固定スペース

消防設備士になるには消防設備士免許を取得

 消防設備士なるには、一言で「消防設備士免許を短時間で簡単に取得」することです。  消防設備士免許を短時間で簡単に取得方法は、当社の「消防設備士教習所」の消防設備士全類8免許を1年未満で取得できる講習を受講するとです。

 

 平成16年6月に消防設備士甲種特類の免許が新設され、消防設備士免許の種類が7免許が免許に増えました。

 

  私が消防設備士全類8免許を1年未満で取得しようと考え、今まで誰も取得したことのない全類8免許を取得することです。 誰も全類8免許を取得取得した事がないので、取得すれば日本一最速の消防設備士免許取得者になります。 消防設備士免許が取得できるかどうか、あえてやってみる挑戦的な冒険です。

 

 消防設備士全類8免許を1年未満で取得したなら消防設備士教習所設立に向かって夢の実現の行動は楽しいものです。 消防設備士全類8免許を1年未満で取得したなら、消防設備士講師として指導力と実績を付けたことになります。

   

日本最速全類8免許取得のスーパー消防設備士講師

 14年前の甲種特類の免許ができ7免許が8免許になった。

日本で最初に全類8免許を年未満(364日)で取得した消防設備士

 

免許の種別

 

交付年月日

コウイツ免許.jpg 1 甲種4類 H16.10.26
2 乙種7類 H17.01.28
3 甲種1類 H17.02.28
4 乙種6類 H17.03.03
5 甲種2類 H17.07.07
6 甲種5類 H17.08.05
7 甲種3類 H17.10.13
8 甲種特類 H17.10.25

  当社のもう1名の消防設備士講師は、 消防設備士7免許を7ヶ月で取得し、消防設備士全類8免許348日で取得しています。

 

日本最速全類8免許取得のスーパー消防設備士講師

 11年前消防設備士全類(8免許)日本最速取得者(取得期間348日

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間7ヶ月)

 

免許の種別

 

交付年月日

宇山免許.jpg 1 甲種2類 H19.10.25
2 甲種4類 H19.11.14
3 甲種1類 H19.11.22
4 甲種5類 H20.03.06
5 甲種3類 H20.04.16
6 乙種6類 H20.05.26
7 乙種7類 H20.06.03
8 甲種特類 H20.10.08

  

消防設備士免許は国家試験で1番取得しやすい免許

 当社の消防設備士教習所の11名の受講生が、実際に1免許をたったの「12日〜30日での取得」消防設備士全類8免許90%〜100%」の合格率で取得させたことを証明するため、実際に取得した消防設備士免許の写真をネットに掲載しました。

 

 消防設備士1免許が「12日〜30日」で取得できる事実と消防設備士全類8免許を合格率「90%〜100%」で取得している事実を証明しております。

  

   消防設備士免許の1免許や2免許を掲載して合格率100%と言っても証明することはできません。  あえて、消防設備全類8免許の実物の写真をを掲載することで、1免許の取得期間12日〜30日で取得したことがわかります。

 

 例えば、甲種5免許を60日で取得したならば1免許の取得期間は12日になります。  12日、12日、12日、12日、12日連続5回したことになります。  

 

 例えば、7免許を100日で取得したならば1免許の取得期間は14日になります。  14日の間隔で7連続の短期間で取得しているので合格率100%の証明になります。

 

 合格率100%の証明するためにあえて取得した消防設備士類8免許の写真を掲載して「合格率100%」を証明しました。  

 

 この様に短期間「合格率100%」で取得できる国家試験はありません。  だから消防設備士免許は、全国の国家試験の中で一番やさしい試験と言えます。

 

消防設備士教習所の講習会受講生の免許取得状況

   消防設備士免許は、消防設備士講師が消防設備士免許を取得するのは、講師自身の努力によるものです。  消防設備士教習所の受講生の免許の取得状況は、消防設備士講師の指導力によるものです。

 

 講師の指導力がなければ、消防設備士教習所の受講生は消防設備士1免許は、合格率100%で12日〜30の短期間で取得できません。 

 

 消防設備士甲種1類〜甲種5類の『甲種5免許を60日で取得』し、 甲種1類〜乙種7類の7免許が100日で取得しました。  昭和40年から消防設備士免許制度が始まり、半世紀の53年間の中で1免許が14日で取れ、「1免許の取得14日」7回も連続して取り続けられた驚嘆する快挙です。

