固定スペース

各企業及び団体消防設備士講習会

  各企業及び団体の消防設備士講習会

企業講習会..jpg   段階の世代の消防設備士が数多くリタイヤし、消防設備士が大量に必要になります。 また、これからオリンピックにかけ消防設備士が多数必要になり、消防設備士不足が目に見えています。  これから多数のビルが建設されるため、ビル管理・メンテナンス企業、消防設備施工会社は、どこの企業も人材不足に悩んでおります。  日常の業務を行いながら市販の参考書で独学で勉強してもなかなか合格できない現状です。

 

  大手企業社の新卒採用のほとんど社員は、消防設備士の資格を持っていません。入社後に消防設備士の免許を『緊急・重要・当面』の3縛りをかけ短期間で取得させて育成するようになります。  また、最近は人材不足のため消防設備士免許の無い中途採用者の多くなり、採用にともない30日の短期間で消防設備士免許の取得が求められます。

 

  新卒採用や中途採用の社員の増員でにより仕事の対応を行ったり、社員の増員ができないなら現在いる社員で仕事の対応が求められます。 一人の社員が複数の消防設備士の資格を取得させ仕事を効率的に行うことが求められます。 

 

 各企業・団体等は、企業・団体は集団講習会を実施して消防設備士の増員をはかっています。  社員の増員を図るより一人の社員が複数の消防設備士の資格を取得させ、甲種1免許に対し1万円の資格手当を支給したほうが全体の給料等の支払いの方が安くなります。

 

 大手の建築士からは、複数の消防設備士免許を取得している社員の方が打ち合わせが1回ですみ時間の短縮になり喜ばれています。 建築士は、このような消防設備士を重宝して仕事を回してくれ、長い付き合いをするようになります。会社としてはお互いに非常にメリットがあります。

 

 各企業・団体等発展のため13免許の講習会を実施できる全国唯一 『消防設備士免許取得講習センター』は、各企業・団体等のの要望にお答えできます。 また、『消防設備士免許取得講習センター』の消防設備士免許取得者から中途採用が決まったという話をよく聞かれます。 また、 『消防設備士免許取得講習センター』 は、各企業・団体等から消防設備士の紹介の依頼もあります。

 

 このようなさまざまの名況から1ヶ月位の短期間で消防設備士免許の取得が求められています。 68歳の男性でも『消防設備士免許取得講習センター』で講習を受講されば消防設備士7免許を8ヶ月で取得しています。    『消防設備士免許取得講習センター』の消防設備士講師は、消防設備士全類8免許を1年未満で取得したカリスマ消防設備士講師です。

 

 日本最速全類8免許取得のスーパー消防設備士講師
全類日本最速取得者 (甲種特類の全類を348日)                  甲種1〜甲種5、乙種6、乙種7の7免許を7月で取得      消防設備士免許全類を364日で取得                    1免許取得45日で取得
ユキズミ.jpg 幸逸.jpg

 

   『消防設備士免許取得教育センター』の消防設備士講習会や通信講座を受講すれば消防設備士全類8免許が1年以内で簡単に取得できてしまう免許です。  消防設備士甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許がたった7ヶ月取得でき、30日で1免許が取得できます。

  

     この10年間の間、『消防設備士免許取得教育センター』の多数の受講生により全類8免許が1年未満で取得つづけられて、現在、消防設備士全類8免許を1年未満で取得することは常識の時代になっています。  

 

 また、平成27年3月30日に69歳の男性が消防設備士全類8免許は1年未満の349日で取得した最高齢の快挙です。  日本で初めて13免許が取得できる 『消防設備士免許取得教育センター』という消防設備士教習所が設立されたので、誰でも消防設備士全類8免許は簡単に取得できる時代になりました。

 

  『消防設備士免許取得教育センター』では、全国10万人の消防設備士試験の受験生に消防設備士全類8免許を1年以内で取得させる消防設備士講習会と消防設備士通信講座を開催しています。   最近、平成27年3月30日に69歳の男性受講生は、甲種1類から甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許を8ヶ月で取得しています。  更に平成27年3月30日に甲種特類を取得して消防設備士全類8免許を349で69歳で簡単に取得してしまいました。  平成16年6月に甲種消防設備士免許ができ10年経過し『消防設備士免許取得教育センター』で多数の受講生が全類8免許1年未満で取得しています。

 

 69才で消防設備士全類8免許を1年未満の349日で取得の快挙!!

