固定スペース
消防設備士甲種4類 消防設備士教習所

甲種四類講習会教習所.jpg

 

 

甲種4類免許が17日〜30日で取得できる講習
消防設備士講習会及び消防設備士通信講座の開催

 

  当社の消防防設備士教習所は、免許制度が始まり53年の半世紀たちますが、全国で1ヶ所しかない消防設備士免許13免許(甲種特類、甲種1類、甲種2 類、甲種3類、甲種4類、種5類、乙種1類、乙種2類、乙種3類、乙種4類、乙種5類乙種6類、乙種7類)の13免許が全て取得できる消防設備士講習会通信講を実施しており、 甲種4類の免許が「17日〜30日」の短期間で取得できる消防設備士教習所です。  

 

 当社の「消防設備士教習所」は2日間の講習を受講すると、甲種4類の1免許がてったの17日〜30日で取得できます。

 

   消防設備士13免許の合格率は、90%〜100%の超高合格率で取得でき国内最大級消防設備士教習所」 消防設備士通信講座」12年間の実績があるので安心して甲種4類の受講して簡単に免許をし取得ください。                                                            

088.jpg

 消防設備士

   代表講師   

山 幸 逸

 

 

 

  この講習会を受講すると甲種4類の1免許1発合格の合格率90%〜100%で、取得期間はたったの12日〜30日の短い期間で取得できますので受講してみませんか。 

 

消防設備士13免許の消防設備士教習会場

  消防設備士講習会の講習会場は、千葉市土気商工会館2階会議室の40名程度6名程度入室できる2室を使用して講習会講習会を実施しています。  

千葉A.bmp

 講習会写真.jpg

 

消防設備士講習会の詳細案内はこちら

 

総務省事務次官・消防庁長官と勤務した講師の経歴

  消防防設備士教習所の講習会の講師は、長年の消防行政にたずさわってきた知識と経験を生かし、自治省消防庁予防課時代に岡本 保氏 現 自治体国際化協会理事長(元総務省事務次官、消防庁長官、)  小林 恭一氏 現 東京理科大学教授総務省消防庁 初代国民防災保護部長、消防庁予防課長)次郎丸誠男氏 現 危険物保安技術協会特別顧問(元総務省消防庁審議官・消防研究所所長・危険物保安技術協会理事長、消防設備専門官)3名に御指導を受けた経験を生かし、消防設備士育成のための消防設備士教習所」を設立しました

 

 岡本 保 

 日本の行政官

 自治体国際化協会理事長 

 総務事務次官

 総務省消防庁長官

 自治行政局長

 小林 恭一  

東京理科大学教授 

建設省建築指導係長

総務省消防庁予防課長 

総務省消防庁国民防災保護部長

危険物保安技術協会理事

  次郎丸 誠男

危険物保安技術協会特別顧問  

総務省消防庁予防課長

消防庁審議官

消防庁消防研究所長

危険物保安技術協会理事長

  

岡本保.jpg 小林恭一.jpg 次郎丸.jpg

 今まで7種類の消防設備士免許が平成16年6月に甲種特類の免許が新しく制定され、7種類の免許が8免許なりました。    

 

 当社の消防設備士教習所の2名の講師は、日本で初めて消防設備士全類8免許を1年未満で取得した実績と指導力のある講師です。  また、「消防設備士講習会」は、必ず毎月4免許〜8免許の講習会を実施しているので、いつでも消防設備士講習会を受講できます。

 消 防 設 備 士  講 習 会 の 日 程  案 内  

 消防設備士講習会・通信講座の受講方法や免許取得方法について、どのような内容でもお気軽に 090-4613-3479へ遠慮なくお問合わせください。

 

消防設備士講習会の詳細案内はこちら

 

 

  

  

 

令和2年度 後期消防設備士講習会 予定日

回数 類 別 講 習 会 開 催 年 月 日 受 験 地 ・ 試 験 日 空席有無

18

甲種4類講習

乙種4類講習

令和 2年 11月7日(土)8日(日)

  残3席

19

甲種3類講習

乙種3類講習

令和 2年 11月21(土)22日(日)

  残3席

 20

甲種2類講習

乙種2類講習

令和 2年 11月22日(日)23日(祭)

 

残4 席

 21

 甲種1類講習

乙種1類講習

 令和 2年 12月 5日(土)6日(日)

 

   満席

 22

 甲種4類講習

乙種4類講習

 令和 2年12月19日(土)20日(日)

  残2席

 

 ※ 講習会受講にあたり、受講票を配布しないため、本人確認のため運転免許書や写真付きの身分証を受付で持参してください

 

 

 

消防設備士講習会の申し込みはこちら

令和2年度 後期消防設備士講習会 予定日

回数 類 別 講 習 会 開 催 年 月 日 受 験 地 ・ 試 験 日 空席有無

23

甲種1類講習

乙種1類講習

令和  3年  1月  16 日(土) 17日(日)

 

空席有 

 24

甲種4類講習

乙種4類講習

令和  3年  1月  30 日(土)  31日(日)

   空席有

25

乙種6類講習

令和  3年 2月  13 日(土)   日(日)

   空席有

26

甲種1類講習

乙種1類講習

令和 3年 2月  27日(土)  28日(日)

  空席有

 27

甲種4類講習

乙種4類講習

令和 3年  3月 13 日   14日(日)

 

空席有

 

 ※ 講習会受講にあたり、受講票を配布しないため、本人確認のため運転免許書や写真付きの身分証を受付で持参してください

 

 

 

消防設備士講習会の申し込みはこちら

講習会場・講習内容・時間・案内図・講習料金

 

2  

消 防 設 備 士 講 習 会 場

※1 千葉市土気商工会館2階会議室 

  千葉市緑区あすみが丘1―4 5ー3 土気駅より7分 

講習会お問い合わせ電話 電話043-309-8791   携帯090-4613-3479  

 

定  員  消防設備士試験消防設備士講習は、35名程度(定員になりしだい締め切りとさせていただきます。)                                                    

 

 講習は、消防設備士講習会と消防設備士通信講座があります。 どうしても遠方の地方の方は通信講座を受講されます。 

※ 通信講座を受講され休日が取れたので消防設備士講習会を受講されても料金は通信講座で支払い済みですので無料です。 ※ 最後まで面倒みます!!

 

講習時間 

 土曜日 8時30分受付開始  時00分〜11時30分(講習会)  11時30分〜12時30分(食事)  12時30分から17時(講習会) 甲種消防設備士及び乙種1類〜乙種5類(2日間)  乙種6類、7類(1日) 

 日曜日  9時00分〜15時30分(講習終了)  ※県外の北海道、九州、四国、沖縄から受講生が飛行機で帰宅するため。

 

消防設備士講習会の講師

 日本最速 で全類消防設備士8資格を1年未満で取得した実績のあるカリスマ消防設備士講師 3名の消防設備士講師全国の消防設備士受験生短期間で自信を持って合格させています。

  食事は、 千葉市土気商工会館近くにガスト、とんかつ屋、ラーメン屋、和食、寿司屋等があります。  12時30分からの昼食は、食堂街の混雑を回避するためです。 自分昼食を持参して会場で食事できます。

   消防設備士講習会で消防設備・機器類に触れることができその場で鑑定の勉強30分で 製図が理論的 に書けるようになり機器の構造が無理なくおぼえられるのが特徴です。
 

 消防設備士講習会のテキストは、消防法、電気・機械、規格省令・構造、鑑・製図、練習問題、解答集の6分冊になっております。   教本が各教科ごとになっているので、市販の参考書とことなり頭の中が整理され覚えやすくなっています。   試験に出る重要ポイントだけに絞っているのでびっくりするほど薄いので(2cm)勉強のテンションが上がります。 

 別に市販消防設備士講習の教本を買っていただく必要はまったくありません。

   消防設備士講習会前に勉強したい方は、事前に講習料金を支払えば教本を送付します。わからない所があれば携帯で直接聞けます。
 消防設備士講習会場は※公共交通機関をご利用ください。(土気駅から徒歩7分

土気.jpg 遠方の方から消防設備士講習会に来られる方は、土気駅直近(1分)ビジネスホテルがございます。宿泊をご希望される方は事前に予約してください。

   土気ス―ションホテル  

 043-294-9111   料金  シングル6,500円 ツイン11,400円 

 

消防設備士講習会及び通信講座の申込はこちら

 

 

講    習    会    場     案    内   図

講習会場.jpg

 

消 防 設 備 士 講 習 会 料 金

消防設備士講習会の種類 講習会料金 消防設備士通信講習会の種類 消防設備名
消防設備士甲種特類講習 49,000円 消防設備士甲種特類講習 特殊消防設備
消防設備士甲種1類講習 38,000円 消防設備士甲種1類講習 屋内消火、スプリンクラー設備等
消防設備士甲種2類講習 38,000円 消防設備士甲種2類講習 泡消火設備
消防設備士甲種3類講習 38,000円 消防設備士甲種3類講習 不活性ガス、粉末消火設備等
消防設備士甲種4類講習 38,000円 消防設備士甲種4類講習 自動火災報知設備等
消防設備士甲種5類講習 38,000円 消防設備士甲種5類講習 救助袋、緩降機
消防設備士乙種1類講習 29,500円 消防設備士乙種1類講習 屋内消消火、スプリンクラー設備、
消防設備士乙種2類講習 29,500円 消防設備士乙種2類講習 泡消火設備
消防設備士乙種3類講習 29,500円 消防設備士乙種3類講習

不活性ガス、粉末消火設備

消防設備士乙種4類講習 29,500円 消防設備士乙種4類講習 自動火災報知設備等
消防設備士乙種5類講習 29,500円 消防設備士乙種5類講習 救助袋、緩降機
消防設備士乙種6類講習 29,500円 消防設備士乙種6類講習 消火器
消防設備士乙種7類講習 29,500円 消防設備士乙種7類講習 漏電火災警報器

 

消防設備士講習会及び通信講座の申込はこちら

 

消防設備士 甲種4

全国人気と実力1位の講師が教える講習会

 防設備士特類の免許ができ消防設備士全類8免許日本で最初に一番早く、短期間で取得した経験実績及び受験情報を持っている免許取得に精通した講師に教えてもらうのが一番です。 

  

 消防設備8種類すべて消防資機材を手に取り目で見て実際に配線・配管するので簡単に製図が書け、構造を覚えることができ「中学生・高校生でも見て、聞いてわかりやすく」初めて免許をしようとする方でも簡単に取得できます。  

 

 

  初めて「消防設備士免許を取得」しょうとする場合、試験に対す知識、試験内容、程度、難易さ、受験資格、合格率等に知識がない方はご相談(090-4613-3479 宇山)お待ちしています。 

  

 消防設備士免許取得相談はこちら!

 初めて消防設備士受験する方 

◆ 消防設備士免許が急に必要になっ方   

◆ 1免許12日〜30日で取得したい方

    

  

全類8免許を日本最速取得の講師が教え講習会

 消防設備士甲種特類の免許が平成16年6月にでき、当社の「消防設備士教習所」の講師は、現役消防職員時代の15年前の「平成17年10月25日」に日本で最初に消防設備士全類8免許を1年未満の日本一最速スピードの364日で取得し、指導力と実績ある消防設備士講師になりました。

 

日本最速全類8免許取得のスーパー消防設備士講師

 16年前の甲種特類の免許ができ7免許が8免許になった。

日本で最初に全類8免許を年未満(364日)で取得した消防設備士

 

免許の種別

 

交付年月日

コウイツ免許.jpg 1 甲種4類 H16.10.26
2 乙種7類 H17.01.28
3 甲種1類 H17.02.28
4 乙種6類 H17.03.03
5 甲種2類 H17.07.07
6 甲種5類 H17.08.05
7 甲種3類 H17.10.13
8 甲種特類 H17.10.25

  

 当社のもう一名の「消防設備士教習所」の講師は、13年前に「7免許を7ヶ月(1免許1ヶ月)」で取得し、消防設備士全類8免許日本一最速スピード348日で取得し、指導力と実績ある消防設備士講師です。 

 

この様に消防設備士免許を短期間で取得した経験実績及び受験情報を持っている免許取得に精通した講師に教えてもらうのが一番です。

 

日本最速全類8免許取得のスーパー消防設備士講師

 12年前消防設備士全類(8免許)日本最速取得者(取得期間348日

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間7ヶ月)

 

免許の種別

 

交付年月日

宇山免許.jpg 1 甲種2類 H19.10.25
2 甲種4類 H19.11.14
3 甲種1類 H19.11.22
4 甲種5類 H20.03.06
5 甲種3類 H20.04.16
6 乙種6類 H20.05.26
7 乙種7類 H20.06.03
8 甲種特類 H20.10.08

 

 消防設備13免許の消防資機材を手に取り目で見て実際に配線・配管するので簡単に製図が書け、構造を覚えることができ「中学生でも見て、聞いてわかりやすい」講習会の講習を受講できます。 

 

     当社の教習所の教本は、当社独自良質な消防設備士13免許の教本と全ての消防設備資機材が用意され、資機材を見て触りながら講習を受講することが出来るので「初学者」でも短期間で免許が取得できます。      

消防設備士講習会の申し込みはこちら

 

 

 消防設備士教習所受講生の免許取得状況

 当社の消設備士教習所の受講生は、消防設備士全類8免許を1年未満の短期間で取得し、合格率は90%〜100%の合格率で取得した実感を次のように話しています。                                                                                                                        

  

 日本の国家資格試験の中一番やさしく、一番短期間で取得できる免許です。  受講者全員が消防設備士1免許を12日〜30日で取得し、合格率90%〜100%取得してみると、一番やさしい取得しやすいほとんどの人が知らない」簡単に取得しやすい「穴場の免許」です。

  

 消防設備士試験の内容の消防法は、1類〜7類まで毎回同じ出題箇所なので中学生程度の内容です。

 

 電気は、中学2年生でなう内容、機械は、高校一年生でならう内容のレベルです。  製図は高校1年生程度の内容なので、高校生でも取得できるレベルの低い免許です。   

 

高校生.jpg

   平成27年1月9日付の新聞に沖縄県の沖縄工業高校化学科の高校生3年生の大城光裕君と長嶺雅人君の2名が消防設備士7免許を取得しています。 

 

◆ 令和の消防設備士の最高齢者免許取得者 

 

  令和になり、68歳の老人が甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許を117日1免許を16.5 で取得しています。

 

 1免許が16.7日、16.7日、16.7日、16.7、16.7日、16.7日、16.7日の7回連続で取得した事になり、誰でも合格率100%取得日数から納得できます。

 

 この取得した実物の「消防設備士免許写真」を見れば、誰でも合格率100%だと納得します

 

 68歳の私は、令和元年と元号が変わり、6月に一大決心しました。 令和元年10月9日7免許を117日 (1免許が16.7日×7回)の短期間で取得しました。

 

 更に甲種特類の免許全類8免許を225日7ヶ月半の日本一最速取で取得しました。  この消防設備士教習所で若い受講生の皆さん免許を取得して消防設備士業界を牽引してください!!

  消防設備士全類8免許7ヶ月半(消防設備士8全類(225日)

消防設備士甲種1類〜甲種5類、乙6、乙7の7免許117日(1免許16.7日)

 免許の種別

 交付年月日

 サトウ.bmp 1 乙種6類 R01.06.14
2 甲種4類 R01.06.21

3 甲3種類

R01.07.30
4 乙種7類 R01.08.02
5 甲種5類 R01.09.02
6 甲種1類 R01.10.01
7 甲種2類 R01.10.09
8 甲種特類 R02.01.29

 

 何も知らない私が短期間で免許が取得できたのは、この講習会で実物の消防設備を目で見て、触れることにより一瞬で記憶できたからです。 

 

 また、消防設備士全類免許を日本一最速のスピードで取得した実績、経験及び受験情報を持っている消防設備士講師に指導を受講したことです。

 

国家資格最高齢合格者調査の消防設備士認定

 例えば、国家資格試験の2018年12月18日に実施された「国家資格最高齢合格者調査」では、6年前の消防設備士全類8免許を349日で取得された小津善久(69歳)さんは、「消防設備士部門の高齢者(最年長者)」大記録保持者として認定されいます。

 

最高齢.bmp

   消防設備士(全類8免許)<参考情報>
消防設備士受験準備合格セミナー

 消防設備士は理系資格の中では最近人気が上昇してきており、電気工事士に迫るほどの勢いを見せています。
ビルメン系資格の求人数調査:電気工事士と消防設備士が強い! 

 

 それぞれの消防設備ごとに特類、1類〜7類まで「8つ」に細分化されており各類の設備を取り扱うにはそれぞれの種類の試験に合格しなければなりません。
 

(参考)消防設備士免状の種類

なお、各類の合格率は30%前後なので、一つ一つが決して簡単な試験ではない事を付け加えておきます。

そして、この方は何と1年未満で8つ全類取得されたとの事。

 

 おそらく各類での最高齢は、それぞれ別にいらっしゃると思いますが、69歳で全類8免許を349日の1年未満で取得された方はこの方以外にはいないと思われます。

 

 69歳の私は、6年前に消防設備士1免許を2日間の講習を受講して、7免許を8ヶ月で取得(1免許34日×7回)し全類8免許を349日で取得しました。    

 2018年12月18日付の「国家資格最高齢合格調査」の消防設備士部門で69歳の私が認定されるほど、日本全国で最高の消防設備士講習所の講習会です。 

消防設備士全類(8免許)取得期間当時日本第2位(取得期間349日

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間8ケ月)

 

免許の種別

 

交付年月日

8免許.jpg 1 甲種4類 H26.04.15
2 甲種2類 H26.05.09
3 甲種1類 H26.09.01
4 甲種3類 H26.09.05
5 甲種5類 H26.11.25
6 乙種6類 H26.12.17
7 乙種7類 H26.12.17
8 甲種特類 H27.03.30

  

 消防設備士の講習会受講生の消防設備士免許の取得状況の全てを見たい方は、こちらをクリックしてください。

  

 

日本全国女性消防設備士最速スピード取得者!

 

 日本一最速女性全類8免許取得記録としては、平成29年8月4日に甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許を10ヶ月、全類8免許を351日の一年未満で取得した最初の女性消防設備士です。 全国女性消防設備士及び女性消防職員でもこういう方はおりません。

  消防設備につてなにも知らない文系女子の23歳の私は、消防設備士全類8免許が1年以内に取得できる『日本一最速の講習会』の言葉を信じて受講してみました。   実際に消防設備にさわったり、配線や配管を実際におこない目でみて覚えてしまい全類8免許を1年未満で取得しました。

 甲種1類〜甲種5免許、乙種6、乙種7免許を10ヶ月で取得 

  消防設備士全類(8免許)取得期間351日で取得

免許の種別

 交付年月日

千木良舞.jpg 1 甲種4類 H28.08.23
2 甲種2類 H29.02.20
3 甲種5類 H29.03.29
4 甲種1類 H29.04.17
5 甲種3類 H29.05.15
6 乙種6類 H29.06.22
7 乙種7類 H29.07.19
8 甲種特類

H29.8.04

 

何も知らない文系女子の講習会受講しての感想

・何といっても消防設備の実物を目で見て、触れられること。 何故その造りをしているのかを理論的に解説してくださるので覚えやすい。 


合格に最低限必要な知識を全範囲に渡ってたった二日間で教えてくださる。仕事をしながらでも平気

 

 講習もわかりやすいので、しっかり話を聞いておけば

その後の自習で充分合格できる。 

 

 ・甲種38,000円かかり、一時的に見れば決して安い金額ではないが、長いスパンで考えれば資格の取得で充分ペイできるどころか収入はプラスであるし、短期間の取得による周りからの評価も合わせれば安すぎる くらいだと思う。  

相談ごとには親身になってアドバイスしてくださるし、必要があればマンツーマンで教えてくださるので頼りっきりです。 

 

・わからないことがあっても、電話ひとつで教えてもらえる。  ・講習中の雑談も、聞いていて面白い。 

 

・とにかく手厚い。同じ類の講習を複数回受けても、出題された最新の試験問題をその度配ってくださるので全く同じ講習はない。教科書の改訂も多いので、信頼できる。 

国家資格最高齢合格者調査の消防設備士認定

 例えば、国家資格試験の2018年12月18日に実施された「国家資格最高齢合格者調査」では、6年前の消防設備士全類8免許を349日で取得された小津善久(69歳)さんは、「消防設備士部門の高齢者(最年長者)」大記録保持者として認定されいます。

 

最高齢.bmp

   消防設備士(全類8免許)<参考情報>
消防設備士受験準備合格セミナー

 消防設備士は理系資格の中では最近人気が上昇してきており、電気工事士に迫るほどの勢いを見せています。
ビルメン系資格の求人数調査:電気工事士と消防設備士が強い! 