消防設備士全類(8免許)取得期間日本第1位(取得期間219

甲種特類、甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(100日)

 

免許の種別

 

交付年月日

斎最速免許.jpg 1 甲種1類 H28.05.18
2 甲種2類 H28.05.18
3 甲種4類 H28.06.21
4 甲種5類 H28.07.11
5 甲種3類 H28.07.19
6 乙種6類 H28.08.31
7 乙種7類 H28.08.31

  

 消防設備につてなにも知らない文系女子の23歳の私は、消防設備士全類8免許が1年以内に取得できる『日本一最速の講習会』の言葉を信じて受講してみました。   実際に消防設備にさわったり、配線や配管を実際におこない目でみて覚えてしまい全類8免許を1年未満で取得しました。 

 会社併合前に甲種4類を取得し、併合後に残りの7免許を6ヶ月で取得しました。  女性消防設備士の快挙 (全国女性の消防設備士の中で、日本最速の女性全類8免許取得者になりました。)

 甲種1類〜甲種5免許、乙種6、乙種7免許を10ヶ月で取得 

  消防設備士全類(8免許)取得期間351日で取得

免許の種別

 交付年月日

千木良舞.jpg 1 甲種4類 H28.08.23
2 甲種2類 H29.02.20
3 甲種5類 H29.03.29
4 甲種1類 H29.04.17
5 甲種3類 H29.05.15
6 乙種6類 H29.06.22
7 乙種7類 H29.07.19
8 甲種特類

H29.8.04

 

 

なにも知らない文系女子の私に対する評価と講習会トメリットについて

 社内では、消防設備士全類8免許を短期間の取得したことにより、周りの同僚社員からの高評価も合わせれば、料金的に安すぎるくらいだと思う。  相談ごとには親身になってアドバイスしくれる 楽しい講習会ですよ。

 何といっても消防設備の実物を目で見て触れられること。 何故その造りをしているのかを理論的に解説してくださるので覚えやすい。  わからないことがあってもすぐに電話で教えてもらえます

 

 どんな消防設備についても構造が解るので仕事がスムーズに対応できる。  また、全国女性の消防設備士の中で、日本最速の女性全類8免許取得者として仕事の自信を深めました。 

 

消防設備士講習会及び通信講座の申込はこちら

 

 

 

  69歳の私は、消防設備士1免許を2日間の講習を受講して、7免許を8ヶ月で取得しました。 1免許が34日で取れ「1免許の取得34日」7回も取り続けられた快挙です。   全類8免許を349日で取得し、73歳になった現在でも銀座で働けるのは、消防設備士免許のおかげです。  1回の講習料金で2回、3回でも受講できるうれしい講習会です。 現在、宇山さんの紹介で東京理科大学の小林恭一教授の予防塾でソフトの勉強をしています。  

 消防設備士全類(8免許)取得期間日本第2位(取得期間349日

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間8ケ月)

 

免許の種別

 

交付年月日

8免許.jpg 1 甲種4類 H26.04.15
2 甲種2類 H26.05.09
3 甲種1類 H26.09.01
4 甲種3類 H26.09.05
5 甲種5類 H26.11.25
6 乙種6類 H26.12.17
7 乙種7類 H26.12.17
8 甲種特類 H27.03.30

 

 

 

 51歳の私は、会社の研究総務部 施設グループで管理の仕事をしております。 先輩の防火管理者が近く定年になった後、防火管理者として消防設備防火管理の知識が必要になります。  ネットで日本最速で消防設備士全類8免許が取得できる「消防設備士教習所」を見つけ、ためしに乙種6類の講習を受講しました。 ここなら全類8免許を取得できると確信して全類8免許を1年で取得しました。   ハードだけでなくソフトの知識が必要になり、現在は、宇山さんの紹介で「東京理科大学の小林恭一教授の予防塾」ソフトの勉強をしています。

  消防設備士全類8免許取得1年

免許の種別

 交付年月日

樋口.jpg 1 乙種6類 H29.08.28
2 乙種7類 H30.02.05
3 甲種5類 H30.02.20
4 甲種1類 H30.03.20
5 甲種4類 H30.05.14
6 甲種2類 H30.07.26
7 甲種3類 H30.08.27
8 甲種特類 H30.09.19

 

 

  

 

