固定スペース

難易度が一番低いやさしい消防設備士免許

写真子.bmp

消防設備士免許は、簡単に取得できる免許

     全国10万8千人の消防設備士受験生の皆さん消防設備士試験の筆記試験の内容は、非常に難しい内容の試験なのでしょうか? 難易度の高い試験なのでしょうか?

 

 消防設備士試験の筆記試験の内容は、電気は中学2年生でならう内容、機械は高校1年生でならう内容、消防法は高校生でもわかる内容規格・構造、製図は高校生でもわかる程度なので、難易度の低い内容です。                                                                                                                       

  

 日本の国家資格試験の中一番やさしく、一番短期間で取得できる免許だと思います。  

 

 受講者全員が消防設備士1免許をたったの「12日〜30日で取得」し、「合格率90%〜100%」取得してるので、「一番やさしい」取得しやすいほとんどの人が知らない」簡単に取得しやすい「大穴場の免許」です。

  

 消防設備士試験の内容の消防法は、1類〜7類まで毎回同じ出題箇所なので中学生程度の内容です。

 

 電気は、中学2年生でなう内容、機械は、高校一年生でならう内容のレベルです。  製図は高校1年生程度の内容なので、高校生でも簡単に取得できるレベルの低い免許です。   

 

高校生.jpg

   平成27年1月9日付の新聞に沖縄県の沖縄工業高校化学科の高校生3年生の大城光裕君と長嶺雅人君の2名消防設備士7免許を取得しています。 

   

 この様に消防設備士免許は、高校生でも消防設備士7免許を取得できる非常にやさしい取得しやすい難易度の低い国家資格免許試験と言えます

  

 消防設備士免許は、中学卒業程度及び高校一年生の能力があれば、当社の消防設備士受験準備合格セミナーの講習を受講すれば1免許が12日〜30日で簡単「合格率90%〜100%」取得できます。

 

こんなに易しい簡単に取れる国家資格免許はない

  昭和40年から免許制度が始まり53年の半世紀以上たち、全国で消防設備士13免許すべて取得できるのは、当社の消防設備士教習所だけです。 

  

 消防設備士教習所の「合格率は90%〜100%」の超高合格率で、1免許取得日数は、12日〜30日の短期間で取得しています。

 

 この内容を文字で記載しても全ての受験者は信用しないので、当社の消防設備士教習所の受講生の実物の消防設備士全類8免許写真をネットに掲載しました。

 

 例えば、消防設備士8免許の取得日数が8ヶ月であれば1免許1ヶ月であるので、試験日数から合格率100%となるので受験者はだけでも納得します。

 

令和になり、68歳の老人の男性は、甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許を4ヶ月未満の117日で取得しています。  

 

 1免許17日、17日、17日、17日、17日、17日、17日連続で取得した事になり、誰でも合格率100%取得日数から納得できます。  この取得した免許写真の掲載を持って合格率100%証明できます

 

 この様に消防設備士免許は非常に難易度低いため、1免許が17日、17日、17日、17日、17日、17日、17日連続して取得できています。

 

 消防設備士全類(8免許)取得 (228日)(取得期間7ケ月半)

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間4ヶ月)

 免許の種別

 交付年月日

 サトウ.bmp 1 乙種6類 R01.06.14
2 甲種4類 R01.06.21

3 甲3種類

R01.07.30
4 乙種7類 R01.08.02
5 甲種5類 R01.09.02
6 甲種1類 R01.10.01
7 甲種2類 R01.10.09
8 甲種特類 R02. 01.29

 

 何も知らない私が短期間で免許が取得できたのは、この講習会で実物の消防設備を目で見て、触れることにより一瞬で記憶できたからです。 

 

 また、消防設備士全類免許を日本一最速のスピードで取得した実績、経験及び受験情報を持っている消防設備士講師に指導を受講したことです。

 

国家資格最高齢合格者調査の消防設備士認定

例えば、国家資格試験の2018年12月18日に実施された「国家資格最高齢合格者調査」では、6年前の消防設備士全類8免許を349日で取得された小津善久(69歳)さんは、「消防設備士部門の高齢者(最年長者)」大記録保持者として認定されいますが、消防設備士免許が難易度か低いためこの様に免許が取得できたのです。

 

最高齢.bmp

   消防設備士(全類8免許)<参考情報>
消防設備士受験準備合格セミナー

 消防設備士は理系資格の中では最近人気が上昇してきており、電気工事士に迫るほどの勢いを見せています。
ビルメン系資格の求人数調査:電気工事士と消防設備士が強い! 

 

 それぞれの消防設備ごとに特類、1類〜7類まで「8つ」に細分化されており各類の設備を取り扱うにはそれぞれの種類の試験に合格しなければなりません。
 

(参考)消防設備士免状の種類

なお、各類の合格率は30%前後なので、一つ一つが決して簡単な試験ではない事を付け加えておきます。

そして、この方は何と1年未満で8つ全類取得されたとの事。

 

 おそらく各類での最高齢は、それぞれ別にいらっしゃると思いますが、69歳で全類8免許を349日の1年未満で取得された方はこの方以外にはいないと思われますと国家資格最高齢者調査で認定されています。

 

 この様に難易度が非常に低いので69歳の高齢でも消防設備士全類8免許を349日で取得しています。 

消防設備士全類(8免許)取得期間当時日本第2位(取得期間349日

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間8ケ月)

 

免許の種別

 

交付年月日

8免許.jpg 1 甲種4類 H26.04.15
2 甲種2類 H26.05.09
3 甲種1類 H26.09.01
4 甲種3類 H26.09.05
5 甲種5類 H26.11.25
6 乙種6類 H26.12.17
7 乙種7類 H26.12.17
8 甲種特類 H27.03.30

  

 消防設備士の講習会受講生の消防設備士免許の取得状況の全てを見たい方は、こちらをクリックしてください。

  なにも文系女子でも消防設備士免許は難易度が低いので消防設備士全類8免許取得しています。

 

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許を10ヶ月、全類8免許を351日で取得しており、このことから消防設備士免許は難易度の低い免許です。

 甲種1類〜甲種5免許、乙種6、乙種7免許を10ヶ月で取得 

  消防設備士全類(8免許)取得期間351日で取得

免許の種別

 交付年月日

千木良舞.jpg 1 甲種4類 H28.08.23
2 甲種2類 H29.02.20
3 甲種5類 H29.03.29
4 甲種1類 H29.04.17
5 甲種3類 H29.05.15
6 乙種6類 H29.06.22
7 乙種7類 H29.07.19
8 甲種特類

H29.8.04

  21歳の受講生は、甲種5免許(甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類)を60日(1免許12日)で取得しています。

   

 また、甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙7類の7免許を超スピードの100日(1免許14日)の短期間で取得しておりおる免許から難易度の低い免許と言えます。  

 

消防設備士甲種5免許(甲種1類〜甲種5類)取得期間60日(1免許12日)

甲種特類、甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許100日(1免許14日)

 

免許の種別

 

交付年月日

斎最速免許.jpg 1 甲種1類 H28.05.18
2 甲種2類 H28.05.18
3 甲種4類 H28.06.21
4 甲種5類 H28.07.11
5 甲種3類 H28.07.19
6 乙種6類 H28.08.31
7 乙種7類 H28.08.31

    現在64歳の私は、4年前に62歳のとき消防設備士免許は難易度が低い免許の事を知り13免許すべて取得しょうと決心しました。 

 

 最初はお乙種1類〜乙種7類の7免許を取得し、 甲種1類〜甲種5類、甲種特類の6免許が欲しくなって13免許すべて取得しました。

  

 この事実から短期間で取得できる免許なので難易度の低い13免許の資格で故郷の鹿児島県の依頼により、新しい消防設備士業務依頼がきました。  

消防設備士13免許の取得期間(取得期間日4年10ケ月)

甲種特類、甲種1類〜甲種5類、乙種1類〜乙種7類の13免許

 

免許の種別

 

交付年月日

 坂本13免許です.bmp 1 甲種特類 R01.09.27
2 甲種1類 H30.03.20
3 甲種2類 H30.08.27
4 甲種3類 H30.10.25
5 甲種4類 H29.11.10
6 種5類 H30.07.26
7 乙種6類 H26.10.31
8 乙種7類 H27.01.23

  60歳の私は、消防設備士免許の取得は難易度の低い免許の事を知りました。  65歳まで無年、令和の厳しい時代ロボットに勝てる消防設備士免許を取得し、第2の人生を歩むことにしました。  

 

 ネットに記載してあるように難易度が低いので日本一最速スピードで講習を受講し11ヶ月で全類8免許取得し、現在、帰郷して全類8免許の資格で翌月から新しい仕事が見つかりました。

   消防設備士全類(8免許)取得期間11ケ月で取得

免許の種別

 交付年月日

牧田免許.bmp 1 甲種1類 R 01.05.30
2 甲種4類 R 01.09.20
3 甲種5類 R 01.10.  25
4 甲種2 R 01.12.29
5 甲種3類

R 0201.10

6 乙種7

R 0202.26

7 乙種6

R 02  03.03

8 甲種特類

R 02.   04.13

 

消防設備士講習会及び通信講座の申込はこちら

 

消防設備士免許は一番難易度の低い免許です。

  30歳の私は、69歳の小津善久さんが取得した消防設備士全類8免許を見て消防設備士免許は非常にやさしい難易度の低い国家資格免許だと確信しました。

 

 小津さんより40歳も若い私は、難易度が低い免許なので簡単に消防設備士全類8免許が簡単に9ヶ月で取得できました。

消防設備士全類(8免許)取得 (292日)(取得期間9ケ月)

 免許の種別

 交付年月日

 小島全類.bmp 1 乙種6類 H31.01.24
2 甲種4類

H31.03.05

3 甲種1類

R01.05.21
4 甲種5類 R01.07.04
5 甲種3類 R01.09.19
6 甲種2類 R01.11.06
7 乙種7類 R01.11.22
8  甲種特類 R01.11.22

 51歳私は、大手製薬会社に勤務しております。ネットで日本一最速で消防設備士全類8免許を取得できる「消防設備士教習所」を見つけ、難易度が低い免許なので簡単に取得できると確信し、1年未満で取得することができました。

  消防設備士全類8免許取得1年

免許の種別

 交付年月日

樋口.jpg 1 乙種6類 H29.08.28
2 乙種7類 H30.02.05
3 甲種5類 H30.02.20
4 甲種1類 H30.03.20
5 甲種4類 H30.05.14
6 甲種2類 H30.07.26
7 甲種3類 H30.08.27
8 甲種特類 H30.09.19

 

 60歳私は、定年退職後の第2の人生に向けて大手マンション管理会社に転職して消防設備士免許が必要になりました。 消防設備士免許は、国家資格中で一番やさしい、難易度の低い免許なので消防設備士7免許を8ヶ月で取得し、消防設備士全類8免許取得しました。

 

  消防設備士全類(8免許)取得

 免許の種別

 交付年月日

山田2.jpg 1 甲種2類 H28.02.20
2 甲種4類 H28.03.22
3 甲種1類 H28.05.10
4 甲種3類 H28.07.11
5 甲種5類 H28.09.15
6 乙種7類 H28.09.20
7 乙種6類 H28.10.18
8 甲種特類 H29.04.25

  消防設備業務と全く無関係ない会社に勤務していた51歳の私は、定年後の将来の事を考えて、一番やさしく一番短期間で取得できる難易度の低い免許なので、消防設備士全類8免許を一年で取得しました。

 

 消防設備士全類8免許を取得したので、ある消防設備会社に直ちに正社員として採用され、給料も上がり将来が明るく開けた人生設計の役に立つ消防設備士免許です。

 

  消防設備士全類(8免許)取得

免許の種別

 交付年月日

甲種特類免許.jpg 1 甲種4類 H28.10.12
2 乙種6類 H29.02.15
3 甲種5類 H29.02.20
4 乙種7類 H29.04.26
5 甲種1類 H29.05.01
6 甲種3類 H28.09.27
7 甲種2類 H29.09.28
8 甲種特類 H29.10.27

43歳の私は一番短期間で取得できる難易度の低い免許なので、消防設備士全類8免許が取得できる「消防設備士教習所」を見つけ全類8免許を課長なれました

 

  消防設備士全類(8免許)取得

免許の種別

 交付年月日

記.jpg 1 甲種1類 H29.09.07
2 甲種4類

H30.01.16

3 乙種6類 H30.06.21
4 甲種5類 H30.09.12
5 乙種7類 H30.09.18
6 甲種3類 H30.10.26
7 甲種2類 H31.02.18
8 甲種特類 H31.04.08

   47歳の私は、消防設備士難易度の低い免許なので、消防設備士全類8免許が取得できる「消防設備士教習所」を見つけ7免許を現在取得しています。 コロナの関係で甲種特類の取得が遅れています

 

    消防設備士甲種1類〜甲種5類乙6乙7取得

 免許の種別

 交付年月日

 7免許愛媛.bmp 1 甲種4類 H30.01.25
2 乙種6類 H30.04.12

3 甲種5類

H30.04.12
4 甲種2類 H30.09.13
5  甲種1類 H31.01.08
 甲種3類 H.31.01.24
7  乙種7類 H31.03.08
8  甲種特類 R02..