 

 それぞれの消防設備ごとに特類、1類〜7類まで「8つ」に細分化されており各類の設備を取り扱うにはそれぞれの種類の試験に合格しなければなりません。
 

(参考)消防設備士免状の種類

なお、各類の合格率は30%前後なので、一つ一つが決して簡単な試験ではない事を付け加えておきます。

そして、この方は何と1年未満で8つ全類取得されたとの事。

 

 おそらく各類での最高齢は、それぞれ別にいらっしゃると思いますが、69歳で全類8免許を349日の1年未満で取得された方はこの方以外にはいないと思われます。

 

 69歳の私は、6年前に消防設備士1免許を2日間の講習を受講して、7免許を8ヶ月で取得(1免許34日×7回)し全類8免許を349日で取得しました。    

 2018年12月18日付の「国家資格最高齢合格調査」の消防設備士部門で69歳の私が認定されるほど、日本全国で最高の消防設備士講習所の講習会です。 

消防設備士全類(8免許)取得期間当時日本第2位(取得期間349日

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間8ケ月)

 

免許の種別

 

交付年月日

8免許.jpg 1 甲種4類 H26.04.15
2 甲種2類 H26.05.09
3 甲種1類 H26.09.01
4 甲種3類 H26.09.05
5 甲種5類 H26.11.25
6 乙種6類 H26.12.17
7 乙種7類 H26.12.17
8 甲種特類 H27.03.30

  

 消防設備士の講習会受講生の消防設備士免許の取得状況の全てを見たい方は、こちらをクリックしてください。

  

 

日本全国女性消防設備士最速スピード取得者!

 

 日本一最速女性全類8免許取得記録としては、平成29年8月4日に甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許を10ヶ月、全類8免許を351日の一年未満で取得した最初の女性消防設備士です。 全国女性消防設備士及び女性消防職員でもこういう方はおりません。

  消防設備につてなにも知らない文系女子の23歳の私は、消防設備士全類8免許が1年以内に取得できる『日本一最速の講習会』の言葉を信じて受講してみました。   実際に消防設備にさわったり、配線や配管を実際におこない目でみて覚えてしまい全類8免許を1年未満で取得しました。

 甲種1類〜甲種5免許、乙種6、乙種7免許を10ヶ月で取得 

  消防設備士全類(8免許)取得期間351日で取得

免許の種別

 交付年月日

千木良舞.jpg 1 甲種4類 H28.08.23
2 甲種2類 H29.02.20
3 甲種5類 H29.03.29
4 甲種1類 H29.04.17
5 甲種3類 H29.05.15
6 乙種6類 H29.06.22
7 乙種7類 H29.07.19
8 甲種特類

H29.8.04

 

何も知らない文系女子の講習会受講しての感想

・何といっても消防設備の実物を目で見て、触れられること。 何故その造りをしているのかを理論的に解説してくださるので覚えやすい。 


合格に最低限必要な知識を全範囲に渡ってたった二日間で教えてくださる。仕事をしながらでも平気

 

 講習もわかりやすいので、しっかり話を聞いておけば

その後の自習で充分合格できる。 

 

 ・甲種38,000円かかり、一時的に見れば決して安い金額ではないが、長いスパンで考えれば資格の取得で充分ペイできるどころか収入はプラスであるし、短期間の取得による周りからの評価も合わせれば安すぎる くらいだと思う。  

相談ごとには親身になってアドバイスしてくださるし、必要があればマンツーマンで教えてくださるので頼りっきりです。 

 

・わからないことがあっても、電話ひとつで教えてもらえる。  ・講習中の雑談も、聞いていて面白い。 

 

・とにかく手厚い。同じ類の講習を複数回受けても、出題された最新の試験問題をその度配ってくださるので全く同じ講習はない。教科書の改訂も多いので、信頼できる。 

 

 市販の消防設備士参考書の内容は、最悪内容のため、勉強しても受験日まで受験勉強が間に合いません。  過去8年間の受験放棄者が膨大・大量の175,065人発生しており、高い受験料金を支払っても受験しません。    高い受験料金を支払って、これだけの大量の受験者が試験放棄する市販の参考書の内容は、読んでも解らず、意味不明の内容のため、受験日に試験会場行き受験しないのは参考書できが悪いためです。    受験者が合格できないのは、受験者が頭が悪いのでなく、参考書のできが悪いから合格できないのです。

 当社の消防設備士教習所の講習を受講すると、ネットに掲載してあるように簡単に短期間で1免許が12日から30日で取得で、合格率90%〜100%で取得できます。

  

昭和40年から免許制度が始まり、53年の半世紀すぎ消防設備教習所がなかったため消防設備士免許を取得するには、市販の参考書を購入して独学で勉強して取得するしかありまんでしてした。

教本.jpg

 

消防設備士市販の参考書での免許取得の実態

消防試験研究センター統計(平成29年度)実際の合格率   

 

313129.jpg

  甲種6免許の市販の参考書の合格率は、23.5%ですとおおむね4人一人の合格者です。 社会一般に合格率30%を切る国家資格試験は、市販の参考書の内容が悪いと言われいます。

  

 この様に甲種6免許の合格率は、23.5%、消防設備士13免許の合格率は、27.2%と合格率30%をきっており、市販の参考書の内容が非常に悪いとが明らかです。 

 

 当社の講習を受講すれば合格率90%〜100%で取得できる消防設備士免許が取得できます。 市販の参考書で独学で勉強する受験者の皆さんが合格できないのは、頭が悪いためではなく市販の参考書の内容が非常に悪いため合格できないだけです。

 

 市販の参考書の内容できが非常に悪いため記載内容が意味不明で内容が理解できません。 当然、受験日まで2ヶ月〜3ヶ月勉強しますが受験勉強が間に合いません。

 

 受験日の当日、自分の事なので受験しても不合格になるのはハッキリと分かるので受験しないで受験料金を支払っていますが受験放棄します。

 

 合格できない理由は、市販の消防設備士参考書で勉強しても、何が書いてあるか意味が分からず、理解できない内容だかです。 これでは当然100%不合格になりますので受験放棄として現れます。

 

 平成23年〜平成30年間の過去8年間の一般財団法人消防試験センターの統計に受験放棄者の莫大な大量の175,065人が受験放棄としてハッキリと数値として記載されています。 

    平成30年度22,936人(22.1%)

    平成29年度24,501人(22.5%)

    平成2年度23,947人(22.2%)

    平成27年度22,956人(21.3%)

    平成26年度21,114人(20.3%)

    平成25年度20,541人(20.2%)

    平成24年度19,153人(1.9%)

    平成23年度19,94人(19.4%)

 

 毎年、毎年、毎年、高額な受験料金を支払つて試験日当日に受験しなかった人は、過去8年間で驚くほどの大量の175,065人が受験放棄する最悪の最悪のできの良くない参考書です。

 

 なぜ、大量の175,065人いう受験者が高い受験料金支払い受験しないのですか?  受験しない理由として、175,065人が試験日の当日に用事ができて、当日に病気なったという事は絶対に考えられません。

 

 

平成30.jpg

 一般財団法人消防試験研究センター統計(平成29年度)

  29年度の合格者.jpg

   平成29年度の一般財団法人消防試験研究センター統計をよく見ると108,920高い受験料金を支払い受験申請して受験しています。   

  

当然、消防設備士教習所がないためしかたなく市販の参考書を購入します。 受験申請するにあたり受験者の皆さんは、3ヶ月前位に市販の参考書を購入して受験勉強を始め合格できるよう準備をします。

  

 消防設備士試験当日に108,920人の受験申請者は、実際に試験会場に行き受験した人は、84,419人しか受験しておりません。   

 

 驚くことに高い受験料金を支払い試験日当日に受験しなかった人は、108,920人−84,419人=24,501人(22.5%)の人が受験勉強が間に合わず、試験日当日に試験会場に行かず受験しなかったのです。

 

 平成29年度に高い受験料金を支払い24,501人(22.5%)という膨大な受験受験者が市販の消防設備士参考書を読んで意味が解らず、理解できない参考書のため受験日まで一生懸命勉強しても間に合いません。

 

 この様な市販の消防設備士参考書を勉強しても絶対絶対一回の受験で合格できません。  平成16月6月に甲種特類の免許ができ7免許が8免許にふえました。

 

 私は、16年前、消防設備士全類免許を1年未満で取得し、日本最速で消防設備士免許取得者になろうと考えました。 市販のできの最悪の参考書で受験しましたが歯も手も立ちませんでした。

 

 今は15年前、病気で閉鎖されてしまいましたが消防設備士全類免許の講習会を実施している消防設備士教習所に行き全類免許を日本一最速の364日で取得しました。

  

 この様に昭和40年から半世紀の53年間も実施している独学の市販の参考書では膨大に受験放棄者のでる市販の参考書では絶対免許を取得するのは無理です。

 

一般財団法人消防試験研究センターの平成23年〜平成30年までの過去8年間の統計をみると高い受験料金支払い、試験日当日試験会場に行かず受験放棄しています。

 

 市販の参考書を購入し受験勉強をしますが、受験勉強が間に合わずしかたなく受験放棄しています。 過去8年間の受験放棄者は驚く事に膨大な大量の175,065人が受験放棄しているのです。

 

 受験放棄の大きな理由は、市販の消防設備士参考書を読んでも内容が判らないとか、なにが書いてあるか意味が解らないとか最悪の参考書だからです。

 

 この様に、消防試験研究センターの統計に記載されている過去8年間の受験放棄者175,065人が読んでも意味がわからない最悪の参考書です。  受験生は、自分の事なので合格できない事ハッキリと判りますので、受験しても合格できないのは当然なので受験放棄しています。

 

 受験生は、試験会場までの高い交通費昼食代金、長時間という無駄な時間を使用して、3ヶ月という無駄な勉強時間を使用した言う「いら立ち」の気持ちを持ちながら、過去8年間17万5千人大量の受験者が受験放棄しています。

 

 昭和40年から消防免許制度はじまり、54年間の半世紀にわたり大量受験放棄者をだし、大量受験者に無駄な受験勉強無駄な膨大の時間を使わせ、無駄な膨大な何百億円という大金を使用させている最悪の参考書です。 

 

 過去8年間の消防設備士受験放棄者の数値を見ても明らかです。 もう、消防設備士免許を市販参考書で取得する時代は終了しました。  消防設備士免許は、当社の消防設備士教習所で消防設備士免許を取得する時代です。

 

例えば、具体的に平成29年度市販の参考書の受験者は、参考書の内容が最悪で受験勉強が間に合わず、最初から24,501人(22.5%)が受験していません。 受験者は、3ヶ月前から受験勉強し、1ヶ月前に高い受験料金を支払い受験日を待ちます。

 

 万4千5百1人の受験放棄者(108,920−84,419=24,501)を除いて上げ底合格率をだしております。  一般財団法人消防試験研究センターは、正しい合格率29,733(合格者)÷108,920(申請者)25.5%(合格率) です。

 

 

虚偽の合格率は(29,73384,419(試験会場に来て受験者)32.4%(上げ底合格率)をだしています。   毎年、万3千人の受験放棄者 の9,945万円の約一億円の受験料金がドブに捨てられています。

 

 ※ 万4千5百1人の受験放棄者最大の原因、市販の消防設備士の参考書が非常に内容が良くないため、消防設備士試験に間に合わないません。  

 

 10万8千人の超低合格率の最大の原因は 市販の参考書の内容が非常に良くないため甲種6免許の合格率は20.6%甲種1は、1万6千人と受験者の2番目に多く、合格率は2番目に低く、16.9%です。 そのため全体で24,501人という受験放棄者がでております。

  

 平成29年度の大量の24,501人(22.5%)の受験者は、市販の参考書の内容が理解できず高い受験料金を支払い受験しても自分の事なので不合格になることは分かるので、交通費と1日無駄になるので最初から受験しないのです。

  

 市販の参考書の内容が非常に最悪のため受験放棄者24,501人(22.5%)の受験料金1億5百万円がドブに捨てられています。

   

 出版社は、合格できないどんな参考書でも売れるので笑いが止まらないほど儲かります。  当社に7社から出版依頼が来ています。  合格できないほど出版社は儲かり合格できない市販の消防設備士参考書ほど良い参考書です。

  

 平成29年度の統計には108,920人が受験し、受験者は受験するにあたり最低でも市販の参考書を2冊以上購入します。 1冊3,000円で2冊で6,000円かかります。

 

 108,920人×6,000円=653,520、000円

合格しなくても6億5千3百52万ボロ儲けです。 消防設備士教習所がないため市販の参考書は、108,920人の99.999%の受験者は、市販の参考書で受験しなければなりません。

 

 当社の消防設備士教習所の講習を受講すれば合格率90%〜100%で取得でき、簡単に1免許12日〜30日で取得できます。  

 

 読んでも内容が判らないため平成29年度の受験放棄者は24,501人(22.5%)という受験放棄者として数値がでています。

 

 昭和40年から免許制度が始まり54年間の半世紀にわたり最悪の参考書が続いています。 この様に詐欺に近い参考書で消防設備士免許を取得していると消防設備士の数が社会的に足りなくなります。

 

 この事から国家資格試験に関わらず、共通筆記試験3科目で最低合格点が40点でも合格とさせる出来の悪い内容参考書です。 40点、40点、100点の10点でも合格にしたのです。

 

 国家資格試験で最低合格点が40点でも合格な国家資格試験は消防設備士試験だけです。 どんな法令でも5年たてば改正され、5年に一度

必ず国家資格の再講習が実施されます。

 

 消防設備士免許は、免許を取得して2年目で再講習が行われ、その後5年ごとに再講習が実施されます。  なぜ免許取得して2年目で再講習を行うのは変だと試験センターに質問しました。

 

 消防設備士の数が足りないため、社会的問題になるので最低合格点を40点しました。  本来合格者でない人を合格にしているので、こんなバカを世の中に5年間も野放しにして置いたら大変なことになる。

 

 最初から2年目で実務を実施させれば何とかなると考え、2年目で再講習を実施させる様にして消防設備士不足の対応したのですとの回答でした。  

 

 本来は、60点以上でなければ合格者でないのです。 これは、市販の参考書の内容があまりにもひどく出来が悪いため40点、40点、100点でも合格者にし、国家資格試験の合格基準点の最低合格点を下げさせる内容の最悪の参考書です。

消防設備士教習所の消防設備士講師の実績と経

 

 

当社の消防設備士教習所での超高合格率

   当社の消防設備士教習所での消防設備士免許の合格率は、教習生が取得した実物の消防設備士免許をみればわかります。

 

 消防設備士教習所での1免許が簡単に短期間で取得できます。例えば、甲種5免許を12日、12日、12日、12日、12日と5回連続して60日で取得したら合格率100%です。

 

 また、7免許を100日取得したなら14日連続で7免許を取得したことになります。 当社の消防設備士教習所での消防設備士1免許取得は、12日〜30日の短時間で簡単に取得できてしまう国家資格の中で1番やさしい国家資格です。

  

 消防設備士甲種1類〜甲種5類の甲種5免許を60日で取得」し、 甲種1類〜乙種7類の7免許が100日で取得しました。

消防設備士全類(8免許)取得期間日本第1位(取得期間219

甲種特類、甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(100日)

 

免許の種別

 

交付年月日

斎最速免許.jpg 1 甲種1類 H28.05.18
2 甲種2類 H28.05.18
3 甲種4類 H28.06.21
4 甲種5類 H28.07.11
5 甲種3類 H28.07.19
6 乙種6類 H28.08.31
7 乙種7類 H28.08.31

  この様な実物の消防設備士免許をみれば誰も信じません。

 

市販の参考書での独学による実際の合格率

  消防設備士免許制度が昭和40年から始まり、53年の半世紀たちますが、消防設備士教習所がないため市販の参考書により独学で勉強して取得する方法しかありません。

 

 53年間の長年にわたり消防設備士教習所がないのは、平成29年度の合格者数は、13免許で29,733人で、1免許当たり非常に少ない2,27人しか合格しておりません。

 

 自動車教習所は、全国で1,300ヶ所の教習所があり、1免許取得に教習費30万円かかります。 年間140万人が自動車免許を取得しているので自動車教習所は成り立ちます。

 

 消防設備士教習所は、13免許で29,733人合格者で、1免許当たり2,27人合格者で、1免許3万円の費用で各県1教習所を設けても免許取得者が少ないため企業として成り立ちません。  

 

 昭和40年から消防設備士免許制度が始まり53年間の半世紀たつが消防設備士教習所がないのです。  そのため消防設備士免許を取得する方法は、市販の消防設備士参考書を購入して独学で取得する方法しかありません。

  

 社会一般に合格率30%きる国家資格は、市販の参考書のできが非常に悪いと言われいます。  平成29年度の一般財団法人消防設備試験研究センターの99.999%受験者は、市販の参考書で独学で勉強した合格率です。

  

 一般財団法人消防験研究センター  平成29年度合格率 

313129.jpg

 平成29年度の合格率は、【甲種6免許の合格率は、23.5%、甲種及び乙種13免許の平均合格率は27.2%と超抵合格率です。 30%を切る市販の参考書は、非常に悪い内容でなかなか消防設備士免許が取得できません。

 

 

 市販の消防設備士参考書の記載内容は、読んでもなにが記載されいてる内容がわからない参考書

  平成29年度の一般財団法人消防験研究センター統計を見るとよくわかりますが、受験料金を支払って108,920人 が受験申請者しています。 高い受験料金を支払った受験者は、市販の参考書のできが非常悪いため受験勉強が間に合いません。  

  

 受験勉強が間に合わないのは、受験生が頭が悪いのではなく、市販の参考書の記載内容が何を記載してるか読んでも全くわからない内容なので受験勉強が間に合わないだけです。

  

平成29年度の消防設備士受験辞退者数の統計

29年度の合格者.jpg

 この統計を見ると受験申請者(受験者)は、108,920人が受験しております。  受験勉強が間に合ったか、間に合わなかったかわからないが、84,419人試験会場に行き実際に受験しています。

  

 108,920人受験申請者(受験者)のうち、受験辞退者は、自分のことなので受験しても不合格になるのが判るので試験会場に行かず受験しません。

   

 一般財団法人消防試験研究センターの統計によると108,920人84,419人=24,501人(22.5%)の大量の想像つかない受験者が、最悪のできの市販の参考書のため受験を辞退しています。

  

 平成29年度は、24,501人(22.5%)の受験料金を支払い受験辞退しています。 過去7年度の受験辞退者の統計を見ると、平成29年度は24,501人(22.5%)、平成28年度は23,943人(22.1%)、平成27年度は22,956人(21.3%)、平成26年度は21,114人(20.3%)、平成25年度は20,514人(20.3%)、平成24年度は19,153人(1.9%)、23年度は19,948人(19.4%)膨大な受験辞退者が発生しおります。

  

 平成29年度から過去7年間消防設備士試験辞退者合計は、152,129人が辞退しております。 一年間の平均辞退者数は、毎年21,745人が受験していません。

 

 毎年21,745人が消防設備士試験が間に合わず受験料金を支払い受験しないほどの出来の最悪の参考書です。  平成29年度は、24,501人(22.5%)の2割以上の受験者が頭が悪く受験しないのでなく、参考書の記載内容が最悪で、読んでも何が書いてあるか判らない内容だからです。

 

 当社の消防設備士教習所の受講生の実際に取得した免許をみれば1免許が12日〜30日で90%〜100%の合格率で取得しています。  こんなに短期間で簡単に取得できる免許が市販の参考書で悪いため24,501人(22.5%)の受験しないの最悪の本です。

 

 最初から市販の参考書での独学は、毎年24,501人(22.5%)の2割以上の受験者は、市販の参考書の内容が理解できない最悪のできの悪い参考書のなので、甲種6免許の合格率は、23.5%超抵合格率となっています。

 

