固定スペース

この事を知っていたら、誰でも消防設備士免許は、簡単に短期間で取得できます。

全国10万8千人の消防設備士受験生の皆さん消防設備士試験の筆記試験の内容は、非常に難しい内容の試験なのでしょうか?  

 

  消防設備士試験の筆記試験の内容は、電気は中学2年生でならう内容、機械は高校1年生でならう内容、消防法は高校生でもわかる内容規格・構造、製図は高校生でもわかる程度の内容です。  

  

 中学卒業程度の能力があれば、「消防設備士受験準備合格セミナーのテキスト」は、非常によく作成されており、講習会は実物の消防設備士資機材を手に取って「 目 」で見て簡単に覚えてしまいます。

 

 「消防設備士受験準備合格セミナー」の講習会や通信講座を受講すれば、消防設備士1免許がたったの12日〜30日で簡単に取得できてしまいます。

 

 また、「甲種特類、甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類」の消防設備士全類8免許が1年未満の短期間で取得できます。 

 

 もっと早く「全国の消防設備士受験生の皆さん」がこの非常に良い情報を知っていたら」、短い勉強時間で、小さな努力消防設備士全類8免許が一年未満で取得できます。

 

誰も実物の消防設備士取得免許を見れば信じる

 全国の受験生の皆さんは、誰でもこんな良い情報があると思いますか ?  本当にあるのか? 言葉で記載しても誰も信じません。

 

 信じてもらうには、ネットに掲載された複数の実際に取得した「実物の消防設備士の8免許の写真」を見れば受験者は一目で信じます。  百聞は一見にしかずの例えの通りです。 

 

 『消防設備士受験準備合格セミナー』の多数の受講生が消防設備士全類8免許を1年未満で取得しているしている実物写真の掲載を見れば簡単に取得できる事を確信できます。  

最近の受験準備合格セミナーの免許取得状況

 人生100歳時代、65歳で2000万円(公務員)の貯蓄と言われ、令和の厳しい時代に更に肺炎コロナをどう乗り越えるか大変です。

  

 世の中、現在65歳以上の人が862万人が働いており、肺炎コロナで更に高齢者は就職がなくなつています。 私は消防設備士全類8免許を取得している働く事ができます。

  

 更に、これからの10年は、703の仕事の47%がロボット仕事を奪われ仕事がなくなります。

 

 消防設備士免許は、講習会を受講しなければ、なかなか免許が取得できません。  消防設備士免許は、工事が終了しても、そのあとに半年ごとに点検業務の仕事が建物が無くなるまで続き就職難はありません。

 

 体力的にキックなれば、ビル管理、防火管理の仕事、消防設備点検の仕事の併用してできます。

 

 消防設備士全類8免許を取得していれば、肺炎コロナが発生しても仕事はなくなりません。  消防設備士全類8免許があれば、希望をもて人生に恐れがなくなり、勇気が湧き「頑張ろう!」と高齢か時代を働けます。

 

 現在75歳の私は、6年前の69歳の時に、消防設備士1免許を2日間の講習を受講して、7免許を8ヶ月で取得(1免許34日×7回)し全類8免許を349日で取得しました。    

 2018年12月18日付の「国家資格最高齢合格調査」の消防設備士部門で69歳の私が認定されるほど、日本全国で最高の消防設備士講習所の講習会です。 

消防設備士全類(8免許)取得期間当時日本第2位(取得期間349日

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間8ケ月)

 

免許の種別

 

交付年月日

8免許.jpg 1 甲種4類 H26.04.15
2 甲種2類 H26.05.09
3 甲種1類 H26.09.01
4 甲種3類 H26.09.05
5 甲種5類 H26.11.25
6 乙種6類 H26.12.17
7 乙種7類 H26.12.17
8 甲種特類 H27.03.30

  私は、国家資格試験の2018年12月18日に実施された「国家資格最高齢合格者調査」では、6年前の消防設備士全類8免許を349日で取得されたして「消防設備士部門の高齢者(最年長者)」大記録保持者として認定されいます。

 

最高齢.bmp

 

  小津さんより1歳年下の68歳の私は、令和になり69歳でも頑張れば全類8免許を取得できるので希望を持ちました。  そして、 小津さんより早く超最速スピードの合格率100%7免許を4ヶ月の(1免許17日)で取得し、全類8免許を小津さんより124日(3ヶ月)も早い228日取得しました。

 消防設備士全類(8免許)取得 (228日)(取得期間7ケ月半)

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間4ヶ月)

 免許の種別

 交付年月日

 サトウ.bmp 1 乙種6類 R01.06.14
2 甲種4類 R01.06.21

3 甲3種類

R01.07.30
4 乙種7類 R01.08.02
5 甲種5類 R01.09.02
6 甲種1類 R01.10.01
7 甲種2類 R01.10.09
8 甲種特類 R02. 01.29

 

 現在66歳の私は、4年前の62歳のとき13免許を取得できる消防設備士教習所を見つけまた。  最初に乙種7免許を取得し残りの甲種6免許を取得して消防設備士13免許を取得しました。     私には、令和2年5月に故郷の鹿児島にもどり、この免許で九州全域官公庁の入札業務と消防設備士の点検業務を行う夢と希望があつたので消防設備士13免許すべて取得できました。

消防設備士13免許の取得期間(取得期間日4年10ケ月)

甲種特類、甲種1類〜甲種5類、乙種1類〜乙種7類の13免許

 

免許の種別

 

交付年月日

 坂本13免許です.bmp 1 甲種特類 R01.09.27
2 甲種1類 H30.03.20
3 甲種2類 H30.08.27
4 甲種3類 H30.10.25
5 甲種4類 H29.11.10
6 種5類 H30.07.26
7 乙種6類 H26.10.31
8 乙種7類 H27.01.23

  

  消防設備につてなにも知らない文系女子の23歳の私は、消防設備士全類8免許が1年以内に取得できる『日本一最速の講習会』の言葉を信じて受講してみました。   実際に消防設備にさわったり、配線や配管を実際におこない目でみて覚えてしまい全類8免許を1年未満で取得しました。

 甲種1類〜甲種5免許、乙種6、乙種7免許を10ヶ月で取得 

  消防設備士全類(8免許)取得期間351日で取得

免許の種別

 交付年月日

千木良舞.jpg 1 甲種4類 H28.08.23
2 甲種2類 H29.02.20
3 甲種5類 H29.03.29
4 甲種1類 H29.04.17
5 甲種3類 H29.05.15
6 乙種6類 H29.06.22
7 乙種7類 H29.07.19
8 甲種特類

H29.8.04

  

  20歳学生の私は、ネットで小津善久さんの取得免許を見つけました。 非常に良いテキストを使用して、消防設備士講習会や消防設備士通信講座 を受講すると甲種1類〜甲種5類の5免許がたったの2ヶ月の60日(1免許12日)で取得しました。 

 

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許をたったのて100日で取得(1免許14日)し、驚くことに合格率100%が証明できました。  また、消防設備士全類8免許を4ヶ月の128日で取得しました。

  

 甲種1類〜甲種5類の5免許を60日で取得(1免許12日取得)

甲種1類〜甲種5類免許、乙種6類、乙種7類の7免許を100日取得) 

 