 

私は、消防設備士3大メーカーホーチキ勤務し1年前独学で甲種4類を取得しました。  現役の消防職員だった宇山さん知り合いになり、難易度の低い免許のことを知り残りの7免許を無料で教えてもらいました

 

 消防設備士全類(8免許)取得

 免許の種別

 交付年月日

おざわ免許.jpg 1 甲種1類 S63.04.25
2 乙種6類 H18.02.23

3 甲種5

H18.07.21
4 甲1種類 H18.10.24
5 乙種7類 H19.01.24
6 甲種3類 H19.01.25
7 甲種2類 H19.04.12
8 甲種特類 H20.03.17

 

私は、20年前に独学で甲種1類と甲種2類取得しましたが、社長の指示で「甲種特類を取得して新しい設備の開発を依頼されました  難易度の低い免許のことを知り甲種特類の免許を取得して課長から部長に昇進しました。

 消防設備士全類(8免許)取得

 免許の種別

 交付年月日

傍島免許.jpg 1 甲種1類 H08.10.23
2 甲種2類 H12.03.08

3 乙種6

H27.05.22
4 甲3種類 H27.07.14
5 甲種4類 H27.08.27
6 甲種5類 H27.09.18
7 乙種7類 H27.12.04
8 甲種特類 H28.02.08

 

野村.bmp

   私は、ビル管理会社に勤務し「独学で甲種4類、乙種6類7類」3免許を取得しました。  ネットでの難易度の低い免許のことを知り、残りの10免許を取得しました。

 消防設備士全類(8免許)取得

 免許の種別

 交付年月日

13免許.bmp 1 乙種7類 H22.03.24
2 甲種4類 H23.04.12

3 乙種6

H23.10.24
4 甲1種類 H25.04.08
5 甲2種類 H25.07.16
6 甲種3類 H25.10.25
7 甲種5類 H26.03.07
8 甲種特類 H26.10.31

 

難易度の非常低い免許は、一番優秀な講師に講習を受講

 人生どこでも物を教えてもらう場合、会社や講習会でも一番一番よくわかる人と一番経験のある人に聞きます。 当然、あなたは会社で一番よく知っている人に聞きます。

 

 消防法を学ぶ場合、素人の一般人に聞くより、総務省消防庁の消防長官と一緒に勤務した人に聞いた方が良いことは確かです。

 

 消防設備士免許を取得する場合、消防設備士免許が8免許に増え、日本で最初に8免許を日本最速スピードの364日取得した人に教えてもらうの一番いいと思います。

 

 消防設備士免許が8免許を日本最速スピードで取得した経験があり、実績がある消防設備士講師の指導を受講すれば、1免許12日〜30日で確実に実物の免許を手にすることができます。 

 

消防設備士講師の実務経歴と同僚・上司たち
 岡本.jpg

 

自治.jpg コウイツ免許.jpg

   消防設備士教習所の講習会の講師は、長年の消防行政にたずさわってきた知識と経験を生かし、自治省消防庁予防課時代に岡本 保氏 現 自治体国際化協会理事長 (元総務省事務次官、消防庁長官、)、  小林 恭一氏 現 東京理科大学教授総務省消防庁 初代国民防災保護部長、消防庁予防課長)、次郎丸誠男氏 (元総務省消防庁審議官・消防研究所所長・危険物保安技術協会理事長、消防設備専門官)3名に御指導を受けた経験を生かし、消防設備士1免許をたったの12日〜30日の短い期間で取得できる難易度の低い指導を行っています。

 

 消防設備士育成のために設立された全国一ヶ所しかない専門の「消防設備士教習所」でたったの12日〜30日の短い期間で取得できて難易度の低い消防設備士免許が簡単に取得できます。  

 岡本 保 

 日本の行政官

 自治体国際化協会理事長 

 総務事務次官

 総務省消防庁長官

 自治行政局長

 小林 恭一  

東京理科大学教授 

建設省建築指導係長

総務省消防庁予防課長 

総務省消防庁国民防災保護部長

危険物保安技術協会理事

  次郎丸 誠男

危険物保安技術協会特別顧問  

総務省消防庁予防課長

消防庁審議官

消防庁消防研究所長

危険物保安技術協会理事長

  

岡本保.jpg 小林恭一.jpg 次郎丸.jpg

  

消防設備士講師の指導力と実績がなければ難易度は高くなる

  誰でも物事を教えて貰うとき、一番そのことを知っている人に聞きます。 その事を良く知っている人は、むずかしい事をやさしく教えてくれるので「難易度が低い」ものだと感じます。

 

 消防設備士講師は、消防設備士講習を行うために、実績と指導力なければ、消防設備士免許取得がやさしく、簡単に取得できる 難易度低い免許だと思える指導はできません。

 

全国人気・実力1位の消防設備士講師が教える講習

 当社の消防設備士教習所の講師2名は、消防設備士全類8免許を1年未満で日本一最速のスピードで取得しています。  消防設備士免許取得の指導力及び実績を持っております。

  

全類8免許を1年で取得した講師がやさしく教える講習

  消防設備士甲種特類の免許が平成16年6月にでき、当社の「消防設備士教習所」講師は、15年前の平成17年10月25日に、日本で最初に消防設備士全類8免許を1年未満の日本一最速スピードの364日で取得し、指導力と実績のある消防設備士講師です。

 

日本最速全類8免許取得のスーパー消防設備士講師

 14年前の甲種特類の免許ができ7免許が8免許になった。

日本で最初に全類8免許を年未満(364日)で取得した消防設備士

 

免許の種別

 

交付年月日

コウイツ免許.jpg 1 甲種4類 H16.10.26
2 乙種7類 H17.01.28
3 甲種1類 H17.02.28
4 乙種6類 H17.03.03
5 甲種2類 H17.07.07
6 甲種5類 H17.08.05
7 甲種3類 H17.10.13
8 甲種特類 H17.10.25

 当社のもう1名の「消防設備士教習所」の講師は、13年前の7免許を7ヶ月(1免許1ヶ月)取得し、消防設備士全類8免許を日本一最速スピードの34日で取得し、指導力と実績のある講師です。   

 

 指導力と実績のある講師の指導を受ければ難易度も低くなりますが、指導力と実績ない講師の指導を受講すれば難易度も高くなります。 

 

日本最速全類8免許取得のスーパー消防設備士講師

 11年前消防設備士全類(8免許)日本最速取得者(取得期間348日

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間7ヶ月)

 

免許の種別

 

交付年月日

宇山免許.jpg 1 甲種2類 H19.10.25
2 甲種4類 H19.11.14
3 甲種1類 H19.11.22
4 甲種5類 H20.03.06
5 甲種3類 H20.04.16
6 乙種6類 H20.05.26
7 乙種7類 H20.06.03
8 甲種特類 H20.10.08

 

 消 防 設 備 士  講 習 会 の 日 程  案 内  

 消防設備士講習会・通信講座の受講方法や免許取得方法について、どのような内容でもお気軽に 090-4613-3479へ遠慮なくお問合わせください。

 

  講習会申込画面から入力し、振込口座番号が1日以内に届かない場合 至急 090-4613-3479へご連絡ください。 (注)

 

※ 講習会においては、本人確認のために受付において必ず「車の免許証写真付きの身分証、学生証」の提示をお願い致します。

  

消防設備士講習会及び通信講座の申込はこちら

  令和2年度消防設備士試験直前 前期・後期講習会開催  

 

消防設備士13免許が取得できる教習会場

  消防設備士講習会の講習会場は、千葉市土気商工会館2階会議室の40名程度6名程度入室できる2室を使用して講習会講習会を実施しています。  

千葉A.bmp

 講習会写真.jpg

令和3年度 前期消防設備士講習会 予定日

 

 消 防 設 備 士  講 習 会 の 日 程  案 内  

 消防設備士講習会・通信講座の受講方法や免許取得方法について、どのような内容でもお気軽に 090-4613-3479へ遠慮なくお問合わせください。   また、講習会申し込みし1日以内に遅くても入金先の講座番号が届かない場合 090-4613-3479へ遠慮なくただちに連絡ください。

 

回数 類 別 講 習 会 開 催 年 月 日 受 験 地 ・ 試 験 日 空席有無

1

甲種4類講習

乙種4類講習

令和  3年  11月  6日(土) 7日(日)

 

残1席 

 2

甲種1類講習

乙種1類講習

令和  3年  11 月 20日(土)   21日)

  残2席

 3

甲種4類講習

乙種4類講習

令和  3年 12月 4日(土) 5日(日)

  残3席

4

甲種1類講習

乙種1類講習

令和  3年 12 月18日(土) 19日(日)

  残8席

 5

乙種6類講習

令和 4 年 1月 15日 (土)  

  残3席
6

甲種4類講習

乙種4類講習

令和  4年 1 月29日(土) 30日(日)   残12席 
7

甲種1類講習

乙種1類講習

令和  4年 2 月12日(土) 13日(日)   残12席 

 

消防設備士講習会の申し込みはこちら

令和3年度 前期消防設備士講習会 予定日

 

 消 防 設 備 士  講 習 会 の 日 程  案 内  

 消防設備士講習会・通信講座の受講方法や免許取得方法について、どのような内容でもお気軽に 090-4613-3479へ遠慮なくお問合わせください。   また、講習会申し込みし1日以内に遅くても入金先の講座番号が届かない場合 090-4613-3479へ遠慮なくただちに連絡ください。

 

回数 類 別 講 習 会 開 催 年 月 日 受 験 地 ・ 試 験 日 空席有無

 8

甲種3類講習

 

令和3年7月17日(土)

 構造.鑑定、製図(甲種2類)

空席有 

 9

甲種2類講習

甲種3類講習

 令和3年7月18日(日)

 消防法・電気・機械(甲2甲3)

空席有 

10 

甲種2類講習

 

令和3年7月19日(海の日)

 構造.鑑定、製図(甲種3類)

空席有 

11

甲種4類講習

乙種4類講習

令和 3 年7月31日(土)  8月1日(日)

 

空席有

12

甲種1類講習

乙種1類講習

令和  3年 8月  21日(土)  22日(日)

  空席有

 

消防設備士講習会の申し込みはこちら

 

 

2  

消 防 設 備 士 講 習 会 場

※1 千葉市土気商工会館2階会議室 

千葉A.bmp

  千葉市緑区あすみが丘1―4 5ー3 土気駅より7分 

講習会お問い合わせ電話 電話043-309-8791   携帯090-4613-3479  

 

定  員  消防設備士試験消防設備士講習は、35名程度(定員になりしだい締め切りとさせていただきます。)                                                    

 

 講習は、消防設備士講習会と消防設備士通信講座があります。 どうしても遠方の地方の方は通信講座を受講されます。 

※ 通信講座を受講され休日が取れたので消防設備士講習会を受講されても料金は通信講座で支払い済みですので無料です。 ※ 最後まで面倒みます!!

 

講習時間 

 土曜日 8時30分受付開始  時00分〜11時30分(講習会)  11時30分〜12時30分(食事)  12時30分から17時(講習会) 甲種消防設備士及び乙種1類〜乙種5類(2日間)  乙種6類、7類(1日) 

 日曜日  9時00分〜15時30分(講習終了)  ※県外の北海道、九州、四国、沖縄から受講生が飛行機で帰宅するため。

 

消防設備士講習会の講師

 日本最速 で全類消防設備士8資格を1年未満で取得した実績のあるカリスマ消防設備士講師 3名の消防設備士講師全国の消防設備士受験生短期間で自信を持って合格させています。

  食事は、 千葉市土気商工会館近くにガスト、とんかつ屋、ラーメン屋、和食、寿司屋等があります。  12時30分からの昼食は、食堂街の混雑を回避するためです。 自分昼食を持参して会場で食事できます。

   消防設備士講習会で消防設備・機器類に触れることができその場で鑑定の勉強30分で 製図が理論的 に書けるようになり機器の構造が無理なくおぼえられるのが特徴です。
 

 消防設備士講習会のテキストは、消防法、電気・機械、規格省令・構造、鑑・製図、練習問題、解答集の6分冊になっております。   教本が各教科ごとになっているので、市販の参考書とことなり頭の中が整理され覚えやすくなっています。   試験に出る重要ポイントだけに絞っているのでびっくりするほど薄いので(2cm)勉強のテンションが上がります。 

 別に市販消防設備士講習の教本を買っていただく必要はまったくありません。

   消防設備士講習会前に勉強したい方は、事前に講習料金を支払えば教本を送付します。わからない所があれば携帯で直接聞けます。
 消防設備士講習会場は※公共交通機関をご利用ください。(土気駅から徒歩7分

土気.jpg 遠方の方から消防設備士講習会に来られる方は、土気駅直近(1分)ビジネスホテルがございます。宿泊をご希望される方は事前に予約してください。

   土気ス―ションホテル  

 043-294-9111   料金  シングル6,500円 ツイン11,400円 

 

消防設備士講習会及び通信講座の申込はこちら

  

講    習    会    場     案    内   図

講習会場.jpg

 

消 防 設 備 士 講 習 会 料 金

消防設備士講習会の種類 講習会料金 消防設備士通信講習会の種類 消防設備名
消防設備士甲種特類講習 49,000円 消防設備士甲種特類講習 特殊消防設備
消防設備士甲種1類講習 38,000円 消防設備士甲種1類講習 屋内消火、スプリンクラー設備等
消防設備士甲種2類講習 38,000円 消防設備士甲種2類講習 泡消火設備
消防設備士甲種3類講習 38,000円 消防設備士甲種3類講習 不活性ガス、粉末消火設備等
消防設備士甲種4類講習 38,000円 消防設備士甲種4類講習 自動火災報知設備等
消防設備士甲種5類講習 38,000円 消防設備士甲種5類講習 救助袋、緩降機
消防設備士乙種1類講習 29,500円 消防設備士乙種1類講習 屋内消消火、スプリンクラー設備、
消防設備士乙種2類講習 29,500円 消防設備士乙種2類講習 泡消火設備
消防設備士乙種3類講習 29,500円 消防設備士乙種3類講習

不活性ガス、粉末消火設備

消防設備士乙種4類講習 29,500円 消防設備士乙種4類講習 自動火災報知設備等
消防設備士乙種5類講習 29,500円 消防設備士乙種5類講習 救助袋、緩降機
消防設備士乙種6類講習 29,500円 消防設備士乙種6類講習 消火器
消防設備士乙種7類講習 29,500円 消防設備士乙種7類講習 漏電火災警報器

 

消防設備士講習会及び通信講座の申込はこちら

 

消防設備士免許は難易度の一番低い免許

 

 

  消防設備士免許が免許が国家資格免許取得の中で、一番難易度が低い免許だと言っても誰も信じてもらえません。

 

 当社の「消防設備士受験準備合格セミナー」の受講生が講習会や通信講座取得した実物の免許をネットに掲載するれば、すぐに難易度が判ります。

 