 市販の消防設備士参考書は、非常にできが最悪で かならず5人に1人上の受験する前ら24,501人(22.5%)が不合格で必ず空席になっています。 平成29年度の受験辞退者の受験料金だけで1億536万円の大金が、ドブに捨てられている最悪のできの悪い参考書です。

 

 消防設備士免許の取得は、市販の参考書で独学で勉強して取得する時代は、平成16年10月26日で終わりました。 平成16年10月26日から消防設備士教習所で消防設備士全類8免許を取得する時代になりました。

 

 消防設備士教習所で消防設備士免許を取得する時代なった事を証明するため、実際に1年以内取得した消防設備士全類8免許掲載して市販の参考書で消防設備士免許の取得する時代が終了したことを証明しています。

 

 日本最速全類8免許取得のスーパー消防設備士講師

 14年前の甲種特類の免許ができ7免許が8免許になった。

日本で最初に全類8免許を年未満(364日)で取得した消防設備士

 

免許の種別

 

交付年月日

コウイツ免許.jpg 1 甲種4類 H16.10.26
2 乙種7類 H17.01.28
3 甲種1類 H17.02.28
4 乙種6類 H17.03.03
5 甲種2類 H17.07.07
6 甲種5類 H17.08.05
7 甲種3類 H17.10.13
8 甲種特類 H17.10.25

 

 市販の消防設備参考書は、毎年2万千人が受験放棄する最悪の参考書の販売でも、過去53年間わたり毎年6億5千万円の超利益のベストセラーは終わった。

  平成29年度の108,920人の消防設備士受験者は、1免許取るのに市販の参考書を2冊6千円(1冊3千円)で購入します。  超低合格率の参考書でも6億5千万円以上の50年間も続いている超大ベストセラーです。

 

 電気工事士の市販の参考書は非常にできが良く、合格率72%との超高合格率で電気工事士の数がたりるので年2回しか実施されていません。   消防設備士甲種6免許の合格率は 23.5%、甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.5%と超低合格率の免許となっています。   

 

 なぜ、消防設備士の市販の参考書が53年間も6億5千万円以上の超大ベストセラー続くのかという、自動車教習所のような消防設備士教習所かないからです。  消防設備士免許を取得するには、市販の参考書を購入し独学で取得する方法しかないからです。

 

 全国108,920人の99.99%の受験者は、市販の参考書を購入して消防設備士免許を取るしかないのです。  当社の消防設備士教習所で合格率90%〜100%合格率と消防設備士全類8免許が1年未満で取得できる事を知れば 市販の参考書を購入しなくなります。 

 

 平成17年10月25日に消防設備士教習所で消防設備士全類8免許を1年未満で取得することができたの、市販の参考書で消防設備士免許を14年前に取得する時代は終わり、すでに消防設備士教習所で取得する時代なっています。

 

 消防設備士教習所を知れば、市販の参考書を購入しなくなり 年間6億5千万円の参考書の売り上げはすべて減ります。   

 

 どうしても、早急に消防設備士免許を必要な人は、12日〜30日で1免許、100日〜7ヶ月で7免許取得でき、消防設備士全類8免許が1年以内の超スピードで、超高合格率の90%〜100%の合格率の講習会を受講し免許を取得できます。

 

5 市販の参考書は、超抵合格率の市販の消防設備士参考書でも黙って6億5千万円で売れるので合格しなくていい最悪の本

  社会一般に合格率30%をきる国家資格は、教本が悪いとされています。   毎年、10万人の受験者は、しかたなく市販の参考書を購入して消防設備士免許を取る方法しかないのです。  

 

  消防設備士免許は、90%の合格率で簡単に短期間の1ヶ月で1免許取得できる免許です。  甲種6免許の合格率は19.9%で 甲種及び乙種の合計平均合格率は、27.1%の超低合格率の非常に悪い参考書でも黙っても売れるのです。 

  

 10万人の受験者は、1免許取得するのに誰でも市販の参考書を1人平均2冊以上を五千円で購入します。    10万人×五千円=5億円の売り上げになります。   消防設備士の参考書は、黙っていも毎年5億円以上の50年間も売れ続けた超特大ベス トセラーです。 

 

 出版社は、50年間も黙っていて毎年5億円以上売れるので参考書の内容が悪く超低合格率参考書でもいいのです。  出版社は、消防設備受験者が毎年、合格しなくても5億円以上の売れる参考書だから合格しなくてもいいのです。

  

   市販の参考書で勉強する全国10万人の消防設備士受験申請者は、驚くことに2万人の消防設備士受験者が試験会場に行かない状況から消防設備士の参考書が非常に分りにくく、受験勉強が間にあわないことは事実です。  

 

 市販の参考書は、系統立てた記載でなく例えば消防法、構造、電気、製図、鑑定、機械内容が混じりい、あっちに飛んだり、こっちに飛んだり、頭の整理ができない状況となり、勉強していてもなにを勉強しているか分からない参考書になっています。 

 

 勉強していても何が書いているかわからないので覚えられない現状です。 年間10万人の消防設備士受験者のうち、驚くことに、2万人の受験者が毎年、試験会場に行っておらず受験を辞退しています。 

  

 市販の参考書の内容が悪いから受験勉強が間に合わず、受験料金を支払っていても受からないことがわかるので受験しないのです。  毎年、毎年2万人の受験辞退者の受験料金8千3百万円が毎年ドブに捨てられ、もったいないお話です。 

 

 

 当社の『消防設備士教習所』の講習会は免許が短期間で簡単に取れるの

  「消防設備士免許教習所」の2日間の受講すると90%〜100%の合格率で免許を取得し、1免許の取得日数、短期間の12日〜30日で取得できます。

 

 忙しい方や早急に免許の欲しい方は、無理なく2日間の講習会で中学校程度の能力あれば誰でも免許が取れます。  

 

 多数の受講生が全類8免許を超スピードで取得できる理由は、講習会で使用する甲種4類の消防設備士試験に出題される消防設備資機材を直接に「実際に手でさわり目で見て、実際に配線と配管するから目で覚えてしまうからです

 

  『百聞は一見にしかず』の例えのとおり、20歳の受講生は、「私は、何も知らない素人ですが、目で見て一回で覚えた。」とお話しています。   市販の参考書を「100回」も読まなければ覚えられない事が、誰でも目でみれば1回で覚えることができす。  

 

 ものを覚える脳の構造は右脳と左脳」の2つに分かれているそうです。  消防設備士講習会では、右 脳」を使用して覚えます。  そのため、高速で大量に見たまま記憶」できるので100倍もの速さえることができるそうです。 

 

 市販の参考書で勉強する場合は、なかなか「消防設備士の免許取」が取れません。 甲種6免許の平成27年度の「平均合格率は、20.5%」と統計がでており、年2回の試験だと6回受験しなければなりません。

 

 市販の参考書では、甲種消防設備士1免許取得するのに1050日かかってしまいます。  それは脳の『 左 脳 』を使用するからです。  

 

 市販の参考書は、実際に消防設備を見ないで勉強するからです。  覚える速度は「少しずつ理解しながら学習して行く」ため非常に時間がかかり遅く、1免許12日〜30日で取れる免許が1050日もかってしまいます。  

 消防設備を実際に見て、さわって覚える場合、右脳で覚えるので高速で大量のものを簡単に覚える」ことができるからです。   直感的にイメージ(映像)を見たまま高速で簡単に記憶」することができるから「12日〜30日で1免許を取得」することができます。

 

 よく講習会とは、どういうものですかと聞かれます。  あなたがセブンイレブン買い物に行き、「きれいな美人の女店員さんがおれば顔を覚えているでしょう」と聞くと「100人が、1000人が全員が覚えていますと答えます。   「それが講習会です。」と答えると全員が素直に納得します。

 

左脳.jpg

消防設備士全類8免許の講習会はこちら

 

 

 

 甲種4類の消防設備免許が平均3年以上独学で勉強しなければ取得できない理由

 甲種4の消防設備士1免許が、簡単に12〜30日で取得できない理由が4つあります。  

 

 1つ目は、昭和40年から消防設備士免許制度が始まり50年たちます。  全国で自動車免許の教習所は、  1,500あるのに対し消防設備士教習所は全国で1ヶ所です。  そのため50年間も全国10万7千人の99.999%の受験生は、しかたなくなく市販の参考書で独学で受験勉強するかありません。

 

 つ目は、市販の参考書を使用して、脳の『 左 脳 』を使用して勉強するから、 覚える速度は「少しずつ理解しながら学習して行く」ため非常に遅く時間がかかり、1免許12日〜30日で取れる免許が1050日もかってしまいます。

 

つ目は、 社会一般に独学で合格できる国家資格は、60%以上合格率でなければ合格できないと言われています。  また 、社会一般に30%をきる国家試験は市販の参考書が悪いと言われ、合格率21.9%ですので良くありません。  甲種4類の免許は、独学で取得するのは無理です。

 

 4つ目は、 筆記試験の最低合格点を40点にして、40点、40点、100点の180点の合格にしなければ合格できないほど参考書の内容が悪い状況です。 

 

 命にかかわる消防設備士の最低の合格点60点以上にしたら合格率は10%を切りってしまいます。  消防設備士の数が更にたりなくなって大きな社会問題に発展するほど良くない参考書です。  逆に40点、40点、100点の180点だから簡単に合格でききる資格ともいえます。

 

  市販の参考書での独学の合格率は、最低合格点を下げても甲種6免許は20.5%で、甲種4類は21.9%と非常に低い合格率です。  年2回の試験だと6回受験の3年受験しなければ免許は取れません。

 

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成27年度) 実際の合格率

27年合格率.jpg

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成27年度) 上げ底合格率

ニセ等慶統計.jpg

合格率とは、受験料金を支払った消防設備士試験申請者(受験者)で合格者を除した数値が合格率となります。  一般財団法人消防試験研究センターは、実際に試験会場に来て受験した受験者の数で割った誤ったでたらめな合格率をだしています。  約2万3千人の受験放棄者(107,804−84,848=22,956)を除いて上げ底合格率をだしております。 

  一般財団法人消防試験研究センターは、正しい合格率27,516(合格者)÷107,804(申請者)=25.5%(合格率) です。   虚偽の合格率は、27,516(合格者)÷84,848(試験会場に来て受験者)=32.4%(上げ底合格率)をだしています。   毎年、約2万3千人の受験放棄者 の9,945万円の約一億円の受験料金がドブに捨てられています。

 ※ 約2万3千人の受験放棄者の最大の原因は、市販の消防設備士の参考書が非常に内容が良くないため、消防設備士試験に間に合わないません。    10万7千人の超低合格率の最大の原因は 市販の参考書の内容が非常に良くないため甲種6免許の合格率は20.6%、甲種4は、2万5千人と受験者の1番多く、合格率は21.9%です。   そのため約2万3千人という受験放棄者がでております。

  

  甲種4類の1免許取得の経費は、6回以上の受験料金3万円かかります。 6回の交通費は、1回5千円×6回の3万円かかり、合計金額6万円かかつてしまいます。  1免許取得日数は、30日で取得できる免許が3年の1095日かかってしまいます。

  消防設備士講習費3万6千円で人生1050日の貴重な時間を購入できて、1050日をほかの仕事に有効に使用できます。

   

消防設備士全類8免許の講習会はこちら

 

 

  消 防 設 備 士 後 期 講 習 会 の 日 定 ご 案 内  

 

消防設備士講習会・通信講座の受講方法、免許取得方法について、どのような内容でもお気軽に 090-4613-3479へお問合わせください

 

消防設備士甲種4類講習会及び通信講座の申込はこちら
2 日本で一番早く甲種4類消防設備士免許が取れる講習会!!

  全国10万人の受験生の皆さんは、消防設備士教習所の講習会や通信講座 を受講すれば甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許が7ヶ月で、消防設備士全類8免許が348日の1年未満で取得できます。

   

 甲種4類の免許は、当社の2日間の講習会を受講すれば14日〜30日で短時間で1免許取得できます。 

 

 全国の消防設備士受験者は、14日〜30日の短期間で甲種4類の免許を取得してしまいます。 当社の消防設備士講師は、甲種4類の免許を14日〜30日で取得できる指導力と実績があります。 

 

 この指導力と実績があるため、全国から飛行機や新幹線に乗り沖縄、福岡、四国、沖縄、秋田、新潟、福島、北海道等から講習会にきます。

 

 指導力と実績があるかどうか確認は、実際に取得した目に見える消防設備士免許の掲示がなければ、消防設備士講師の実力と指導力の判断できません。  

 

  例えば、消防設備士1免許30日で取得し、7免許を7ヶ月で取得し、消防設備士全類8免許が1年以内で取得した当社の受講生の実際に取得した消防設備士免許が、ネットに掲載されているからら安心して受講できます。  

 

 実績と信頼のある消防設備士講師の指導と講習により、消防設備士7免許を7ヶ月で取得したり、全類8免許が1年以内で取得できます。

 

  消防設備士講師自身が消防設備士免許を取得していても消防設備士受講生に教えることができるかどうか分かりません。

 

 消防設備士受講生が甲種1類〜甲種5類の5免許を60日、1免許12日で取得した実績がなければ全国から講習会に来てくれません。  この様な実績があるから信頼して講習会に来ていただけるのです。

 

最近の『消防設備士受講生』の甲種特類免許の取得実績状況

 

  ※『消防設備士免許取得教育センター』の教本は、小学生の教科書は、国語、算数、社会、理科のように系統立て作製されています。    教本は、消防法、電気・機械、規格・構造、製図・鑑定、問題集の出題される部分のみだから非常に薄く5分冊されています。  消防設備の機器を見たり、触ったり、構造を映像で覚えてしまい、理論で覚えるから簡単に覚えられ免許が短期間で取れます。   

 

『消防設備士免許取得教育センター』の多数の受講生が超高速スピードで複数の消防設備士免許を取得しています。   この様に、 実際に目に見える合格した受講生の取得免許の掲示があるから信頼と実績を確認できます。  また、消防設備士講師の7ヶ月7免許取得と消防設備士全類8免許1年以内に取得した消防設備士免許の掲示があるから安心して講習会や通信講座が受講して甲種4類の免許を簡単に取得しています。   

 

製図が簡単に書ける講習会 

     『消防設備士免許取得教育センター』の講習会は、各種P型1級受信機、P型2級受信機、P型級受信機、非常放送設備、炎感知器、煙感知器、アナログ感知器、発信機、パイロットランプ、非常ベル、携帯用 送受話器を目で見て、映像で覚えるので鑑定試験も楽に対応できます。

 

    実際に発信機、パイロットランプ、非常ベルの配線を実施するから表示線、共通線、応答線、電話線、ベル線、表示灯線の配線の数え方がわかります。  実際に感知器の送り配線を実施するから製図配線もかけるようになり、簡単に製図試験対応ができる講習会です。   

 

  甲種4類講習会用設備 (自火報受信機  非常放送設備) 

018.JPG

 

 

 

3 消防設備士甲種4類の試験は難しい試験なの?

  全国34,672人の消防設備士4類受験生の皆さん、消防設備士試験の筆記試験の内容は、非常に難しい内容の試験なのでしょうか?   消防設備士試験の筆記試験の内容は、電気は中学2年生でならう内容、消防法は中学生でもわかる内容、規格・構造、製図は高校生でもわかる程度です。  全体的に見て非常にやさしい取得しやすい内容の試験です。 

  

  また、消防設備士免許の筆記試験は、消防法 電気・機械 構造・規格の3科目ありますが、1科目最低点数が40点で良く3科目の合計180点あれば合格です。  例えば、40点、40点、100点の180点で合格となり、60点以上の点数の科目から40点の科目に点数を分配でき合格になります。   高校生でも他の国家試験とことなり、60点以上の点数が取れなくても50点、50点、80点の180点でも簡単に合格しています。   

  高校生.jpg

 今年の平成27年1月9日付の新聞に沖縄県の沖縄工業高校化学科の高校生3年生の大城光裕君と長嶺雅人君の2名が消防設備士7免許をを全国2例目として取得した記事が紹介されています。   消防設備士試験問題は、内容的にやさしい中学2年生から高校1年生程度の内容なので簡単に高校生でも在学中に免許を取得しています。

 

   

4 講習会を受講すると、超高速スピードで甲種4類免許が取れるの?

   なぜ 『消防設備士免許取得教育センター』の受講生から楽に、簡単に甲種4類の免許が取れるの?    講習会とはどんなものですかとよく聞かれます。    なぜ、消防設備士免許が簡単に取得できるのかいうと、消防設備全類の消防設備資機材や備品を直接見てさわり講習会が受講できるからです。

 

  消防設備資機材や備品を見て触るので「 百聞は一見にしかずの 例えとおり 映像として簡単に覚え 」てしまいます。   見て触るので構造が簡単にわかるので、楽に簡単に覚えられて消防設備士免許が短期間に取得でます。  

 

  講習会の例え話ととして、セブンイレブンに買い物に行き、綺麗な女店員さんがいれば顔を覚えているでしょう。  消防設備資機材や備品を見て触るので印象が強いから簡単に覚えられると同じですよとのお話をします。

 

  全国10万人の消防設備士受験生の皆さんは、 自動車免許を取得するのには自動車教習所で30万円かけ自動車免許を取得しています。  消防設備士免許を取得するには、今まで消防設備士の教習所はありませんでした。   消防設備士全類8免許を取得するに消防設備士教習所で27万円を支払えば取得して取得できます。  消防設備士免許の取得は『大きなお金、大きな成果、小さな楽な努力』で取得できます。

 

※市販の消防設備士参考書で勉強する時代は、終わったのです。   消防設備士教習所の『消防設備士免許取得教育センター』で消防設備士免許を取得する時代に大きく変りました。

 

 また、 『消防設備士免許取得教育センター』は、消防設備士受験生に消防設備士全類8免許が1年以内の超スピードで、超高合格率の90%の合格率で取得できる時間を販売している会社です。  

 

   なぜこの様に消防設備士甲種4類の免許が簡単に取得できるかというと、25年前から長年の継続した消防設備士講習会と通信講座を実施した講習実績があるからです。   また、消防設備士免許取得教育センターの講習会や通信講座の2名の講師は、消防設備士全類8免許を1年未満で取得した経験と実績 と指導力あるからです。      

市販の参考書で消防設備士免許を取得する時代は、すでに終わった

毎年全国の10万7千人の受験者の99.99%の受験者は、消防設備士教習所がないため昭和40年から50年間市販の参考書を購入して、独学で市販の参考書で勉強するしかありませんでした。  しかたなく、50年間市販の参考書を購入して、独学で勉強したこの結果が10万7千人の受験者の超低合格率です。 

 

(財) 消防試験研究センター統計(平成27年度) 実際の合格率  27年合格率.jpg

 

   一般財団法人 消防試験研究センターの消防設備士合格率の年間統計に記載されているとおり、市販の参考書の合格率は、甲種6免許の合格率は20.6%です。    甲種及び乙種13免許の平均合格率は、25.5%と超低合格率の最大の原因は、参考書のできが良くないので各県年2回の試験で1免許取得するのには、2年半(912日)かかってしまいます。 

 

   社会一般に、国家資格で電気工事士免許のように合格率60%以上の合格率でないと市販の参考書で独学では取得できないと言われています。   また、国家資格で合格率30%をきる試験は、参考書が良くないと言われて言います。   消防設備士1免許が14日〜30日で簡単に取得できる免許が、参考書が悪いから試験勉強が間に合わず、受験料金を支払い10万7千人の受験者の受験者のうち2万3千人の受験者が試練会場に行かず消防試験を辞退しています。   

 

  参考書が良くないから市販の参考書で勉強しても内容が解らないので受験勉強が間にあいません。  2万3千人の消防設備士試験の辞退者は、9千3百万円の高い受験料金を支払って途中で受験勉強あきらめ、受験しない状況が50年間続いています。

 

   甲種6免許の合格率は20%とすると、1免許取得するには、5回以上受験しなければ合格できません。 年2回の試験で1免許取得するには、こんな易しい免許が2年半(912日)かかってしまいます。    この様な超低合格率のヒドイ状況を見て95%〜100%の高合格率で、簡単に14日〜30日で1免許取得し、優秀な消防設備士育成するために消防設備士講習会が開設されました。   

 

  全国10万7千人の受験生の皆さん、『市販の参考書で独学で消防設備士免許取得する時代は、すでに10年前に終わりました。』   10万7千人の受験生の皆さん講習会で12日〜30日で1免許取得する時代です。  こんな易しい免許が2年半(912日)かかるような無だな努力をするのはもう辞めましょう。  らくな努力で短時間で12日〜30日で1免許取得する時代です。