免許の種別

 交付年月日

斎最速免許.jpg 1 甲種1類 H28.05.18
2 甲種2類 H28.05.18
3 甲種4類 H28.06.21
4 甲種5類 H28.07.11
5 甲種3類 H28.07.19
6 乙種6類 H28.08.31
7 乙種7類 H28.08.31
8 甲種特類

H28.09 .21

 

 30歳の私は、平成から令和元年と元号が変わるとき一大決心しました。 69歳の「小津善久」先輩受講生の全類8免許取得を見て、40歳も若い私も簡単に全類8免許を取得できると確信し、夢と希望を持ちました。 そして9ヶ月で消防設備士全類8免許取得しました。

消防設備士全類(8免許)取得 (292日)(取得期間9ケ月)

 免許の種別

 交付年月日

 小島全類.bmp 1 乙種6類 H31.01.24
2 甲種4類

H31.03.05

3 甲種1類

R01.05.21
4 甲種5類 R01.07.04
5 甲種3類 R01.09.19
6 甲種2類 R01.11.06
7 乙種7類 R01.11.22
8  甲種特類 R01.11.22

 

 60歳の私は、定年退職むかえ65歳まで無年、令和の厳しい時代ロボットに勝てる消防設備士全類8免許を11ヶ月で取得しました。

 

 この4月に故郷の実家に帰り、消防設備士全類8免許があったので直ちに就職が決まり、給料も今までと変わらず第2の人生を歩んでいます。  消防設備士全類8免許は、肺炎ウィルスより強く就職しております。

   消防設備士全類(8免許)取得期間11ケ月で取得

免許の種別

 交付年月日

牧田免許.bmp 1 甲種1類 R 01.05.30
2 甲種4類 R 01.09.20
3 甲種5類 R 01.10.  25
4 甲種2 R 01.12.29
5 甲種3類

R 0201.10

6 乙種7

R 0202.26

7 乙種6

R 02  03.03

8 甲種特類

R 02.   04.13

 

 51歳の私は、大手製薬会社の研究総務部に勤務しています。   69歳でもネットで日本最速で消防設備士全類8免許が取得できる「消防設備士教習所」を見つけ、希望を持ち安心して全類8免許を1年で取得しました。 この免許は、国家資格試験の中で一番やさしい免許です。  

  消防設備士全類8免許取得1年

免許の種別

 交付年月日

樋口.jpg 1 乙種6類 H29.08.28
2 乙種7類 H30.02.05
3 甲種5類 H30.02.20
4 甲種1類 H30.03.20
5 甲種4類 H30.05.14
6 甲種2類 H30.07.26
7 甲種3類 H30.08.27
8 甲種特類 H30.09.19

 

 60歳の私は、定年退職後に第二の人生にむけて大手マンション管理会社に転職して消防設備士免許が必要になりました。 69歳でも消防設備士全類8免許が1年未満だ取得した方がおられ勇気が湧きました。  消防設備士7免許を8ヶ月で取得し、消防設備士全類8免許取得しました。 

 60歳〜65歳まで無年金、2000万円貯蓄の時代、24時間365日勤務、給料、食費、厚生年金、退職金なし、税金未支払い10%消費税なしのロボットに絶対勝てません。  

 希望を持つには、ロボットが取得できない消防設備士全類8免許取得して、人生100時代を楽しく生活してみませんか。  自分のためにかけた資格費用は、この様に明るい将来と長い人生に確実に戻ってきています。  

  消防設備士全類(8免許)取得

 免許の種別

 交付年月日

山田2.jpg 1 甲種2類 H28.02.20
2 甲種4類 H28.03.22
3 甲種1類 H28.05.10
4 甲種3類 H28.07.11
5 甲種5類 H28.09.15
6 乙種7類 H28.09.20
7 乙種6類 H28.10.18
8 甲種特類 H29.04.25

  消防設備業務と全く無関係ない会社に勤務していた51歳の私は、定年後の将来の事を考えて、国家資格の取得するのに一番やさしく一番短期間で取得できる消防設備士免許の事を知りました。 

 驚いたことに69歳でも消防設備士全類8免許1年未満」で取得できるので勇気が湧き、希望がひろがりました。 そして消防設備士全類8免許1年未満」で取得しました。  

 51歳の私も、この様に消防設備士全類8免許を取得したので、ある消防設備会社に直ちに正社員として採用され、給料も上がり将来が明るく開けた人生設計の役に立つ消防設備士免許です。 

  消防設備士全類(8免許)取得

免許の種別

 交付年月日

甲種特類免許.jpg 1 甲種4類 H28.10.12
2 乙種6類 H29.02.15
3 甲種5類 H29.02.20
4 乙種7類 H29.04.26
5 甲種1類 H29.05.01
6 甲種3類 H28.09.27
7 甲種2類 H29.09.28
8 甲種特類 H29.10.27

 

 43私は、ネットで日本最速で消防設備士全類8免許が取得できる「消防設備士教習所」を見つけ、消防設備士全類8免許を取得して課長に昇進しました。 

 人生100歳時代、定年75歳時代、65歳無年金、2000万円貯蓄を考えて消防設備士全類8免許取得したので安心して働けるので人生設計の役に立つています。  現在は、宇山さんの紹介で「東京理科大学の小林恭一教授の予防塾」ソフトの勉強をしています。

  消防設備士全類(8免許)取得

免許の種別

 交付年月日

記.jpg 1 甲種1類 H29.09.07
2 甲種4類

H30.01.16

3 乙種6類 H30.06.21
4 甲種5類 H30.09.12
5 乙種7類 H30.09.18
6 甲種3類 H30.10.26
7 甲種2類 H31.02.18
8 甲種特類 H31.04.08

 

 47歳の私は、平成最後の元号になめため1月に一大決心しました。 69歳の「小津善久」先輩受講生の全類8免許の取得を見て、私にも取得できる確信し、消防設備士全類8免許の講習費を一括支払いしました。  

 消防設備士7免許取得したで、あと甲種特類免許取得するのみです。

    消防設備士甲種1類〜甲種5類乙6乙7取得

 免許の種別

 交付年月日

 7免許愛媛.bmp 1 甲種4類 H30.01.25
2 乙種6類 H30.04.12

3 甲種5類

H30.04.12
4 甲種2類 H30.09.13
5  甲種1類 H31.01.08
 甲種3類 H.31.01.24
7  乙種7類 H31.03.08
8  甲種特類 R02..