 60歳の私は、定年退職後に大手マンショウ管理会社に勤務したので消防設備の知識が必要になりました。   日本最速で消防設備士全類8免許が取得できる「消防設備士教習所」にいき「消防設備士7免許を8ケ月で取得」し全類8免許を取得しました。   ハードだけでなくソフトの知識が必要になり、現在は、宇山さんの紹介で「東京理科大学の小林恭一教授の予防塾」ソフトの勉強をしています。

  消防設備士全類(8免許)取得

 免許の種別

 交付年月日

山田2.jpg 1 甲種2類 H28.02.20
2 甲種4類 H28.03.22
3 甲種1類 H28.05.10
4 甲種3類 H28.07.11
5 甲種5類 H28.09.15
6 乙種7類 H28.09.20
7 乙種6類 H28.10.18
8 甲種特類 H29.04.25

 

 

 

 消防設備と全く無関係な会社に勤務していた51才の私は、定年後の将来の事を考えて平成29年10月に消防設備士全類8免許1年」で取得しました。   平成30年5月1日から転職して消防設備会社の正社員になり、給料も上がり、新会社に勤務しています。

  消防設備士全類(8免許)取得

免許の種別

 交付年月日

甲種特類免許.jpg 1 甲種4類 H28.10.12
2 乙種6類 H29.02.15
3 甲種5類 H29.02.20
4 乙種7類 H29.04.26
5 甲種1類 H29.05.01
6 甲種3類 H28.09.27
7 甲種2類 H29.09.28
8 甲種特類 H29.10.27

 

 

 

 私は、ネットで日本最速で消防設備士全類8免許が取得できる「消防設備士教習所」を見つけ、将来の事を考えて消防設備士7免許取得しまた。   ハードだけでなくソフトの防火管理の知識が必要になり、現在は、宇山さんの紹介で「東京理科大学の小林恭一教授の予防塾」ソフトの勉強をしています。  甲種特類の合格通知を待つだけです。

  消防設備士全類(8免許)取得

免許の種別

 交付年月日

鈴木.jpg 1 甲種1類 H29.09.07
2 甲種4類

H30.01.16

3 乙種6類 H30.06.21
4 甲種5類 H30.09.12
5 乙種7類 H30.09.18
6 甲種3類 H30.10.26
7 甲種2類 H31.02.18
8 甲種特類 H31. .

 

 

 

  私は、消防設備の3大メーカーのホーチキに勤務して18年前に独学で甲種4類の免許を取得しました。   12年前に現役の消防職員だった宇山さんと知り合いになり、無料で残りの7免許を教えていただきました。 「消防設備士全類8免許」したので会社の役員になれました。

 消防設備士全類(8免許)取得

 免許の種別

 交付年月日

おざわ免許.jpg 1 甲種1類 S63.04.25
2 乙種6類 H18.02.23

3 甲種5

H18.07.21
4 甲1種類 H18.10.24
5 乙種7類 H19.01.24
6 甲種3類 H19.01.25
7 甲種2類 H19.04.12
8 甲種特類 H20.03.17
  私は、20年前に「独学で甲1類と甲2類」の2免許を取得しました。   社長の指示で「甲種特類の免許」を短期間で取得し、新しい消防設備の開発を依頼れました。   そのため、日本最速で「甲種特類が取得できる講習会」を受講して免許を取得しました。   ハードだけでなくソフトの勉強が必要となり、 現在、宇山さんの紹介で東京理科大学の小林恭一教授の予防塾でソフトの勉強をしています 。  

 消防設備士全類(8免許)取得

 免許の種別

 交付年月日

傍島免許.jpg 1 甲種1類 H08.10.23
2 甲種2類 H12.03.08

3 乙種6

H27.05.22
4 甲3種類 H27.07.14
5 甲種4類 H27.08.27
6 甲種5類 H27.09.18
7 乙種7類 H27.12.04
8 甲種特類 H28.02.08

 

日本一最速で消防設備士免許が取れる講習会

講師.jpg 誰でも小さな努力と短時間の勉強で消防設備士免許を取得したいものです。 

昭和40年から53年間の半世紀にわたりこの様な消防設備教習所は、今までありませんでした。

 

 驚くことに、消防設備士1免許が12日〜30日で取得でき、消防設備士全類免許が1年未満で取得できる消防設備士教習所あったのです。

  

日本最速で消防設備免許が取得できるこの「消防設備教習所」は、消防設備を実際に見て、さわって覚え右脳で活用するため高速で大量のものを簡単に覚える」ことができるからです。   