 

日本最速 で全類消防設備士8資格を1年未満で取得した実績と実力と10年以上のキャリアがあるカリスマ消防設備士講師 2名が自信を持って受講生の皆さんを12日〜30日で1免許取得する支援をさせていただきます

 

6 市販の参考書では消防設備士免許がなかなか取れない理由

消防設備免許が昭和40年から始まり50年たちます。  消防設備士免許を取得する全国10万人の消防設備士受験者の99.999%は、自動車教習所のような消防設備士の教習所がないため、50年間も市販の参考書 を購入して独学で免許を取る方法しかありませんでした。   市販の参考書で勉強している全国10万人の99.99%の受験者の合格率は、一般財団法人消防試験研究センターが掲載しているとおりです。  

 

  市販の消防設備士試験の参考書は、非常に品質や出来が悪いため、消防設備士免許が取れない超低合格率のとなっています。  甲種6免許の合格率は 19.9%、特に甲種一類は、14.7%です。    甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.1%と超低合格率の免許となっています。

 

  社会一般に30%をきる国家試験は、市販の参考書が悪いと言われております。  消防設備士免許は、市販の参考書の内容がよくないためなかなか免許が取れません。   当然、消防設備士の人数がたりなくなって大きな社会的問題に発展してしまいました。   

 

一般財団法人消防試験研究セ

合格率とは、受験料金を支払った消防設備士試験申請者(受験者)で合格者を除した数値が合格率となります。  一般財団法人消防試験研究センターは、実際に試験会場に来て受験した受験者の数で割った誤った合格者を合格率としてだしています。 2万人の受験放棄者(101,413−82,260=19,153)を除いて合格率をだしております。 

 

  一般財団法人消防試験研究センターは、正しい合格率27,546(合格者)÷101,413(申請者)27.1%(合格率) です。   虚偽の合格率は、27,546(合格者)÷82,260(試験会場に来て受験者)33.5%(上げ底合格率)をだしています。   毎年、2万人の受験放棄者8千3百万円の受験料金がドブに捨てられています。

 

  ※ 約2万人の受験放棄者最大の原因は、市販の参考書が非常に悪いため消防設備士試験に受験勉強が間に合わないことが1番の大きな原因です。  10万人の超低合格率最大の原因は 市販の参考書が非常に悪いため甲種6免許の合格率は19.9%、特に甲種一類は、14.7%の超低合格率と約2万人の受験放棄者をみても歴然とわかるでしょう。

 

  消防設備士試験は年2回行われ、市販の参考書の悪いことを知らなければ、19.9%合格率では5回以上の2年半、甲種1類は14.7%で7は回以上の3年半も1免許取得するのにかかります。   『消防設備士免許取得教育センター』の講習会は、簡単に1免許30日 で取得7免許7ヶ月で取得でき全類348日で取得できる免許が、なぜ長期間かかるのでしょうか。  市販の参考書の内容が低く、非常に悪いから免許が取得できないのです。

 

7 市販の参考書は、黙って5億円売れるので合格しなくていいのです

 社会一般に合格率30%をきる国家資は、教本が悪いとされています。   毎年、10万人の受験者は、しかたなく市販の参考書を購入して消防設備士免許を取る方法しかないのです。  消防設備士免許は、90%の合格率簡単に短期間の1ヶ月で1免許取得できる免許です。  甲種6免許の合格率は19.9%で 甲種及び乙種合計平均合格率は、27.1%の超低合格率の非常に悪い参考書でも黙っても売れるのです。 

 

  10万人の受験者は、1免許取得するのに誰でも市販の参考書を1人平均2冊以上を五千円で購入します。    10万人×五千円=5億円の売り上げになります。   消防設備士の参考書は、黙っていも毎年5億円以上の50年間も売れ続けた超特大ベス トセラーです。  

 

  出版社は、50年間も黙っていて毎年5億円以上売れるので参考書の内容が悪く超低合格率参考書でもいいのです。  出版社は、消防設備受験者が毎年、合格しなくても5億円以上の売れる参考書だから合格しなくてもいいのです。

 

 ある出版社は、甲種4類の市販の参考書を7冊ほど出版しています。  最初は、一人最低2冊参考書を購入します。 合格できないので更に5冊も購入するようになります。  出版社は、合格しない方が、笑いが止まらないほど購入してくれます。   出版社としては、超低合格率の参考書ほうが超特大ベス トセラー の素晴らしい良い本なのです。

 

 

    市販の参考書で勉強する全国10万人の消防設備士受験申請者は、驚くことに2万人の消防設備士受験者が試験会場に行かない状況から消防設備士の参考書が非常に分りにくく、受験勉強が間にあわないことは事実です。  

 

 超低合

 

合格率とは、受験料金を支払った消防設備士試験申請者(受験者)で合格者を除した数値が合格率となります。  一般財団法人消防試験研究センターは、実際に試験会場に来て受験した受験者の数で割った誤った合格者を合格率としてだしています。 2万人の受験放棄者(101,413−82,260=19,153)を除いて合格率をだしております。 

 

  一般財団法人消防試験研究センターは、正しい合格率27,546(合格者)÷101,413(申請者)27.1%(合格率) です。   虚偽の合格率は、27,546(合格者)÷82,260(試験会場に来て受験者)33.5%(上げ底合格率)をだしています。   毎年、2万人の受験放棄者8千3百万円の受験料金がドブに捨てられています。

 

  ※ 約2万人の受験放棄者最大の原因は、市販の参考書が非常に悪いため消防設備士試験に受験勉強が間に合わないことが1番の大きな原因です。  10万人の超低合格率最大の原因は 市販の参考書が非常に悪いため甲種6免許の合格率は19.9%、特に甲種一類は、14.7%の超低合格率と約2万人の受験放棄者をみても歴然とわかるでしょう。

 

  消防設備士試験は年2回行われ、市販の参考書の悪いことを知らなければ、19.9%合格率では5回以上の2年半、甲種1類は14.7%で7は回以上の3年半も1免許取得するのにかかります。   『消防設備士免許取得教育センター』の講習会は、簡単に1免許30日 で取得7免許7ヶ月で取得でき全類348日で取得できる免許が、なぜ長期間かかるのでしょうか。  市販の参考書の内容が低く、非常に悪いから免許が取得できないのです。

 

7 市販の参考書は、黙って5億円売れるので合格しなくていいのです

 社会一般に合格率30%をきる国家資は、教本が悪いとされています。   毎年、10万人の受験者は、しかたなく市販の参考書を購入して消防設備士免許を取る方法しかないのです。  消防設備士免許は、90%の合格率簡単に短期間の1ヶ月で1免許取得できる免許です。  甲種6免許の合格率は19.9%で 甲種及び乙種合計平均合格率は、27.1%の超低合格率の非常に悪い参考書でも黙っても売れるのです。 

 

  10万人の受験者は、1免許取得するのに誰でも市販の参考書を1人平均2冊以上を五千円で購入します。    10万人×五千円=5億円の売り上げになります。   消防設備士の参考書は、黙っていも毎年5億円以上の50年間も売れ続けた超特大ベス トセラーです。  

 

  出版社は、50年間も黙っていて毎年5億円以上売れるので参考書の内容が悪く超低合格率参考書でもいいのです。  出版社は、消防設備受験者が毎年、合格しなくても5億円以上の売れる参考書だから合格しなくてもいいのです。

 

 ある出版社は、甲種4類の市販の参考書を7冊ほど出版しています。  最初は、一人最低2冊参考書を購入します。 合格できないので更に5冊も購入するようになります。  出版社は、合格しない方が、笑いが止まらないほど購入してくれます。   出版社としては、超低合格率の参考書ほうが超特大ベス トセラー の素晴らしい良い本なのです。

 

 

    市販の参考書で勉強する全国10万人の消防設備士受験申請者は、驚くことに2万人の消防設備士受験者が試験会場に行かない状況から消防設備士の参考書が非常に分りにくく、受験勉強が間にあわないことは事実です。  

 

 超低合

 

(1) 超低合格率の市販の参考書は、60点から40点に下げて合格

 超低合確率の市販の参考書では、消防設備士の増員はできません。 総務省消防庁は増員をはかるため、はしかたなく消防設備士制度の変更を余儀なくされました。

 

  消防設備士の国家試験は、消防設備士筆記試験3科目は、消防法60点、電気・機械60点、規格構造60点180点以上鑑定と製図試験は60点以上であれば合格となります。  市販の参考書の内容が非常に良くないため最低合格点60点が取れません。

 

  総務省消防庁長官は、消防設備士数の人員がたりなければ、国会で国会議員に消防設備士の増員の責任を求められます。  そのため、消防設備士免許制度を大幅に変更防設備士免許の最低合格点60点40点さげて合格にしました。  

 

  国家試験の最低合格点を40点まで下げさせるほど非常に品質や出来が良くない市販参考書は、世の中で消防設備士の参考書だけです   『命にかかわる大切な消防設備』なのに、筆記試験3科目で40点、40点、100点180点、50点、50点、80点の180点でも合格として合格しやすい配点にしたのです。 

  最合格点は、本来60点でなければならないところを40点にさげて合格率を上げようとしましたが、それでも市販の参考書が非常に品質や出来が良くない合格率は上がりません。  合格しやすく配点を下げても、それでも甲種6免許の合格率は 19.9%、甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.1%と超低合格率です。   最低合格点を60点としたなら消防設備士免許の合格率は10%をきる超難しい国家試験になってしまいます。

 

  甲種6免許のうち、特に甲種1類超低合格率の14.7%の合格率で非常に品質や出来が良くない参考書としか言いようがありません。  最低合格点を合格しやすく配点を下げても、市販の参考書の品質や出来が非常に良くない消防設備士の免許はなかなか取れません。 

 

     

(2) 消防設備士試験回数を大幅に増やして、消防設備士の増員

消防設備士免許と電気工事士免許を比較すると、電気工事士の市販の参考 は、非常に良いため、合格率は72%年1回しか試験は実施されていません。 消防設備士の市販の参考書は、非常に良くないため甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.1%と超低合格率です。

 

  市販の参考書の品質や出来が良くないため消防設備士免許が取れず増員できません。  総務省消防庁は、消防設備士の増員をはかるために試験回数を1回でなく試験回数を大幅に増やして消防設備士の確保をはかろうとしました。

 

  今まで、各県年間行われる試験回数を1回を2回以上に増やしました。 それでも消防設備士数はたりず、多いところは、東京都の35回は別にして、青森県は6回北海道、岩手県、山形県、長野県は4回宮城県、秋田県、広島県、福岡県、京都、奈良、富山県、新潟県は3回実施していますが消防設備士の増員をはかれません。 

 

   

(3) 消防設備士の大幅増員できないので消防設備士点検資格者で対応

 総務省消防庁は、消防設備士試験回数を大幅に増やしても消防設備士の絶対数が足らない状況が50年間も続いている状況です。   消防設備点検は、半年に1回、年2回実施しなければなりません。  建築物は、毎年増加して、消防設備の点検は累積的に増加します。  点検のできる消防用設備は、免状に記載されている種類の点検だけなので7種類の消防設備士数のまったく足りない現況です。

 

  市販の参考書の品質や出来が良くないため消防設備士の絶対数の数がたりないため総務省消防庁長官は、国家資格でない第1種消防設備士点検資格者第2種消防設備士点検資格者の臨時的な点検資格を制定しました。 

 

  受験資格もおだやかで、消防設備士免許がなく、消防設備業務に5年携わっていれば、たったの3日間の講習会を受講すれば誰でも簡単に取れる資格です。   消防設備士点検資格者の講習を受講すると効果測定に出題される個所を教え講師がチェックさせます。  

 

 講習が終了すると、講師が『 これは試験ではありません。 受講者が寝ていたかどうか確認しますので教本を見て効果策定を受けてください。』と効果測定を実施しますので98%合格します。  2%の不合格者は、再度、無料で受講することができます。

 

  第1種消防設備士点検資格者は、1類、2類、3類、6類の消火設備すべての点検ができます。  第2種消防設備士点検資格者は、警報設備の4類、5類、7種類のすべて点検ができる講習会です。 講習会では、出題される箇所を教えチェックさせ、国家試験でないので本を見て回答を書かせるので誰でも合格できる資格です。

 

  総務省消防庁長官は、建築物は、毎年増加して、消防設備の点検は増加に伴い累積的に点検建物は年々増加します。    市販の参考書の品質や出来が非常に良くないので、乙種消防設備士免許がなかなか取得できないので消防設備士の数がたりません。  しかたなく国家試験の根幹崩し、消防設備士でない消防設備点検資格者の資格制度を制定して対応をはかったのです。 

 

  市販の参考書が、超低合格で出来が非常に良くないため消防設備の絶対数が足りないため消防設備免許制度を変更して消防設備の点検をしなければならなくなったのです。  超低合格率の市販の参考書が消防設備点検資格者の資格を作成させたのです。  70%以上の合格率であれば10万人の受験者ですので年間7万人の消防設備士が育成されるので50年間にわたり消防設備点検資格者は、いらないのです。

 

もっと早く消防設備士免許取る方法を知りたい方こちらへ
消防設備士13免許  の講習会のご案内はこちらへ

 

 

 

6 市販の参考書では消防設備士免許がなかなか取れない理由

     消防設備免許が昭和40年から始まり50年たちます。  消防設備士免許を取得する全国10万人の消防設備士受験者の99.999%は、自動車教習所のような消防設備士の教習所がないため、50年間も市販の参考書 を購入して独学で免許を取る方法しかありませんでした。   市販の参考書で勉強している全国10万人の99.99%の受験者の合格率は、一般財団法人消防試験研究センターが掲載しているとおりです。  

 

 市販の消防設備士試験の参考書は、非常に品質や出来が悪いため、消防設備士免許が取れない超低合格率のとなっています。  甲種6免許の合格率は 19.9%、特に甲種一類は、14.7%です。    甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.1%と超低合格率の免許となっています。

 

 社会一般に30%をきる国家試験は、市販の参考書が悪いと言われております。  消防設備士免許は、市販の参考書の内容がよくないためなかなか免許が取れません。   当然、消防設備士の人数がたりなくなって大きな社会的問題に発展してしまいました。   

  

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成24年度) 上げ底合格率

24年度2.jpg

全国10万人の市販の参考書での本当の合格率をご存知ですか?

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成24年度) 実際の合格率

20統計.jpg

  合格率とは、受験料金を支払った消防設備士試験申請者(受験者)で合格者を除した数値が合格率となります。  一般財団法人消防試験研究センターは、実際に試験会場に来て受験した受験者の数で割った誤った合格者を合格率としてだしています。 約2万人の受験放棄者(101,413−82,260=19,153)を除いて合格率をだしております。 

 

  一般財団法人消防試験研究センターは、正しい合格率27,546(合格者)÷101,413(申請者)=27.1%(合格率) です。   虚偽の合格率は、27,546(合格者)÷82,260(試験会場に来て受験者)=33.5%(上げ底合格率)をだしています。   毎年、約2万人の受験放棄者 の8千3百万円の受験料金がドブに捨てられています。

 

 ※ 約2万人の受験放棄者の最大の原因は、市販の参考書が非常に悪いため消防設備士試験に受験勉強が間に合わないことが1番の大きな原因です。  10万人の超低合格率の最大の原因は 市販の参考書が非常に悪いため甲種6免許の合格率は19.9%、特に甲種一類は、14.7%の超低合格率と約2万人の受験放棄者をみても歴然とわかるでしょう。

 

 消防設備士試験は年2回行われ、市販の参考書の悪いことを知らなければ、19.9%合格率では5回以上の2年半、甲種1類は14.7%で7は回以上の3年半も1免許取得するのにかかります。   『消防設備士免許取得教育センター』の講習会は、簡単に1免許30日 で取得、7免許7ヶ月で取得でき全類348日で取得できる免許が、なぜ長期間かかるのでしょうか。  市販の参考書の内容が低く、非常に悪いから免許が取得できないのです。 

 

7 市販の参考書は、黙って5億円売れるので合格しなくていいのです

      社会一般に合格率30%をきる国家資格は、教本が悪いとされています。 毎年、10万人の受験者は、しかたなく市販の参考書を購入して消防設備士免許を取る方法しかないのです。 消防設備士免許は、90%の合格率で簡単に短期間の1ヶ月で1免許取得できる免許です。  甲種6免許の合格率は19.9%で 甲種及び乙種の合計平均合格率は、27.1%の超低合格率の非常に悪い参考書でも黙っても売れるのです。 

 

  10万人の受験者は、1免許取得するのに誰でも市販の参考書を1人平均2冊以上を五千円で購入します。    10万人×五千円=5億円の売り上げになります。   消防設備士の参考書は、黙っていも毎年5億円以上の50年間も売れ続けた超特大ベス トセラーです。  

 

 出版社は、50年間も黙っていて毎年5億円以上売れるので参考書の内容が悪く超低合格率参考書でもいいのです。  出版社は、消防設備受験者が毎年、合格しなくても5億円以上の売れる参考書だから合格しなくてもいいのです。

 

 ある出版社は、甲種4類の市販の参考書を7冊ほど出版しています。  最初は、一人最低2冊参考書を購入します。 合格できないので更に5冊も購入するようになります。  出版社は、合格しない方が、笑いが止まらないほど購入してくれます。   出版社としては、超低合格率の参考書ほうが超特大ベス トセラー の素晴らしい良い本なのです。

 

 

 市販の参考書で勉強する全国10万人の消防設備士受験申請者は、驚くことに2万人の消防設備士受験者が試験会場に行かない状況から消防設備士の参考書が非常に分りにくく、受験勉強が間にあわないことは事実です。  

 

  超低合格率の市販の参考書は、消防設備士免許が取れないため、国家試験の消防設備士免許試験制度まで変えた

 

超低合格率の市販の参考書は、60点から40点に下げて合格

    超低合確率の市販の参考書では、消防設備士の増員はできません。 総務省消防庁は増員をはかるため、はしかたなく消防設備士制度の変更を余儀なくされました。

 

 消防設備士の国家試験は、消防設備士筆記試験3科目は、消防法60点、電気・機械60点、規格構造60点の180点以上で鑑定と製図試験は60点以上であれば合格となります。  市販の参考書の内容が非常に良くないため最低合格点60点が取れません。

 

 総務省消防庁長官は、消防設備士数の人員がたりなければ、国会で国会議員に消防設備士の増員の責任を求められます。  そのため、消防設備士免許制度を大幅に変更し消防設備士免許の最低合格点60点を40点さげて合格にしました。  

 

  国家試験の最低合格点を40点まで下げさせるほど非常に品質や出来が良くない市販参考書は、世の中で消防設備士の参考書だけです   『命にかかわる大切な消防設備』なのに、筆記試験3科目で40点、40点、100点の180点、50点、50点、80点の180点でも合格として合格しやすい配点にしたのです。 

  最低合格点は、本来60点でなければならないところを40点にさげて合格率を上げようとしましたが、それでも市販の参考書が非常に品質や出来が良くない合格率は上がりません。  合格しやすく配点を下げても、それでも甲種6免許の合格率は 19.9%、甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.1%と超低合格率です。   最低合格点を60点としたなら消防設備士免許の合格率は10%をきる超難しい国家試験になってしまいます。

 

  甲種6免許のうち、特に甲種1類は超低合格率の14.7%の合格率で非常に品質や出来が良くない参考書としか言いようがありません。  最低合格点を合格しやすく配点を下げても、市販の参考書の品質や出来が非常に良くない消防設備士の免許はなかなか取れません。 

 

     

消防設備士試験回数を大幅に増やして、消防設備士の増員

    消防設備士免許と電気工事士免許を比較すると、電気工事士の市販の参考 書は、非常に良いため、合格率は72%で年1回しか試験は実施されていません。 消防設備士の市販の参考書は、非常に良くないため甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.1%と超低合格率です。

 

  市販の参考書の品質や出来が良くないため消防設備士免許が取れず増員できません。  総務省消防庁は、消防設備士の増員をはかるために試験回数を1回でなく試験回数を大幅に増やして消防設備士の確保をはかろうとしました。

 