 

  私は、消防設備の3大メーカーのホーチキに勤務して18年前に独学で甲種4類の免許を取得しました。  14年前に現役の消防職員だった宇山さんと知り合いになり、当時、無料で残りの7免許を教えていただきました。 「消防設備士全類8免許」を取得したので会社の役員になれ、さらに定年75歳にむけて働けます。  

 消防設備士全類(8免許)取得

 免許の種別

 交付年月日

おざわ免許.jpg 1 甲種1類 S63.04.25
2 乙種6類 H18.02.23

3 甲種5

H18.07.21
4 甲1種類 H18.10.24
5 乙種7類 H19.01.24
6 甲種3類 H19.01.25
7 甲種2類 H19.04.12
8 甲種特類 H20.03.17

 

  私は、20年前に「独学で甲1類と甲2類」の2免許を取得しました。   社長の指示で「甲種特類の免許」を短期間で取得し、新しい消防設備の開発を依頼れました。   そのため、日本最速で「甲種特類が取得できる講習会」を受講し甲種特類の免許を取得して課長から部長に昇進しました。 ハードだけでなくソフトの勉強が必要となり、 現在、宇山さんの紹介で東京理科大学の小林恭一教授の予防塾でソフトの勉強をしています 。  

 消防設備士全類(8免許)取得

 免許の種別

 交付年月日

傍島免許.jpg 1 甲種1類 H08.10.23
2 甲種2類 H12.03.08

3 乙種6

H27.05.22
4 甲3種類 H27.07.14
5 甲種4類 H27.08.27
6 甲種5類 H27.09.18
7 乙種7類 H27.12.04
8 甲種特類 H28.02.08

 

野村.bmp

 

 私は、ビル管理会社に勤務し「独学で乙種7類、甲4類、乙種6類」の3免許を1年7ヶ月で取得しました。 甲1類、甲種2類、甲種3類及び甲種5類は独学での取得は絶対無理だと考えました。 

  ネットで日本最速で「甲種特類全ての13免許が取得できる講習会」を見つけて残りの甲種5免許を1年半で取得しました。 そして残りの乙種5免許を取得して13免許のすべて埋めました。 

 消防設備士全類(8免許)取得

 免許の種別

 交付年月日

13免許.bmp 1 乙種7類 H22.03.24
2 甲種4類 H23.04.12

3 乙種6

H23.10.24
4 甲1種類 H25.04.08
5 甲2種類 H25.07.16
6 甲種3類 H25.10.25
7 甲種5類 H26.03.07
8 甲種特類 H26.10.31

 

2  

消防設備士13免許の消防設備士教習会場

 消防設備士講習会の講習会場は、千葉市土気商工会館2階会議室の40名程度6名程度入室できる2室を使用して講習会講習会を実施しています。   

千葉A.bmp

 講習会写真.jpg

 

  千葉市緑区あすみが丘1―4 5ー3 土気駅より7分 

講習会お問い合わせ電話 電話043-309-8791   携帯090-4613-3479  

 

定  員  消防設備士試験消防設備士講習は、35名程度(定員になりしだい締め切りとさせていただきます。)                                                    

 

 講習は、消防設備士講習会と消防設備士通信講座があります。 どうしても遠方の地方の方は通信講座を受講されます。 

※ 通信講座を受講され休日が取れたので消防設備士講習会を受講されても料金は通信講座で支払い済みですので無料です。 ※ 最後まで面倒みます!!

 

講習時間 

 土曜日 8時30分受付開始  時00分〜11時30分(講習会)  11時30分〜12時30分(食事)  12時30分から17時(講習会) 甲種消防設備士及び乙種1類〜乙種5類(2日間)  乙種6類、7類(1日) 

 日曜日  9時00分〜15時30分(講習終了)  ※県外の北海道、九州、四国、沖縄から受講生が飛行機で帰宅するため。

 

消防設備士講習会の講師

 日本最速 で全類消防設備士8資格を1年未満で取得した実績のあるカリスマ消防設備士講師 3名の消防設備士講師全国の消防設備士受験生短期間で自信を持って合格させています。

  食事は、 千葉市土気商工会館近くにガスト、とんかつ屋、ラーメン屋、和食、寿司屋等があります。  12時30分からの昼食は、食堂街の混雑を回避するためです。 自分昼食を持参して会場で食事できます。

   消防設備士講習会で消防設備・機器類に触れることができその場で鑑定の勉強30分で 製図が理論的 に書けるようになり機器の構造が無理なくおぼえられるのが特徴です。
 

 消防設備士講習会のテキストは、消防法、電気・機械、規格省令・構造、鑑・製図、練習問題、解答集の6分冊になっております。   教本が各教科ごとになっているので、市販の参考書とことなり頭の中が整理され覚えやすくなっています。   試験に出る重要ポイントだけに絞っているのでびっくりするほど薄いので(2cm)勉強のテンションが上がります。 

 別に市販消防設備士講習の教本を買っていただく必要はまったくありません。

   消防設備士講習会前に勉強したい方は、事前に講習料金を支払えば教本を送付します。わからない所があれば携帯で直接聞けます。
 消防設備士講習会場は※公共交通機関をご利用ください。(土気駅から徒歩7分

土気.jpg 遠方の方から消防設備士講習会に来られる方は、土気駅直近(1分)ビジネスホテルがございます。宿泊をご希望される方は事前に予約してください。

   土気ス―ションホテル  

 043-294-9111   料金  シングル6,500円 ツイン11,400円 

 

消防設備士講習会及び通信講座の申込はこちら

 

講    習    会    場     案    内   図

講習会場.jpg

 

消 防 設 備 士 講 習 会 料 金

消防設備士講習会の種類 講習会料金 消防設備士通信講習会の種類 消防設備名
消防設備士甲種特類講習 49,000円 消防設備士甲種特類講習 特殊消防設備
消防設備士甲種1類講習 38,000円 消防設備士甲種1類講習 屋内消火、スプリンクラー設備等
消防設備士甲種2類講習 38,000円 消防設備士甲種2類講習 泡消火設備
消防設備士甲種3類講習 38,000円 消防設備士甲種3類講習 不活性ガス、粉末消火設備等
消防設備士甲種4類講習 38,000円 消防設備士甲種4類講習 自動火災報知設備等
消防設備士甲種5類講習 38,000円 消防設備士甲種5類講習 救助袋、緩降機
消防設備士乙種1類講習 29,500円 消防設備士乙種1類講習 屋内消消火、スプリンクラー設備、
消防設備士乙種2類講習 29,500円 消防設備士乙種2類講習 泡消火設備
消防設備士乙種3類講習 29,500円 消防設備士乙種3類講習

不活性ガス、粉末消火設備

消防設備士乙種4類講習 29,500円 消防設備士乙種4類講習 自動火災報知設備等
消防設備士乙種5類講習 29,500円 消防設備士乙種5類講習 救助袋、緩降機
消防設備士乙種6類講習 29,500円 消防設備士乙種6類講習 消火器
消防設備士乙種7類講習 29,500円 消防設備士乙種7類講習 漏電火災警報器

 

消防設備士講習会及び通信講座の申込はこちら

 

 ※ 甲種特類の講習会については、当社で甲種1類〜甲種5類の免許取得した受講生のみ実施します。

令和2年度 前期消防設備士講習会 予定日

 新型コロナウイルスに感染した患者が千葉県内では月21日現在、感染者数は905人、死者は44人死亡しています。

 

  新型コロナウイルス 大変ご迷惑おかけして申し訳ありません。  4月〜6月の講習会は、残念ですが延期としますが、通信講座あっては実施しています。  

 

  収まり次第7月より開始する予定ですが、6月中に感染が確実に大丈夫だとわかれば早急に実施します。

 

 すでに申し込みなされた方は、消防設備士通信講座にて対応実施いたしております。 わからない事があれば携帯090-4613-3457 での回答とメール回答FAX回答で対応いたします。

回数 類 別 講 習 会 開 催 年 月 日 受 験 地 ・ 試 験 日 空席有無

1

甲種4類講習

乙種4類講習

令和 2年  4月18日(土)19日(日)

  通信講座で実施  

2

甲種1類講習

乙種1類講習

令和 2年 5月9日(土)10日(日)

  通信講座で実施  

3

甲種3類講習

乙種3類講習

令和 2年 5月9日(土)5月10日(日)