 消防設備士全類(8免許)取得期間日本第2位(取得期間349日)

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間8ヶ月)

免許種別

 

交付年付日

 

8免許.jpg 1 甲種4類 H26.04.15
2 甲種2類 H26.05.09
3 甲種1類 H26.09.01
4 甲種3類 H26.09.05
5 甲種5類 H26.11.25
6 乙種6類 H26.12.17
7 乙種7類 H26.12.17
8 甲種特類 H27.03.30

 

2 消防設備士免許取得 企業・団体講習会の開催

講習企業.jpg   企業業・団体等は、短期間で消防設備士免許の取得急務となっています。 毎年10万人の消防設備士免許試験受験者の99.999%は、市販の参考書で勉強して消防設備士免許を取得する方法しかありません。

 

 消防設備士試験の合格率は、甲種消防設備士6免許の合格率19.9%で、乙種消防設備士7免許の合格率は、33.7%で甲乙免許の平均合格率は、27.1%です。  この合格率からみて複数の社員が短期間で消防設備士免許を取得するのは非常に難しい状況です。   消防設備士甲種1類〜甲種5類、乙種6類及び乙種7類の7免許を7ヶ月で取得するには、『消防設備士免許取得講習センター』の消防設備士講習会を受講する以外は取得できません。  『消防設備士免許取得講習センター』は、日本で唯一の消防設備士全類13免許の講習会を実施している会社です。

 

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成24年度) 実際の合格率

20統計.jpg

  『消防設備士免許取得講習センター』の消防設備士講師は、消防設備士全類8免許を日本最速で1年未満で取得した実績のある講師です。 消防設備士講師自ら消防設備士免許を短時間で取得し、その経験と信頼を持って受講生の育成をしております。 企業に求められる短期間で消防設備士免許取得に対応できるのは、『消防設備士免許取得講習センター』しかありません。

 

 各企業・団体等は、とにかく最短で資格者を確保したい  多くの資格者が必要になった 独力での勉強は本業に支障を来たしかねない  他の講習会を受けたけど合格できなかった  会社の付近で講習会が開催されていない等の要望に対応できるのは、『消防設備士免許取得講習センター』しかありません。 各企業・団体等へ講師が出張して、資格講習会を開催しております。    企業・団体講習で各企業・団体から求められるものは、消防設備士1免許を30日で取得できる講習会です。                                                                                                

 

最短1日の講習会から、多様なアレンジが可能です。まずは、メール、またはお電話でお気軽にお問合せください。  また、上司に資格を取るように言われたなら、あなたのほかにも資格を必要としている方がいるかどうかを上司に確認なさってみてください。 同じ会社内でなくとも気の合ったお友達で申し込んでも、また近隣の各企業・団体等が集まった企業・団体講習は可能です。

 

「各企業・団体講習」となり、代表者を決めていただきお申し込みから受講に至るまでのご案内を代表者様にさせていただきます。  お問い合わせ、お見積りにつきましては以下「企業・団体様お見積り作成」もしくはお電話にて承っております。まずはご要望をお聞かせください。

企業・団体様専用お問合せ電話番号 090-4613-3479

 

  消防設備士1免許を30日で取得できる講習会の講師として消防設備士全類8免許を1年未満で取得した消防設備士講師が企業・団体の受講生をお待ちしています。

全類日本最速取得者 (甲種特類の全類を348日)                 甲種1〜甲種5、乙種6、乙種7の7免許を7ケ月で取得      消防設備士免許全類を364日で取得                    1免許取得45日で取得
ユキズミ.jpg 幸逸.jpg

 

企業・団体講習会の申し込みはこち

 

 

3 早くこの講習会を知っていたら、免許が簡単に取れた!!