 今まで、各県年間行われる試験回数を1回を2回以上に増やしました。 それでも消防設備士数はたりず、多いところは、東京都の35回は別にして、青森県は6回、北海道、岩手県、山形県、長野県は4回、宮城県、秋田県、広島県、福岡県、京都、奈良、富山県、新潟県は3回実施していますが消防設備士の増員をはかれません。 

 

 

 消防設備士の大幅増員できないので消防設備士点検資格者で対応

  総務省消防庁は、消防設備士試験回数を大幅に増やしても消防設備士の絶対数が足らない状況が50年間も続いている状況です。   消防設備点検は、半年に1回、年2回実施しなければなりません。

 

 建築物は、毎年増加して、消防設備の点検は累積的に増加します。  点検のできる消防用設備は、免状に記載されている種類の点検だけなので7種類の消防設備士数のまったく足りない現況です。

 

  市販の参考書の品質や出来が良くないため消防設備士の絶対数の数がたりないため総務省消防庁長官は、国家資格でない第1種消防設備士点検資格者と第2種消防設備士点検資格者の臨時的な点検資格を制定しました。 

 

  受験資格もおだやかで、消防設備士免許がなく、消防設備業務に5年携わっていれば、たったの3日間の講習会を受講すれば誰でも簡単に取れる資格です。   消防設備士点検資格者の講習を受講すると効果測定に出題される個所を教え講師がチェックさせます。  

 

 講習が終了すると、講師が『 これは試験ではありません。 受講者が寝ていたかどうか確認しますので教本を見て効果策定を受けてください。』と効果測定を実施しますので98%合格します。  2%の不合格者は、再度、無料で受講することができます。

 

  第1種消防設備士点検資格者は、1類、2類、3類、6類の消火設備すべての点検ができます。  第2種消防設備士点検資格者は、警報設備の4類、5類、7種類のすべて点検ができる講習会です。 講習会では、出題される箇所を教えチェックさせ、国家試験でないので本を見て回答を書かせるので誰でも合格できる資格です。

 

 総務省消防庁長官は、建築物は、毎年増加して、消防設備の点検は増加に伴い累積的に点検建物は年々増加します。    市販の参考書の品質や出来が非常に良くないので、乙種消防設備士免許がなかなか取得できないので消防設備士の数がたりません。  しかたなく国家試験の根幹崩し、消防設備士でない消防設備点検資格者の資格制度を制定して対応をはかったのです。 

 

  市販の参考書が、超低合格で出来が非常に良くないため消防設備の絶対数が足りないため消防設備免許制度を変更して消防設備の点検をしなければならなくなったのです。  超低合格率の市販の参考書が消防設備点検資格者の資格を作成させたのです。  70%以上の合格率であれば10万人の受験者ですので年間7万人の消防設備士が育成されるので50年間にわたり消防設備点検資格者は、いらないのです。

 

もっと早く消防設備士免許取る方法を知りたい方こちらへ
消防設備士13免許  の講習会のご案内はこちらへ

 

 

    

低レベル40点合格の消防設備士の再講習が5年が2年に変更された

    一般にどんな免許でも取得すれば、最初の再講習は、免許取得後の5年で行われます。 本来国家資格の合格点は、60点以上が合格です。 

 

 市販の参考書が内容が良くない免許がとれず、本来の60点合格点を40点下げ、しかたなく合格としたのです。 このため命にかかわる消防設備士業務に支障でると大変なことになります。

 

 本来免許の取れない程度の低い消防設備士を5年間も世の中に野放しにしておいたら大変ことになると考えたのです。   

 

 最初の免許取得後の2年目に再講習すれば何とかなると考え、2年目に再講習を実施することにしたのです。 その後は、5年目、5年目と再講習を実施しています。

 

 市販の参考書が良くないため消防設備士の絶対数が足りなくなり、消防設備士免許の再講習の受講年数まで変更することとなったのです。

         

消防設備ふれて、構造が理解でき、画像で覚えて、製図を簡単に作製

 

   講習会では、甲種4類消防設備の部材が展示され、実際に手に取り、触れたりすることで構造が良くわかります。 その場で鑑定の勉強してしまいます。  

 

  自動火災報知器の発信機、パイロットランプやベルを実際に置き配線してみると製図の作成も簡単にできるようになります。 また、製図は消防設備構造を理論的に教えてくれるので、1度聞けば甲種4類の製図を書けるようになり、配線の数を簡単に数えられます。

 

 「百聞は一見にしかず」の昔からのたとえのとおり、見た方が早いのです。 発信機、感知器及び受信盤の構造をその場で画像で覚えてしまうかららくなのです。 

 

 だから消防設備士甲種4類の免許が30日の超短期間で取得できてしまうのです。  

 

  当社の『消防設備士教習所』の講習会は、消防設備士全類13免許の講習会が実施されます。   これらの講習会では、消防設備の部材が展示され、手に取り、触れたりすることで構造がすぐわかり製図が簡単にかけ、鑑定の勉強もその場で覚えてしまうので消防設備士全類8免許が1年未満で取得できるです。   

 

★  消防設備士講習で消防設備がよくわかります !

◎ 消防設備士講習は、基礎的な内容からスタートし、プロの知識まで網羅します。

◎ 「消防法令」「電気・機械基礎知識」「構造・機能規格」「法令、電気・機械基礎知識、構造・ 機能規格の問題集」「鑑定、製図、鑑定・製図問題集」の独自の教本です。

◎ 消防設備士講習で装置・機器の確認、練習問題、製図の練習等、実技対策も万全です。

◎ 消防設備免状への近道だけでなく、実務に非常に役立つ内容です。

◎ 消防設備士全類の講習会を実施しており、自由に質問できる消防設備士講習会です。

◎ 甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類の全ての消防設備・機器類に触れることができ、鑑定、機器の構造の専門知識が無理なく得られます。

  018.JPG

★ 試験傾向に沿った講習会!

◎ 消防設備士講習の受講生から試験問題の聞取り調査、購入等により最新の出題傾向を 分析し、講習・教材に反映しています。

◎ 消防設備士講習会のテキストは、消防設備士試験過去問題に基づいて作成されるため15mmとびっくりするほど薄いです。

◎ 出題される必要な項目・ポイントがまとめられた消防設備士講習の教本は、講評です。

◎ 消防設備士講習の教本は、学習効率を考えて法令、電気・機械の基礎知識、構造・機能    規格、鑑定・製図、練習問題、解答集と使いやすく6分冊にした。

◎ 市販の教本とことなり、消防設備士講習の教本は、最新の出題傾向問題を直ちに掲載するため、そのつど印刷をかけ短期間で改訂してます。  

◎  鑑別問題・製図問題には、実際に出題された問題が多く乗せられており、最新の出題傾向を徹底分析し短期間で改訂した消防設備士講習の教本です。

◎  当消防設備士講習会では、当社独自作成の全類消防設備の教本を使用するため市販参考書等を購入する必要はありません。

 

★ 消防設備士資格の取得しやすい講習方法

◎ 消防設備士講師の経験と長年にわたるノウハの蓄積が、自信を持って受講生の皆さんにおすすめできる消防設備士講習会です

◎消防設備士講習の全類のテキストは、ここが大事と必ず覚える重要項目を指摘し、1年以内に合格できるよう薄い厚さに整理されて覚えやすい工夫がされています。

◎ 30日〜45日の学習時間で目標の試験日に合わせる事ができる消防設備士講習会です。覚えやすい工夫されたテキストにより筆記も実技試験も攻略できます。

◎ 消防設備士試験に出題されるポイントが明確なため、ポイントをつかんで効率よく勉強できる消防設備士講習です。

◎ カラー写真や図・表を使ってわかりやすく15mmと薄くまとめてあるテキストなので勉強のテンションが上がり合格につながります。

◎ 消防設備士過去問題を消防法令、電気機械、規格・機能、構造、鑑定及び製図問題を多く用意し多く解くようにしてあります。 

◎ 鑑定試験は、実際に消防設備・機器類に触れることにより記憶が深くなり、写真もカラーなので明確に覚えられる消防設備士講習です。

◎ 製図試験は、消防設備の機能を理論的に覚えるため、製図の上にトレーシングペーパーのせ何回も写したリ、書いたりすることなく覚えられます。

★ 最近の講習受講者の特徴

 ビル管理会社、メンテナンス会社、警備会社、消防設備施工及び消防設備メーカーの社員の多数の方が受講されています。  民間の会社でもここ数年、段階の世代の先輩の方が多数退職され消防設備士資格を持った社員いなくなるため、後輩社員は消防設備士資格を取得を会社から求められて若い社員も多いです。 また、定年後に消防設備資格を取得し新たな第二の人生を歩む方も多いです。 73歳で甲種特類から全類を2年3ヶ月で取得された方もおります。

★良い消防設備士講師のいる消防設備士講習会

  消防設備士講習会で消防設備士免許取れるのか? 消防設備の製図の作成指導のできない消防設備士講師のいる質の悪いい消防設備士講習会もあります。 誰しも心配しますが消防設備士講師のよしあしが非常に大事になります。

  良い消防設備士講師とは、例えば全類消防設備士8免許を1年未満で取得とした日本最速取得者講師が指導する講師が消防設備士講習の良い講師といえます。 

 消防設備士全類(8面免許)の資格を取得している講師か? 消防設備士免許全類を1年未満の短期間で取得している実績のある講師なのか? 1年を通して消防設備士講習会を行っている講師なのか?  消防設備士講師がどの様な経歴を持つ講師なのか?質問や疑問が出てきます。

  例えば消防設備士全類を1年未満で取得し、消防設備メーカーで5年もの実務経験のある消防設備士講師とか、元総務省消防庁予防課職員で消防設備士全類を1年未満で取得した消防設備士講師とか、消防設備士免許取得に実績のある講師の指導を受けたいものです。 

★ 全類消防設備士免許が短時間で取得 できる!

 当消防設備士講習で、1年以内で全類の消防設備士免許を取得した受講者が多く、短期間で消防 設備士免の取得できるのが特徴です。

 例えば、甲種特類、甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類の8資格免許を1年以内で取得するわけですから45日で1資格免許を取得できます。 当消防設備士講習会及び通信講座は、1年以内で全類消防設備士免許を取得できる消防設備士講習なので自信を持ってお奨めできます。

★ 消防職員の受講生の激増

   ここ数年、消防職員の方は、段階の世代の先輩の方が多数退職されて消防同意、消防設備等着工届、消防設備設置届等にたずさわる職員が少ない状況があります。  また、消防機関の広域化が5年以内に実施されます。 合併により無免許職員は他の現場業務に配置転換されたり、適材適所の人事異動のためにも消防設備士の資格が必要です。

 受講された消防職員かから『ここの講習会は、必要な消防設備の製図設計図面の作成、配管及び配線が読めるようになり、消防設備等の完成検査及び消防設備等の完成済証の作成に非常に役立、短期間で消防設備士資格が取得できます。  他の消防職員に教えてあげたい。』とのお話が多くあったので、消防専門の月刊誌『近代消防』に『1年で全類の消防設備士免許を取る。』の消防設備士講習会の広告を掲載させていただています。  

 実施ている消防設備士講習会及び通信講座の種類

 当消防設備士受験準備合格セミナーは、日本で初めて全類の講習会及び通信講座を実施している「消防設備士受験準備合格セミナー」であります。  忙しくて時間のない方や講習会場が遠方のため講習会に来られない方に通信講座をも行っております。

 

 消防設備士13資格免許のうち、本講習会・通信講座は、甲種特類、甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種1類、乙種2類、乙種3類、乙種4類、乙種5類、乙種類、乙種7類の全類の講習会・通信講座を実施しております。

 

 

 

 

消防設備士甲種4類の講習会の教本の特徴

 消防設備士講師の経験と長年にわたるノウハの蓄積が、自信を持って受講生の皆さんにおすすめできる消防設備士講習会です。
消火器しか見たことのない人でも全類8消防設備士免許(甲種特類、甲種1類、甲種2類・甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類)が1年以内に取得できる消防設備士講習会です。
消防設備士全類のテキストは、ここが大事と必ず覚える重要項目を指摘し、1年以内に合格できるよう薄い厚さに整理されて覚えやすい工夫がされています。  
30日〜45日の学習時間で目標の試験日に合わせる事ができる消防設備士講習会です。覚えやすい工夫されたテキストにより筆記も実技試験も攻略できます。
消防設備士試験に出題されるポイントが明確なため、ポイントをつかんで効率よく勉強できます。
カラー写真や図・表を使ってわかりやすく薄くまとめてあるテキストなので勉強のテンションが上がり合格につながります。
消防設備士過去問題を消防法令、電気機械、規格・機能、構造、鑑定及び製図問題を多く用意し多く解くようにしてあります。
鑑定試験は、実物に触れることにより記憶が深くなり、カラー写真なので明確に覚えます。
製図試験は、消防設備の機能を理論的に講習会や教本で構造・機能1回聞けば1回で覚えので、他社の講習会や通信講座のようにトレーシングペーパー50枚も配布しません。
  当消防設備士講習で全類日本最速取得(全類取得期間348日)消防設備士講師と全類日本第2位取得(全類取得期間364日)消防設備士講師の2名が消防設備士講習会でお待ちしております。

 

8 消防設備士全類の合格率と消防設備士甲種4類の全国的合格率の実態

  消防設備士試験の合格率の実態を皆さんはご存知しょうか?  毎年10万人の受験申請者がおります。 5人に一人の2万人が受験勉強が間に合わず、受験放棄して試験会場に行っていません。

 

 甲種1類の試験は、特に難しく、平成24年度の合格率は、13,949人受験申請して合格者は、2,06人です。 また甲種1類の受験辞退者は3,325人です。 合格率は、消防設備士試験の中で1番合格率が低く14.7%と非常に難しい試験です。

 

 甲種4類の試験の受験者数が一番多く、また、平成24年度の合格率は、22,342人受験申請して合格者は、4,969人(22.2%)です。  甲種4類の受験放棄者は、一番多く4,866(21.8%)人で合格者と受験放棄者の数がほぼ同じで合格率は、22.2%と低い状況です。  

  

 乙種4類の受験申請者は、12,330 人で合格者は4,038人(32.7%)で合格率は3人に1人となっています。消防設備士乙種4類の受験放棄者は、2378人(19.2% )で5人に1人放棄しています。

 

 消防設備士4類の甲種、乙種の受験申請者は、34,672人と消防設備士各類の中で1番受験申請者が一番多く申請しいます。  

  

 消防設備士講習受験準備セミナーの2人の消防設備士講師は、講師の実績・信頼・実力を示すため、消防設備士全類8免許を1年未満のスピードで取得した消防設備士の免許の写真をホームページに掲載しております。 

 

 日本中の消防設備士講習会や消防設備士通信講座では、消防設備士免許を掲示して、消防設備士講習会や消防設備士通信講座を実施ているところはどこもありません。  消防設備士講習受験準備セミナーだけであります。

 

  消防設備士の免許の取得は、一番大事なのは短期間で取得することが100%の合格率より大事です。 8年かけて100%で合格率よりするより、 8免許全類を1年未満で取得するスピードが大事なのです。

 

 短期間で複数の消防設備士免許を取得することは、社長や同僚が勝手に頭のいいやだと思われ、会社からは大事にされ、給料も上がり、役職も与えられるメリットがあります。

 

9 消防設備士甲種4類免許及び乙種4類免許の合格率の低い現状

 消防設備士乙種 4類の受験申請者は、12,330人で合格者は4,038人で合格率は32.7%です。 受験辞退者は、2,378人となっています。 

 

 甲種、乙種4類の全体の受験申請者は、全体で34,672人と4類受験者が一番多く7,244人(20.8%)が試験会場きません。  

 

 乙種4類の受験資格は、だれでも受験できます。 甲種の受験資格は、@ 乙種消防設備士免状を取得してから、2年間の消防設備の整備実務経験がある人 A 工事整備対象設備の工事の補助4やとして5年の経験のある人 B 電気工事士等の資格がなければ受験できません。

 

 甲種4類受験申請数は、22,342人が甲種4類の受験申請しています。  現実に消防設備士として、業務に携わっていられる方が対象となりますので、何も知らない一般の方がまず甲種消防設備士試験を受験する事はあまり無いと思われます。 消防設備業界に勤務していても、なかなか消防設備士の免許が取得できない状況です。

 

 業界の勤務者の間では、「職歴だけ長くてモノ知らん・資格も取れないやつが多すぎ(笑)」とか。 入った時にメチャ偉さうにしていたやつが、甲種1類落ちまくっているとか(苦笑)(苦笑)」とか、 

 

 20年歴の口ばっかりのタコ助と言われたり」、 「消防設備業務に携わり特例工事したり、特例の配線や配管工事しているから試験では不合格とか」 

 

 「仕事やりながらじゃないと資格取るのは困難。テストやるにも設備の仕組みが本じゃわからんからね」 配管や配線の配置方法が解らないとか現状で免許の取得が困難な状況が発生しています。

 

甲種4類の受験者は、独学で市販されている1万円程度の参考書での合格するのは困難な状況です。 合格するまで何回も何回も受験したり、ストレスがたまり、数年にわたり受験してあきらめてしまう受験者が相当数おります。

   

10 消防設備士業務に携わっていなければ甲種4類免許取れないの?

     なぜこんなに免許が取れない状況が発生しているでしょうか? 冷静に現状を考えて見ると色々な条件が発生しておりますが、本当に現実に消防設備士として、業務に携わっていないと無理なのか?  消火器しか見たことがなく、工事をしたことのなく、甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許を7ヶ月で取得し、甲種特類を含めた8免許全類を348日で取得している消防設備士講師もおります。

 

 消防設備工事に携わったことが無いが、消防立ち入り検査で消防設備を見ている元消防職員は、8免許

全類を364日の1免許45日で取得した、消防設備士講師もおります。 これらの実態を冷静に見ると消防設備士資格の取得の講習会やスクールといった教育機関で50年間にわたり教育をしなのが原因です。

 

 実際に消防設備士受験準備合格セミナーで消防設備士講習会や消防設備士通信講座を消防設備士講師が実施してみると受講者は、平均30日〜40日で消防設備士免許を取得している状況です。   この様な教育機関が無いから、講習をしないから消防設備士免許が取得できないことを確信しました。 講習を受講すれば超スピードで消防設備士免許は取得できます。

 

電気工事士試験は、過去の問題も公開され、実際に行われる実技試験の問題も公表されて52%と高合格率なっております。 

   

11 高校生や69歳の男性でも消防設備士免許を簡単に取得する時代

 消防設備士免許の筆記試験は、消防法 電気・機械 構造・規格の3科目ありますが、1科目最低点数が40点で良く3科目の合計180点あれば合格です。  

 

 例えば、40点、40点、100点の180点で合格となり、60点以上の点数の科目から40点の科目に点数を分配でき合格になります。 高校生でも他の国家試験とことなり、60点以上の点数が取れなくても50点、50点、80点の180点でもやさしく合格できます。 

 

 また、消防設備士免許は、非常に合格しやすい配点の免許に変更しても、市販の参考書が非常に悪いため超低合格率の免許となっています。 

 

 電気工事士の免許の合格率は70%であり、電気工事士合格率からみても消防設備士試験内容と国家資格の最低合格点を40点にさげて合格しやすい配点に変更 からみても合格率90%と非常に取得しやすい消防設備士免許なのです。

 

 消防設備士試験問題は、内容的にやさしい中学2年生から高校1年生程度の内容なので簡単に高校生でも合格できてしまう免許です。

 

 今年の平成27年1月9日付の新聞に沖縄県の沖縄工業                              高校生.jpg 高校化学科の高校生3年生の大城光裕君と長嶺雅人君の2名が消防設備士7免許をを全国2例目として取得した記事が紹介されています。 消防設備士免許は、全類8免許が1年未満で取得できることが一般常識の時代に変わったのです。   

 

 当社の『消防設備士教習所』の受講生の実績は、69歳の受講生が、平成27年3月30日に消防設備士甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許をたった8ヶ月の34日で1免許を取得しています。

 

 69歳の受講生は、消防設備士全類8免許を取得期間日本第2位の349日で取得されています。   

  

 ※ 短期間で消防設備士免許を取得することで年収大幅アップ、一流消防設備企業への転職、高級給与転職、資格・経験を生かせる、免許取得で経験が積めます。 消防設備士免許の取得により収入、生活の安定、役職、人生も豊かになります。 

   

 ※ どうしても、仕事で消防設備士免許が必要な方、はじめて消防設備士受験で製図の勉強が解らな方、何回も何回も何回も不合格なっている方は、『消防設備士免許取得教育センター』で実施されている13免許の消防設備士講習会を受講し30日で1免許取得して見ませんか。  実績と実力ある講師が消防設備士受験生をお待ちしています。    

 

11 簡単に消防設備士甲種4類免許を取得する講習機関方法の選定

消防設備士免許取得機関は、全国で7つの教育免許取得機関しかありません。  全国10万人の受験者は、どこの教育機関で、どの様な方法で消防設備士免許を取得するのか、どの様な方法で短期間で取得できるか誰しも考えます。

 

 免許取得に一番大事なのは、短期間で取得できることです。 例えば7免許を7ヶ月で取得するとか、消防設備士全類8免許348日取 得できることです。  全類8免許を8年かけ合格率100%の合格率でも、全類8免許348日取得の95%合格率ほうが価値があります。   全類8免許348日の短期間で取得することが一番大事なのです。 

 

 免許取得に2番目に大事なのは、免許取得した実績と豊かな経験のある消防設備士講師の指導を受けることが大事です。  実績と豊かな経験のある消防設備士講師を見つけるのにはどうしたらよいか?  消防設備士講師の取得した消防設備士免許を見れば一目瞭然です。  

 

  誰しも消防設備士全類8免許を1年未満の短期間で取得した消防設備士講師と消防設備士全類8免許を8年の長期間で取得した講師2名がいた場合にどらを選定するか?  当然、消防設備士全類8免許を1年未満で取得した講師を選ぶでしょう。

 

 3番目の選定要件として、消防設備士免許の講習会と通信講座教育機関を選定する場合、 消防設備士13免許の講習会と通信講座実施している専門の教育機関と甲1、甲4、乙1、乙4、乙6の通信工座のみの実施している素人の教育機関があった場合どちらを全国10万人の受験者はどちらを選定するでしょうか?  