  通信講座で実施  

4

甲種5類講習

乙種5類講習

令和 2年 5月23日(土)24日(日)

  通信講座で実施  

 5

 乙種6類講習

令和 2年 5月 23日(土)

  通信講座で実施

 

 6

甲種4類講習

乙種4類講習

令和 2年 6月6日(土)7日(日)

  通信講座で実施

 7

甲種1類講習

乙種1類講習

令和 2年 6月 27日(日)28日(日)

  通信講座で実施
消防設備士講習会及び通信講座の申込はこちら

 

令和2年度 前期消防設備士講習会 予定日

 

回数 類 別 講 習 会 開 催 年 月 日 受 験 地 ・ 試 験 日 空席有無

8

甲種2類講習

乙種2類講習

令和 2年 6月 27日(土) 28日(日)

  空席有

9

甲種4類講習

乙種4類講習

令和 2年 7月11(土)12(日)

  空席有

 10

乙種7類講習

 令和 2年7月11日(土)

  空席有 

 11

 甲種1類講習

乙種1類講習

 令和2年7月25日(土)26日(日)

   空席無

12

甲種4類講習

乙種4類講習

令和 2年 8月8日(土)9日(日)

  空席有

 13

 乙種6類講習

 令和 2年 8月8 日(土)

   空席有

14

甲種1類講習

乙種1類講習

令和 2年 8月29(土)30日(日)

  空席有

 15

甲種4類講習

乙種4類講習

令和 2年 9月12日(土)13日(日)

  空席有

 

消防設備士講習会及び通信講座の申込はこちら

消防設備士全類8免許を日本一最速の講師経歴

 

 消防設備士1発合格で合格率90%〜100%で取得するには、16年前、消防設備士設備士全類8免許を日本で最初に1年未満で取得し、日本一最速で取得した経歴をもって消防設備士教習所を開設する夢と希望を持ちました。

 

 全国の受験者が講習を受講し、安心と信頼できる講師の指導を受講することが短期間で免許が取得できます。                                

088.jpg

 消防設備士代表講師   

 宇  山  幸  逸

 

 

消防備士受験準備教習所の講習会の講師は、長年の消防行政にたずさわってきた知識と経験を生かし、自治省消防庁予防課時代に岡本 保氏 現 自治体国際化協会理事長 (元総務省事務次官、消防庁長官、)、  小林 恭一氏 現 東京理科大学教授総務省消防庁 初代国民防災保護部長、消防庁予防課長)、次郎丸誠男氏 (元総務省消防庁審議官・消防研究所所長・危険物保安技術協会理事長、消防設備専門官)3名に御指導を受けた経歴のある講師に受講する方が短期期間で免許が取得できます。

 岡本 保 

 日本の行政官

 自治体国際化協会理事長 

 総務事務次官

 総務省消防庁長官

 自治行政局長

 小林 恭一  

東京理科大学教授 

建設省建築指導係長

総務省消防庁予防課長 

総務省消防庁国民防災保護部長

危険物保安技術協会理事

  次郎丸 誠男

危険物保安技術協会特別顧問  

総務省消防庁予防課長

消防庁審議官

消防庁消防研究所長

危険物保安技術協会理事長

  

岡本保.jpg 小林恭一.jpg 次郎丸.jpg

  私は、47年前に総務省消防庁予防課千葉市消防局予防課等に36年間勤務し、13年前の平成19年3月に定年退職をきに消防設備士教習所を開設して消防設備士育成業務を始めました。

  

 消防設備士免許の種類は、昭和40年に免許制度が始まり平成16年5月まで7種類の免許でしたが、平成16年6月に甲種特類の免許ができて8種類の免許に増えました。

  

 このため、甲種特類の免許ができた平成16年6月以降において消防設備士全類8種類の免許一年以内に取得した受験者は当然だれもおりませんでした。    

  

 平成16年6月以降において消防設備士全類8種類の免許一年以内に取得すれば、日本で初めて日本一最速の消防設備士全類8免許取得者になり、講師の実績を信じ講習会と通信講座に全国から来られます。

  

 講師は、平成17年10月25日消防設備士全類8免許を364日で取得し、念願の「日本一最速の消防設備士全類8免許取得者」になることができました。

 

自治.jpg コウイツ免許.jpg

 

自 治 省 消 防 庁  予 防 課 時 代 の上 司 と 仲 間 た ち
 岡本.jpg

  

消防設備士講習会の申し込みはこちらクリックしてください

   

全国人気1位の消防設備士講師が教える講習

  消防設備士特類の免許ができ消防設備士全類8免許日本で最初に一番早く、短期間で取得した経験実績及び受験情報を持っている免許取得に精通した講師に教えてもらうのが一番です。 

  

 消防設備13免許の消防資機材を手に取り目で見て実際に配線・配管するので簡単に製図が書け、構造を覚えることができ「中学生でも見て、聞いてわかりやすい」講習会の講習を受講できます。

 

消防設備士全類8免許を1年で取得した講師が教える講習

  消防設備士甲種特類の免許が平成16年6月にでき、当社の「消防設備士教習所」の講師は、15年前の平成17年10月25日に日本で最初に消防設備士全類8免許を1年未満の日本一最速スピードの364日で取得し、指導力と実績ある消防設備士講師です。 

  

 消防設備13免許の消防資機材を手に取り目で見て実際に配線・配管するので簡単に製図が書け、構造を覚えることができ「中学生でも見て、聞いてわかりやすい」講習会の講習を受講できます。 

 

日本最速全類8免許取得のスーパー消防設備士講師

 14年前の甲種特類の免許ができ7免許が8免許になった。

日本で最初に全類8免許を年未満(364日)で取得した消防設備士

 

免許の種別

 

交付年月日

コウイツ免許.jpg 1 甲種4類 H16.10.26
2 乙種7類 H17.01.28
3 甲種1類 H17.02.28
4 乙種6類 H17.03.03
5 甲種2類 H17.07.07
6 甲種5類 H17.08.05
7 甲種3類 H17.10.13
8 甲種特類 H17.10.25

   もう1名の消防設備士講師は、13年前に消防設備士7免許を7ヶ月(1免許1ヶ月)で取得し、当時消防設備士全類8免許を日本一最速スピードの348日で取得し、指導力と実績があります。

 

日本最速全類8免許取得のスーパー消防設備士講師

 11年前消防設備士全類(8免許)日本最速取得者(取得期間348日

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間7ヶ月)

 

免許の種別

 

交付年月日

宇山免許.jpg 1 甲種2類 H19.10.25
2 甲種4類 H19.11.14
3 甲種1類 H19.11.22
4 甲種5類 H20.03.06
5 甲種3類 H20.04.16
6 乙種6類 H20.05.26
7 乙種7類 H20.06.03
8 甲種特類 H20.10.08

 

消防設備士講習会及び通信講座の申込はこちら

 

当社の講習会で全類8免許が1年未満で取れる理由

 なぜ、こんなに簡単に消防設備士免許が短期間で簡単に取得できる大きな理由、「消防設備士各類の講習会資機材」を直接手でさわり、目で見て消防設備資機材の構造を理解できるからです。

 

  のものを覚える場合、脳の構造は右脳と左脳」の2つに分わかれているそうです。  消防設備士講習会では、右 脳」を使用して目でみて構造を覚えます。  そのため、「高速で大量に見たまま記憶」できるので100倍もの速さでものを覚えることができるからです。