   全国10万人の企業皆さん消防設備士試験の筆記試験の内容は、非常に難しい内容の試験なのでしょうか?   消防設備士試験の筆記試験の内容は、電気は中学2年生でならう内容、機械は高校1年生でならう内容、消防法は高校生でもわかる内容規格・構造、製図は高校生でもわかる程度です。  全体的に見て非常にやさしい取得しやすい内容の試験です。

 

  中学卒業程度の能力があれば、市販の参考書が普通にキチット作成してあれば30日で1免許取得でき7ヶ月で7免許が取れるやさしい国家資格です。   全国10万人の99.99%の消防設備士受験生の皆さんは、市販の参考書で消防設備士の免許を取得する方法しかありません。

 

全国10万人の受験生の皆さんは、『消防設備士免許取得教育センター』の講習会や通信講座 を受講すれば甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許が7ヶ月で、消防設備士全類8免許が348日の1年未満で取得できます 全国で唯一、消防設備全類13免許の講習会と通信講座を実施しているのは、日本で『消防設備士免許取得教育センター』だけです。   

  『消防設備士免許取得教育センター』の講習会と通信講座を受講すれば、簡単に1免許30日で取得でき、消防設備士全類8免許が1年以内で簡単に取得できる免許です。   中学卒業程度の能力で、誰でも普通に努力すれば消防設備士全類8免許が1年以内で 取得できる免許の講習会です。

 

4 日本で一番早く消防設備士免許が簡単に取れる講習会!!

  全国10万人の受験生の皆さんは、『消防設備士免許取得教育センター』の講習会や通信講座 を受講すれば甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許が7ヶ月で、消防設備士全類8免許が348日の1年未満で取得できます。

  消防設備士受験者は、講習会の消防設備士講師がそれだけの実力と実績がなければ講習会を受講しません。  実力と実績があるかどうかは、実際に目に見える消防設備士免許の掲示がなければ、消防設備士講師の実力と指導力の判断できません。  

 

  例えば、消防設備士1免許30日で取得し、7免許を7ヶ月で取得し、消防設備士全類8免許が1年以内で取得した消防設備士免許の掲示があるから安心して受講できます。   実績と信頼のある消防設備士講師の指導と講習により、消防設備士7免許を7ヶ月で取得したり、全類8免許が1年以内で取得できます。

 

日本最速全類8免許取得のスーパー消防設備士講師
全類日本最速取得者 (甲種特類の全類を348日)                  甲種1〜甲種5、乙種6、乙種7の7免許を7月で取得      消防設備士免許全類を364日で取得                    1免許取得45日で取得
ユキズミ.jpg 幸逸.jpg

      

  

  最近の『消防設備士免許取得教育センター』受講生の績は、69歳の受講生が、平成27年3月30日に消防設備士甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許をたった34日で1免許を取得しています。   69歳の受講生は、消防設備士全類8免許を取得期間日本第2位349日で取得されています。   

 

 

 

69才で消防設備士7免許を8ヶ月で全類8免許1年未満取得の快挙!!