 「百聞は一見にしかず」の言葉通り、たとえ百回聞くより、一度でも自分自身の目で見た方が確実であり、難易度が低いことが判ります。  

  

 この取得した免許をみれば非常にやさしい取得しやすい内容難易度の低い国家資格免許試験であることが判ります。 

 

 『消防設備士受験準備合格セミナー』の講習会と通信講座を受講すれば、簡単に1免許12日〜30日で取得でき、消防設備士全類8免許が1年以内で簡単に取得で難易度の低い免許です。  

  

  中学卒業程度の能力で、誰でも普通に努力すれば消防設備士全類8免許が1年以内で 取得できる免許の講習会及び通信講座です。    

 

消防設備士試験内容の難易度は中学2高校1

  試験に出題される勉強の内容のレベルは、消防法は出題箇所が決まっており中学生程度電気は中学2年生で習う内容、機械は高校1年生で習う内容、構造は高校1年生で習う内容で非常に難易度の低い内容になっています。 

  

高校生.jpg  最近、平成27年1月9日付の新聞に沖縄県の沖縄工業高校化学科の高校生3年生の大城光裕君と長嶺雅人君の2名が消防設備士7免許(甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類、) を全国2例目として紹介されています。 

 

  この様に高校生でも在学3年間で7免許が取得できる国家資格試験ですので内容、程度にあっては難易度も低い内容と考えられます。

 

 「消防設備士受験準備セミナー」の講師が指導すれば、難易度の低い免許なので、高校生でも消防設備士全類8免許を自信を持って1年未満で取得できます。

 

消防設備士免許は低難易度で高校生も合格

       

  消防設備士免許は、新聞に快挙 高校生 全国初の消防設備士全類8免許取得 大城光裕君と長嶺雅人君』と掲載されている記事をみると難易度は易しい免許になります。  

  

 高校生で消防設備士全類8免許取得は現在、日本国内で誰もおりません。  当社の「消防設備士受験準備セミナー」の講師が指導すれば、難易度が低いのでもっと簡単に短期間の1年未満で消防設備士全類8免許を取得できます。

消防設備全類8免許が合格率90%以上で取れる理由

  なぜ、こんなに簡単に消防設備士免許が短期間で簡単に取得できる大きな理由、「消防設備士各類の講習会資機材」を直接手でさわり、目で見て消防設備資機材の構造を理解できるからです。

 

  のものを覚える場合、脳の構造は右脳と左脳」の2つに分わかれているそうです。  消防設備士講習会では、右 脳」を使用して目でみて構造を覚えます。  そのため、「高速で大量に見たまま記憶」できるので100倍もの速さでものを覚えることができるからです。

 

 平成29年度の統計の合格率を見ると甲種6免許の平均合格率は、23.5%と超低合格率です。  市販の参考書で独学では、地方の年2回の受験では5回以上平均受験しなければ免許は取れません。

  

(一般) 消防試験研究センター統計(平成29年度) 実際の合格率

313129.jpg 

   当社の多数の受講生が消防設備士全類8免許超高速スピードの1年未満で取得できる理由は、消防設備を実際に手に取りさわり、実際に配線と配管するから目で見て構造を覚えてしまうからです。 

 

「百聞は一見にしかず」の例えのとおり、20歳の受講生は、 「私は、何も知らない素人ですが、目で見て一回で覚えた。」とお話しています。   市販の参考書で、100回も読まなければ覚えられない事が、誰でも目でみれば1回で覚えることができす。

 

 市販の参考書は、実物の消防設備を見る事が出来ないので、活字と写真覚えるため速度が遅くなります。 しずつ理解しながら学習して行く」ので非常に時間がかかり1免許取得するのに2年以上かかってしまいます。 

 

 目で見て覚えると1免許が12日〜30日」で取れる免許が、 甲種1類の合格率は、20.4%の合格率、甲種4類の合格率は、23.1%なので最低5回受験しなければ1免許が取得できません。 地方の試験回数は、年2回なので年半の887日取得するのにかかります。

 

   消防設備を実際に見て、さわって覚える場合、右脳で覚えるので高速で大量のものを簡単に覚える」ことができるからです。   直感的にイメージ(映像)を見たまま高速で簡単に記憶」することができるから「12日〜30日で1免許を取得」することができます。

左脳.jpg

  

   当社の講習会は、消防設備試験13免許の全ての消防設備資機材800万円の費用かけ講習会場に用意しています。   用意されている消防設備資機材実際に見て手でさわりるので構造が一回で理解でき覚えてしまいます。

 

 資機材を床に置きガムテープで配管したり、細いロープで配線としたりして製図の書き方を簡単に覚えてしまいます。 鑑定の問題は、実際に消防設備資機材を手に取り簡単に覚えてしまいます。 

 

女性最速消防設備士取得の右脳活用の感想

 日本一最速スピードで女性として全類8免許取得した講習会の感想として次の右脳活用の効果を述べています。

 

  消防設備につてなにも知らない文系女子の23歳の私は、消防設備士全類8免許が1年以内に取得できる『日本一最速の講習会』の言葉を信じて受講してみました。   実際に消防設備にさわったり、配線や配管を実際におこない目でみて覚えてしまい全類8免許を1年未満で取得しました。

 甲種1類〜甲種5免許、乙種6、乙種7免許を10ヶ月で取得 

  消防設備士全類(8免許)取得期間351日で取得

免許の種別

 交付年月日

千木良舞.jpg 1 甲種4類 H28.08.23
2 甲種2類 H29.02.20
3 甲種5類 H29.03.29
4 甲種1類 H29.04.17
5 甲種3類 H29.05.15
6 乙種6類 H29.06.22
7 乙種7類 H29.07.19
8 甲種特類

H29.8.04

 

何も知らない文系女子の講習会受講しての感想

 

  ・何といっても消防設備の実物を目で見て、触れられること。 何故その造りをしているのかを理論的に解説してくださるので覚えやすい。 ・・・・右脳の活用


合格に最低限必要な知識を全範囲に渡ってたった二日間で教えてくださる。仕事をしながらでも平気

 

 講習もわかりやすいので、しっかり話を聞いておけば

その後の自習で充分合格できる。 

 

 ・甲種38,000円かかり、一時的に見れば決して安い金額ではないが、長いスパンで考えれば資格の取得で充分ペイできるどころか収入はプラスであるし、短期間の取得による周りからの評価も合わせれば安すぎる くらいだと思う。 

 

相談ごとには親身になってアドバイスしてくださるし、必要があればマンツーマンで教えてくださるので頼りっきりです。  ・わからないことがあっても、電話ひとつで教えてもらえる。 

  

 ・とにかく手厚い。 出題された最新の試験問題をその度配ってくださるので全く同じ講習はない。教科書の改訂も多いので、信頼できる。

 

次項有  次項有 当社の20名の受講者の全類8免許取得者の免許  を見たければこちらをクリック

 

 右脳活用消防設備士用資機材

 

     甲種1類消防設備士試験講習会用資機材  
 屋内消火栓9.jpg  屋内消火栓7.jpg

  

すすすす.jpg ややややや.jpg
ヘッド.jpg 結合金具.jpg
フート弁.jpg 流水検知装置.jpg
一斉開放弁.jpg 圧陸珪.jpg
発信機.jpg 発信機1.jpg

  

甲種4類消防設備士試験講習会用資機材

018.JPG

自動火災報知機受信機(1級・2級3級)非常放送設備

  受信機.jpg

   

感知器Z.jpg 三級受信機.jpg
感知器.jpg ガス検知器.jpg
三級受信機.jpg 電話機.jpg

 

  甲種2類消防設備士試験講習会用資機材

  1111111.jpg

  

甲種2類.jpg 444.jpg
ヘッド.jpg 結合金具.jpg
フート弁.jpg 流水検知装置.jpg
一斉開放弁.jpg 圧陸珪.jpg
発信機.jpg 発信機1.jpg

  

   甲種3類消防設備士試験講習会用資機材

  ガス三類.jpg

 

 3-3.jpg  3-5.jpg
9-2.jpg 3-7.jpg
5-1.jpg 9-1.jpg
 3-8.jpg  1-1.jpg
 1-7.jpg  11-1.jpg

甲種5類消防設備士試験講習会用資機材 

緩降機.jpg 皮内器具.jpg

 

 

乙種6類消防設備士試験講習会用資機材

し受か器.jpg 

 

6消火器.jpg

 

乙種7類消防設備士試験講習会用資機材 

漏電.jpg

消防設備士全類8免許の講習会はこちら

 

当社の講習会で全類8免許が1年未満で取れる理由

  なぜ、こんなに簡単に消防設備士免許が短期間で簡単に取得できる大きな理由、「消防設備士各類の講習会資機材」を直接手でさわり、目で見て消防設備資機材の構造を理解できるからです。

 

  のものを覚える場合、脳の構造は右脳と左脳」の2つに分わかれているそうです。  消防設備士講習会では、右 脳」を使用して目でみて構造を覚えます。  そのため、「高速で大量に見たまま記憶」できるので100倍もの速さでものを覚えることができるからです。

 

 平成29年度の統計の合格率を見ると甲種6免許の平均合格率は、23.5%と超低合格率です。  地方の年2回の受験では5回以上平均受験しなければ免許は取れません。

  

(一般) 消防試験研究センター統計(平成29年度) 実際の合格率

313129.jpg 

  当社の多数の受講生が全類8免許超高速スピード1年未満取得できる理由は、消防設備を実際に手に取りさわり、実際に配線と配管するから目で見て構造を覚えてしまうからです。 

 

「百聞は一見にしかず」の例えのとおり、20歳の受講生は、 「私は、何も知らない素人ですが、目で見て一回で覚えた。」とお話しています。   市販の参考書で、100回も読まなければ覚えられない事が、誰でも目でみれば1回で覚えることができす。

 

 市販の参考書は、実物の消防設備を見る事が出来ないので、活字と写真覚えるため速度が遅くなります。 しずつ理解しながら学習して行く」ので非常に時間がかかり1免許取得するのに2年以上かかってしまいます。 

 

 目で見て覚えると1免許が12日〜30日」で取れる免許が、 甲種1類の合格率は、20.4%の合格率、甲種4類の合格率は、23.1%なので最低5回受験しなければ1免許が取得できません。 地方の試験回数は、年2回なので年半の887日取得するのにかかります。

 

   消防設備を実際に見て、さわって覚える場合、右脳で覚えるので高速で大量のものを簡単に覚える」ことができるからです。   直感的にイメージ(映像)を見たまま高速で簡単に記憶」することができるから「12日〜30日で1免許を取得」することができます。

左脳.jpg

 当社の講習会は、消防設備試験13免許の全ての消防設備資機材800万円の費用かけ講習会場に用意しています。   用意されている消防設備資機材実際に見て手でさわりるので構造が一回で理解でき覚えてしまいます。

 

 資機材を床に置きガムテープで配管したり、細いロープで配線としたりして製図の書き方を簡単に覚えてしまいます。 鑑定の問題は、実際に消防設備資機材を手に取り簡単に覚えてしまいます。

 

市販の参考書で消防設備士免許が絶対取れない理由

 消防設備士免許制度が昭和40年から始まり半世紀の53年たちます。  平成29年度の消防設備士免許受験者をみると、108,920人が受験し、この99.999%の受験者は、消防設備士教習所がないため、53年間半世紀以上市販の参考書 を購入して独学で勉強するしか無かったのです。 

  

  消防設備士教習所がないため99.999%の受験生は、免許を取るため市販の参考書を最低2冊以上6,000円で購入して勉強します。  このこは、市販の参考書合格率として一般財団法人消防試験研究センターの統計に記載されます。

   

 例えば、平成29年度の受験者は、108,920人が受験しています。 市販の参考書を2冊6,000円で購入すると6億五千万円の超特大ベストセラーになるので大笑が止まりません。 

 

 不合格になっても出版社に参考書が悪いと苦情を言う受験者はいません。  言って見ても出版社は、あなたの受験勉強が足りないと言われるだけです。 出版社は、合格しなければ別の参考書を購入してくれるので儲かります。

 

合格できない大表的な市販の参考書

 市販の消防設備士参考書の代表的出版社は、一般財団法人日本消防設備安全センターの参考書、オーム社の参考書等が代表的な参考書があります。 

 参考書安全センター.bmp

 教本.jpg

 

 消防設備士全類8免許取得する方法として、当社の消防設備士講習所で取得するか、独学で市販の参考書勉強する方法の2方法しかありません。

  

 ところが、市販の参考書の内容が最悪のためなにを記載しているか内容が全くわからず、当然受験勉強が間に合わず、受験料金を支払っても試験会場に行きません。

 

 平成23年度〜令和元年の過去9年間の一般財団法人消防試験研究センターの統計をみると驚きます。

 

  毎年、毎年、高い受験料金を支払い、試験日当日に受験するのは自分の事なので不合格になることはハッキリ判ります。  

 

 試験会場に行くには、1日つぶして往復の交通費5,000円、昼食代金700円使用しハッキリ不合格になるので受験しません。

 

 

 受験者が頭が悪いのではなく、市販の消防設備し参考書が最悪の内容のため、過去9年間で大量の197,226人(23%)の受験者が受験放棄して大量に不合格になっています。

  

受験放棄者197,226人

年度   申  請  者   受 験 者   受 験 放 棄 者  全合格者数  1免許合格者
R 1 99,878人    77,717人  22,161人(22.1%) 27,509人

 2,238人

H30 108,317人  80,881人 22,936人(22.1%) 29,106人

2,238人

H29 108,920人  84,419人  24,501人(22.5%) 29,773人  2,290人
H28 10,214人  84,337人  23,947人(22.2%)  29,114人 2,239人
H27 107,804人  84,848人  22,956人(21.3%)  27,516人 2,116人
H26

104,224人

 83,110人 21,114人(20.3%) 30,825人 2,055人
H25 101,405人  80,891人 20,541人(20.2%) 28,521人 2,193人
H24  101,413人  82,260人 19,153人(18.8%) 27,546人 2,118人
H23 102,669人  82,721人 19,945人(19.4%)  28,645人 2,203人