 

 平成29年度の統計の合格率を見ると甲種6免許の平均合格率は、23.5%と超低合格率です。  地方の年2回の受験では5回以上平均受験しなければ免許は取れません。

  

(一般) 消防試験研究センター統計(平成29年度) 実際の合格率

313129.jpg 

  当社の多数の受講生が全類8免許超高速スピード1年未満取得できる理由は、消防設備を実際に手に取りさわり、実際に配線と配管するから目で見て構造を覚えてしまうからです。 

 

「百聞は一見にしかず」の例えのとおり、20歳の受講生は、 「私は、何も知らない素人ですが、目で見て一回で覚えた。」とお話しています。   市販の参考書で、100回も読まなければ覚えられない事が、誰でも目でみれば1回で覚えることができす。

 

 市販の参考書は、実物の消防設備を見る事が出来ないので、活字と写真覚えるため速度が遅くなります。 しずつ理解しながら学習して行く」ので非常に時間がかかり1免許取得するのに2年以上かかってしまいます。 

 

 目で見て覚えると1免許が12日〜30日」で取れる免許が、 甲種1類の合格率は、20.4%の合格率、甲種4類の合格率は、23.1%なので最低5回受験しなければ1免許が取得できません。 地方の試験回数は、年2回なので年半の887日取得するのにかかります。

 

   消防設備を実際に見て、さわって覚える場合、右脳で覚えるので高速で大量のものを簡単に覚える」ことができるからです。   直感的にイメージ(映像)を見たまま高速で簡単に記憶」することができるから「12日〜30日で1免許を取得」することができます。

左脳.jpg

 当社の講習会は、消防設備試験13免許の全ての消防設備資機材800万円の費用かけ講習会場に用意しています。   用意されている消防設備資機材実際に見て手でさわりるので構造が一回で理解でき覚えてしまいます。

 

 資機材を床に置きガムテープで配管したり、細いロープで配線としたりして製図の書き方を簡単に覚えてしまいます。 鑑定の問題は、実際に消防設備資機材を手に取り簡単に覚えてしまいます。 

 

甲種1類消防設備士試験講習会用資機材  

 屋内消火栓9.jpg  屋内消火栓7.jpg

  

すすすす.jpg ややややや.jpg
ヘッド.jpg 結合金具.jpg
フート弁.jpg 流水検知装置.jpg
一斉開放弁.jpg 圧陸珪.jpg
発信機.jpg 発信機1.jpg

  

甲種4類消防設備士試験講習会用資機材

018.JPG

自動火災報知機受信機(1級・2級3級)非常放送設備

  受信機.jpg

   

感知器Z.jpg 三級受信機.jpg
感知器.jpg ガス検知器.jpg
三級受信機.jpg 電話機.jpg

 

 甲種2類消防設備士試験講習会用資機材

  1111111.jpg

  

甲種2類.jpg 444.jpg
ヘッド.jpg 結合金具.jpg
フート弁.jpg 流水検知装置.jpg
一斉開放弁.jpg 圧陸珪.jpg
発信機.jpg 発信機1.jpg

  

   甲種3類消防設備士試験講習会用資機材

  ガス三類.jpg

 

 3-3.jpg  3-5.jpg
9-2.jpg 3-7.jpg
5-1.jpg 9-1.jpg
 3-8.jpg  1-1.jpg
 1-7.jpg  11-1.jpg

甲種5類消防設備士試験講習会用資機材 

緩降機.jpg 皮内器具.jpg

 

 

乙種6類消防設備士試験講習会用資機材

し受か器.jpg 

 

6消火器.jpg

 

乙種7類消防設備士試験講習会用資機材 

漏電.jpg

消防設備士全類8免許の講習会はこちら

 

消防設備士免許は、市販の参考書で取得するしかない

 消防設備士免許制度が昭和40年から始まり半世紀の53年たちます。   平成29年度の消防設備士免許受験者をみると、108,920人が受験し、この99.999%の受験者は、消防設備士教習所がないため、53年間半世紀以上市販の参考書 を購入して独学で勉強するしか無かったのです。 

  

  消防設備士教習所がないため99.999%の受験生は、免許を取るため市販の参考書を最低2冊以上6,000円で購入して勉強します。  このこは、市販の参考書合格率として一般財団法人消防試験研究センターの統計に記載されます。

  

 例えば、平成29年度の受験者は、108,920人が受験しています。 市販の参考書を2冊6,000円で購入すると6億五千万円の超特大ベストセラーになるので大笑が止まりません。 

 

 不合格になっても出版社に参考書が悪いと苦情を言う受験者はいません。  言って見ても出版社は、あなたの受験勉強が足りないと言われるだけです。 出版社は、合格しなければ別の参考書を購入してくれるので儲かります。

 

市販参考書の内容が最悪で受験勉強が間に合わない

 市販の消防設備士参考書の代表的出版社は、一般財団法人日本消防設備安全センターの参考書、オーム社の参考書等が代表的な参考書があります。 

 参考書安全センター.bmp

 教本.jpg

  消防設備士全類8免許取得する方法として、当社の消防設備士講習所で取得するか、独学で市販の参考書勉強する方法の2方法しかありません。

  

 ところが、市販の参考書の内容が最悪のため受験勉強が間に合わず、受験料金を支払っても試験会場に行きません。

 

 平成23年度平成30年度の過去8年間の一般財団法人消防試験研究センターの統計をみると驚きます。   高い受験料金を支払い、試験日当日に大量の175,065人(23%)の受験者が受験放棄して大量に不合格になっています。

  

     当社の消防設備士教習所の受講者は、90%〜100%の超合格率で免許を取得しています。 市販の参考書合格できないのは、受験者が頭が悪いのではなく市販の参考書の内容が悪いから合格できないだけです。 

 

 試験当日に、試験開始と同時時間に過去8年間で大量の175,065人が試験会場に行かず、試験開始前に大量に不合格者をだしています。

 

 最大の理由は、市販の参考書の内容がなにを記載しているか解らないからことや、想定問題予想問題を解いても試験にでた事のない問題を解いても合格できない状況です。 

 

 受験勉強しているのは受験者本人ですので、受験勉強が間に合わなのでハッキリ不合格になる事がわかるので、試験会場に行きません。

   

  社会一般に合格率30%をきる国家試験は、市販の参考書の内容が非常に良くないと言われ一般常識になており、合格することは絶対無理です。

  

  平成29年度の消防試験研究センターの上げ底合格率

313129.jpg

 例えば、平成29年度の統計に記載されているとおり、甲種6免許の合格率は、23.5%で甲種及び乙種13免許の合計平均合格率は、27.2%の30%を切っており参考書が良くない事はあきらです。

 

市販参考書の内容の悪さは、統計の受験放棄者として

 平成23年度〜平成30年度の過去8年間の一般財団消防試験研究センターの統計に「市販の参考書の内容が非常に良くない事」があきらかに解る数値として」消防設備士試験受験放棄者数として175,065人大量の数値として表れています。  

 

 消防設備士の受験者は、高い受験料金を支払い受験日まで受験者は市販の参考書で勉強します。  市販の参考書で勉強している受験者は、記載内容が意味不明で内容が理解できないため受験勉強が間に合いません。 

 

 受験日当日に受験勉強が間に合わない受験者は、過去8年間で大量の175,065人の受験放棄者が発生し、試験会場に行きません。  この様に175,065人が受験放棄する消防設備士参考書は、参考書の内容が悪いため受験放棄しているのです。

 

 受験放棄理由は、勉強しているのは自分の事なので、受験しても不合格になるのはハッキリと分かります。  また、高い受験料金を支払い、高い交通費、無駄な1日を使用するので試験会場に行かず受験放棄するのです

 

 過去8年間の一般財団法人消防試験センターの統計の大量の175,065人受験放棄数を見れば、市販の消防設備士参考書が良くない事が誰でもわかります。  この様な最悪の参考書で勉強しても合格できません。 

 

 

過去8年間の消防設備士超大量の受験放棄者数

   過去8年間で大量の受験放棄者175,065人のは、高い受験料金を支払いなぜ試験会場に行かないのでしょうか?   試験日当日に175,065人全員が用事ができたのですか?   試験日当日に175,065人全員が伝染病が発生して病気になったのですか?