直感的にイメージ(映像)を見たまま高速で簡単に記憶」することができるから「12日〜30日で1免許を取得」することができるのです。 

左脳.jpg

 

 消防設備士全類免許が短時間で簡単に取得できる「消防設備士教習所」

 

 平成16年6月に消防設備士甲種特類の免許が新設され、消防設備士免許の種類が7免許が免許に増えました。

 

令和元年 消防設備士講習会予定表

回数 類 別 講 習 会 開 催 年 月 日 受 験 地 ・ 試 験 日 空席有無

4

甲種1類講習

 乙種1類講習

令和 元年4月 日(土) 14日(日)

  満席終了

5

甲種4類講習

乙種4類講習

令和 元年4月20日(土) 21日(日)

  残1席

6

甲種1類講習

乙種1類講習

令和 元年5月11日(土) 12日(日)

  残3席

 

7

甲種3類講習

乙種3類講習

令和 元年5月11日(土) 12日(日)

  残1席

甲種4類講習

乙種4類講習

令和  元年5月25日(土)26日(日)

  残4席

 9

甲種5類講習

乙種5類講習

令和  元年6月8日(土) 9日(日)

  残2席 

回数 類 別 講 習 会 開 催 年 月 日 受 験 地 ・ 試 験 日 空席有無
10

乙種6類講習

令和 元年 6月8日(土)

  残2席
11

甲種1類講習

乙種1類講習

令和 元年6月 22日(土)  23日(日)

  残4席
12

甲種2類講習

乙種2類講習

令和 元年6月22日(土) 23日(日)

  残3席

13

甲種4類講習

乙種4類講習

令和 元年7月 6日(土) 7日(日)

  残6席

14

甲種1類講習

乙種1類講習

令和 元年7月20日(土) 21日(日)

  残5席 

15

甲種3類講習

乙種3類講習

令和 元年7月20日(土) 21日(日)

  空席有 

16

甲種4類講習

乙種4類講習

令和 元年8月3日(土) 4日(日)

   空席有

17

甲種1類講習

乙種1類講習

令和 元年8月24日(土)25日(日)

  空席有 
回数 類 別 講 習 会 開 催 年 月 日 受 験 地 ・ 試 験 日 空席有無

18

甲種4類講習

乙種4類講習

令和 元年9月 14日(土) 15日(日)

  空席有 

19

甲種1類講習

 乙種1類講習

令和 元年9月28日(土) 29日(日)

  空席有 

 

 

  

消 防 設 備 士 講 習 会 場

※1 千葉市土気商工会館2階会議室  千葉市緑区あすみが丘1―4 5ー3 土気駅より7分 

講習会お問い合わせ電話 電話043-309-8791   携帯090-4613-3479  

 

定  員  消防設備士試験消防設備士講習は、35名程度(定員になりしだい締め切りとさせていただきます。)                                                    

 

 講習は、消防設備士講習会と消防設備士通信講座があります。 どうしても遠方の地方の方は通信講座を受講されます。 

※ 通信講座を受講され休日が取れたので消防設備士講習会を受講されても料金は通信講座で支払い済みですので無料です。 ※ 最後まで面倒みます!!

 

講習時間 

  9時受付   9時15分〜11時30分(講習会)  11時30分〜12時30分(食事)  12時30分から17時(講習会) 甲種消防設備士及び乙種1類〜乙種5類(2日間)  乙種6類、7類(1日)  

 

消防設備士講習会の講師

 日本最速 で全類消防設備士8資格を1年未満で取得した実績のあるカリスマ防設備士講師 3名の消防設備士講師全国の消防設備士受験生短期間で自信を持って合格させています。

  食事は、 千葉市土気商工会館近くにガスト、とんかつ屋、ラーメン屋、和食、寿司屋等があります。

   消防設備士講習会で消防設備・機器類に触れることができその場で鑑定の勉強30分で 製図が理論的 に書けるようになり機器の構造が無理なくおぼえられるのが特徴です。
 

 消防設備士講習会のテキストは、消防法、電気・機械、規格省令・構造、鑑・製図、練習問題、解答集の6分冊になっております。   教本が各教科ごとになっているので、市販の参考書とことなり頭の中が整理され覚えやすくなっています。   試験に出る重要ポイントだけに絞っているのでびっくりするほど薄いので(2cm)勉強のテンションが上がります。 