 消防設備士全類(8免許)取得期間日本第2位(取得期間349日

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間8ケ月)

免許の種別

交付年月日

8免許.jpg 1 甲種4類 H26.04.15
2 甲種2類 H26.05.09
3 甲種1類 H26.09.01
4 甲種3類 H26.09.05
5 甲種5類 H26.11.25
6 乙種6類 H26.12.17
7 乙種7類 H26.12.17
8 甲種特類 H27.03.30

 

 ※ 『消防設備士免許取得教育センター』の教本は、小学生の教科書は、国語、算数、社会、理科のように系統立て作製されています。    教本は、消防法電気・機械規格・構造製図・鑑定問題集出題される部分のみだから非常に薄く5分冊されています。  消防設備の機器を見たり、触ったり、構造を映像で覚えてしまい、理論で覚えるから簡単に覚えられ免許が短期間で取れます。   

 

 『消防設備士免許取得教育センター』の多数の受講生が超高速スピードで複数の消防設備士免許を取得しています。   この様に、 実際に目に見える合格した受講生の取得免許の掲示があるから信頼と実績を確認できます。  また、消防設備士講師の7ヶ月7免許取得消防設備士全類8免許1年以内に取得した消防設備士免許の掲示があるから安心して講習会や通信講座が受講して免許が取れます。

 

 なぜ 『消防設備免許取得教育センター』の講習会は免許が取れるの

     受講生から講習会とはどんなものですかとよく聞かれます。   なぜ消防設備士免許が取得できるのかいうと、消防設備全類の消防設備資機材や備品を直接見てさわり講習会が受講できるからです。

 

  消防設備資機材や備品を見て触るので百聞は一見にしかずの 例えとおり 映像として簡単に覚えてしまいます。   見て触るので構造が簡単にわかるので、楽に簡単に覚えられるので消防設備士免許が短期間に取得でます。  

 

  講習会の例え話ととして、セブンイレブンに買い物に行き綺麗な女店員さんがいれば顔を覚えているでしょう。  消防設備資機材や備品を見て触るので印象が強いから簡単に覚えられると同じですよとお話をします。

 

 

※全類13免許の消防設備資機材が直接手に取り、見て触れれる講習会

 

甲種1類の講習会用の消防設備資機材

 『消防設備士免許取得教育センター』の甲種1類の講習会は、屋内消火栓及びスプリクラー設備の製図が書けるよう、消防設備部材を床にならべ屋内消火栓及びスプリクラー設備がイメージできるよう配置します。

消防設備士講習会用消防設備・機器類(甲種1類) 消防設備士講習会用消防設備・機器類(甲種1類)
屋内消火栓9.jpg 屋内消火栓7.jpg
すすすす.jpg ややややや.jpg

  

甲種2類の講習会用の消防設備資機材

  『消防設備士免許取得教育センター』の甲種2類の講習会は、泡消火設備のフート弁連成計圧力計、逆止弁止水弁ストレーナー圧力スイッチ末端試験弁流水検知装置一斉解放弁、フォームヘッド、フォームウォータースプリンクラーヘッド、泡ノズル、ライン・プロ等をの製図が書けるよう、消防設備部材を床にならべ泡消火設備がイメージできるよう配置します。

 

  この配置により、泡消火設備の構造がイメージできるので製図が簡単に書けるようになります。  消防設備部材を実際にさわり、さわることで構造が分かり、映像で覚えるので鑑定試験対策も楽に対応できます。

 

甲種2類.jpg ややややや.jpg

 

甲種3類の講習会用の消防設備資機材

    『消防設備士免許取得教育センター』の甲種3類の講習会は、放出口、放出ヘッド、充満表示灯、放出表示灯、容器弁 開放装置、逆 止 弁、操作導管、粉末ヘッド、ハロンヘッド、注意表示標識、圧力スイッチ、圧 力 調 整 装 置を実際にさわり、さわることで構造が分かり、映像で覚えるので鑑定試験対策も楽に対応できます。  ガス系消火設備の構造がイメージできるので製図が簡単に書けるようになります

ガス三類.jpg

 

 

甲種4類の講習会用の消防設備資機材

   『消防設備士免許取得教育センター』の講習会は、各種P型1級受信機、P型2級受信機、P型級受信機、非常放送設備、炎感知器、煙感知器、アナログ感知器、発信機、パイロットランプ、非常ベル、携帯用 送受話器を目で見て、映像で覚えるので鑑定試験も楽に対応できます。