     当社の消防設備士教習所の受講者は、90%〜100%の超合格率で取得している実物消防設備士免許を見れば判ります。 

 

 市販の参考書合格できないのは、受験者が頭が悪いのではなく市販の参考書の内容が悪いから合格できないだけです。 

 

 試験当日に、試験開始と同時時間に過去9年間で大量の197,226人が試験会場に行かず、試験開始前に大量に不合格者をだしています。

 

 最大の理由は、市販の参考書の内容がなにを記載しているか解らないからことや、想定問題予想問題を解いても試験にでた事のない問題を解いても合格できない状況で過去9年間で大量の197,226人(23%)の受験者放棄者を見れば明らかです 

 

 受験勉強しているのは受験者本人ですので、受験勉強が間に合わなのでハッキリ不合格になる事がわかるので、試験会場に行きません。

   

  社会一般に合格率30%をきる国家試験は、市販の参考書の内容が非常に良くないと言われ一般常識になており、197,226人(23%)が受験放棄している統計を見れば明らかです。 

 

 マグレで誤って合格した消防設備士免許を手にしても実際の業務についても仕事はできないので役に立ちません。 

  平成29年度の消防試験研究センターの上げ底合格率

313129.jpg

 例えば、平成29年度の統計に記載されているとおり、甲種6免許の合格率は、23.5%で甲種及び乙種13免許の合計平均合格率は、27.2%の30%を切っており参考書が良くない事はあきらです。

 

市販参考書の内容の悪さは、統計の受験放棄者として

    平成23年度〜令和元年の過去9年間の一般財団法人消防試験研究センターの統計に「市販の参考書の内容が非常に良くない事」があきらかに解る数値として

「消防設備士試験受験放棄者数」として197,226人大量の数値として表れています。  

 

 消防設備士の受験者は、高い受験料金を支払い受験日まで受験者は市販の参考書で勉強します。  市販の参考書で勉強している受験者は、記載内容が意味不明で内容が理解できないため受験勉強が間に合いません。 

 

 受験日当日に受験勉強が間に合わない受験者は、過去9年間で大量の197,226人の受験放棄者が発生し、試験会場に行きません。  この様に197,226人が受験放棄する消防設備士参考書は、参考書の内容が悪いため受験放棄しているのです。

 

 受験放棄理由は、勉強しているのは自分の事なので、受験しても不合格になるのはハッキリと分かります。  また、高い受験料金を支払い、高い交通費、無駄な1日を使用するので試験会場に行かず受験放棄するのです

 

 過去9年間の一般財団法人消防試験センターの統計の大量の197,226人受験放棄数を見れば、市販の消防設備士参考書が良くない事が誰でもわかります。  この様な最悪の参考書で勉強しても合格できません。 

 

 

過去9年間の消防設備士超大量の受験放棄者数

    過去9年間で大量の受験放棄者197,226人のは、高い受験料金を支払いなぜ試験会場に行かないのでしょうか?   試験日当日に197,226人全員が用事ができたのですか?   試験日当日に197,226人全員が伝染病が発生して病気になったのですか?

  

 理由は、社会一般的に言われているとおり、市販の参考書の内容が良くないため、試験日当日に195,226人全員が受験勉強が間に合わなので受験放棄したのです。 

            

過去8年間の受験申請者、受験放棄者、1免許取得者

申請者・・・・・・・受験申請して受験料金を支払った受験者

受験者・・・・・・・実際に試験会場にきて受験した者

受験放棄者・・・・受験料金を支払い当日受験せず最初から不合格

 合格者・・・・・・・試験に合格した人 

 1免許当たり・・・・13免許合格者の1免許当たりの合格者

 

年度   申  請  者   受 験 者   受 験 放 棄 者   合 格 者  1免許当り
R 1   99,878人  77,717人  22,161人(22.1%) 27,509人

2,116人

H30 108,317人  80,881人 22,936人(22.1%) 29,106人

2,238人

H29 108,920人  84,419人  24,501人(22.5%) 29,773人  2,290人
H28 10,214人  84,337人  23,947人(22.2%)  29,114人 2,239人
H27 107,804人  84,848人  22,956人(21.3%)  27,516人 2,116人
H26

104,224人

 83,110人 21,114人(20.3%) 30,825人 2,055人
H25 101,405人  80,891人 20,541人(20.2%) 28,521人 2,193人
H24  101,413人  82,260人 19,153人(18.8%) 27,546人 2,118人
H23 102,669人  82,721人 19,945人(19.4%)  28,645人 2,203人

                   受験放棄者195,226人

 一般財団法人消防試験研究センター統計(令和 元年度)

令和二年.bmp 

 

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成30年度)

30年.bmp

   受験申請者103,817人−80,881人=22,936人(22.1%)受験放棄者

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成29年度) 

29年度の合格者.jpg

  受験申請者108,920人−84,419人=24,501人(22.5%)受験放棄者  

  

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成28年度)

8282.bmp

  受験申請者108,284人−84,337人=23,947人(22.2%)受験放棄者  

 

 一般財団法人消防試験研究センター統計(平成27年度)

27.bmp

 受験申請者107,804人−84,848人=22,956人(21.3%)受験放棄者    

 

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成26年度)

 626262.bmp

 受験申請者104,224人−83,8114人=22,956人(20.3%)受験放棄者   

 

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成25年度)

 252525.bmp

 受験申請者101,405人−80,891人=20,541人(20.2%)受験放棄者    

 

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成24年度)

 242424.bmp

 受験申請者101,413人−82,260=19,153人(19.2%)受験放棄者  

 

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成23年度)

232323.bmp

 受験申請者102,669人−82,721=19,153人(19.2%)受験放棄者 

 

 

 

市販の消防設備士の参考書は、読んでも内容が意味不明

   平成29年度の一般財団法人消防試験研究センターの受験者は、108,920人が受験しております。 この受験者の4人に一人が、毎年、毎年、高い受験料金をしはらい試験会場に行かず試験していません。  

  

 108,920人が高い受験料金を支払い、試験日当日試験会場に行く受験者は84,419人しか行っておりません。

29年度の合格者.jpg

 高い受験料金を支払い受験しなかった受験者は何人いたかというと108,920人−84,419人=24,501人になります。

  

 平成29年度において驚愕する数値の大量の24,501人が受験放棄していたのです。  

 

 大量の24,501人が受験放棄者の受験しない理由は、ペストの伝染病に感染した訳ではありません。 大量の24,501人が受験日当日に用事ができた訳ではありません。

  

 平成29年度の統計を分析すると次の内容が判明しました。 実際に市販の参考書を購入し独学で勉強してみると、参考書の内容が何を記載しいるか全くわかりません。 試験日まで独学で勉強してみたが試験に間に合いませんでした。

 

 受験放棄の理由は、自分の事なので合格できない事はわかります。  試験会場までの交通費と1日の時間を無駄にすることになり受験放棄しましたとのことでした。

 

 24,501人(22.5%)受験者が、市販の参考書を独学で勉強しても受験勉強まにあわず受験しません。 13免許の合格者は29,733人(27.2%)の超抵合格者で1免許2,287人と少ない合格者です。

 

 24,501人受験放棄者の最大の原因は、市販の消防設備士の参考書が非常に内容が良くないため、消防設備士試験に間に合わないません。 

 

 昭和40年から消防設備士免許制度が始まり53年の半世紀たちますが、市販の参考書で独学で勉強する時代は終わりました。 消防設備士教習所で12日〜30日で消防設備士1免許を取得する時代です。

  

 全国の消防設備士受験者が長時間わたり受験勉強しても消防設備士免許は取得できません。  消防設備士の受験者は、頭が悪いから合格できないのではなく、市販の参考書が悪いため合格できないのです。

  

 なぜ合格できない理由は、市販の参考書の内容があまりにもヒドイため合格できないとされています。   ほとんどの消防設備士受験者は、驚くことに「0.0001%の受験者」しかこの情報について53年間知りません。

昭和40年から消防設備士免許制度始まり、過去53年間にわたり独学での市販の参考書では、消防設備士全類8免許を1年未満で絶対に取得できません。 

  

 消防設備士免許を取得する方法は、昭和40年から消防設備士教習所が53年間なかったため、市販の参考書で独学で勉強して取得する方法しかありませんでした。

 

 甲種6免許の合格率は「23.5%」です。  甲種及び乙種消防設備士免許の合計平均合格率は27.2%」と非常に低い「超抵合格率」です。   この様に超抵合格率の中で3回も受験失敗するとほとんどの受験者は、受験をあきらめるそうです

 

 受験生の皆さんは、頭が悪いから合格できないのではなく、市販の参考書の内容が最悪のため合格できないだけです。  当社の教習所で講習を受講すれば1免許12日〜30日で取得でき、消防設備士全類8免許が1年以内の短期間で取得できます。

 

平成29年度の消防試験研究センター 消防設備士合格率

313129.jpg   自動車教習所の免許取得率100%で、当社の消防設備士教習所の合格率90%〜100%で取得きます。  自動車教習所と同じように消防設備士教習所で消防設備士免許を取得する時代に大きく変わりました。  

 

 昭和40年から55年間の半世紀にわたり、市販の参考書で独学で勉強して消防設備士免許を取得する時代はすでに終わっています。

 

 平成29年度の108,920人の受験者の99.999%の受験者は、市販の参考書で独学で勉強しているため「負け組」になっています。  消防設備士教習所で免許を取得する新しい情報を知っいる0.003%「300人の免許取得者が勝ち組」です。  

  

 残りの99.999%の108,520人「負け組」です。    ほとんどの受験者は、半世紀にわたりこの貴重な情報をしらず、時代の流れと波に乗り遅れた」免許取れない「負け組」になっています。

 

 市販の参考書での独学の勉強方法はやめて当社の消防設備士教習所の講習を受講して「勝ち組」になりましょう。  「勝ち組」は消防設備士教習所で消防設備士全類8免許1年以内で簡単に90%〜100%合格率で取得しています。   

 

 当社の消防設備士教習所で2日間の講習会を受講するだけで、日本最速で消防設備士1免許12日〜30日の超高速スピードで取得できる消防設備士専門の講習会です。

          

 過去、この様な超高速スピードで、消防設備士1免許を取得した受験者は、消防設備免許制度が始まり55年の半世紀以上たちますが誰一人としておりませんでした。

 

 当社の消防設備士教習所の受講生が、消防設備士全類8免許を135日(1免許17日)、甲種5免許を60日で取得、7免許を100日で(1免許14日)取得と話しても誰も信用しません。 

 

 この事実を証明するため、20名以上のの受講生が実際に取得した消防設備士全類8免許の写真ネットに掲載して証明する事にしました。 

 

 1年以内で全類8免許が取得できる事実が証明されれれば、 昭和40年から始まり半世紀の53年たった消防設備士免許制度の中で考えられない快挙です。 

 

日本一最速で全類8免許取得できる消防設備士教習所

    日本最速で消防設備士類8免許が1年未満の超スピートで取得でき、また、超高合格率の90%〜100%で取得できる消防設備士講習会と通信講座です。 

   

 最近は、消防設備士全類8免許を1年以内取得できる事実が明らかになり、最初から全類8免許の講習費29万円を一括支払いして免許を取得する受講生が増えています。  現在、自動車1免許取得費用は30万円かかりますが、ほとんどの人が持っているので就職に役だちません。

 

 消防設備士全類8免許取得費用は29万円かかりますが、非常に安い買い物だと話します。 20名の受講生は、29万円の費用で全類8免許取得することは、「29万円で人生を買える」ことになります。 

 

 なぜかと言うと、消防設備士数が足りないため全類8免許を取得すると消防設備士メーカーの正社員として雇用されるからです。

 

  この就職難に、消防設備士全類8免許を取得により49歳過ぎても消防設備士メーカーの正社員として採用されています。  

 

  採用理由は、社長との面談であなたを雇用すると1人で8人の仕事が一括ででき厚生年金は1人でよく、住居手当、退職金1人でよく、給料は2倍支払ってもメリットがあると話され転職できました。

 

 正社員の雇用の背景は、自動車免許は、一年間で125万人取得していますが、平成29年度の消防設備士合格者は13免許で29,733人で、1免許免許当たりの合格者は、たった2,290人しかいないので消防設備士の数が足りないのは明らかです。 

  

 また、日本の生産者人口(15歳〜64歳)は過去に例のない急激に減少します。 1年で70万人、10年で700万人、20年で1,400万人30年で2,100万人50年で 3,200万人 生産者人口が激減しています。 

 

 激減している生産者人口の中で、合格率の超低い消防設備士免許は、1免許取得に2年以上かかります。  このため敬遠される消防設備士免許の取得者は激減します。 マイナーな消防設備士免許は、毎年人手不足により倒産する会社が多く発生しています。  

 

 このため、10年で市販の参考書での独学の13免許の合格者は、全体で30万人以下となり、10年で1免許当たりの合格者は、全体で2万3千人以下の合格者です。  当然、一人で8免許を持っていたら、会社としたメリットが大きくなり、当然正社員として雇用されます。

 

  昭和40年から消防設備士免許制度始まり、過去53年間にわたり独学での市販の参考書では、消防設備士全類8免許を1年未満で絶対に取得できません。 

  

 消防設備士免許を取得する方法は、昭和40年から消防設備士教習所が53年間なかったため、市販の参考書で独学で勉強して取得する方法しかありませんでした。

 

 甲種6免許の合格率は「23.5%」です。  甲種及び乙種消防設備士免許の合計平均合格率は27.2%」と非常に低い「超抵合格率」です。   この様に超抵合格率の中で3回も受験失敗するとほとんどの受験者は、受験をあきらめるそうです

 

  受験生の皆さんは、頭が悪いから合格できないのではなく、市販の参考書の内容が最悪のため合格できないだけです。  

 

 当社の教習所で講習を受講すれば1免許12日〜30日で取得でき、消防設備士全類8免許が1年以内の短期間で取得できます。

 

平成29年度の消防試験研究センター 消防設備士合格率

313129.jpg     自動車教習所の免許取得率100%で、当社の消防設備士教習所の合格率90%〜100%で取得きます。  自動車教習所と同じように消防設備士教習所で消防設備士免許を取得する時代に大きく変わりました。  