  

 理由は、社会一般的に言われているとおり、市販の参考書の内容が良くないため、試験日当日に175,065人全員が受験勉強が間に合わなので受験放棄したのです。 

            

過去8年間の受験申請者、受験放棄者、1免許取得者

申請者・・・・・・・受験申請して受験料金を支払った受験者

受験者・・・・・・・実際に試験会場にきて受験した者

受験放棄者・・・・受験料金を支払い当日受験せず最初から不合格

 合格者・・・・・・・試験に合格した人 

 1免許当たり・・・・13免許合格者の1免許当たりの合格者

 

年度   申  請  者   受 験 者   受 験 放 棄 者   合 格 者  1免許当り
H30 108,317人  80,881人 22,936人(22.1%) 29,106人

2,238人

H29 108,920人  84,419人  24,501人(22.5%) 29,773人  2,290人
H28 10,214人  84,337人  23,947人(22.2%)  29,114人 2,239人
H27 107,804人  84,848人  22,956人(21.3%)  27,516人 2,116人
H26

104,224人

 83,110人 21,114人(20.3%) 30,825人 2,055人
H25 101,405人  80,891人 20,541人(20.2%) 28,521人 2,193人
H24  101,413人  82,260人 19,153人(18.8%) 27,546人 2,118人
H23 102,669人  82,721人 19,945人(19.4%)  28,645人 2,203人

                   受験放棄者175,065人

 

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成30年度)

30年.bmp

   受験申請者103,817人−80,881人=22,936人(22.1%)受験放棄者

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成29年度) 

29年度の合格者.jpg

  受験申請者108,920人−84,419人=24,501人(22.5%)受験放棄者  

  

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成28年度)

8282.bmp

  受験申請者108,284人−84,337人=23,947人(22.2%)受験放棄者  

 

 一般財団法人消防試験研究センター統計(平成27年度)

27.bmp

 受験申請者107,804人−84,848人=22,956人(21.3%)受験放棄者    

 

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成26年度)

 626262.bmp

 受験申請者104,224人−83,8114人=22,956人(20.3%)受験放棄者   

 

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成25年度)

 252525.bmp

 受験申請者101,405人−80,891人=20,541人(20.2%)受験放棄者    

 

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成24年度)

 242424.bmp

 受験申請者101,413人−82,260=19,153人(19.2%)受験放棄者  

 

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成23年度)

232323.bmp

 受験申請者102,669人−82,721=19,153人(19.2%)受験放棄者 

 

 

 

市販の消防設備士の参考書は、読んでも内容が意味不明

   平成29年度の一般財団法人消防試験研究センターの受験者は、108,920人が受験しております。 この受験者の4人に一人が、毎年、毎年、高い受験料金をしはらい試験会場に行かず試験していません。  

  

 108,920人が高い受験料金を支払い、試験日当日試験会場に行く受験者は84,419人しか行っておりません。

29年度の合格者.jpg

 高い受験料金を支払い受験しなかった受験者は何人いたかというと108,920人−84,419人=24,501人になります。

  

 平成29年度において驚愕する数値の大量の24,501人が受験放棄していたのです。  

 

 大量の24,501人が受験放棄者の受験しない理由は、ペストの伝染病に感染した訳ではありません。 大量の24,501人が受験日当日に用事ができた訳ではありません。

  

 平成29年度の統計を分析すると次の内容が判明しました。 実際に市販の参考書を購入し独学で勉強してみると、参考書の内容が何を記載しいるか全くわかりません。 試験日まで独学で勉強してみたが試験に間に合いませんでした。

 

 受験放棄の理由は、自分の事なので合格できない事はわかります。  試験会場までの交通費と1日の時間を無駄にすることになり受験放棄しましたとのことでした。

 

 24,501人(22.5%)受験者が、市販の参考書を独学で勉強しても受験勉強まにあわず受験しません。 13免許の合格者は29,733人(27.2%)の超抵合格者で1免許2,287人と少ない合格者です。

 

 24,501人受験放棄者の最大の原因は、市販の消防設備士の参考書が非常に内容が良くないため、消防設備士試験に間に合わないません。 

 

 昭和40年から消防設備士免許制度が始まり53年の半世紀たちますが、市販の参考書で独学で勉強する時代は終わりました。 消防設備士教習所で12日〜30日で消防設備士1免許を取得する時代です。

  

 全国の消防設備士受験者が長時間わたり受験勉強しても消防設備士免許は取得できません。  消防設備士の受験者は、頭が悪いから合格できないのではなく、市販の参考書が悪いため合格できないのです。

  

 なぜ合格できない理由は、市販の参考書の内容があまりにもヒドイため合格できないとされています。   ほとんどの消防設備士受験者は、驚くことに「0.0001%の受験者」しかこの情報について53年間知りません。

総務省消防庁の消防設備士試験問題作成方法

消防設備士免許を取得するのに当たり、消防設備士試験問題を作製と合格点等の内部情報等を知らなければ合格できません。

 

 消防設備士試験問題作製は、総務省消防庁の中に試験委員会があり、昭和40年から試験問題が漏れないように認定された試験委員が作成するので漏れません。

 

 消防設備士試験の合格者は、過去8年間の統計をみると、毎年13免許で29,500人位で、1免許当たり2,300人の合格者で設備士の数は毎年足りない状況です。

 

 合格者をふやす方法として、試験センターは、東京を除き46都道府県は、年2回〜6回の実施日を変えて地方は115回も受験回数を増やしております。 

 

 試験委員は、東京を除き年間115回以上の13免許の試験問題を作製するとなると負担が大きくなります。 

 

 試験委員は、本来の仕事を持っており、そのつど問題を作製するのは困難なので、試験会場の出口で問題を回収さし、過去問が世の中にないようにとています。

  

市販の参考書では消防設備士免許が取れない理由

  昭和40年から免許制度が始まり54年間、消防設備士教習所がないため市販の参考書で独学で免許を取るしかありません。

 

 過去問が無いので、実際の試験に出たことがない予想問題や想定問題を解くので合格できません。  甲種6免許合格率は23.5%、13免許平均合格率は27.2%超低合格率です。

 

消防試験研究センター統計 実際の合格率 

313129.jpg

 