 

   実際に発信機、パイロットランプ、非常ベルの配線を実施するから表示線、共通線、応答線、電話線、ベル線、表示灯線の配線の数え方がわかります。  実際に感知器の送り配線を実施するから製図配線もかけるようになり、簡単に製図試験対応ができる講習会です。

甲種4類講習会用設備 (自火報受信機  非常放送設備)

018.JPG

 

 

甲種5類の講習会用の消防設備資機材

   消防設備士甲種5類(乙種5類)の避難設備は、どんな設備なのか、ほとんどの方はイメージがわきません。 消防設備試験で全体に言えることですがイメージがわかない消防設備は免許が取れません。   

 

  実際に緩降機、つり下げはしご、避難器具用ハッチ、調速器、着 用 具、リール等を取り付け目で見て、映像で覚えるので鑑定試験も楽に対応できます。  実際に調速器、着 用 具、リールを身体に取り付け使用法もわかります。

皮内器具.jpg

 

乙種6類の講習会用の消防設備資機材

  消防設備士乙種6類の消火器の講習会は、8種類の消火器の種類 と 特徴を問われる鑑定の試験が大事になってきます。 そのためカラー写真の消火器を見て回答します。 実際に8種類の消火器を手に取り特徴と形と塗色で名称を覚えます。

 

  また、消火器の部品・部分名が試験に出題されるので、消火器のカットモデルで名称と構造を覚えてしまいます。  点検用消火器の部品・部分具や試験器具を見てさわり覚えてしまいます。  加圧式粉末消火器の @バルブ A加圧用ガス容器 B粉上り防止封板 Cノズル栓とか 蓄圧式粉末消火器の@指示圧力計 Aキャップ Bノズル Cサイホン管とか 化学泡消火器(破蓋転倒式)の@ろ過網 A 安全栓等を講習会で手に取り見て構造を覚え鑑定試験に対応します。

6消火器.jpg

  全国10万人の消防設備士受験生の皆さんは、 自動車免許を取得するのには自動車教習所30万円かけ自動車免許を取得しています。  消防設備士免許を取得するには、今まで消防設備士の教習所はありませんでした。   消防設備士全類8免許を取得するに消防設備士教習所27万円を支払えば取得して取得できます。  消防設備士免許の取得は『大きなお金、大きな成果、小さな楽な努力』で取得できます。

 

市販の消防設備士参考書で勉強する時代は、終わったのです。   消防設備士教習所 『消防設備士免許取得教育センター』消防設備士免許を取得する時代になりました。

また、 『消防設備士免許取得教育センター』は、消防設備士受験生に消防設備士全類8免許が1年以内の超スピードで、超高合格率の90%の合格率で取得できる時間を販売している会社です。

 

6 市販の参考書では消防設備士免許がなかなか取れない理由

   消防設備士免許が昭和40年から始まり50年たちます。  消防設備士免許を取得する全国10万人の消防設備士受験者の99.999%は、自動車教習所のような消防設備士の教習所がないため、50年間も市販の参考書 を購入して独学で免許を取る方法しかありませんでした。   市販の参考書で勉強している全国10万人の99.99%の受験者の合格率は、一般財団法人消防試験研究センタが掲載しているとおりです。  

 

  市販の消防設備士試験の参考書は、非常に品質や出来が悪いため、消防設備士免許が取れない超低合格率のとなっています。  甲種6免許の合格率は 19.9%、特に甲種一類は、14.7%です    甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.1%と超低合格率の免許となっています。

 

  社会一般に30%をきる国家試験は、市販の参考書が悪いと言われております。  消防設備士免許は、市販の参考書の内容がよくないためなかなか免許が取れません。   当然、消防設備士の人数がたりなくなって大きな社会的問題に発展してしまいました。

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成24年度) 上げ底合格率

24年度2.jpg

全国10万人の市販の参考書での本当の合格率をご存知ですか?