 

 昭和40年から55年間の半世紀以上にわたり、市販の参考書で独学で勉強して消防設備士免許を取得する時代はすでに終わっています。

 

 平成29年度の108,920人の受験者の99.999%の受験者は、市販の参考書で独学で勉強しているため「負け組」になっています。  

 

消防設備士教習所で免許を取得する新しい情報を知っいる0.003%「300人の免許取得者が勝ち組」です。  

  

 残りの99.999%の108,520人「負け組」です。    ほとんどの受験者は、半世紀にわたりこの貴重な情報をしらず、時代の波に乗り遅れた」免許取れない「負け組」になっています。

 

 市販の参考書での独学の勉強方法はやめて当社の消防設備士教習所の講習を受講して「勝ち組」になりましょう。  

 

 「勝ち組」は消防設備士教習所で消防設備士全類8免許1年以内で簡単に90%〜100%合格率で取得しています。   

 

 当社の消防設備士教習所で2日間の講習会を受講するだけで、日本最速で消防設備士1免許12日〜30日の超高速スピードで取得できる消防設備士専門の講習会です。

          

 過去、この様な超高速スピードで、消防設備士1免許を取得した受験者は、消防設備免許制度が始まり55年の半世紀たちますが誰一人としておりませんでした。

 

 当社の消防設備士教習所の受講生が、消防設備士全類8免許を117日(1免許17日)、甲種5免許を60日で取得、7免許を100日で(1免許14日)取得と話しても誰も信用しません。 

 

 この事実を証明するため、11名の受講生が実際に取得した消防設備士全類8免許の写真ネットに掲載して証明する事にしました。 

 

 1年以内で全類8免許が取得できる事実が証明されれれば、 昭和40年から始まり半世紀の53年たった消防設備士免許制度の中で考えられない快挙です。 

 

日本一最速で全類8免許取得できる消防設備士教習所

    日本最速で消防設備士類8免許が1年未満の超スピートで取得でき、また、超高合格率の90%〜100%で取得できる消防設備士講習会と通信講座です。 

   

 最近は、消防設備士全類8免許を1年以内取得できる事実が明らかになり、最初から全類8免許の講習費28万円を一括支払いして免許を取得する受講生が増えています。  自動車免許の取得費用は30万円かかりますが、ほとんどの人が持っているので就職に役だちません。

 

 消防設備士全類8免許取得費用は28万円かかりますが、非常に安い買い物だと話します。 11名の受講生は、28万円の費用で全類8免許取得することは、「28万円で人生を買える」ことになります。 

 

 なぜかと言うと、消防設備士数が足りないため全類8免許を取得すると消防設備士メーカーの正社員として雇用されるからです。

 

  この就職難に、消防設備士全類8免許を取得により42歳過ぎても消防設備士メーカーの正社員として採用されています。  

 

 

 採用理由は、社長との面談であなたを雇用すると1人で8人の仕事が一括ででき厚生年金は1人でよく、給料は2倍支払ってもメリットがあると話されました。

 

 正社員の雇用の背景は、自動車免許は、一年間で125万人取得していますが、平成29年度の消防設備士合格者は13免許で29,733人で、1免許免許当たりの合格者は、たった2,290人しかいないので消防設備士の数が足りないのは明らかです。 

  

 また、日本の生産者人口(15歳〜64歳)は過去に例のない急激に減少します。 1年で70万人、10年で700万人、20年で1,400万人30年で2,100万人50年で 3,200万人 生産者人口が激減しています。 

 

 激減している生産者人口の中で、合格率の超低い消防設備士免許は、1免許取得に2年以上かかります。  このため敬遠される消防設備士免許の取得者は激減します。 マイナーな消防設備士免許は、毎年人手不足により倒産する会社が多く発生しています。  

 

 このため、10年で市販の参考書での独学の13免許の合格者は、全体で30万人以下となり、10年で1免許当たりの合格者は、全体で2万3千人以下の合格者です。  当然、一人で8免許を持っていたら、会社としたメリットが大きくなり、当然正社員として雇用されます。

   昭和40年から消防設備士免許制度始まり、過去53年間にわたり独学での市販の参考書では、消防設備士全類8免許を1年未満で絶対に取得できません。 

  

 消防設備士免許を取得する方法は、昭和40年から消防設備士教習所が53年間なかったため、市販の参考書で独学で勉強して取得する方法しかありませんでした。

 

 甲種6免許の合格率は「23.5%」です。  甲種及び乙種消防設備士免許の合計平均合格率は27.2%」と非常に低い「超抵合格率」です。   この様に超抵合格率の中で3回も受験失敗するとほとんどの受験者は、受験をあきらめるそうです

 

 受験生の皆さんは、頭が悪いから合格できないのではなく、市販の参考書の内容が最悪のため合格できないだけです。  当社の教習所で講習を受講すれば1免許12日〜30日で取得でき、消防設備士全類8免許が1年以内の短期間で取得できます。

 

平成29年度の消防試験研究センター 消防設備士合格率

313129.jpg   自動車教習所の免許取得率100%で、当社の消防設備士教習所の合格率90%〜100%で取得きます。  自動車教習所と同じように消防設備士教習所で消防設備士免許を取得する時代に大きく変わりました。  

 

 昭和40年から53年間の半世紀にわたり、市販の参考書で独学で勉強して消防設備士免許を取得する時代はすでに終わっています。

 

 平成29年度の108,920人の受験者の99.999%の受験者は、市販の参考書で独学で勉強しているため「負け組」になっています。  消防設備士教習所で免許を取得する新しい情報を知っいる0.003%「300人の免許取得者が勝ち組」です。  

  

 残りの99.999%の108,520人「負け組」です。    ほとんどの受験者は、半世紀にわたりこの貴重な情報をしらず、時代の波に乗り遅れた」免許取れない「負け組」になっています。

 

 市販の参考書での独学の勉強方法はやめて当社の消防設備士教習所の講習を受講して「勝ち組」になりましょう。  「勝ち組」は消防設備士教習所で消防設備士全類8免許1年以内で簡単に90%〜100%合格率で取得しています。   

 

 当社の消防設備士教習所で2日間の講習会を受講するだけで、日本最速で消防設備士1免許12日〜30日の超高速スピードで取得できる消防設備士専門の講習会です。

          

 過去、この様な超高速スピードで、消防設備士1免許を取得した受験者は、消防設備免許制度が始まり53年の半世紀たちますが誰一人としておりませんでした。

 

 当社の消防設備士教習所の受講生が、消防設備士全類8免許を135日(1免許17日)、甲種5免許を60日で取得、7免許を100日で(1免許14日)取得と話しても誰も信用しません。 

 

 この事実を証明するため、11名の受講生が実際に取得した消防設備士全類8免許の写真ネットに掲載して証明する事にしました。 

 

 1年以内で全類8免許が取得できる事実が証明されれれば、 昭和40年から始まり半世紀の53年たった消防設備士免許制度の中で考えられない快挙です。 

 

日本一最速で全類8免許取得できる消防設備士教習所

    日本最速で消防設備士類8免許が1年未満の超スピートで取得でき、また、超高合格率の90%〜100%で取得できる消防設備士講習会と通信講座です。 

   

 最近は、消防設備士全類8免許を1年以内取得できる事実が明らかになり、最初から全類8免許の講習費28万円を一括支払いして免許を取得する受講生が増えています。  自動車免許の取得費用は30万円かかりますが、ほとんどの人が持っているので就職に役だちません。

 

 消防設備士全類8免許取得費用は28万円かかりますが、非常に安い買い物だと話します。 11名の受講生は、28万円の費用で全類8免許取得することは、「28万円で人生を買える」ことになります。 

 

 なぜかと言うと、消防設備士数が足りないため全類8免許を取得すると消防設備士メーカーの正社員として雇用されるからです。

 

  この就職難に、消防設備士全類8免許を取得により42歳過ぎても消防設備士メーカーの正社員として採用されています。  

 

 

 採用理由は、社長との面談であなたを雇用すると1人で8人の仕事が一括ででき厚生年金は1人でよく、給料は2倍支払ってもメリットがあると話されました。

 

 正社員の雇用の背景は、自動車免許は、一年間で125万人取得していますが、平成29年度の消防設備士合格者は13免許で29,733人で、1免許免許当たりの合格者は、たった2,290人しかいないので消防設備士の数が足りないのは明らかです。 

  

 また、日本の生産者人口(15歳〜64歳)は過去に例のない急激に減少します。 1年で70万人、10年で700万人、20年で1,400万人30年で2,100万人50年で 3,200万人 生産者人口が激減しています。 

 

 激減している生産者人口の中で、合格率の超低い消防設備士免許は、1免許取得に2年以上かかります。  このため敬遠される消防設備士免許の取得者は激減します。 マイナーな消防設備士免許は、毎年人手不足により倒産する会社が多く発生しています。  

 

 このため、10年で市販の参考書での独学の13免許の合格者は、全体で30万人以下となり、10年で1免許当たりの合格者は、全体で2万3千人以下の合格者です。  当然、一人で8免許を持っていたら、会社としたメリットが大きくなり、当然正社員として雇用されます。

 

生産年齢人口の激減よる消防設備士不足よる企業の倒産

   最近の新聞・ニュース報道を見ると日産自動車(株)の整備士不足、クロネコヤマトや引っ越し業社の運転手不足による国家資格取得者の人手不足が大きな社会問題なっております。 

 

 特に「消防設備業界」においても消防設備士不足が深刻にさわがれており、年間13免許の合格者は、27,516人で、1免許当たり2,116人しか合格しておりません。  42才でも51歳なっても高い給料で正社員として雇用される状況となってあらわれています。 

   

 「生産年齢人口(15歳〜64歳)」は、1996年から減少に転じ、生産年齢人口」が激減して、1年間で毎年70万人が減り続け、10年間で700万人、20年間で1400万人、30年間で2100万人、50年間で3,200万人が激減します。 

 

 この3,200万人の人口減少は、イギリス一国がなくなった人口同じであります。  また、世界で一回だけ伝染病のぺストが発生してイギリス3,200万人の人口が激減して3,200万人が短期間で減りました。  日本においては、毎年70万人の人口がへり、50年かけてユックリと減るため一般人は実感ないが、企業の方は人手不足を切実に実感します。

  

  人口構成.jpg

自動車教習所は、全国に1500ヶ所もあり、年間156万人の人が自動車免許を取得しています。 

 

 消防備士免許制度が昭和40年から始まり53年の半世紀たち、「消防設備士教習所」全国で1ヶ所しかなく、全類13免許の合格者は、27,516人です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            消防設備士免許1免許たりにすると年間2,116人のわずかな合格者です。  特に年間1免許当たり2,116人しか取得できない免許なので消防設備士不足が深刻な問題となり、各企業において、消防設備士の壮絶な取得争い始まっています。 

 

 多数の消防設備士の確保ができない会社は、運転手の確保ができない引っ越し会社と同様に間違いなく倒産します。  

 

  消防設備士1免許を年間2,116人いうわずかな合格者しか確保できないません。  合格されたわずかな2,116、更に消防設備の工事、修理業務、点検業務、防災センター業務、防火管理業務等のさまざまな業務に移行するので消防設備士の不足が深刻な問題となります。

 

   最近では、佐川急便からクロネコヤマトが5,000の運転手を正社員として引き抜き、将来の人手不足考えて事務パート3,00人の女性を正規社員として雇用しています。

 

 これからの生産年齢人口(15歳〜64歳)を考えた場合、合格者の少ない消防設備士おいては壮絶な取得競争が50年間続きます。

 

 例えば、当社の42才の受講生が、甲種4類の免許を取得してモリタの正社員になっています。  私が、なぜモリタ宮田鰍フ正社員なれたのか聞いたら、社長と面接し、モリタの社員は、電気工事士の免許を持っているが甲4類の免許がなかなか取得できないとの理由で正社員になれたとの回答でした。  42才でも十分に仕事ができます。   

 

 今年の3月に当社の受講生が49歳で消防設備士全類8免許を取得しドライケミカル鰍フ正社員として採用されました。講習会でこのお話と取得免許及び名刺を見せたら受講生奇跡だと言いました。

 

 そして49歳でドライケミカル鰍フ正社員なった18歳の長男は父の影響を受け消防職員になり、消防学校の休日に当社の教習所の講習を受講し、父親と顔が良く似ており受講生の皆さんは奇跡の社員の息子だと納得しました。 

 

 去年の平成28年10月にドライケミカル鰍T00人と沖電気鰍Q00人が合併して700人の会社になり、現在は30人の会社になっています。  ドライケミカル梶E遠山榮一社長のお話によるとは 『全社員に複数の消防設備士免許を取得』するよう訓示をしたそうです。        

 

  ドライケミカル梶E遠山榮一社長は、会社の全責任者として、また、生産年齢人口(15歳〜64歳)考えて『全社員に複数の消防設備士免許を取得』 しなさい。   モリタ宮田梶@田中幸男社長は、電気工事士の免許を持っているが甲4類の免許がなかなか取得できない理由で正社員に採用した事をみても壮絶な取得競争な消防設備士争いがわかります。

 

  訓示を受けたこの社員は、当社の講習を受講し、社長の指導とおり沖電気鰍ナ甲種4類を取得していたが、ドライケミカル鰍ノ移行してから7免許を7ヶ月の全類8免許を351日で取得てしまいます。  

  

  消防設備士の免許について社長より複数の消防設備士免許取得しなさいとの意向により、前会社で甲種4類を取得し、会社併合後、残りの7免許を6ヶ月で取得しました。  日本一最速の女性全類8免許取得者になりました。

 甲種1類〜甲種5免許、乙種6、乙種7免許を10ヶ月で取得 

  消防設備士全類(8免許)取得期間351日で取得

免許の種別

 交付年月日

千木良舞.jpg 1 甲種4類 H28.08.23
2 甲種2類 H29.02.20
3 甲種5類 H29.03.29
4 甲種1類 H29.04.17
5 甲種3類 H29.05.15
6 乙種6類 H29.06.22
7 乙種7類 H29.07.19
8 甲種特類