消防設備試験センターの虚偽の合格率

  消防設備試験センターは、毎年次のような合格率を発表しております。  平成29年度は、13免許の受験申請者は、108,920人おり、受験者は84,419人で合格者は、29,733人にとなっております。

 

 受験者の皆さんは、受験するのに1ヶ月半前に受験料金を支払い、受験日に合わせ3ヶ月〜6ヶ月前から受験勉強をします。

 

 当然、高い受験料金5,700円、3,800円入金して試験日当日まで勉強します。   高い受験料金を支払い受験申請した人が受験者です。24,501人(22.5%)受験放棄者  

 

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成29年度) 

29年度の合格者.jpg

  受験申請者108,920人−84,419人=24,501人(22.5%)受験放棄者  

甲種6免許合格率は23.5%、13免許平均合格率は27.2%超低合格率です。

 

消防設備士試験の低合格配点

 消防設備士の合格基準は、消防法、電気・機械、構造の3科目共通試験は、最低合格点は40点で合計180点で合格となります。  40点、40点、100点の180点でも合格となります。 

 

 どの国家資格知試験でも最低合格点は60点でありますが、消防設備士試験だけは最低合格点は40点です。

 

 最低合格点は60点とすると合格率が10%を切ってしまい、消防設備士の数が足りなくなり、社会問題に発展します。 このため40点という低合格点なったのです。 

 

 2年目で再講習が行われる理由は、本来合格でない受験者を40点の上げ底合格者ため、実務を2年実務を実施させ再講習すれば何とかなると考え、2年目で最初実施し、その後は5年目で実施されます。

 

 消防設備士免許は、最低合格点は40点であるので、国家試験の中で一番やさしい免許の取得しやすい試験です。

 

  消防設備士免許は、国家資格免許の中で一番やさしい、非常に取得しやすい免許です。 このため、多数の受講生が消防設備士全類8免許を1年未満で取得しております。 

 

日本最大の消防設備士教習所設立の大きな夢

 消防設備士全類8免許を 一年未満で取得して日本一「消防設備教習所」を設立する大きな夢がありました。

 

 消防設備士全類8免許を一年未満で取得する「大きな夢があれば人生は怖」くありません。  消防設備士全類8免許を 一年未満で取得する希望があれば勇気が湧き、誰でも活発に活動できます。

 

 消防設備士講師2名は、消防設備士全類8免許を一年未満で取得する夢希望があたので、誰も経験した事のない免許取得に恐れがなく、希望があったので勇気が湧き「頑張ろう!」と頑張り取得できました。

内容の良い受験準備セミナーテキスト

消防設備士受験準備合格セミナーのテキストは、効率よく勉強が進められ内容が充実して、薄いテキストが作成されています。

 

 知識ゼロの受講生でも、分かりやすい説明で、理解と暗記しやすい受講者目線のテキストが作成されています。

 

 テキストの内容は、実際の試験によく出題される例題とか、試験問題等が多く掲載されています。  図解説明が多く理解しやすく、消防設備士全類8免許が効率よく短期間で取得できます。 

 

 教本は、効率よく勉強が進められるよう、消防法電気・機械規格・構造製図・鑑定問題集出題される部分のみだから非常に薄く6分冊になっています。

  

 テキストの出題される頻度の多い部分は、覚えやすいよう、記憶に残るように2色刷り、3色ずり、カラーページ工夫してあります。

 

 

 消防設備の機器を見たり、触ったり、構造を映像で覚えてしまい、理論で覚えるから簡単に覚えられ、免許が短期間で取れます。  

 

 消防設備士受験準備合格セミナー の多数の受講生が超高速スピードで複数の消防設備士免許を短期間で取得しています。    

 

 ネットに受講生が 実際に取得した実物の免許が掲載され、目で見て確認できるため安心と信頼できるため受講します。

 

 また、消防設備士講師の7ヶ月7免許取得消防設備士全類8免許1年以内に取得した消防設備士免許の掲示があるから安心して講習会や通信講座が受講して免許が取れます。 

 

日本一早く消防設備士免許が取得できる

 

 

  受講生から講習会とはどんなものですかとよく聞かれます。   なぜ消防設備士免許が取得できるのかいうと、消防設備全類の消防設備資機材や備品を直接見てさわり講習会が受講できるからです。  

  

 消防設備資機材や備品を見て触るので百聞は一見にしかずの 例えとおり 映像として簡単に覚えてしまいます。  

 

 見て触るので構造が簡単にわかるので、楽に簡単に覚えられるので消防設備士免許が短期間に取得でます。 

 

  講習会の例え話ととして、セブンイレブンに買い物に行き綺麗な女店員さんがいれば顔を覚えているでしょう。  

 

 消防設備資機材や備品を見て触るので印象が強いから簡単に覚えられると同じですよとお話をします。 

 

※全類13免許の消防設備資機材が直接手に取り、見て触れれる講習会  

 

    甲種1類の講習会用の消防設備資機材

   消防設備士受験準備合格セミナーの甲種1類の講習会は、屋内消火栓及びスプリクラー設備の製図が書けるよう、消防設備部材を床にならべ屋内消火栓及びスプリクラー設備がイメージできるよう配置します。

消防設備士講習会用消防設備・機器類(甲種1類) 消防設備士講習会用消防設備・機器類(甲種1類)
屋内消火栓9.jpg 屋内消火栓7.jpg
すすすす.jpg ややややや.jpg

  

甲種2類の講習会用の消防設備資機材

   消防設備士受験準備合格セミナーの甲種2類の講習会は、泡消火設備のフート弁連成計圧力計、逆止弁止水弁ストレーナー圧力スイッチ末端試験弁流水検知装置一斉解放弁フォームヘッド、フォームウォータースプリンクラーヘッド、泡ノズル、ライン・プロ等をの製図が書けるよう、消防設備部材を床にならべ泡消火設備がイメージできるよう配置します。

 

 この配置により、泡消火設備の構造がイメージできるので製図が簡単に書けるようになります。 

 

 消防設備部材を実際にさわり、さわることで構造が分かり、映像で覚えるので鑑定試験対策も楽に対応できます

  

甲種2類.jpg ややややや.jpg

 

甲種3類の講習会用の消防設備資機材

  消防設備士受験準備合格セミナーの甲種3類の講習会は、放出口、放出ヘッド、充満表示灯、放出表示灯、容器弁 開放装置、逆 止 弁、操作導管、粉末ヘッド、ハロンヘッド、注意表示標識、圧力スイッチ、圧 力 調 整 装 置を実際にさわり、さわることで構造が分かり、映像で覚えるので鑑定試験対策も楽に対応できます。  

 

 ガス系消火設備の構造がイメージできるので製図が簡単に書けるようになります。

 ガス三類.jpg

 

 

    甲種4類の講習会用の消防設備資機材

 消防設備士受験準備合格セミナーの講習会は、各種P型1級受信機、P型2級受信機、P型級受信機、非常放送設備、炎感知器、煙感知器、アナログ感知器、発信機、パイロットランプ、非常ベル、携帯用 送受話器を目で見て、映像で覚えるので鑑定試験も楽に対応できます。

 

 実際に発信機、パイロットランプ、非常ベルの配線を実施するから表示線、共通線、応答線、電話線、ベル線、表示灯線の配線の数え方がわかります。

 