 別の市販消防設備士講習の教本を買っていただく必要はまったくありません。

   消防設備士講習会前に勉強したい方は事前に消防設備士講習会の教本を送付いたします。
 消防設備士講習会場は※公共交通機関をご利用ください。(土気駅から徒歩7分

土気.jpg 遠方の方から消防設備士講習会に来られる方は、土気駅直近(1分)ビジネスホテルがございます。宿泊をご希望される方は事前に予約してください。

   土気ス―ションホテル  

 043-294-9111   料金  シングル6,500円 ツイン11,400円 

 

講    習    会    場     案    内   図

講習会場.jpg

消防設備士講習会及び通信講座の申込はこちら

他社との消防設備士講習会内容、合格率及び講習費比較                     1 実物の消防設備士8免許を掲載し合格率90%〜100%を実証

2    他の消防設備教習所より講習費が一番やすく合格率が一番高い

3 消防設備士13免許講習会を実施

4 1回講習費支払えば何回でも受講できる

5 講習実施回数が一番多く、毎月4免許から8免許の講習会を実施

 

消防設備士講習会の種類 講習会料金 消防設備士通信講習会の種類 消防設備名
消防設備士甲種特類講習 49,000円 消防設備士甲種特類講習 特殊消防設備
消防設備士甲種1類講習 38,000円 消防設備士甲種1類講習 屋内消火、スプリンクラー設備等
消防設備士甲種2類講習 38,000円 消防設備士甲種2類講習 泡消火設備
消防設備士甲種3類講習 38,000円 消防設備士甲種3類講習 不活性ガス、粉末消火設備等
消防設備士甲種4類講習 38,000円 消防設備士甲種4類講習 自動火災報知設備等
消防設備士甲種5類講習 38,000円 消防設備士甲種5類講習 救助袋、緩降機
消防設備士乙種1類講習 29,500円 消防設備士乙種1類講習 屋内消消火、スプリンクラー設備、
消防設備士乙種2類講習 29,500円 消防設備士乙種2類講習 泡消火設備
消防設備士乙種3類講習 29,500円 消防設備士乙種3類講習

不活性ガス、粉末消火設備

消防設備士乙種4類講習 29,500円 消防設備士乙種4類講習 自動火災報知設備等
消防設備士乙種5類講習 29,500円 消防設備士乙種5類講習 救助袋、緩降機
消防設備士乙種6類講習 29,500円 消防設備士乙種6類講習 消火器
消防設備士乙種7類講習 29,500円 消防設備士乙種7類講習 漏電火災警報器

 

他社との消防設備士合格率と講習料金の比較状況

  消防設備士講習会の内容及び講習費等は、各々の会社によりことなります。   

  パナソニック.jpg 

 

 教育.jpg

 

 コムコム.jpg

  消防設備士全ての13種類の免許の講習会と実物の取得免許を掲載して合格率を90%〜100%を明確に証明しているのは会社は当社だけです。

 

※ 1免許取得期間が12日〜30日であれば、また100日で7免許を取得したしたなら、14日、14日、14日、14日、14日、14日、14日の間隔で7免許を取得し、合格率100%の証明になります。  

 

  他社の合格率の証明は、19年間累積合格者が1万人とか記載のみで、1万人実物合格免許掲載して証明はするのは困難です。

 

甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(100日)

 

免許の種別

 

交付年月日

斎最速免許.jpg 1 甲種1類 H28.05.18
2 甲種2類 H28.05.18
3 甲種4類 H28.06.21
4 甲種5類 H28.07.11
5 甲種3類 H28.07.19
6 乙種6類 H28.08.31
7 乙種7類 H28.08.31

 

  乙種消防設備士免許について、他会社は、乙種4類は38,000円、乙種6類は38,000円のみの高い講習で実施しています。 

 

 当社は、乙種1類〜乙種7類の7免許全ての講習を実施し乙種免許の費用は、一番安く29,500円です。  他社の甲種消防設備士免許は、甲種4類のみの講習会で39,000円です。 

 

 当社は、甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類の甲種5免許の講習を実施し、甲種は、38,000円です。 

    

 種1類、乙種2類、乙種3類、乙種4類、乙種5類、乙種6類、乙種7類の全ての講習を実施し29,500円一番やすい料金です。  甲種特類は、当社だけで49,000円で講習を実施しています。 

 

▲このページのトップに戻る