 

 消防設備士免許の講習会と通信講座を選定する場合、どちらが合格率が高いかというと消防設備士講習会を受講したほうが合格率は高いです。  なぜなら講習会の方が実際にある消防設備を手にさわり、実際に見て、構造を確認でき、、配線、配管を実際に行うので画像として消防設備をその場で覚えてしまいます。  

 

  『百聞は一見にしかず』のたとえのとおり、机の上の勉強よりも実際の経験の方がはるかに身につき簡単に覚えてしまいます。  消防設備士免許取得教育センターのように消防設備士免許の講習会と通信講座を両方実施している教育機関が一番良い教育機関なのです。  また、消防設備士13免許の講習会を実施している 消防設備士免許取得教育センターの受講生から消防設備士試験情報が多数集まります。

 

  4番目に大事な事は、消防設備士13免許の講習会と通信講座を実施していることが大事です。  消防設備士類ごとに分類すると8類に分類され、すべての類の13免許の講習会と通信講座を実施していれば1教育機関で対応できます。  

 

 消防設備士13免許の講習会と通信講座を実施していることが非常に価値があるのです。  他の類の免許を取得する場合、新たに消防設備教育機関を見つけなければなりません。

 1つの消防設備教育機関での取得であれば、消防法・電気・機械は共通科目で教本が同じなので勉強がらくで済みます。  だから消防設備士全類8免許が1年未満の短期間で取得できるのです。 

  

12 市販の参考書では、なぜ簡単に短期間で甲種4類免許が取れなのか?

      なぜ、市販の参考書では、簡単に短期間で消防設備士免許が取れないのでしょうか?   それは、自動車教習所のような消防設備士教習所がないため、全国10万人の消防設備士受験者は、市販の参考書で取得する方法しかないからです。

 

 社会一般30%をきる国家試験は、参考書が悪いと言われています。 電気工事士は72%の合格率です。  甲種6免許の合格率は 19.9%、甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.1%と超低合格率です。

 

   市販の参考書が非常に粗悪なため受験料金を支払った消防設備士試験申請者が受験勉強が間にあわず試験会場に行かず約2万人の受験放棄者(101,413−82,260=19,153)が毎年行っていない現状です。  受験者5人に1人が受験放棄する市販の参考書は、参考書が非常に悪いことは明らかで超低合格率でなかなか免許が取れない現状です。  毎年2万人の受験辞退者の受験料金8千3百万円が毎年ドブに捨てられ、もったいない話です。 

 

 全国10万人の消防設備士受験者の皆さんは、実際の超低合格率をご存知ですか?

 

 

超低合格率の参考書でも黙っていても50年間必ず売れる超特大ベストセラー

 全国10万人の消防設備士受験者の99.99%は、消防設備士教習所がないから免許を取得するには、市販の参考書を購入して勉強するしかありません。  毎年10万人の受験者は、必ず1免許受験するのに市販の参考書を2冊購五千円で入して受験します。   

 

 毎年10万人の受験者×五千円=五億円(参考書代金) 出版社は、合格しなくても、粗悪の参考書でも黙っていても必ず売れる 超特大50年間連続販売の超特大ベストセラーです。   合格できなくても必ず売れるので企業努力は少なくていいのです。  その結果が甲種6免許の合格率は 19.9%、甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.1%と超低合格率です。  有名な超大作家が50年間も続けて年間五億円もの超特大ベストセラーの本は書けません。  超低合格率の消防設備士の方が黙っていても市販の参考書が売れるので笑いはとまりません。

 

※超低合格率の最大の2大原因は、消防設備士教習所がないことと市販の参考書が非常に粗悪なことが消防設備士免許が取れない大きな原因です。

 

 

※ どうしても、仕事で消防設備士免許が必要な方、はじめて消防設備士受験で製図の勉強が解らな方、何回も何回も何回も不合格なっている方は、『消防設備士免許取得教育センター』で実施されている13免許の消防設備士講習会を受講し30日で1免許取得して見ませんか。  実績と実力ある講師が消防設備士受験生をお待ちしています。    

 

この様な現況を考えると『消防設備士免許取得教育センター』実施されている2日間の講習会を受講することで1免許30日取得でき、7免許が7ヶ月で取得してみませんか。    実績と実力ある消防設備士講師が受験生をお待ちしています。  

 

消防消防設備士免許は、2日間の講習会で30日で1免許を取得する時代

 

 消防設備士全類8免許1年未満(1免許30日)での取得は常識の時代

全類日本最速取得者 (甲種特類の全類を348日                  甲種1〜甲種5、乙種6、乙種7の7免許を7ケ月取得 全類日本2位速取得者(甲種特類全類を349日                  甲種1〜甲種5、乙種6、乙種7の7免許を8ケ月取得
ユキズミ.jpg 8免許.jpg
平成16年6月に甲特類の免許ができ全類8免許になる。 日本で初めて消防設備士全類8免許(364日)を平成17年10月25日取得者 昭和63年消防設備士甲種4類免許取得                                               18年後の53歳で全類8免許に挑戦する
幸逸.jpg image003.jpg

 

 

 消防設備士免許を効率的に簡単に取る方法
各種の講習会(消防設備士13免許)のご案内 はこちらへ

 

 

13 消防設備士甲種4類の過去問題に基づいて作成されて教本で受験すれば

    消防設備士の過去問題に基づいて作成された消防設備士甲種4類の教本、練習問題、鑑定・製図の教本で勉強すれば、消防設備士甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許が7ヶ月で取得できてしまいます。   市販の参考書や他の講習会とちがい消防設備士講習受験準備セミナーの消防設備士講習会・通信講座では『1免許を30日』で取得できてしまいます。  

 

 消防設備士甲種4類の受験放棄者の4,866人の受験者は、消防設備士講習受験準備セミナーの消防設備士講習会・通信講座を受講すれば『1免許を30日』で取得できたでしょう。   また、受験放棄者の4,866人(22%)ほかに12,507人(56%)の不合格者がの合計17,373人が1年間に消防設備士甲種4類の試験から落ちております。  『もったいない! もったいない!』   

 

消防設備士講習受験準備セミナーの消防設備士講習会・通信講座を受講すれば受験放棄者の4,866人(22%)と12,507人(56%)の不合格者の合計17,373人の消防設備士甲種4類の受験者は楽に消防設備士の免許を取得できます。  消防設備士甲種4類の免許取得は非常に取得しやすい免許なのです。

 

  消防設備士試験制度が始まり50年たちますが、10万人の受験者と試験勉強が間に合わず受験申請できない多数の受験者がおります。  50年にわたり市販の参考書で独学で勉強して消防設備士免許取得する方法しかなかったのです。

 

  全国10万人の消防設備士受験者の99.9999%は、市販の参考書で独学で勉強しています。  消防設備士合格率を見ると甲種消防設備士6免許の合格率は19.9%、乙種7免許の合格率は33.7%となっています。  一般的に合格率30%きる国家試験は、市販の参考書が悪いとされ50年間も続いていまだに続いております。

 

  普通自動車免許を取得する100%の人は、自動車教習所に行き免許を取得しています。  消防設備士取得教習所がないため市販の参考書で独学で50年間勉強するしかなかったのです。 日本で初めて消防設備士全類13免許の講習会と通信講座の教習所が開講されたのです。 消防設備士免許は、自動車免許と同じように教習所に行かなければ取得できない時代です。

 

 消防設備士講習受験準備セミナーの消防設備士講習会・通信講座を受講すれば短期間で簡単に消防設備士免許が取得できます。 消防設備士全類8免許を1年未満で取得した実績のある優秀な消防設備士講師が取得のお手伝いに当たらせていただきます 

 

14 68才からの消防設備士全類8免許を1年未満取得に初挑戦!!

     私は、68才で現在ビルの管理業務をしております。 消防設備免許がないためビル管理について不安になり消防設備士の免許を取得しようと思い立ちました。 消防設備士免許が簡単に短期間で取得できる方法がないかネットで調べてみました。 

 

 日本一の最速で取得した講師が教える教消防設備士講習会と消防設備士通信講座の『消防設備士免許取得教育センター』 を見つけました。  この『消防設備士免許取得教育センター』の最大の特徴は、『超スピードの30日』で『1つの消防設備士免許の取得』できる講習会と通信講座です。 『消防設備士免許取得教育センター』は、消防設備士免許取得時間を受講生の皆様に販売している会社だそうです。

 

 当講習会の合格率は、90%と高合格率の消防設備士試験直前講習会です。 代表講師の宇山講師とお話をしてみますと2学年下だったのでお話があいました。 講習会・通信講座の教本は、小学生の教科書の国語・算数・社会・理科と同じように教本がわかれ整理され覚えやすくなっています。

 

 テキストは、具体的に @消防法  A電気・機械  B規格・構造  C鑑定・製図  D練習問題の5分冊され整理され、覚え安いテキストとなっています。 共通科目の、@消防法 A電気・機械 のテキストは、1類から7類まで同じですので一度覚えてしまえば覚える必要はないので楽でした。 テキストの内容は、過去に出題された内容に基づいて作成されて教本のため薄く効率の良いテキストです。 

 

 私が68才で勉強して甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類及び乙種7類の7免許を7ヶ月28日(1免許取得日数34日)で取得できたのは、このテキストで勉強したからです。 また、消防設備免許を取得しようとする教材を見たり、触ったりすることが出来なければ消防設備について理解できませんでした。 消防設備の鑑定の試験、製図の作成試験も見たり、触ったりすることで良く理解できました。

 

 講習会で、全類の消防設備を見て、さわって構造を理解することが合格につながました。 市販の参考書では短期間で取得することは絶対に無理ですね。  68歳の受講生が甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許を約7ヶ月で取得するには各類の消防設備をさわつて、見て勉強するから簡単に覚えられ免許の取得につながったと思います。

 

消防設備士の免許取得は、『消防設備士免許取得教育センター』の2名の優秀な講師の指導により、全類の消防設備士講習会用消防設備・機器類を見て、触り、構造を理解が短期間の合格につながりました。

甲種4類  消防設備士講習会用消防設備・機器類(自火報受信機・非常放送設備)
018.JPG

  当社の『消防設備士教習所』の過去問題中心に作成されたテキストで勉強したから短期間の合格につながりました。 目標の全類8免許まであとの1免許となり残すは待望のスーパー設備士の甲種特類だけです。  受験勉強を平成27年2月8日までの3ヶ月間勉強して受験を待つだけです。

 

 甲種特類の試験は、消防関係法令、構造・機能、火災及び防火関する知識の3科目です。甲種1類〜甲種5類の免許を取得したばかりですのですので、消防関係法令、構造・機能の2科目は勉強は終了しています。 あとの1科目の火災及び防火関する知識を重点的に勉強すれば良いだけです。 講師と同じように全類8免許を1年未満で取得できると思います。

 

 当社の『消防設備士教習所』の講習会・通信講座を受講すれば消防設備士全類8免許を1年未満で取得できると確信できたので8免許の講習料金27万円を一括で支払いしました。 消防設備免許を全類取得できるんだいう気持ちが 講習料金を一括で支払いしました。 車の免許を取得するのに30万円かかります。 27万円で人生を買えるから若い人は頑張ってください!!

 

 現在の消防設備士免許の取得状況は、 1 甲種4類平成26年4月15日合格  2 甲種2類  平成26年5月9日合格  3 甲種1類  平成26年9月1日合格  4 甲種3類  平成26年9月 5日合格  5 甲種5類  平成26年10月20日合格  6 乙種7類  平成26年10月24日合格6 乙種6類  平成26年11月12日合格の7免許を7ヶ月28日の短時間で取得しました。  

 

 1免許34日で取得し、7免許7ヶ月28日の快挙です。  頑張るぞ! 残すは、はあと1免許となり、 甲種特類のスーパー設備士の免許は、平成27年2月8日に挑戦します。全類8免許を68歳の受講生が1年未満で取得する予定です。 

                                

15 受講生の高木さん甲種1類3回、甲種3類3回、 甲種特類他15回連続100%合格

  皆さん こんにちは 受講生の高木です。 私はビルメンテナンス会社に就職して、防災センターに配属されています。 長いこと防災センターで働いているので消防設備の知識を身につけた方がいいだろうと思い、消防設備士の勉強をしようと思いました。

 

  甲4、乙4、乙6、乙7は弘文社のテキストを使い独学で取得しました。 4免許取得すのに1年10ヶ月(22ヶ月)かかりました。 その後、その他の類もほしくなり、勉強をしようと思いましたが、弘文社のテキストはなく、市販されているテキストでは勉強する気になれませんでした。

 

  そこでなんとか取れる方法はないかとネットで調べていたら、この日本消防コンサルティングのホームページをみつけました。  ホームページには親子2名の消防設備士講師の消防設備士を全類取得した免状がアップされていましたが、受講料もそれなりにしますので、申し込むには正直、不安でした。

 

  それから毎日のようにホームページを見て、申し込もうかどうしょうかと悩んでました。 ある日、宇山さんに電話して、本当に取得できるのかなど、いろいろ質問させてもらいました。 それでも不安はありましたが、甲1が取れたらいいなと思い、申し込むことにしました。

 

  申し込んで受講料を払ったら、すぐに教材を送っていただきました。 私の勉強方法は先ず練習問題を解くのに必要な知識を覚えようと思い、練習問題とテキストを照らし合わせながら、一問ずつ自分なりの解答マニュアルを作りました。   時間はかかりますが、記憶には残ります。 分からないところは、講習会で質問して、その後は宇山さんに電話やメールして教えてもらいました。

 

  講習会では、各類の消防設備の部材が展示され、手に取り、触れたりすることで構造が良くわかります。その場で鑑定の勉強してしまいます。 製図について各類の消防設備の構造について1分〜2分の説明で簡単に分かるよう説明されるので、その場で覚えられました。  消防設備構造を理論的に教えてくれるので、1度聞けば消防設備の製図を書けるようになりました。

 

  甲1の試験は東京と神奈川で願書受付期間が被っていたので、両方申し込むことにしました。 最初の東京の試験は難しかったなって思い、不合格だった時のことを考え、2回目の神奈川の試験を受ける前に、3回目の東京の試験を申し込みました。

 

  結果的には最初の東京の試験で受かっていたのですが、残り2回分の試験を申し込んでいたので、全部受けてみましたが、3回受けて3回受かりました。 ちなみに勉強した期間は2ヶ月ぐらいでした。 小さな努力で大きな成果です。  試験結果は、最初の東京が一番よく、法令(93%)、基礎知識(80%)、機能(75%)、筆記全体(83%)で実技試験(83%)の合格でした。

 

  甲1が取れると欲が出るもので、甲2と甲3も取得したいなと思いました。 早速、甲2の講習を申し込みました。 もう講習を申し込むのに戸惑いはありません。 甲2は東京と新潟で申し込みました。 最初の東京で受けたところ、手応えもあり受かっているだろうと思えたので、新潟に行くために新幹線の乗車券を購入していましたが、払い戻しました。  試験の結果は無事、東京で受かっていました。 甲2も勉強した期間は2ヶ月ぐらいでした。 小さな努力で大きな成果です。 試験結果は、法令(93%)、基礎知識(60%)、機能(80%)、筆記全体(80%)で実技試験(90%)で合格でした。

 

  甲1、甲2とスムーズに取得できましたが、勉強するのに疲れてきました。 でも、年内に甲3も取得したかったので講習を申し込みました。 3類は甲3を3回、乙3を1回受けましたが、全ての試験に受かることができました。 勉強した期間は2ヶ月ぐらいでした。 小さな努力で大きな成果です。  甲種3類の試験結果は、法令(100%)、基礎知識(80%)、機能(75%)、筆記全体(84%)で実技試験(80%)で合格でした。 8回連続合格だと法令も100%の最高点です。

  

5類は苦手な分野で、あんまり興味がありませんでした。 なので、勉強する気も起きませんでした。 10月頃に講習を申し込み1ヶ月ぐらい勉強しましたが、諦めてやめてしまいました。 勉強を2ヶ月ぐらい放置した状態で、翌年の1月末に甲5の試験を試しに受けたのですが、受かってたので、びっくりしました。

 

 甲5の取得は無理だと思っていたので、3月の乙5の試験を申し込んでいました。 甲5を取得した後ですが、受けることにしました。  試験前日に教材を見直して受けただけですが、受かりました。 5類は苦手な分野でしたが、甲5・乙5共に取得することができました。 甲5の勉強した期間は1ヶ月ぐらいです。 2ヶ月放置してましたが受かりました。 受かったのは教材が優れているからだと思います。 小さな努力で大きな成果です。

 

 途中でダラケタところもありますが、約一年で甲種特類、甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲甲種5類、乙種1類、乙種2類、乙種3類、乙種5類の9免許を取得することができました。 ちなみに試験は、トータル15回受けましたが、15回とも全て合格しました。 合格率は100%です。

日本消防コンサルティングの教材を使わなかったら、1つも取れずに諦めていたと思います。

 

 あとは、甲種特類だけです。 3月に甲5を取得し、甲特が受験できるようになりました。  宇山さんに甲種特類試験のアドバイスをいただき少し自信が付きました。 宇山さんのアドバイスで全類取得13免許を取得することにしました。 それから残りの乙1と乙2の勉強はしましたが、甲特についての勉強はしていませんでしたが、9月の試験で受かることができました。 待望の甲種特類の免許の交付は26年10月31日交付なります。このことにより消防設備士免許全類13免許全て埋まります。  また、東京で10月5日に受験したいた甲種特類の試験が11月8日合格発表がありました。 

 

種1類の免許取得から始まり甲種特類ほか15回連続の100%合格の合格通知書
1 甲種1類 平成25年3月8日 合格 2 甲種1類 平成25年4月17日  合格 3 甲趣1類 平成25年4月30日  合格
合格二月.jpg 合格三月2.jpg 合格四月.jpg
4 甲種2類 平成25年6月 19日  合格 5 乙種3類 平成25年8月5日  合格 6 甲種3類 平成25年9月27日  合格
合格月六.jpg 修正2.jpg 合格八月2.jpg
7 甲種3類 平成25年10月11日  合格 8 甲種3類 平成25年10月1日 合格

9 甲種5類  平成26年2月14日 合格

合格九一.jpg 合格九月月2.jpg 最終.jpg
10 乙種5類  平成26年3月19日 合格 11 乙種1類 平成26年7月7日合格

12 乙種2類 平成26年9月26日合格

乙5.jpg 7777.jpg 乙2高木.jpg
13 乙種2 類 平26年10月10日 合格 14 甲種特類 平26年10月10日 合格 15 甲種特類 平26年11月8日 合格 
乙2  10月10.jpg 高木.jpg 東京高木.jpg

 

 

待望の夢に見た消防説設備士全類13免許取得の軌跡!!