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成24年度) 実際の合格率

20統計.jpg

 

  合格率とは、受験料金を支払った消防設備士試験申請者(受験者)で合格者を除した数値が合格率となります。  一般財団法人消防試験研究センターは、実際に試験会場に来て受験した受験者の数で割った誤った合格者を合格率としてだしています。 万人の受験放棄者(101,413−82,260=19,153)を除いて合格率をだしております。 

 

  一般財団法人消防試験研究センターは、正しい合格率27,546(合格者)÷101,413(申請者)27.1%(合格率) です。   虚偽の合格率は、27,546(合格者)÷82,260(試験会場に来て受験者)33.5%(上げ底合格率)をだしています。   毎年、万人の受験放棄者8千3百万円の受験料金がドブに捨てられています。

 

 ※ 万人の受験放棄者最大の原因は、市販の参考書が非常に悪いため消防設備士試験に受験勉強が間に合わないことが1番の大きな原因です。  10万人の超低合格率最大の原因は 市販の参考書が非常に悪いため甲種6免許の合格率は19.9%、特に甲種一類は、14.7%の超低合格率と万人の受験放棄者をみても歴然とわかるでしょう。

 

  消防設備士試験は年2回行われ、市販の参考書の悪いことを知らなければ、19.9%合格率では5回以上の2年半、甲種1類は14.7%で7は回以上の3年半も1免許取得するのにかかります。   『消防設備士免許取得教育センター』の講習会は、簡単に1免許30日 で取得7免許7ヶ月で取得でき全類348日で取得できる免許が、なぜ長期間かかるのでしょうか。  市販の参考書の内容が低く、非常に悪いから免許が取得できないのです。

 

  

7 市販の参考書は、合格しなくても黙って5億円売れる

   社会一般に合格率30%をきる国家資は、教本が悪いとされています。   毎年、10万人の受験者は、しかたなく市販の参考書を購入して消防設備士免許を取る方法しかないのです。  消防設備士免許は、90%の合格率簡単に短期間の1ヶ月で1免許取得できる免許です。  甲種6免許の合格率は19.9% 甲種及び乙種合計平均合格率は、27.1%の超低合格率の非常に悪い参考書でも黙っても売れるのです。 

 10万人の受験者は、1免許取得するのに誰でも市販の参考書を1人平均2冊以上を五千円で購入します。    10万人×五千円=5億円の売り上げになります。   消防設備士の参考書は、黙っていも毎年5億円以上の50年間も売れ続けた超特大ベス トセラーです。  

 出版社は、50年間も黙っていて毎年5億円以上売れるので参考書の内容が悪く超低合格率参考書でもいいのです。  出版社は、消防設備受験者が毎年、合格しなくても5億円以上の売れる参考書だから合格しなくてもいいのです。

   市販の参考書で勉強する全国10万人の消防設備士受験申請者は、驚くことに2万人の消防設備士受験者が試験会場に行かない状況から消防設備士の参考書が非常に分りにくく、受験勉強が間にあわないことは事実です。  

 

      市販の参考書は、系統立てた記載でなく例えば消防法、構造、電気、製図、鑑定、機械内容がじりいあっちに飛んだりこっちに飛んだり頭の整理ができない状況となり、勉強していてもなにを勉強しているか分からない参考書になっています。 

 

  勉強していても何が書いているかわからないので覚えられない現状です。   年間10万人の消防設備士受験者のうち、驚くことに、2万人の受験者が毎年、試験会場に行っておらず受験を辞退しています。 市販の参考書の内容が悪いから受験勉強が間に合わず、受験料金を支払っていても受からないことがわかるので受験しないのです。  毎年、毎年2万人の受験辞退者の受験料金8千3百万円が毎年ドブに捨てられ、もったいないお話です。 

 

 

▲このページのトップに戻る