです。  黙っていても合格したい受験者は、合格するために必ず購入する非常によい五億円の参考書市場なのです。 

 

 社会一般に30%きる国家資格の試験は、参考書が悪いとされています。 消防設備士10万人の甲種乙種の合格率は、26.1%なので市販の参考書が悪いと言えます。  悪い参考書だから受験勉強がまにあわず5人に1人の2万人が8千万円のの受験料金を支払い受験を辞退しています。  2万人の消防設備士試験辞退者がおり、合格率は、26.1%低合格率が50年間も続いている現状を見ても市販の参考書が非常に悪いかわかります。

 

 50年間も一方的に2万人も消防設備士試験の辞退する参考書を押し付けられ、合格するあてもない無駄な勉強を何年もさせれ、受験者の人生の時間を無駄にさせられている事態から早く抜け出そうではないでしょうか。

 

 消防設備士教習所の『消防設備士免許取得教育センター』は、消防設備士受験者に『小さな努力、大きなお金、大きな成果』の時間を販売している会社です。  『消防設備士免許取得教育センター』の消防設備士講習会や消防設備士通信講座を受講し、1免許30日で消防設備士免許を取得してみませんか?  先輩の消防設備士受講生がお待ちしております。   もう、粗悪な参考書からおさらばしこれからは消防設備士教習所の時代です。 人生の時間を無駄にするのはやめましょう。

 

 全国10万人の消防設備士試験の受験生には、1年以内で消防設備士全類8免許を取得させる優秀な消防設備士講師がお待ちしています。 『消防設備士免許取得教育センター』で消防設備士講習会や通信講座を受講されれば1免許30日で取得できます。  『消防設備士免許取得教育センター』の消防設備士講師は、講師みずから『消防設備士全類8免許を1年以内で取得』した経験があるから自信を持って指導できるのです。  また、消防設備士講師は、受講生に対して『消防設備士全類8免許を1年以内で取得』の実績があるから自信を持って指導できます。

 

68才からの消防設備士全類8免許を1年未満取得の合格への軌跡!!

1 甲種4類 平成26年4月15日合格  甲種2類 平成26年5月 9日合格 3 甲種1類 平成26年9月1日合格
オズ免許写真.jpg オズ免許写真002.jpg オズ免許写真003.jpg
4 甲種3類 平成26年9月 5日合格 5 甲種5類 平成26年11月25日合格 6 乙種7類 平成26年12月17日合格
オズ免許写真003.jpg オズ甲種五類免許.jpg 7免許オズ.jpg
7 乙種6類平成26年12月17日合格 8 甲種特類平成27年 3月30日合格

  9歳の男性 全類8免許349日で取得 

 7免許オズ.jpg

8免許.jpg

1 甲4類 平成26年4月15日合格

 2甲2類 平成26年5月 9日合格

3甲1類 平成26年9月1日合格

4甲種3類 平成26年9月 5日合格

5甲5類 平成26年11月17日合

6乙6類平成26年12月17日合格

7乙6類平成26年12月17日合各

8甲種特類平成27年3月30日合格

 

17 乙種6類の消防設備士免許の効果的勉強法と講習会

『消防設備士免許取得教育センター』の設立された経緯は、技術力のある、理論で物を考えられる優秀な消防設備士の育成ため設立されました。    消火器(乙6)の消防設備士の免許がなかなか取得できない。    理論で物を考えられる消防設備士でなく赤い線と線をつなぐとか、屋内消火栓、スプリンクラー設備は理論的にどう放水されているのか全く解らない消防設備士がほとんどであります。

 

   消防設備士(乙6)の筆記試験と実技試験がありますが、筆記試験は、1類〜7類の消防法、電気・機械は共通ですあり、出題される問題は同じです。     基礎知識は、中学2年生レベルの数学、機械は高校1年生レベルですので簡単です。

 

  消防法は、内容的に消防職員から見るとさわり的なものでごく簡単なものです。    乙6類の消火器の実技試験は写真を見て名前や役割などを答えさせたり、整備方法を答えたりといった内容です。

 

  消火器写真を見ても名前を覚えることは、実物を見て名前を覚えることと比較すると難しいです。   きれいな女性は印象的ですので記憶に残ります。   実物を見ることはきれいな女性を見ると同じで記憶に残ります。

 

  整備方法も消火器(乙6)を分解して実物を見ることにより構造が理解でき、写真を見て名前や役割などを答えさせる実技試験の対応が簡単になります。

 

 消火器(乙6)の過去問題は残念ながら公表されていませんが、工業高校の高校生に安い料金で講習会を行なったり、独自の開いた講習会の受講生に消防設備士試験に出題された問題を覚えてきていただいたり、過去問題の買い取りにより収集することが全類90%の高い合格率につながります。

 

   最近、平成27年1月9日付の新聞に沖縄県の沖縄工業高校化学科の高校生3年生の大城光裕君が消防設備士7免許(甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類、) を全国2例目として紹介されていました。    残念ながら全類8免許の甲種特類は3年間で取得できませんでした。 『消防設備士免許取得教育センター』 の)講習会を受講すれば1年未満で取得できたのになと 残念に思います。

   

     乙種6類 消火器 加圧用ガス容器  乙種6類   消火薬剤
加圧ボンベ.jpg やくざい.jpg

 