 

扇原全類.jpg

  

16 受験資格がない状況から消防設備士甲種4類の挑戦

消防設備士甲種4類の免許を1回の試験で取得したいと思うはずです。  消防設備士甲種4類の免許を取得するには、甲種消防設備士試験 の受験資格がなくてはなりません。  そのためには、乙種消防設備士免許を取得して2年以上業務に経験が必要だったり、電気、建築関係の学校の卒業生とか建築士や電気工事士とか無線従事者とかの資格がなければ受験できません。  大学も消防設備士試験の受験資格のある学校でなく経済で消防設備士甲種4類の受験資格もありません。 乙種消防設備士を取って2年もの待たなくてはなりません。  どうしても1日で消防設備士甲種4類のの受験資格を取得するする方法がないかと考えました。  

 

17 消防設備士甲種4類の受験資格がたった6時間で取得できる

   消防設備士甲種4類の受験資格を1日で取得する方法をがないかと調べてみるあつたのです。  『第3級陸上特殊無線技士』という無線従事者免許を取得すると消防設備士甲種4類の受験資格が取得できます。

 

  『第3級陸上特殊無線技士』という無線従事者免許はどの様な資格かいうと、パトカー、消防車、タクシーなどの移動局の免許で、タクシー無線などが大表的なものです。 タクシードライバー等が違法通信を行わないための免許で誰でも簡単に取得できる免許です。

 

 1日6時間の講習が行われ、 講習会が始まる前に『第3級陸上特殊無線技士』の免許の申請書の記載をおこないます。  そして法規20問、無線工学20問の4択の問題がわたされます。 同じ問題が10問づづ試験に出題されその場で合格が発表されます。   出題される問題は声を大きくして説明してくれるので99%の人が合格します。  毎月1回、東京で実施されている第3級陸上特殊無線技士の免寄取得講習会で受講することが『甲種消防設備士甲種4類受験資格』の取得方法として1番早い取得方法です。

 陸特.jpg

 

  日本無線協会(本部)は、消防設備士甲種4類の受験資格に該当する『第3級陸上特殊無線技士』の講習会(毎月120名)を実施しています。 講習会は、東京都中央区晴海三丁目3−3 江間忠ビル3階で行われ、受講料金25,835円で実施しております。

 

平成26年度 養成課程の日程、受講料及び募集予定人員          

養 成 課 程 の 種 別 実   施   期   間 受 講 料 募集予定人員
  平成26年  4月18日(金)    
           5月23日(金)    
           6月20日(金)    
           7月17日(木)    
           8月29日(金)    
第3級陸上特殊無線技士          9月26日(金) 25,834円 120名
          10月17日(金)    
          11月21日(金)    
          12月12日(金)    
  平成27年  1月16日(金)    
           2月13日(金)    
           3月27(金)    

 消防設備士甲種4類の受験資格を取得するために6時間の講習を受け、消防設備士甲種4類の受験資格を取得しました。 そして甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許を7ヶ月で取得することができました。   

 

 『第3級陸上特殊無線技士』の講習会の

 

18 甲種4類の免許取得の取得はむつかしいの?  年間17,376人の不合格者

消防設備士の試験は、電気工事士の免許と比較して非常に難しい試験です。  電気工事士の合格率は70%であり、合格させる目的で過去問題と実技試験も公開されて、合格させるのが目的となっています。

 

 消防設備士試験は、消防法、電気・機械、規格省令の3筆記試験の過去問題過去問題は公開されていません。 実技試験は、鑑定、製図試験の過去問題も公開されておらず、甲種消防設備士の合格率は、19.9%であり、乙種消防設備士の合格率は、27.1%と電気工事士の70%と比較くして非常に低い合格率です。原因は、消防設備士試験の過去問題が公開されてないことが大きな原因です。

 

 皆さん消防設備士甲種4類の合格率の実態をご存知ですか?  平成24年度の消防設備士甲種4類の受験申請者は、22,342人おり合格者は4,964人おります。  合格率は22.2%の約5人に1人の合格です。  甲種4類の受験辞退者は、一番多く4,866人で合格者と受験放棄者の数がほぼ同数となっています。 

 

  消防試験研究センターは、平成24年度の消防設備士甲種4類の消防設備士受験申請者の22,342人で合格者で除しておらず、実際に試験会場にきて受験した受験者17,476人で合格者4,964人を除した28.4%の約3人に1人の上げ底合格率をだしております。  当然、3人に1人の合格者なら消防設備士甲種4類の免許はだれでも簡単に合格すると勘違いしてしまいます。 

 

 実際の合格者は、22.2%の約5人に1人の合格ですから、市販の参考書を3冊購入して写真や図面を見ても構造がわからない状況です。 製図書き方や配線の数え方について3分でわかるよう参考書はありませんので1回で合格する人はおりません。 消防設備士甲種4類試験の受験申請する人はまだいい方で申請しない人は相当おります。

 

  消防設備士甲種4類の受験申請して受験勉強が間に合わず4,866人の受験放棄者となっています。  消防設備士甲種4類の受験者申請者は22,342人、消防設備士乙種4類の受験者申請者は12,330人の合計34,672人と消防設備士4類の受験申請が1番多い状況です。 また、乙種4類の受験放棄者は2,378人で甲種乙種全体の受験放棄者は7,244人となっています。

 

 また、平成24年度の消防設備士甲種4類の合格率は、22,342人受験申請して合格者は、4,969人 で22.2%と低い状況です。  消防設備士甲種4類の受験放棄者は、一番多く4,866人で合格者と受験放棄者の数がほぼ同数となっています。 消防設備士甲種4類の不合格者は17,378人と1番多い状況です。

 

 電気工事士の合格率は、70%で10中、7人が合格している高合格率と比較すると消防設備士甲種4類は22%と非常難しい国家試験です。  昔は電気工事士になれない程度の低い人が消防備士の業務についていました。 ところが、現在は消防設備士の合格率から見ると電気工事士より消防設備士の試験は逆転し2.5倍ほど難しくなっています。 

19 電気工事士の合格率72%とやさしく消防設備士甲種4類は、合格率22%難しい!

  消防設備士甲種4類の試験は、合格しやすい様に国家資格の中で1番取得しやすい配点にしております。 消防設備士免許の筆記試験の最低合格ラインは、40点が合格ラインとなっています。 『消防法』『電気・機械』『規格・構造』の筆記試験3科目は、40点、40点、100点の180点でも合格になります。   

 

 国民の生命財産を預かる消防設備士甲種4類の資格が40点でも良いという国家資格はどこにもありません。 毎日、毎日建物が建てられ、消防設備が設置され、半年すぎれば定期点検が行われます。 どうしても消防設備士の60点、60点、60点の合計180点にすると合格率が低いため消防設備士の数が足りなくなります。

 

 総務省消防庁から見ると、昔から消防設備士業界には電気工事士になれない程度の低い人達しか集まりませんでした。 どうしても消防設備士の数が足りないので仕方なく最低合格ラインを40点したのです。 それだも消防設備士甲種4類の合格率は、22.2%の約5人に1人が合格です。   

 

  いつから、この様に消防設備士の試験が難しくなったの? 消防設備士甲種4類の試験内容は難しくなってなくて同じです。  消防設備士の試験は、昔より最低合格ラインを40点に下げてやさしくしても合格率は22.2%と低い状態のままです。

 

 

 電気工事士の試験が70%の10人に7人の合格しやすくなった 理由は、電気工事士過去問題が公称され、実技試験も前もって出題される内容が知らされるので70%と合格率が高いのです。 また、試験回数が消防設備士試験と比較すると非常に少ないことと。 仕事量が多いため電気工事士過去問題の公表と実技問題の事前公開され電気工事士数の増加を図ったのです。 

 

 

 消防設備士の試験問題は、試験会場出入り口で回収されて外部に漏れないようにしています。 消防設備士の過去問題は、電気工事士ように公表しておりません。 市販の参考書は、消防設備士試験のの過去問題でなく『予想問題や想定問題』です。  消防設備士試験の過去問題が公称されていれば90%の合格率となります。  予想問題・想定問題では、消防設備士甲種4類の合格率は、22.2%と約5人に1人の合格がやっとの現状です。  、消防設備士甲種1類の合格率は、14.7% と非常に低い状況です。

 

 消防設備士講習受験準備セミナーの消防設備士講習会や消防設備士通信講座を受講すれば90%の合格率です。  消防設備士甲種特類、甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類の8免許が1年未満で消防設備士講習受験準備セミナー受講生は簡単に取得できてしまいます。

 

 

20 消防設備士甲種4類の過去問題に基づいて作成されて教本で受験すれば

  消防設備士の過去問題に基づいて作成された消防設備士甲種4類の教本、練習問題、鑑定・製図の教本で勉強すれば、消防設備士甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許が7ヶ月で取得できてしまいます。   市販の参考書や他の講習会とちがい消防設備士講習受験準備セミナーの消防設備士講習会・通信講座では『1免許を30日』で取得できてしまいます。  

 

 消防設備士甲種4類の受験放棄者の4,866人の受験者は、消防設備士講習受験準備セミナーの消防設備士講習会・通信講座を受講すれば『1免許を30日』で取得できたでしょう。   また、受験放棄者の4,866人(22%)ほかに12,507人(56%)の不合格者がの合計17,373人が1年間に消防設備士甲種4類の試験から落ちております。  『もったいない! もったいない!』   

 

 

 消防設備士講習受験準備セミナーの消防設備士講習会・通信講座を受講すれば受験放棄者の4,866人(22%)と12,507人(56%)の不合格者の合計17,373人の消防設備士甲種4類の受験者は楽に消防設備士の免許を取得できます。  消防設備士甲種4類の免許取得は非常に取得しやすい免許なのです。

  

  消防設備士試験制度が始まり50年たちますが、10万人の受験者と試験勉強が間に合わず受験申請できない多数の受験者がおります。  50年にわたり市販の参考書で独学で勉強して消防設備士免許取得する方法しかなかったのです。

  

  全国10万人の消防設備士受験者の99.9999%は、市販の参考書で独学で勉強しています。  消防設備士合格率を見ると甲種消防設備士6免許の合格率は19.9%、乙種7免許の合格率は33.7%となっています。  一般的に合格率30%きる国家試験は、市販の参考書が悪いとされ50年間も続いていまだに続いております。 

 

  普通自動車免許を取得する100%の人は、自動車教習所に行き免許を取得しています。  消防設備士取得教習所がないため市販の参考書で独学で50年間勉強するしかなかったのです。 日本で初めて消防設備士全類13免許の講習会と通信講座の教習所が開講されたのです。 消防設備士免許は、自動車免許と同じように教習所に行かなければ取得できない時代です。 

 

 消防設備士講習受験準備セミナーの消防設備士講習会・通信講座を受講すれば短期間で簡単に消防設備士免許が取得できます。 消防設備士全類8免許を1年未満で取得した実績のある優秀な消防設備士講師が取得のお手伝いに当たらせていただきます。 

  

  消防設備士全類8免許 日本最速取得消防設備士講師 

 消防設備士全類(8免許)日本最速取得者(取得期間348日)

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間7ヶ月)

 

免許の種別

 

交付年月日

ユキズミ.jpg 1 甲種2類 H19.10.25
2 甲種4類 H19.11.14
3 甲種1類 H19.11.22
4 甲種5類 H20.03.06
5 甲種3類 H20.04.16
6 乙種6類 H20.05.26
7 乙種7類 H20.06.03
8 甲種特類 H20.10.08

 

 

21 消防設備士講習受験準備セミナーの講習会・通信講座で免許取得状況

 

    消防設備士講習受験準備セミナーの消防設備士講習会・通信講座を受講すれば『1免許を30日』で取得できます。  誰でも『1免許を30日』で取得できるといっても実績がなければ信用しません。 消防設備士免許を見なければだれも信用しません。   実績と信頼があるから消防設備士講習受験準備セミナーの消防設備士講習会・通信講座を受講されるのです。  

 

 実績と信頼があるから、消防設備士甲種4類の免許が『1免許を30日』で取得できるから高い35,000円の料金を支払ってくれるのです。  自動車免許を取得するには30万円間お金を支払います。  なにも全く知らない受験者が消防設備士甲種4類の免許取得には自動車免許と同じようにお金がかかります。 10,000円程度の市販の参考書や他の通信講座で消防設備士甲種4類の免許取得は非常に難しいく数多く受験しなければなりません。

 

 年間22,342人が甲種4類の試験を受け1年間に17,373人(78%)の消防設備士甲種4類の受験者が不合格なっております。  消防設備士講習受験準備セミナーの消防設備士講習会・通信講座を受講ということは『小さな努力・大きな成果』という時間を受講者に販売している会社です。   受験放棄者の4,866人(22%)と12,507人(56%)の不合格者の合計17,373人の消防設備士甲種4類の受験者の人は、講習会を受講して『小さな努力・大きな成果』という時間を購入してみませんか?   2名の甲種4類のカリスマ消防設備士講師が受講者の皆様をお待ちしております! 

  

22 68才からの消防設備士全類8免許を1年未満取得に初挑戦!!

   私は、68才で現在ビルの管理業務をしております。 消防設備免許がないためビル管理について不安になり消防設備士の免許を取得しようと思い立ちました。 消防設備士免許が簡単に短期間で取得できる方法がないかネットで調べてみました。 

 

 日本一の最速で取得した講師が教える教消防設備士講習会と消防設備士通信講座の『消防設備士免許取得教育センター』 を見つけました。  この『消防設備士免許取得教育センター』の最大の特徴は、『超スピードの30日』で『1つの消防設備士免許の取得』できる講習会と通信講座です。 『消防設備士免許取得教育センター』は、消防設備士免許取得時間を受講生の皆様に販売している会社だそうです。

 

 当講習会の合格率は、90%と高合格率の消防設備士試験直前講習会です。 代表講師の宇山講師とお話をしてみますと2学年下だったのでお話があいました。 講習会・通信講座の教本は、小学生の教科書の国語・算数・社会・理科と同じように教本がわかれ整理され覚えやすくなっています。

 

 テキストは、具体的に @消防法  A電気・機械  B規格・構造  C鑑定・製図  D練習問題の5分冊され整理され、覚え安いテキストとなっています。 共通科目の、@消防法 A電気・機械 のテキストは、1類から7類まで同じですので一度覚えてしまえば覚える必要はないので楽でした。 テキストの内容は、過去に出題された内容に基づいて作成されて教本のため薄く効率の良いテキストです。 

 

 私が68才で勉強して甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類及び乙種7類の7免許を7ヶ月28日(1免許取得日数34日)で取得できたのは、このテキストで勉強したからです。 また、消防設備免許を取得しようとする教材を見たり、触ったりすることが出来なければ消防設備について理解できませんでした。 消防設備の鑑定の試験、製図の作成試験も見たり、触ったりすることで良く理解できました。

 

 講習会で、全類の消防設備を見て、さわって構造を理解することが合格につながました。 市販の参考書では短期間で取得することは絶対に無理ですね。  68歳の受講生が甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許を約7ヶ月で取得するには各類の消防設備をさわつて、見て勉強するから簡単に覚えられ免許の取得につながったと思います。

 

消防設備士の免許取得は、『消防設備士免許取得教育センター』の2名の優秀な講師の指導により、全類の消防設備士講習会用消防設備・機器類を見て、触り、構造を理解が短期間の合格につながりました。

甲種4類  消防設備士講習会用消防設備・機器類(自火報受信機・非常放送設備)
018.JPG

   当社の『消防設備士教習所』の過去問題中心に作成されたテキストで勉強したから短期間の合格につながりました。 目標の全類8免許まであとの1免許となり残すは待望のスーパー設備士の甲種特類だけです。  受験勉強を平成27年2月8日までの3ヶ月間勉強して受験を待つだけです。

 

 甲種特類の試験は、消防関係法令、構造・機能、火災及び防火関する知識の3科目です。甲種1類〜甲種5類の免許を取得したばかりですのですので、消防関係法令、構造・機能の2科目は勉強は終了しています。 あとの1科目の火災及び防火関する知識を重点的に勉強すれば良いだけです。 講師と同じように全類8免許を1年未満で取得できると思います。

 

 『消防設備士免許取得教育センター』の講習会・通信講座を受講すれば消防設備士全類8免許を1年未満で取得できると確信できたので8免許の講習料金27万円を一括で支払いしました。 消防設備免許を全類取得できるんだいう気持ちが 講習料金を一括で支払いしました。 車の免許を取得するのに30万円かかります。 27万円で人生を買えるから若い人は頑張ってください!!

 

 現在の消防設備士免許の取得状況は、 1 甲種4類平成26年4月15日合格  2 甲種2類  平成26年5月9日合格  3 甲種1類  平成26年9月1日合格  4 甲種3類  平成26年9月 5日合格  5 甲種5類  平成26年10月20日合格  6 乙種7類  平成26年10月24日合格6 乙種6類  平成26年11月12日合格の7免許を7ヶ月28日の短時間で取得しました。  

 

 1免許34日で取得し、7免許7ヶ月28日の快挙です。  頑張るぞ! 残すは、はあと1免許となり、 甲種特類のスーパー設備士の免許は、平成27年2月8日に挑戦します。全類8免許を68歳の受講生が1年未満で取得する予定です。

 

68才からの消防設備士全類8免許を1年未満取得の合格への軌跡!!

 甲種4類 平成26年4月15日 合格 2甲種2類 平成26年5月 9日 合格 3甲種1類  平成26年9月 1日 合格
小津甲4類.jpg オズ甲種二類.jpg 小津甲.jpg
4 甲種3類 平成26年9月 5日 合格 5 甲種5類 平成26年10月20日合格 6 乙種7類 平成26年10月24日合格
オズ甲種三類.jpg オズ甲種五類.jpg オズ乙種七類.jpg
 乙種6類 平成26年11月17日合格 8 甲種特類 (受験準備中)   
オズ6類.jpg    
1 甲種4類 平成26年4月15日合格  甲種2類 平成26年5月 9日合格 3 甲種1類 平成26年9月1日合格
オズ免許写真.jpg オズ免許写真002.jpg オズ免許写真003.jpg
4 甲種3類 平成26年9月 5日合格 5 甲種5類 平成26年11月2日合格 6 乙種7類 平成26年12月17日合格
オズ免許写真003.jpg オズ甲種五類免許.jpg 7免許オズ.jpg
7 乙種6類平成26年12月17日合格 8 甲種特類 (受験準備中)  9歳の男性 全類8免許349日で取得

7免許オズ.jpg

 8免許.jpg 甲4類 平成26年4月15日合格

 2甲2類 平成26年5月 9日合格

3甲1類 平成26年9月1日合格

4甲種3類 平成26年9月 5日合格

5甲5類 平成26年11月17日合

6乙6類平成26年12月17日合格

7乙6類平成26年12月17日合各

8甲種特類平成27年3月30日合格

 

消防設備士講習会・消防説設備士通信講座

 

 

23 消防設備士甲種4類の試験内容と程度はどの程度か?