H29.8.04

  また、沖電気鰍ゥらモリタ宮田工業に転職した男性社員は、ドライケミカル鰍ノ移行した元同僚のだった彼女の全類8免許取得の免許を見て、簡単に免許が取得できると確信したので甲種1類と乙種6類の講習を受講しています。

 

  69歳で消防設備士7免許を8ヶ月の1免許を34日で取得し、全類8免許を349日で取得した受講生は73歳になった現在でも銀座で働いています。 また、小津善久(69歳)は国家資格最高齢合格者調査において国家資格最高齢合格者消防設備士として認定されています。

 消防設備士全類(8免許)取得期間日本第2位(取得期間349日

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間8ケ月)

 

免許の種別

 

交付年月日

8免許.jpg 1 甲種4類 H26.04.15
2 甲種2類 H26.05.09
3 甲種1類 H26.09.01
4 甲種3類 H26.09.05
5 甲種5類 H26.11.25
6 乙種6類 H26.12.17
7 乙種7類 H26.12.17
8 甲種特類 H27.03.30

 

 例えば、異種業種で働いていた51才の男性は、全類8免許を1年で取得したので前社より給料も上がりました。 消防設備会社の正社員になり、1人で8種類の仕事ができるので人手不足か解消されます。  厚生年金は一人で良く、給料を倍だしてもでよいメリットがあるので採用されたと話しています。  資格パワーの威力は非常に大きいです。

 

  消防設備士全類(8免許)取得

免許の種別

 交付年月日

甲種特類免許.jpg 1 甲種4類 H28.10.12
2 乙種6類 H29.02.15
3 甲種5類 H29.02.20
4 乙種7類 H29.04.26
5 甲種1類 H29.05.01
6 甲種3類 H28.09.27
7 甲種2類 H29.09.28
8 甲種特類 H29.10.27

 

 消防設備会社で、現在雇用している社員に1免許だけてなく8免許を取得させれれば8名の社員を雇用したことになります。  1,000人の従業員の会社なら一気に8,000人の大会社となります。  厚生年金は、1人でよく給料を2倍支払ってもそれ以上のメリットがあり、人手不足が解消され、給料や手当の削減されます。

 

 なぜ、この様な8倍の従業員の雇用に増えるのかというと、当社の2日間の講習を受講すれば免許が12日〜30日で取得できるからです。  当社の超スピードの免許取得、超高合格率の講習ノウハがあるからです。 

 

 消防設備士の確保が各会社で求められています。  消防設備士の確保がなければ会社の倒産と急成長・急発展はありません。  大手3大消防設備メーカーでは、1免許取得に12日〜30日で取得させる事はできません。  消防設備士免許取得者が確保ができなれば 引っ越し業の会社と同様に明らかに倒産します。

 

 

 なにも知らない60才の私は、定年後、大手のマンション管理会社に勤務するのに消防設備の知識が必要になりました。 日本一最速で消防設備士全類8免許が取れる消防設備士講習会を受講し、平成29年4月に消防設備士全類8免許を短期間で取得し、マンション管理に役立っています。

  消防設備士全類(8免許)取得

 免許の種別

 交付年月日

山田2.jpg 1 甲種2類 H28.02.20
2 甲種4類 H28.03.22
3 甲種1類 H28.05.10
4 甲種3類 H28.07.11
5 甲種5類 H28.09.15
6 乙種7類 H28.09.20
7 乙種6類 H28.10.18
8 甲種特類 H29.04.25

 

消防設備士免許難易度の低いやさしい免許

     全国10万8千人の消防設備士受験生の皆さん消防設備士試験の筆記試験の内容は、非常に難しい内容の試験なのでしょうか? 難易度の高い試験なのでしょうか?

 

消防設備士試験の筆記試験の内容は、電気は中学2年生でならう内容、機械は高校1年生でならう内容、消防法は高校生でもわかる内容規格・構造、製図は高校生でもわかる程度なので、難易度の低い内容です。  

  

 消防設備士免許は、全体的に見て非常にやさしい取得しやすい内容の難易度の低い国家資格免許試験です。

  

 中学卒業程度の能力があれば、消防設備士受験準備合格セミナーの講習を受講すれば難易度が非常に低いので1免許が12日〜30日で簡単に取得できます。

   

 毎年、毎年、全国で10万8千人の以上の99.9%の多数の受験生は、消防設備士教習所がないため、市販の参考書で独学で受験勉強しております。 

  

 市販の消防設備士参考書で独学で勉強すると、市販の参考書の内容が非常良くないので1免許取得するには、2年〜3年かかります。

 

 だが、当社の消防設備士受験準備合格セミナーの受講生の20歳の学生は、当社の非常に良いテキストを使用して、消防設備士講習会や消防設備士通信講座 を受講すると甲種1類〜甲種5類の5免許がたったの2ヶ月の60日(1免許12日)で取得している難易度の低い免許です。 

 

 

総務省消防庁の消防設備士試験問題作成方法

 消防設備士免許を取得するのに当たり、消防設備士試験問題を作製状況と合格点配点状況を知らなければ合格できません。

 

 消防設備士試験問題作製は、総務省消防庁の中に試験委員会があり、昭和40年から試験問題が漏れないように認定された試験委員が作成するので漏れません。

  

 総務省消防庁の中に試験委員会で選ばれた試験委員は、試験委員会に対して試験委員を止めた場合、試験問題に関する機関に5年間勤務しない念書を提出しますので、試験問題は絶対に漏れません。

  

 消防設備士試験の合格者は、過去8年間の統計をみると、毎年13免許で29,500人位で、1免許当たり2,300人の合格者で消防設備士の数は毎年足りない状況です。

  

消防設備士試験の過去問題は絶対存在しない

  消防設備士試験の過去問題は、昭和40年から消防設備士免許制度が始まり、半世紀たちますが過去問題は絶対にありません。

  

 消防設備士試験を受験された方は判りますが、試験会場で回答用紙氏名を記載し、実際の試験問題に氏名を記載します。 

  

 消防設備士試験が終了し、試験会場の出口を出るとき、回答用紙と氏名記載した試験問題の2枚を提出し会場を退出します。  

  

 試験問題を持ち帰った方は、試験に不合格になりますで、過去の試験問題は世の中に存在しません。 

   

消防設備士試験と電気工事士試験の難易度

 電気工事士は試験問題の持ち帰りができ、過去10年〜20年の過去問題が市販の参考書として販売されています。 このため電気工事士試験の合格率は、72%非常に高合格率で簡単に取得できる免許で、年間11万4千人です。

  

 電気工事士2種試験の合格率が高い大きな理由は、過去10年〜20年の過去問題が市販の参考書として販売されているからです。

  

 消防設備士の試験問題の持ち帰りができないので過去問題がなく、電気工事士2種試験と大きく異なります。 

  

 更に電気工事士試験の合格率72%で、消防設備士は、13免許で合格率27%で1免許当たり2,200人と合格者は少なく毎年足りない状況です。

  

 電気工事士免許は、年間11万4千人の合格者で、消防設備士は、13免許種類の免許で1免許当たり2,200人と合格者は少なく毎年足りない状況です。

  

 電気工事士免許は、年間11万4千人の合格者あるため、試験日は全国試験日統一の試験で年2回の実施されます。

  

 消防設備士は、13免許と免許の種類が多く、合格率27.2%で1免許当たり2,200人と合格者は少なく毎年足りない状況です。

  

 このため、合格者をふやす方法として、試験センターは、東京を除き46都道府県は、年2回〜6回の実施日を変えて地方は115回も受験回数を増やしております。 

  

 試験問題作成委員は、東京を除き年間115回以上の13免許の試験問題を作製するとなると負担が大きくなります。 

 

 試験委員は、本来の仕事を持っており、そのつど問題を作製するのは困難なので、試験会場の出口で問題を回収さして、年間115回以上の件問題を毎年作製しないですむようにしているので過去問が世の中がないのです。  

 

消防設備士不足の増加させる為の増加方法

  甲種消防設備士6免許の合格率は、23%で甲種及び乙種消防設備士13免許の平均合格率は27.2%非常低くくなかなか消防設備士の免許は取得できません。 

 

 それに電気工事士免許は、合格率75%の非常に高く誰でも合格してしまいます。 大きな合格率の理由は、20年間の電気工事士試験の過去問題が市販の参考書販売されているからです。 

 

 合格者をふやす方法として、試験センターは、東京を除き46都道府県は、年2回〜6回の実施日を変えて地方は115回も受験回数を増やしております。 

 

 試験委員は、東京を除き年間115回以上の13免許の試験問題を作製するとなると負担が大きくなります。 

 

 試験委員は、本来の仕事を持っており、そのつど問題を作製するのは困難なので、試験会場の出口で問題を回収さし、過去問が世の中にないようにとています。

  

市販の参考書では消防設備士免許が取れない理由

  昭和40年から免許制度が始まり54年間、消防設備士教習所がないため市販の参考書で独学で免許を取るしかありません。

 

 過去問が無いので、実際の試験に出たことがない予想問題や想定問題を解くので合格できません。  甲種6免許合格率は23.5%、13免許平均合格率は27.2%超低合格率です。

 

消防試験研究センター統計 実際の合格率 

313129.jpg

 

消防設備試験センターの虚偽の合格率

  消防設備試験センターは、毎年次のような合格率を発表しております。  平成29年度は、13免許の受験申請者は、108,920人おり、受験者は84,419人で合格者は、29,733人にとなっております。

 

 受験者の皆さんは、受験するのに1ヶ月半前に受験料金を支払い、受験日に合わせ3ヶ月〜6ヶ月前から受験勉強をします。

 

 当然、高い受験料金5,700円、3,800円入金して試験日当日まで勉強します。   高い受験料金を支払い受験申請した人が受験者です。24,501人(22.5%)受験放棄者  

 

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成29年度) 

29年度の合格者.jpg

  受験申請者108,920人−84,419人=24,501人(22.5%)受験放棄者  

甲種6免許合格率は23.5%、13免許平均合格率は27.2%超低合格率です。

 

消防設備士試験の低合格配点

 消防設備士の合格基準は、消防法、電気・機械、構造の3科目共通試験は、最低合格点は40点で合計180点で合格となります。  40点、40点、100点の180点でも合格となります。 

 

 どの国家資格知試験でも最低合格点は60点でありますが、消防設備士試験だけは最低合格点は40点です。

 

 最低合格点は60点とすると合格率が10%を切ってしまい、消防設備士の数が足りなくなり、社会問題に発展します。 このため40点という低合格点なったのです。 

 

 2年目で再講習が行われる理由は、本来合格でない受験者を40点の上げ底合格者ため、実務を2年実務を実施させ再講習すれば何とかなると考え、2年目で最初実施し、その後は5年目で実施されます。

 

 消防設備士免許は、最低合格点は40点であるので、国家試験の中で一番やさしい免許の取得しやすい試験です。

 

  消防設備士免許は、国家資格免許の中で一番やさしい、非常に取得しやすい免許です。 このため、多数の受講生が消防設備士全類8免許を1年未満で取得しております。 

 

日本最大の消防設備士教習所設立の大きな夢

 消防設備士全類8免許を 一年未満で取得して日本一「消防設備教習所」を設立する大きな夢がありました。

 

 消防設備士全類8免許を一年未満で取得する「大きな夢があれば人生は怖」くありません。  消防設備士全類8免許を 一年未満で取得する希望があれば勇気が湧き、誰でも活発に活動できます。

 

 消防設備士講師2名は、消防設備士全類8免許を一年未満で取得する夢希望があたので、誰も経験した事のない免許取得に恐れがなく、希望があったので勇気が湧き「頑張ろう!」と頑張り取得できました。

17 全類8免許は、90%の超合格率で1年未満で取得できる免許

 誰しも消防設備士免許は、一回の試験で取得したいものです。 消防設備士免許を取得する要件として大切なことは2つあります。

 

  一つ目は、消防設備士免許を短期間で取得できることです。   例えば甲種1類から乙種7類の7免許を7ケ月で取得できる免許、消防設備士1免許を30日で取得できる免許とか、消防設備士全類8免許が1年未満で簡単に取得できる免許です。

 

 2つ目は、消防設備士免許を取得するに当たり合格率です。例えば甲種特類、甲種1類から乙種7類の8免許の取得が超高合格率の90%以上の合格率で取得できることです。 

 

  防設備士免許を短期間で取得できることは、勉強時間がすくなく効率的に勉強する結果とて現れます。    消防設備士1免許取得に2年10回受験すると人生の時間の無駄になり、ストレスも多くたまります。

 

 例えば甲種1類から乙種7類の7免許を7ケ月で取得できれば、当然合格率も90%の超高合格率となり、勤務先でも仕事に対して信頼されます。 

 

   消防設備士全類8免許取得している社員であれば8人の給料や厚生年金等を支払わなくてよく、給料も1.8倍ですみ会社としてメリット大きな人材です。

 

 消防設備士全類8免許取得の社員であれば、建築士や電気工事士との打ち合わせ回数が少なくて仕事の効率も上がり、1社員で8消防設備について全体を管理でき手間がはぶけます。 

 

 建築士や電気工事士は、新現場の仕事での打ち合わせも一人でよく、仕事のスピードも早く、全体の仕事管理もしてくれるので効率よく仕事ができる人材なので新しい仕事をくれます。 

 

 会社としては、有能な人材なので社長から大事にされ給料も上がり生活も豊かになり、役職も上がり、人望も集まりたのしく人生が過ごせるようになります。

 

 

市販の参考書は、免許が取れないので国家試験の根幹の消防設備士免許制度まで変えた

 

日本一早く消防設備士免許が取得できる
6 市販の参考書は、最低合格点を60点から40点に下げて合格

   消防設備士免許の難易度の内容は、中学2年生から高校1年生で勉強する内容です。  市販の参   考書がキチット作成してあれば1免許30日で、7ヶ月で7免許が取得できてしまう簡単でやさしい免許です。  

 

