固定スペース

消防設備士免許を短時間で簡単に取得方法

全国10万8千人の消防設備士受験生の皆さん消防設備士試験の筆記試験の内容は、非常に難しい内容の試験なのでしょうか?  

 

  消防設備士試験の筆記試験の内容は、電気は中学2年生でならう内容、機械は高校1年生でならう内容、消防法は高校生でもわかる内容規格・構造、製図は高校生でもわかる程度の内容です。  

  

 中学卒業程度の能力があれば、「消防設備士受験準備合格セミナーのテキスト」は、非常によく作成されており、講習会は実物の消防設備士資機材を手に取って「 目 」で見て簡単に覚えてしまいます。

 

 「消防設備士受験準備合格セミナー」の講習会や通信講座を受講すれば、消防設備士1免許がたったの12日〜30日で簡単に取得できてしまいます。

 

 また、「甲種特類、甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類」の消防設備士全類8免許が1年未満の短期間で取得できます。 

 

 もっと早く「全国の消防設備士受験生の皆さん」がこの非常に良い情報を知っていたら」、短い勉強時間で、小さな努力消防設備士全類8免許が一年未満で取得できます。

▲このページのトップに戻る