 

    消防設備士甲種4類の難易度及び試験の内容と程度は、実際どの程度でしょうか?  実際に甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許を7ヶ月で取得した消防設備士7免許取得者だからどの程度か公平な判断が付きます。   消防設備士甲種4類の試験内容は、筆記試験の消防法、電気の基礎知識、規格・構造の3科目の筆記試験が行われます。  筆記試験が合格した受験者だけが実務試験の鑑定と製図試験が実施されます。

 

  筆記試験の『消防法、電気の基礎知識』は、共通試験で甲種1類〜甲種5類、乙種1類〜乙種7類まで同じであります。 各類の設置面積と設置人員数により設置去れるだけです。 試験のレベル程度は簡単で中学2年生程度の内容です。  消防設備士甲種4類の消防法は、中学生でも簡単に覚えられる程度の内容が消防設備士試験には出題されません。  消防設備士甲種4類の電気の基礎知識、中学2年生で電気の勉強している内容です。 

  

1回受験して覚えてしまえば各類同じなので内容の試験なので、出題される問題は決まっているので受験すればするほど楽になります。  3回ほと消防設備士試験を受験すけば同じですので、試験前に確認のため見る程度で新たに覚える必要は全くありません。  

 

 消防設備士甲種4類の試験は、筆記試験のほかに鑑定と製図試験が行われます。 筆記試消防法、電気の基礎知識、規格・構造の3科目で最低合格点数が40点験以上で合計が180点以上であれば合格とまります。   筆記試験が合格すると実施されていた鑑定と製図試験の試験が採点され60以上であれば消防設備士甲種4類試験が合格となり免許として仕事ができます。

 

 鑑定試験は、難しいの考えた場合、難しくはありません。消防設備士甲種4類設備の部品、受信機、工事器具、点検器具類の名称や使用方法、用途について問われます。 甲種4類の消防設備士としてこれら名称,用途と機能について知らなくては困ります。 甲種4類の消防設備士どうしの共通用語として覚えなくてなりません。

 

 消防設備士甲種4類の講習会受講生は、鑑定の試験のため受信機や感知器等を携帯で写真を撮ったり、教本の写真を撮ったりして名称や使用方法を覚える人が多いです。

 

  消防設備士甲種4類の製図の試験は、立面図のP型の製図は、自動火災報知設備の感知器、発信機の電話応答線、共通線の配線方法、を理論的に覚える必要があります。  耐熱配線の必要な理由に基づいて、ベルの区分鳴動の配線配線方法を理論的に覚える必要があります。 試験問題として出題されるのは、P型の製図試験だけです。

 

 立面図のR型の製図は、各メーカーごとに機能が少しずつ異なるためR型の製図試験は、出題されません。 各メーカーがR型の入力ソフトをメーカー以外は出さないことと各メーカーごとにわざと異なる方法を取っているので試験問題として出題するのは困難になっているからです。

 

 平面図のP型の製図は、感知器と感知器との間の配線が送り配線として途中断線や感知器故障により電流が流れないようなにしとております。平面図の配線は、送り配線になっているかの問題です。 感知器を面積で何個設置させ送り配線で配線させるかの問題です。 また、P型の光電式分離型感知器の平面製図で配線方法や光電式分離型感知器からの距離を求める問題出されます。

 

R型の自動火災報知設備のソフトを各メーカーが出さないため民間の消防設備会社は仕事が出来ないようになっています。1個の感知器を交換するのに10万円の費用がかかったりします。 また、R方の感知器はコンピュター機能と構造になり、感知器の設置場所、煙の濃度、設置場所の温度をパソコンで自由に変えられます。 

 

  アバウトに環境温度や煙濃度を変えられるためデジタル(0か1か)でなくアナログ感知器と呼ばれています。 感知器の設置場所、煙の濃度、設置場所の温度を感知器が送ってくるため送り配線しなくてもよく、警戒区域の必要もありません。

 

 P型の受信機は、600uの面積の中で、23個の感知器が設置されていたとすると、受信機が作動した場合、23個のどの感知器が作動したか確認にしに600uの面積を駆け回らなければならない不便な受信機です。

 

24 消防設備士甲種4類の消防設備士講習受験準備セミナー

088.jpg    消防設備士講習受験準備セミナーは、消防設備士全類13免許(甲種特類、甲種1類、甲種2 類、甲種3類、甲種4類、種5類、乙種1類、乙種2類、乙種3類、乙種4類、乙種5類乙種6類、乙種7類)の消防設備士講習会・消防設備士通信講座を行っている国内最大級の消防設備士養成機関です。

 

消防設備士の受験者は誰でも、消防設備士1免許を30日の短期間で取得したいものです。 消防設備士受験準備合格セミナーは、消防設備士甲種4類の受験者が30日で取得できる消防設備講習会や消防設備通信講座を実施しております。

  

  消防設備士講習受験準備セミナーの講習を受講するこで超スピードの30日』で『1消防設備士免許の取得』できるのが特徴です。 全類8免許8年かけて100%の合格率より、全類8免許1年未満のスピードで取得することが1番大事なことです。

 

 消防設備士甲種1類〜5類乙種6類、乙種7類の7免許を7ヶ月で取得できるとお話すると、できる訳がない、お前は気がくるっているとか、バカなことを言うなとか、世の中にそんなやつがいるか? 当然、消防設備士免許を見せてろと最後に言われたりします。 どうしても実績がなければ信頼をえられません。  

 

『消防設備士受験準備合格セミナー』の甲種4類消防設備士講師

 

   消防設備士講習受験準備セミナーの2人の消防設備士講師は、講師の実績・信頼・実力を示すため、消防設備士全類8免許を1年未満のスピードで取得した消防設備士の免許の写真をホームページに掲載しております。  日本中の消防設備士講習会や消防設備士通信講座では、消防設備士免許を掲示して、消防設備士講習会や消防設備士通信講座実施ているところはどこもありません。  消防設備士講習受験準備セミナーだけであります。 

 

  消防設備士の免許の取得は、一番大事なのは短期間で取得することが100%の合格率より大事です。 8年かけて100%で合格率よりするより、 8免許全類を1年未満で取得するスピードが大事なのです。 短期間で複数の消防設備士免許を取得することは、社長や同僚が勝手に頭のいいやだと思われ、会社からは大事にされ、給料も上がり、役職も与えられるメリットがあります。

 

消防設備士受験準備合格セミナーの精鋭な講師陣がお待ちています

 

全類日本最速取得者 (甲種特類の全類を348日)                  甲種1〜甲種5、乙種6、乙種7の7免許を7ケ月取得 消防設備士免許全類を364日で取得                 1免許取得45日で取得
ユキズミ.jpg 幸逸.jpg

 

 

 消防設備士講習受験準備セミナーの消防設備士講師は、消防設備士全類8免許を1年未満で取得した消防設備試験に精通しているプロの消防設備士講師が受講生を支援します。 消防設備士講習会や消防設備士通信講座を受講された受講生は、直接電話ですぐ質問の回答が聞けるのが特徴です。 だから受講者は、短期間で効率よく消防設備士免許が取得できます。

 

 消防設備士講習受験準備セミナーの特徴は、最初通信講座で受講され、その後講習会を受講されてもよいです。 講習会前に教本を受け取り、教本で事前に勉強して質問もできます。その後、講習日に出席でして講習を受講することができます。 

25 消防設備士全類の合格率と甲種4類の全国的合格率の実態

  消防設備士試験の合格率の実態を皆さんはご存知しょうか?  毎年10万人の受験申請者がおります。    5人に一人の2万人が受験勉強が間に合わず、受験放棄して試験会場に行っていません。    甲種1類の試験は、特に難しく、平成24年度の合格率は、13,949人受験申請して合格者は、2,06人です。     また甲種1類の受験辞退者は3,325人です。 合格率は、消防設備士試験の中で1番合格率が低く14.7%と非常に難しい試験です。

 

   甲種4類の試験の受験者数が一番多く、また、平成24年度の合格率は、22,342人受験申請して合格者は、4,969人(22.2%)です。  甲種4類の受験放棄者は、一番多く4,866(21.8%)人で合格者と受験放棄者の数がほぼ同じで合格率は、22.2%と低い状況です。 

 

 

    乙種4類の受験申請者は、12,330 人で合格者は4,038人(32.7%)で合格率は3人に1人となっています。    消防設備士乙種4類の受験放棄者は、2378人(19.2% )で5人に1人放棄しています。 消防設備士4類の甲種、乙種の受験申請者は、34,672人と消防設備士各類の中で1番受験申請者が一番多く申請しいます。  

 

   消防設備士講習受験準備セミナーの2人の消防設備士講師は、講師の実績・信頼・実力を示すため、消防設備士全類8免許を1年未満のスピードで取得した消防設備士の免許の写真をホームページに掲載しております。   日本中の消防設備士講習会や消防設備士通信講座では、消防設備士免許を掲示して、消防設備士講習会や消防設備士通信講座を実施ているところはどこもありません。   消防設備士講習受験準備セミナーだけであります。 

 

  消防設備士の免許の取得は、一番大事なのは短期間で取得することが100%の合格率より大事です。 8年かけて100%で合格率よりするより、 8免許全類を1年未満で取得するスピードが大事なのです。    短期間で複数の消防設備士免許を取得することは、社長や同僚が勝手に頭のいいやだと思われ、会社からは大事にされ、給料も上がり、役職も与えられるメリットがあります。

 

 

消防設備士甲種4類の講習会・通信講座

 

30日で消防設備士甲種4類が取れる消防設備士講習会

 

★  消防設備士講習消防設備がよくわかります !

◎ 消防設備士講習は、基礎的な内容からスタートし、プロの知識まで網羅します。

◎ 「消防法令」「電気・機械基礎知識」「構造・機能規格」「法令、電気・機械基礎知識、構造・ 機能規格の問題集」「鑑定、製図、鑑定・製図問題集」の独自の教本です。

◎ 消防設備士講習で装置・機器の確認、練習問題、製図の練習等、実技対策も万全です。

◎ 消防設備免状への近道だけでなく、実務に非常に役立つ内容です。

◎ 消防設備士全類の講習会を実施しており、自由に質問できる消防設備士講習会です。

◎ 甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類の全ての消防設備・機器類に触れることができ、鑑定、機器の構造の専門知識が無理なく得られます。

  018.JPG

 試験傾向に沿った講習会!

◎ 消防設備士講習の受講生から試験問題の聞取り調査、購入等により最新の出題傾向を 分析し、講習・教材に反映しています。

◎ 消防設備士講習会のテキストは、消防設備士試験過去問題に基づいて作成されるため15mmとびっくりするほど薄いです

◎ 出題される必要な項目・ポイントがまとめられた消防設備士講習の教本は、講評です。

◎ 消防設備士講習の教本は、学習効率を考えて法令、電気・機械の基礎知識、構造・機能    規格、鑑定・製図、練習問題、解答集と使いやすく6分冊にした。

◎ 市販の教本とことなり、消防設備士講習の教本は、最新の出題傾向問題を直ちに掲載するため、そのつど印刷をかけ短期間で改訂してます。  

◎  鑑別問題・製図問題には、実際に出題された問題が多く乗せられており、最新の出題傾向を徹底分析短期間で改訂した消防設備士講習の教本です。

◎  当消防設備士講習会では、当社独自作成の全類消防設備の教本を使用するため市販参考書等を購入する必要はありません。

 

 消防設備士資格の取得しやすい講習方法

◎ 消防設備士講師の経験と長年にわたるノウハの蓄積が、自信を持って受講生の皆さんにおすすめできる消防設備士講習会です

◎消防設備士講習の全類のテキストは、ここが大事と必ず覚える重要項目を指摘し、1年以内に合格できるよう薄い厚さに整理されて覚えやすい工夫がされています。

◎ 30日〜45日の学習時間で目標の試験日に合わせる事ができる消防設備士講習会です。覚えやすい工夫されたテキストにより筆記も実技試験も攻略できます。

◎ 消防設備士試験に出題されるポイントが明確なため、ポイントをつかんで効率よく勉強できる消防設備士講習です。

◎ カラー写真や図・表を使ってわかりやすく15mmと薄くまとめてあるテキストなので勉強のテンションが上がり合格につながります。

◎ 消防設備士過去問題を消防法令、電気機械、規格・機能、構造、鑑定及び製図問題を多く用意し多く解くようにしてあります。 

◎ 鑑定試験は、実際に消防設備・機器類に触れることにより記憶が深くなり、写真もカラーなので明確に覚えられる消防設備士講習です。

◎ 製図試験は、消防設備の機能を理論的に覚えるため、製図の上にトレーシングペーパーのせ何回も写したリ、書いたりすることなく覚えられます。

★ 最近の講習受講者の特徴

 ビル管理会社、メンテナンス会社、警備会社、消防設備施工及び消防設備メーカーの社員の多数の方が受講されています。  民間の会社でもここ数年、段階の世代の先輩の方が多数退職され消防設備士資格を持った社員いなくなるため、後輩社員は消防設備士資格を取得を会社から求められて若い社員も多いです。 また、定年後に消防設備資格を取得し新たな第二の人生を歩む方も多いです。 73歳で甲種特類から全類を2年3ヶ月で取得された方もおります。

良い消防設備士講師のいる消防設備士講習会

  消防設備士講習会で消防設備士免許取れるのか? 消防設備の製図の作成指導のできない消防設備士講師のいる質の悪いい消防設備士講習会もあります。 誰しも心配しますが消防設備士講師のよしあしが非常に大事になります。

  良い消防設備士講師とは、例えば全類消防設備士8免許を1年未満で取得とした日本最速取得者講師が指導する講師が消防設備士講習の良い講師といえます。 

 消防設備士全類(8面免許)の資格を取得している講師か? 消防設備士免許全類を1年未満の短期間で取得している実績のある講師なのか? 1年を通して消防設備士講習会を行っている講師なのか?  消防設備士講師がどの様な経歴を持つ講師なのか?質問や疑問が出てきます。

  例えば消防設備士全類を1年未満で取得し、消防設備メーカーで5年もの実務経験のある消防設備士講師とか、元総務省消防庁予防課職員で消防設備士全類を1年未満で取得した消防設備士講師とか、消防設備士免許取得に実績のある講師の指導を受けたいものです。 

 全類消防設備士免許が短時間で取得 できる!

 当消防設備士講習で、1年以内で全類の消防設備士免許を取得した受講者が多く短期間で消防 設備士免の取得できるのが特徴です。

 例えば、甲種特類、甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類の8資格免許を1年以内で取得するわけですから45日で1資格免許を取得できます。 当消防設備士講習会及び通信講座は、1年以内で全類消防設備士免許を取得できる消防設備士講習なので自信を持ってお奨めできます。

 消防職員の受講生の激増

   ここ数年、消防職員の方は、段階の世代の先輩の方が多数退職されて消防同意、消防設備等着工届、消防設備設置届等にたずさわる職員が少ない状況があります。  また、消防機関の広域化が5年以内に実施されます。 合併により無免許職員は他の現場業務に配置転換されたり、適材適所の人事異動のためにも消防設備士の資格が必要です。

 受講された消防職員かから『ここの講習会は、必要な消防設備の製図設計図面の作成、配管及び配線が読めるようになり、消防設備等の完成検査及び消防設備等の完成済証の作成に非常に役立、短期間で消防設備士資格が取得できます。  他の消防職員に教えてあげたい。』とのお話が多くあったので、消防専門の月刊誌『近代消防』『1年で全類の消防設備士免許を取る。』の消防設備士講習会の広告を掲載させていただています。  

 実施ている消防設備士講習会及び通信講座の種類

 当消防設備士受験準備合格セミナーは、日本で初めて全類の講習会及び通信講座を実施している「消防設備士受験準備合格セミナー」であります。  忙しくて時間のない方や講習会場が遠方のため講習会に来られない方に通信講座をも行っております。

 

 消防設備士13資格免許のうち、本講習会・通信講座は、甲種特類、甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種1類、乙種2類、乙種3類、乙種4類、乙種5類、乙種類、乙種7類の全類の講習会・通信講座を実施しております。

 

 

 消防設備士甲種4類の講習会の教本の特徴

 消防設備士講師の経験と長年にわたるノウハの蓄積が、自信を持って受講生の皆さんにおすすめできる消防設備士講習会です。
消火器しか見たことのない人でも全類8消防設備士免許(甲種特類、甲種1類、甲種2類・甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類)が1年以内に取得できる消防設備士講習会です。
消防設備士全類のテキストは、ここが大事と必ず覚える重要項目を指摘し、1年以内に合格できるよう薄い厚さに整理されて覚えやすい工夫がされています。  
30日〜45日の学習時間で目標の試験日に合わせる事ができる消防設備士講習会です。覚えやすい工夫されたテキストにより筆記も実技試験も攻略できます。
消防設備士試験に出題されるポイントが明確なため、ポイントをつかんで効率よく勉強できます。
カラー写真や図・表を使ってわかりやすく薄くまとめてあるテキストなので勉強のテンションが上がり合格につながります。
消防設備士過去問題を消防法令、電気機械、規格・機能、構造、鑑定及び製図問題を多く用意し多く解くようにしてあります。
鑑定試験は、実物に触れることにより記憶が深くなり、カラー写真なので明確に覚えます。
製図試験は、消防設備の機能を理論的に講習会や教本で構造・機能1回聞けば1回で覚えので、他社の講習会や通信講座のようにトレーシングペーパー50枚も配布しません。
  当消防設備士講習で全類日本最速取得(全類取得期間348日)消防設備士講師と全類日本第2位取得(全類取得期間364日)消防設備士講師の2名が消防設備士講習会でお待ちしております。

 

 

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成24年度) 上げ底合格率 20統計.jpg

  当社の消防設備士教習所の消防設備士受験生の高木さんは、甲種1類、甲種3類は難しいと思い最初から複数受験の申込をしていました。 また、合格発表まで次の試験を受験しなければならない状況におかれていました。 

 

 消防設備士試験は、毎年10万人が受験申請し5人に一人の2万人が受験放棄して試験会場に行っていません。 平成24年度の甲種4類の試験の受験者数は、22,342人と2番目に多く、合格者は、4,969人の合格率は、22.2%と低い状況です。  甲種4類の受験辞退者は、一番多く4,866人でほぼ合格者と同じです。

 

 

26 消防設備士甲種4類免許及び乙種4類免許の合格率の低い現状

 消防設備士乙種 4類の受験申請者は、12,330人で合格者は4,038人で合格率は32.7%です。 受験辞退者は、2,378人となっています。    甲種、乙種4類の全体の受験申請者は、全体で34,672人と4類受験者が一番多く7,244人(20.8%)が試験会場きません。  

 

   乙種4類の受験資格は、だれでも受験できます。    甲種の受験資格は、@ 乙種消防設備士免状を取得してから、2年間の消防設備の整備実務経験がある人 A 工事整備対象設備の工事の補助4やとして5年の経験のある人 B 電気工事士等の資格がなければ受験できません。

 

    甲種4類受験申請数は、22,342人が甲種4類の受験申請しています。     現実に消防設備士として、業務に携わっていられる方が対象となりますので、何も知らない一般の方がまず甲種消防設備士試験を受験する事はあまり無いと思われます。    消防設備業界に勤務していても、なかなか消防設備士の免許が取得できない状況です。

 

    業界の勤務者の間では、「職歴だけ長くてモノ知らん・資格も取れないやつが多すぎ(笑)」とか。    入った時にメチャ偉さうにしていたやつが、甲種1類落ちまくっているとか(苦笑)(苦笑)」とか、 20年歴の口ばっかりのタコ助と言われたり」、 「消防設備業務に携わり特例工事したり、特例の配線や配管工事しているから試験では不合格とか」 「仕事やりながらじゃないと資格取るのは困難。テストやるにも設備の仕組みが本じゃわからんからね」 配管や配線の配置方法が解らないとか現状で免許の取得が困難な状況が発生しています。

 

   甲種4類の受験者は、独学で市販されている1万円程度の参考書での合格するのは困難な状況です。 合格するまで何回も何回も受験したり、ストレスがたまり、数年にわたり受験してあきらめてしまう受験者が相当数おります。

 

27 消防設備士業務についていなければ甲種4類免許の取得は無理?

  なぜこんなに免許が取れない状況が発生しているでしょうか? 冷静に現状を考えて見ると色々な条件が発生しておりますが、本当に現実に消防設備士として、業務に携わっていないと無理なのか?   消火器しか見たことがなく、工事をしたことのなく、甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許を7ヶ月で取得し、甲種特類を含めた8免許全類を348日で取得している消防設備士講師もおります。

 

   消防設備工事に携わったことが無いが、消防立ち入り検査で消防設備を見ている元消防職員は、8免許全類を364日の1免許45日で取得した、消防設備士講師もおります。    これらの実態を冷静に見ると消防設備士資格の取得の講習会やスクールといった教育機関で50年間にわたり教育をしなのが原因です。

 

    実際に消防設備士受験準備合格セミナーで消防設備士講習会や消防設備士通信講座を消防設備士講師が実施してみると受講者は、平均30日〜40日で消防設備士免許を取得している状況です。   この様な教育機関が無いから、講習をしないから消防設備士免許が取得できないことを確信しました。  講習を受講すれば超スピードで消防設備士免許は取得できます。

 

電気工事士試験は、過去の問題も公開され、実際に行われる実技試験の問題も公表されて52%と高合格率なっております。 

▲このページのトップに戻る