消防設備士免許は簡単に7ヶ月で7免許取れる免許
全類日本最速取得者 (甲種特類の全類を348日)                 甲種1〜甲種5、乙種6、乙種7の7免許を7ケ月で取得      消防設備士免許全類を364日で取得                    1免許取得45日で取得
ユキズミ.jpg 幸逸.jpg

 

 市販の参考書は、内容が粗悪なため国家試験の根幹の最低合格点の60点がなかなか取れない参考書です。    中学2年生から高校1年生で勉強する内容 の試験が最低合格点の60点が取得できない参考書は粗悪な参考書としか言いようがありません。   当然、、社会に必要な消防設備士の数がたりなくなり大きな社会問題に発展します。 

 

 総務省消防庁長官は、消防設備士数の人員がたりなければ、国会で国会議員に消防設備士の増員の責任を求められます。   そのため、国家試験の根幹消防設備士免許制度を大幅に変更防設備士免許の最低合格点60点40点にさげて合格にしました。  

 

 総務省消防庁は、消防設備士の増員をはかるため、国家試験の根幹の最低合格点60点を崩してしかたなく最低合格点を40点に下げて合格にしたのです。

  

 市販の参考書のできが普通であれば消防設備士筆記試験3科目は、消防法60点、電気・機械60点、規格構造60点180点以上鑑定と製図試験は60点以上であれば合格となり楽に免許が取れます。 

 

 最合格点は、本来60点でなければならないところを40点にさげて合格率を上げようとしましたが、それでも市販の参考書が非常に品質や出来が良くない合格率は上がりません。  

 

  合格しやすく配点を下げても、それでも甲種6免許の合格率は 19.9%、甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.1%と超低合格率です。   最低合格点を60点としたなら消防設備士免許の合格率は10%をきる超難しい国家試験になってしまいます。

  

  甲種6免許のうち、特に甲種1類超低合格率の14.7%の合格率で非常に品質や出来が良くない参考書としか言いようがありません。  最低合格点を合格しやすく配点を下げても、市販の参考書の品質や出来が非常に良くない消防設備士の免許はなかなか取れません。

 

 

7 消防設備士試験回数を大幅に増やして、消防設備士の増員

  消防設備士免許と電気工事士免許を比較すると、電気工事士の市販の参考 は、非常に良いため、合格率は72%年1回しか試験は実施されていません。   

 

 消防設備士の市販の参考書は、非常に良くないため甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.1%と超低合格率です。   市販の参考書の品質や出来が良くないため消防設備士免許が取れず増員できません。  

 

 総務省消防庁は、消防設備士の増員をはかるために試験回数を1回でなく試験回数を大幅に増やして消防設備士の確保をはかろうとしました。

 

 全都道府県の消防設備士試験回数は、平成27年度の甲種6免許は、680回乙種7免許は790回合計1470回に試験回数を増やし消防設備士の増員をはかつています。

  

 各都道府県の消防設備士試験回数は、東京都の35回青森県は6回北海道、岩手県、山形県、長野県は4回宮城県、秋田県、広島県、福岡県、京都、奈良、富山県、新潟県は3回実施していますがそれでも消防設備士数はたりません。   

 

8 消防設備士の大幅増員できないので消防設備士点検資格者で対応

 

 

 総務省消防庁は、消防設備士試験回数を大幅に増やしても消防設備士の絶対数が足らない状況が50年間も続いている状況です。   

 

  

 消防設備点検は、半年に1回、年2回実施しなければなりません。  建築物は、毎年増加して、消防設備の点検は累積的に増加します。

  

 点検のできる消防用設備は、免状に記載されている種類の点検だけなので7種類の消防設備士数のまったく足りない現況です。  

 

 市販の参考書の品質や出来が良くないため消防設備士の絶対数の数がたりないため総務省消防庁長官は、国家資格でない第1種消防設備士点検資格者第2種消防設備士点検資格者の臨時的な点検資格を制定しました。  

 

 受験資格もおだやかでたったの3日間の講習会を受講すれば誰でも取れる資格です。 

 

 第1種消防設備士点検資格者は、1類、2類、3類、6類の消火設備すべての点検ができます。

  

 第2種消防設備士点検資格者は、警報設備の4類、5類、7種類のすべて点検ができる講習会です。

  

 

 講習会では、出題される箇所を教えチェックさせ、国家試験でないので本を見て回答を書かせ、誰でも合格できる資格です。

  

 

 総務省消防庁長官は、 市販の参考書の品質や出来が非常に良くないので、消防設備士免許が取れないので、しかたなく消防設備士点検資格者の資格制度を制定して対応をはかったのです。 

  

 

 超低合格率の品質や出来が非常に良くない市販の参考書が消防設備士点検資格者の資格を制定させ、消防設備免許制度どの変更させたのです。

 

 

9 低レベル40点合格の消防設備士の再講習が5年が2年に変更

 

 

一般にどんな免許でも取得すれば、最初の再講習は、免許取得後の5年で行われます。 

  

 本来国家資格の合格点は、60点以上が合格です。 市販の参考書が内容が良くない免許がとれず、本来の60点合格点40点下げ、しかたなく合格としたのです。   

 

 

 

  このため命にかかわる消防設備士業務に支障でると大変なことになります。   本来免許の取れない程度の低い消防設備士を5年間も世の中に野放しにしておいたら大変ことになると考えたのです。

  

 最初の免許取得後の2年目に再講習すれば何とかなると考え、2年目に再講習を実施することにしたのです。  

  

 その後は、5年目、5年目と再講習を実施しています。  市販の参考書が良くないため消防設備士の絶対数が足りなくなり、消防設備士免許の再講習受講年数まで変更することとなったのです。   

 

10 超低合格率の参考書でも、毎年6億円の特大ベストセラー

     消防設備士 許取得制度が昭和40年から始まり50年たち、年間10万人の消防設備士受験者が受験しております。  

 

 

 自動車の免許を取得するには自動車教習所へいき免許を取得するのが常識です。

 

  消防設備士免許を取得する教習所は全国には今までないので、10万人99.99%の消防設備士受験者は市販の参考書を購入して独学で勉強するしかありません。  

  

 甲種消防設備士甲種特類〜甲種5類の6免許の合格率は、19.9%です。 

 

 甲種消防設備士及び乙種消防設備士の13消防設備士免許の合計平均合格率は27.1%で30%を切っています。    

 

 合格率が30%をきる国家試験資格は、一般的に参考書が良くないと言われており、消防設備士の免許はなかなか合格できません。

 

 一般的に参考書が良くないと言われている結果が、受験勉強が試験まで間に合わないので 2万人の受験者が試験会場に行って受験しておりません。 

 

    この2万人の消防設備士受験者が受験を辞退して受験しないことが市販の参考書が非常に悪いことは明らかです。

 

10万人の消防設備士受験者は、市販の参考書を悪くても購入するしかありません。  

 

 消防設備士受験者一人平均2冊五千円の本を購入すると五億円の大きい市場になります。     消防設備士免許制度が昭和40年から始まり、5億円の超特大ベストセラーが50年間も続いているのです。

 

  出版社は、毎年、毎年、消防設備士試験に合格しようが、不合格になろうか、受験勉強が間にあわなくても関係なく合格するために5億の参考 を黙っていても消防設備士受験者は必ず購入します。 

 

  消防設備士教習所がないから10万人の消防設備士受験者は市販の参考書で勉強する方法しかないから必ず購入してくれます。 

 

 合格率が超低合格率の市販の参考書でも50年間も毎年、毎年、売れ続ける参考書はありません。 

 

 どんな消防設備士の参考書でも書けば売れるので『消防設備士免許取得教育センター』に7出版社から参考書の作成依頼がありました。    ある出版社では、甲種4類の参考書を10種類だしています。

 

 参考書は、必ず購入してくれる競争原理は働かない五億円の非常に大きな売り手市場なので、超低合格率で、2万人の消防設備士受験辞退者が発生している参考書の受験勉強から脱却の時代だと思います。

 

 消防設備士1免許を『消防設備士免許取得教育センター』の講習会で簡単に90%合格率で講習会費三万五千円超高速の30日で取得できます。 

 

  2冊五千円の市販参考書で1免許取得するのには、甲種6免許の合格率19.9%ですので、5回受験で1免許取得するに2年半かかります。   

 

 また、1免許取得するには、五千円の市販参考書代金5回の受験料金二万五千円5回の交通費2年5ヶ月間にわたる長期の受験勉強時間2年半のストレスがかかります。  

 

  料金的には、『消防設備士免許取得教育センター』の講習会費より多額の料金がかかります。   三万五千円2年半という長時間を買えるのなら安いお買い物です。     『人生 という時間を無駄にしたくありません』   

18  市販の参考書受験は、全類8免許1年未満の取得は無理!!

   毎年、全国で10万人の消防設備士試験受験生は、消防設備士免許取得にあたり99.99%の受験生は市販されている参考書で勉強するしかありません。

 

 消防設備士試験の合格率は、電気工事士試験の合格率は72%合格率ですが、甲種消防設備士の6免許の合格率は19.9%と非常に低く、乙種消防設備士7免許は27.%と低い合格率となっています。 特に甲種1類は、14.7%と超低合格率です。

 

 消防設備士の99.99%のほとんどの受験者は、独学で市販の参考書を購入して受験勉強をしております。  参考書では過去問題がないため出題傾向教本の内容が分かりずらく受験勉強が受験に間に合いません。

 

 平成24年度の一般財団法人消防試験研究センターの統計の甲種乙種の受験者の合計を分析すると約10万人(10,1413人)が受験申請し、実際に試験会場に行った82,260人が受験し、約2万人(19,153人)が受験放棄しています。 

 

 一般に国家試験で合格率が30%をきる資格は参考書が悪いと言われています。 全国の99.999%の受験者は、市販されている参考書で勉強しています。

  

  2万人の受験申請者は、参考書の内容が非常に良くいから受験しても合格できないと自ら判断して5人に1人が試験会場に行っていません。 

 

 受験前から市販の参考書に勉強していてもも何が書いてあるか解らない、内容が分かりずら い市販の参考書では不合格となるのは当然であります。  非常に悪い市販の参考書で勉強しても合格はほとんど無理です。

 

  建物は毎日建てられるので、消防設備の仕事は毎年増加し、半年たてば消防設備の点検することになり、消防設備士の数がたりない状況が発生します。 

  

  消防設備士の数が毎年たりないと社会問題となり、消防庁長官は国会で対応を求められます。

 

 どの国家試験の最低合格点は、どの国家試験でも最低60点以上です。  消防設備士の筆記試験は、消防法60点、電気・機械60点、規格・構造60点の3科目のですが180点以上が合格になります。

  

  あまりにも、合格率が悪いたの、直接命にかかわってくる設備なのに、しかたなく消防庁長官は最低合格ラインを40点として40点、40点、100点の180点配点としたのです。 

 

 消防設備試験制度がはじまって過去50年たちますが市販の参考書が悪いから合格基準を下げても市販の参考書で勉強する限り合格はほとんど無理です。

 

 日本消防コンサルティング鰍ヘ、このような現状ふまえ 『消防設備士免許取得講習センター』を設立して一消防設備士免許が30日で取得できる消防設備士講習会や通信講座を開設しました。

  

  最近の『消防設備士免許取得講習センター』の69歳の受講生は、甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許が8ヶ月で100%の合格率で取得し、消防設備士全類8免許を350日で取得しています。 

 

68才からの消防設備士全類8免許を1年未満取得の合格への軌跡!!

1 甲種4類 平成26年4月15日合格  2甲種2類 平成26年5月 9日合格 3 甲種1類 平成26年9月1日合格
オズ免許写真.jpg オズ免許写真002.jpg オズ免許写真003.jpg
4 甲種3類 平成26年9月 5日合格 5 甲種5類 平成26年11月25日合格 6 乙種7類 平成26年12月17日合格
オズ免許写真003.jpg オズ甲種五類免許.jpg 7免許オズ.jpg
7 乙種6類平成26年12月17日合格 8 甲種特類平成27年 3月30日合格

  69歳の男性 全類8免許349日で取得 

 7免許オズ.jpg

8免許.jpg

1 甲4類 平成26年4月15日合格

 2甲2類 平成26年5月 9日合格

3甲1類 平成26年9月1日合格

4甲種3類 平成26年9月 5日合格

5甲5類 平成26年11月17日合

6乙6類平成26年12月17日合格

7乙6類平成26年12月17日合各

8甲種特類平成27年3月30日合格

 

 

19 合格率90%で全類8免許を1年未満で取得できる良い教本

  消防設備士免許を取得しやすい配点としても市販の参考書は消防設備士試験に対応できない内容の粗悪な参考書のため、合格率は消防設備士試験制度55年間にわたり超低合格の状況が続いております。  

 

 例えば、良い消防設備士試験の参考書であれば、68歳の男性でも甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許が8ヶ月で100%の合格率で取得できてしまう参考書のことです。   

  

 甲種特類を含め全類8免許が1年未満で90%の合格率で取得できてしまう参考書のことです。 

 

 市販されている消防設備受験の参考書で勉強している受験生は、一般財団法人消防試験研究センターの消防設備士試験の合格率に記載されている合格率となります。 

  

20%の合格率とは最低5回受験しなければ当然合格できません。 

 

 全国で市販されている参考書で10万人の消防設備士合格率は、間違いない事実です。  当然、消防設備受験者の平均合格率ですので最低5回の不合格は当たり前です。  7回不合格、10回不合格になったりする受験者もおります。  

 

 『消防設備士免許取得講習センター』の消防設備講習会や消防設備通信講座の受講生は、甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許が8ヶ月で取得できたり、 甲種特類を含め全類8免許が1年未満で取得できます。

 

 消防設備士試験を10回不合格になると5万円の受験料金と交通費がかかります。 

  

  そのことを考えたら受験勉強の短縮と受験費用の軽減できる『消防設備士免許取得講習センター』の消防設備講習会や消防設備通信講座を受講された方がより良い選択です。  

  

  健康面や資格の取得により役職・給料等の大きなメリットがあります。 受験勉強は短期間で終了したいものですね。  消防設備講習会や消防設備通信講座は、消防設備士免許取得の短時間で人生の時間を買うことになります。

 