18 乙種6類の消防設備士免許のなかなか取得できない本当のわけ

    皆さん消防設備士試験は誰でも小さな努力により1回で合格したいものです。    消防設備士乙種6類の消火器の試験の実態をごぞんじでしょうか?    消火器(乙6)の13免許の消防設備士試験の中で受験者の数が一番多く年間26,958人もの人が受験しております。

 

  乙種6類の消火器の合格率は、8,480人(31.4%)が合格しており約3人に一人の免許を取得している状況です。   26,958人の受験申請者は、受験勉強が間に合わない4,539人(13%)の人が受験放棄して試験会場に行っていない現状です。  

   

   一般に合格率30%をきる国家試験の市販の参考書は、良くないものだと言われております。   消防設備士の受験申請者は年間10万人受験申請し2万人が試験会場に来ず5人に1人が受験しないで受験放棄している現実を見れば明らかです。

 

   消防設備士試験の10万人の受験者は、市販の参考書で独学で99.999%が受検勉強しいます。  二万人が試験に間に合わない受験放棄しいる現状が50年の消防設備士制度の中で現在の続いております。

 

  普通自動車免許取得には、皆さんは自動車教習場で30万円のお金を支払い全員が取得してするのが常識です。   甲種消防設備士6免許の合格率は、19.9%乙種消防設備士7免許の合格率は、27.1%で非常の合格率の低い現実です。   合格率30%をきる国家試験の市販の参考書は、出来が悪いのですからその参考書で勉強しても合格できません。

 

  消防設備士の試験の合格率が悪いと消防設備士の数が足りない状況が発生し、消防庁長官は国会で国会議員に責められます消防設備士の増員を求められます。    しかたなく消防庁長官は、命にかかわる設備なのに60点でなく1科目最低点数40点とし、筆記試験3科目(消防法、電気・機械、規格・構造)の合計が180点あれば合格としたのです。    40点、40点、100点あれば合格としたのです。

 

   この様にしてもかかわらず、甲種消防設備士6免許の合格率は、19.9%乙種消防設備士7免許の合格率は、27.1%で非常の合格率の低い現実です。

 

   消防設備士試験は、昔同様に公開されないため、13免許の合格率は27%と非常に低い状況です。 このため消防設備士の数が足りない状況が発生し、消防庁長官は国会で国会議員に責められます。   そのため、筆記試験3科目(消防法、電気・機械、規格・構造)の合計が180点とし1科目最低点数を命にかかわる設備なのに40点としました。

 

    どの国家試験でも最低60点ありますが、この様に程度を下げなければ合格できません。    どんな法律でも5年に一回は変わるので5年に1度再講習行っています。   非常に程度の低い消防設備士を5年間世の中に野放しにしておくと大変なことになります。 消防設備士だけは免許を取得後に2年間実務をさせ、2年目で再講習するば何とかなるだろうと考えたのです。    そのあとは、5年ごとに再講習が実施されています。

 

19 消防器の設置方法

   消火器は、ほとんどの建築物を建築すると設置が義務付けられます。   変電設備や少量危険物貯蔵庫など個別に設置され、最初に設置される消防設備です。   消火器は、火災になった場合、初期消火と使用して火災から建物をまもる消火設備です。   消火器の設置は、歩行距離20mごとに1本設置されます。

 

    具体的に消火器は、乙種6類の消防用設備として150uの面積があれば設置されます。    また、劇場、映画館、キャバレイ、カラオケボックス、老人ホームなどは面積に関係な設置されます。

 

2 消火器(乙種6類)合格率

  ほとんどの人が最初に取得する消防設備士の免許です。    また、誰でも消防設備士(乙種6類)消火器の免許は、1回の試験で合格したいと思っています。    消火器(乙6)の受験者が消防設備士の中で一番多く年間26,958人受験して8,480人(31.4%)が合格したおります。 

 

   消防設備士の受験申請者は年間10万人受験申請し2万人が試験会場に来ず5人に1人が受験放棄して不合格となっています。おりません。

 

   市販の参考書では、最初から試験期日まで勉強が5人に1人が間に合わないから受験を辞退しています。    乙種6類の消火器の受験者の場合は、26,958人受験申請し4,539人が受験放棄しいる現状です。

 

     消防設備士試験は、受験申請して最初からなぜ試験会場に来ないのか?    消防設備士受験生99.9%は、市販の参考書を購入し独学で受験勉強します。  消火器(乙6)の受験者の合格率は、受験者の市販の参考書を購入してで受験勉強をするため合格者は3人に1人しか合格できない状況です。

 

   市販の消防設備士の参考書は、消防設備士試験に出題されたことのない予想問題、想定問題を著者が好き勝手に作成しているので電気工事士の様に72%の合格率は望めません。   合格率31.4%ということは、最低3回消防設備士試験を受けなれればなりません。

 

    消防設備士試験の参考書は、過去問題に基づいた教本が作成されておらず、筆記試験の消防法、機械、規格・構造の3科目と鑑定・実技と整理された参考書でありません。   市販の参考書は、防法、機械、規格・構造、鑑定・実技がゴチャゴチャに記載されており何が何だかわからない状況です。   小学校の国語、算数、社会、理科の教本のように整理されていないから頭の中は整理されていないのでなかなか覚えられません。

 

▲このページのトップに戻る