  去問題が公開されないため消防設備士消防法、電気・機械、規格・構造の3筆記試験の最低合格ラインを40点として、40点、40点、100点の180点の配点でも合格としました。 

  

 過去問題を公開している電気工事士の72%の高合格率と比較すると甲種消防設備士の6免許の合格 率は19.9%と非常に低く、乙種消防設備士7免許は27.%と低く、消防設備士の試験は非常に難しい資格となっています。

 

甲種3類の免許を簡単に30日で合格したい受験者はこちらへ

 

1日講習会で乙種6類の免許を10日で合格したい受験者はこちらへ

 

20 10万人の消防設備士合格率の上げ底合格率の実態

 消防設備士試験の合格率の実態を皆さんはご存知でしょうか?  消防設備士試験申請者で合格者を割ると合格率でます。

  

 一般財団法人消防試験研究センターの消防設備士試験の合格率は、受験料金を支払い受験申請した受験申請者なく、実際に受験会場にきて受験した数で合格者を割り、合格率をだしています。  

 

 この様に上げ底合格率は、甲種1類なら19.4%と5人で1人合格、甲種2類なら34.7%と3人に1人の合格となります。 

  

  消防試験研究センターの合格率を見ると簡単に消防設備士免許が取得できると思ってしまいます。   誰でも簡単に消防設備士免許が取得できる思い受験勉強をします。  

 

 消防設備士試験の参考書の内容は、昔から教本の内容が分かりずらくため消防設備士免許がなかなか取得できません。  昔は、消防設備士試験も電気工事士の試験の過去問題は公開されず電気工事士の試験の方が難しい試験でした。  

 

  現在の電気工事士の試験は、過去問題が公開され、問題の大半は基本的知識に関するもので、技能試験は事前に公表されおり資格取得するための試験となり合格率は72%と非常に高くなっています。 

  

 消防設備士の試験は、現在は過去問題が公開されないため合格率が低く、電気工事士の過去問題が公開されたため合格率が逆転してしまいました。

 

 消防設備士試験は、過去問題が公開されないため消防設備士3筆記試験の最低合格ラインは、40点として40点、40点、100点の180点の配点でも合格としました。  

  

電気工事士の72%の高合格率と比較すると甲種消防設備士の6免許の合格率は19.9%と非常に低く、乙種消防設備士7免許は27.%と低く、消防設備士の試験は非常に難しい資格となってしまいました。

 

21 わかりずらい市販の参考書で受験は、2万人が試験に合わない

消防設備士の99.99%のほとんどの受験者は、独学で市販の参考書を購入して受験勉強をしてみると参考書では過去問題がないため出題傾向と教本の内容が分かりずらく受験勉強が受験に間に合いません。 

  

 非常に驚いたことに、年間10万人の2割の消防設備士受験者2万人が消防設備士試験に間に合わず試験会場に行かず消防設備士試験を辞退しております。 

 

 この異常な2万人の受験辞退者の原因は、消防設備士試験に出題された事のない想定問題や予想問題の市販の参考書で独学の受験勉強が原因の一つです。 

  

 電気工事士の合格率は、過去問題が公開されているので72%の高合格率です。  

  

 消防設備士試験は、過去問題が公開されていないのでないので甲種消防設備士の6免許は19.9%と異常に低く、乙種消防設備士7免許は、27.%と非常に低い現状です。

 

 まだ、そのほかに受験申請すらおよばない消防設備士受験者が多数おります。 消防設備士試験の受験状況は、年間10万人の消防設備士受験申請者が毎年おります。    

  

 消防設備士受験者2万人が消防設備士試験に間に合わず試験会場に行かず消防設備士試験を辞退しています。    全体の合格者27,546人で不合格者は73,867人の73%の受験者が不合格になっているのです。

 

  もう一つの大きな原因は、消防設備について全く業務にかかわっていない人や消防設備業務かかわっていても上司、先輩が消防設備について説明・指導ができないので甲種消防設備士は8割の不合格者なっています。

  

 また、消防設備業務についていない素人の受験者は、スプリンクラー設備、二酸化炭素消火設備、粉末消火設備等は見たことがなく全く歯が立ちません。 

  

 特に甲種1類の屋内消火栓、スプリンクラー設備の合格率は、14.7% と1番低い低合格率です。 

 

 馴染みのない甲種3類の二酸化炭素消火設備、粉末消火設備やハロン消火設備の合格率は19.2%と非常に低い合格率となっています。

 

 この現況を見れば独学で消防設備士免許を取得するのは誰が考えても常識的に無理です。   

  

 自動車免許取得のように自動車教習所に行かなければとれないのが常識のように消防設備士講習会や消防設備士通信講座を受講しなければ消防設備士免許は取得できません。

 

『消防設備士免許取得講習センター』全類8免許を取得しても自動車免許取得を取得するには30万円かかります。 消防設備士免許8免許取得するには27万円かかりますが安いものだと思います。  27万円で人生か買えるのですか安いものだと思いませんか!

 

22 消防設備全類8免許の消防設備試験講習会用資機材
すすすす.jpg ややややや.jpg
ややややや.jpg 甲種2類.jpg
ガス三類.jpg 6消火器.jpg

  『消防設備士免許取得教育センター』の過去問題中心に作成されたテキストで勉強したから短期間の合格につながりました。     

  

 目標の全類8免許まであとの2免許、一つは乙種6類は合格発表を待つだけです。   

  

  あと一つは、スーパー設備士の甲種特類の受験勉強を平成27年2月8日までの3ヶ月間勉強して受験を待つだけです。

 

 甲種特類の試験は、消防関係法令、構造・機能、火災及び防火関する知識の3科目です。甲種1類〜甲種5類の免許を取得したばかりですのですので、消防関係法令、構造・機能の2科目は勉強は終了しています。

  

  あとの1科目の火災及び防火関する知識を重点的に勉強すれば良いだけです。 講師と同じように全類8免許を1年未満で取得できると思います。

 

 『消防設備士免許取得教育センター』の講習会・通信講座を受講すれば消防設備士全類8免許を1年未満で取得できると確信できたので8免許の講習料金27万円を一括で支払いしました。    

  

 消防設備免許を全類取得できるんだいう気持ちが 講習料金を一括で支払いしました。  車の免許を取得するのに30万円かかります。 27万円で人生を買えるから若い人は頑張ってください!!

 

 現在の消防設備士免許の取得状況は、 1 甲種4類平成26年4月15日合格  2 甲種2類  平成26年5月9日合格  3 甲種1類  平成26年9月1日合格  4 甲種3類  平成26年9月 5日合格  5 甲種5類  平成26年10月20日合格  6 乙種7類  平成26年10月24日に合格し、6免許を7ヶ月の短時間で取得しました。  

 

 また、7 乙種6類の消防設備士免許を平成26年10月10日受験して結果待ちです。  

 

  あと受験はあと1免許となり、甲種特類のスーパー設備士の免許は、平成27年2月 8日に挑戦します。全類8免許を68歳の受講生が1年未満で取得する予定です。

 

23 消防設備免許は取得しやすい資格

   全国の99.9%の独学で市販の参考書で勉強している消防設備士受験生は、何回も何回も、何年も何年も受験してやっと消防設備士免許を取得しています。  

 

  消防設備士試験問題は、ほとんど出題された事のない予想問題や想定問題で勉強しています。    

 

  電気工事士の試験の72%の合格率は、過去問題が公開されたため平成18年から高合格率となり昔と違い取得しやすい国家資格になったのです。 

 

 逆に消防設備士試は、今でも過去問題が公開されないため、消防設備士試験は10万人の受験者で27%の合格率で甲種特類は13.1%、甲種1類14.7%、甲種3類は19.2%、甲種5類は21.7%、甲種4類は22.2%、甲種2類は28.7%で甲種6免許の平均合格率は19.9%と非常に難しい国家資格です。

 

 これらの消防設備士合格率の実態を正確に把握しどうしたら短時間で合格するにはどうしたらよいか誰でも考えます。 30〜45日で1免許を効率よく短期間で取得できるか考えます。 

 

 その方法は、消防設備士8免許全類を取得した講師の行っている消防設備士講習会や消防設備士通信講座を受講することが1番早い消防設備士免許の取得方法です。

 

 消防設備士1免許が30〜45日で取得できる消防設備士講習会や消防設備士通信講座がありますか? あります    

 

 消防設備士8免許全類を一年未満で取得した講師がおりますか?   おります。  実務について消防設備の機材を見たり触ったりできますか? できます。 

 

 消防設備士の過去問題の研究されているのですか? 研究されています。 どこの消防設備士講習会や消防設備士通信講座ですか? 『消防設備士免許取得講習センター』です。 

 

 『消防設備士免許取得講習センター』で防設備士講習会や消防設備士通信講座を受講すれば超スピードで短期間で高合格率の90%の全類13消防設備士免許が取得できる唯一の免許取得機関です。 

 

全類日本最速取得者 (甲種特類の全類を348日)                 甲種1〜甲種5、乙種6、乙種7の7免許を7ケ月で取得      消防設備士免許全類を364日で取得                    1免許取得45日で取得
ユキズミ.jpg 幸逸.jpg

 

 

24 高校生の消防設備士全類8免許を1年未満取得の特待生無料募集

高校生.jpg    『消防設備士免許取得教育センター』がはじめて沖縄との関わりを持ったのは2年前です。    

 

  ジェット機で台風の中、沖縄から50代の男性が『消防設備士免許取得教育センター』に消防設備士の免許取得講習会にきた時のことです。  

 

 この男性は、沖縄て゛はアメリカ軍基地に就職することがスティタスだという話を聞きました。  消防設備士の資格を取得すると アメリカ軍基地に就職できるということでした。

 

 最近、平成27年1月9日付の新聞に沖縄県の沖縄工業高校化学科の高校生3年生の大城光裕君長嶺雅人君の2名が消防設備士7免許(甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類、) を全国2例目として紹介されていました。 

 

 残念ながら全類8免許の甲種特類は3年間で取得できませんでした。   

 

 沖縄工業高校では、消防設備士の資格を取得したい希望者を対象に教師が講習を開き、生徒たちは試験の3週間ほど前から早朝や放課後に1日4時間程度、受験勉強勉強してきたという。

 

 また、大城君と長嶺君は通常の授業以外に毎日朝1時間、放課後3、4時間、さらに土日も試験対策に取り組んとのことでした。    

 

 長嶺君は「毎日家でも2〜3時間勉強した。    今後は資格の知識だけではなく技術も身に付けられる人になりたい」と希望に満ちた夢を語っていました。

 

 沖縄の県立高校は、消防設備士資格取得に 沖縄県立宮古工業高校も消防設備士の資格を取得することに力をいれております。 

 

 また、沖縄県立宮古工業高校が消防設備士試験の試験会場でもある関係しております。 

 

  沖縄県立宮古工業高校の6人の生徒が合格して3年生洲鎌純也君(自動車科)は県内の高校生では4年ぶり2人目となる甲種第4類の資格を取得した。

 

  生徒らは「夏休み返上で勉強して良かった」と笑顔を見せ、豊川校長も「努力の成果が出た」と喜んだとの記事がありました。   


 この試験の甲種特類、甲種1〜5類、乙類が1から7類まで。特に第4類が最も難関といわれ4類は今年、全国で受験者150人、合格者は24人。県内では2人が合格したが、高校生は洲鎌君だけだった。  

 

 将来の選択肢を広げるため、今後も消防設備士など難関の試験に挑戦する生徒が多い。 指導に当たった濱元誠喜教諭はうれしそう。     

 

 洲鎌君は「とても難しかったが、頑張って勉強したかいがあった」と話した。

 

  これらの関係する記事を読むと高校生が消防設備士の資格を取得することが大変で指導する先生も大変だと思いました。  

 

 『消防設備士免許取得教育センター』のプロ講師が指導すればもっと短期間で7免許でなく全類8免許を取得できたのにとと思いました。  

 

 また、『消防設備士免許取得教育センター』は、どこかの高校で、新聞に『快挙 高校生 全国初の消防設備士全類8免許取得 〇〇 〇〇君』と記事を載せたいと思いました。     

 

  高校生で消防設備士全類8免許取得は現在、日本国内で誰もおりませんからバカになれる消防設備士講師です。

 

 最近、テレビで久米宏が日本人はバカになれない。    日本人は常識的な事をする人が97%と多くバカになれないそうで、アメリカ人は多く30%くらいいるそうです。     

 

  一般的に常識的でないことをするバカ言われる人、バカになれる日本人は3%しかいないそうです。 

 

 この話を聞き私もバカになれる要素のあると67年間の中でいろいろな事柄を思い出しました。   

 

 例えば消防設備士講師として平成16年6月に甲種特類の免許が初めてでき平成17年10月26日に364日で当時日本最速で全類8免許を取得した挑戦もその一つだと思いました。       

 

  記録は、長男に348日に2年後に抜かれてしまいました。 今は、消防設備士全類の8免許を1年以内で取得すことが常識の時代となっています。

 

 消防設備士は、段階世代の人員が退職して非常に少なくなり、消防設備士の数が全国的に足りない状況が発生しております。  

 

 消防設備士の免許を全類取得すればどこの消防設備メーカーでも面接だけで就職できます。

 

  長男が勉強のため某消防設備メーカーへ手伝いに行ったら、免許を見て正社員になれとすぐ言われ正社員になり5年半勤務しました。      

 

  50階の高層ビルの自動火災報知設備R型の工事を3年位でできるようになりました。

 

 全国的に消防設備士の数が足りないので消防設備士全類8免許取得することにより優秀な高校生は、消防設備メーカー等の正社員となり将来は幹部として活躍できると思います。     

 

   消防設備士の免許を取得して将来の安定した生活ができるよう『消防設備士免許取得教育センター』社会貢献として工業・電気高校生を特待生に選び無料で消防設備士全類8免許取得の支援します。  

 

 一般社会人の方にも短期に消防設備士免許取得するために毎月3回から4回講習会をとうしてご支援いたしております。

1日講習会で乙種6類の免許を10日で合格したい受験者はこちらへ
▲このページのトップに戻る