 実際に感知器の送り配線を実施するから製図配線もかけるようになり、簡単に製図試験対応ができる講習会です

 甲種4類講習会用設備 (自火報受信機  非常放送設備)

 018.JPG

 

 

   甲種5類の講習会用の消防設備資機材 

  消防設備士甲種5類(乙種5類)の避難設備は、どんな設備なのか、ほとんどの方はイメージがわきません。 消防設備試験で全体に言えることですがイメージがわかない消防設備は免許が取れません。   

 

  実際に緩降機、つり下げはしご、避難器具用ハッチ、調速器、着 用 具、リール等を取り付け目で見て、映像で覚えるので鑑定試験も楽に対応できます。  実際に調速器、着 用 具、リールを身体に取り付け使用法もわかります。

 皮内器具.jpg

 

   乙種6類の講習会用の消防設備資機材  

  消防設備士乙種6類の消火器の講習会は8種類の消火器の種類 と 特徴を問われる鑑定の試験が大事になってきます。

 

 そのためカラー写真の消火器を見て回答します。 実際に8種類の消火器を手に取り特徴と形と塗色で名称を覚えます。

 

  また、消火器の部品・部分名が試験に出題されるので、消火器のカットモデルで名称と構造を覚えてしまいます。 

 

 点検用消火器の部品・部分具や試験器具を見てさわり覚えてしまいます  加圧式粉末消火器の @バルブ A加圧用ガス容器 B粉上り防止封板 Cノズル栓とか 蓄圧式粉末消火器の@指示圧力計 Aキャップ Bノズル Cサイホン管とか 化学泡消火器(破蓋転倒式)の@ろ過網 A 安全栓等を講習会で手に取り見て構造を覚え鑑定試験に対応します。

   6消火器.jpg 

 

  全国10万人の消防設備士受験生の皆さんは、 自動車免許を取得するのには自動車教習所30万円かけ自動車免許を取得しています。

 

 消防設備士免許を取得するには、今まで消防設備士の教習所はありませんでした。   消防設備士全類8免許を取得するに消防設備士教習所29万5千円を支払えば取得して取得できます。

 

 消防設備士免許の取得は『大きなお金、大きな成果、小さな楽な努力』で取得できます。

 

市販の消防設備士参考書で勉強する時代は、終わったのです。   消防設備士教習所 『消防設備士免許取得教育センター』消防設備士免許を取得する時代になりました。

 

 また、 『消防設備士免許取得教育センター』は、消防設備士受験生に消防設備士全類8免許が1年以内の超スピードで、超高合格率の90%の合格率で取得できる時間を販売している会社です。

 

 

4 市販の参考書では消防設備士免許がなかなか取れない理由

 

   消防設備士免許が昭和40年から始まり50年たちます。  消防設備士免許を取得する全国10万人の消防設備士受験者の99.999%は、自動車教習所のような消防設備士の教習所がないため、50年間も市販の参考書 を購入して独学で免許を取る方法しかありませんでした。   市販の参考書で勉強している全国10万人の99.99%の受験者の合格率は、一般財団法人消防試験研究センタが掲載しているとおりです。  

 

  市販の消防設備士試験の参考書は、非常に品質や出来が悪いため、消防設備士免許が取れない超低合格率のとなっています。  甲種6免許の合格率は 19.9%、特に甲種一類は、14.7%です    甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.1%と超低合格率の免許となっています。

 

 

  社会一般に30%をきる国家試験は、市販の参考書が悪いと言われております。  消防設備士免許は、市販の参考書の内容がよくないためなかなか免許が取れません。   当然、消防設備士の人数がたりなくなって大きな社会的問題に発展してしまいました。

 

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成24年度) 上げ底合格率

24年度2.jpg

全国10万人の市販の参考書での本当の合格率をご存知ですか?

一般財団法人消防試験研究センター統計(平成24年度) 実際の合格率

20統計.jpg

 

      合格率とは、受験料金を支払った消防設備士試験申請者(受験者)で合格者を除した数値が合格率となります。  一般財団法人消防試験研究センターは、実際に試験会場に来て受験した受験者の数で割った誤った合格者を合格率としてだしています。 万人の受験放棄者(101,413−82,260=19,153)を除いて合格率をだしております。 

 

  一般財団法人消防試験研究センターは、正しい合格率27,546(合格者)÷101,413(申請者)27.1%(合格率) です。   虚偽の合格率は、27,546(合格者)÷82,260(試験会場に来て受験者)33.5%(上げ底合格率)をだしています。   毎年、万人の受験放棄者8千3百万円の受験料金がドブに捨てられています。

 

   ※ 万人の受験放棄者最大の原因は、市販の消防設備士の参考書が非常にできが良くないため、消防設備士試験に受験勉強が間に合わないません。  10万人の超低合格率最大の原因は 市販の参考書が非常にできが良くないため甲種6免許の合格率は19.9%、特に甲種一類は、14.7%の超低合格率と万人という受験放棄者がおります。

  

   市販の参考書で勉強している全国10万人の99.99%の受験者の合格率は、甲種6免許の合格率は 19.9%、特に甲種一類は、14.7%です。    甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.1%と超低合格率の免許となっています。

 

  ※ 万人の受験放棄者最大の原因は、市販の消防設備士の参考書が非常に内容が良くありません。  そのため、消防設備士試験に受験勉強が間に合わないことので8千3百万円の受験料金を支払っても受験していない。   年間、10万人の消防設備士受験者は、1免許取るのに市販の参考書を2冊5千円で購入します。    超低合格率の参考書でも5億円以上の50年間も続いている超大ベストセラーです。

 

  電気工事士の市販の参考書は非常にできが良く合格率72%との超高合格率で電気工事士の数がたりるので年1回しか実施されていません。   消防設備士甲種6免許の合格率は 19.9%、甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.1%と超低合格率の免許となっています。   

 

  なぜ、消防設備士の市販の参考書が50年間も5億円以上の超大ベストセラー続くのかという、自動車教習所のような消防設備士教習所かないからです。   全国10万人の99.99%の受験者は、市販の参考書を購入して消防設備士免許を取るしかないのです。。

 

   このことを全国10万人の受験者が、このことを知れば、1年未満で消防設備士全類8免許を取得することができる消防設備士教習所を知れば、市販の参考書を購入しなくなり 年間5億円の参考書の売り上げが減ります。   

 

  どうしても、早急に消防設備士免許を必要な人は、30日で1免許、7ヶ月で7免許取得でき、消防設備士全類8免許が1年以内の超スピードで、超高合格率の90%の合格率『消防設備士免許取得教育センター』の講習会を受講し免許を取ります。

  

 

5 市販の参考書は、黙って5億円売れるので合格しなくていい

 

    社会一般に合格率30%をきる国家資は、教本が悪いとされています。   毎年、10万人の受験者は、しかたなく市販の参考書を購入して消防設備士免許を取る方法しかないのです。

  

 

  消防設備士免許は、90%の合格率簡単に短期間の1ヶ月で1免許取得できる免許です。  甲種6免許の合格率は19.9% 甲種及び乙種合計平均合格率は、27.1%の超低合格率の非常に悪い参考書でも黙っても売れるのです。 

 

  

 10万人の受験者は、1免許取得するのに誰でも市販の参考書を1人平均2冊以上を五千円で購入します。    10万人×五千円=5億円の売り上げになります。   消防設備士の参考書は、黙っていも毎年5億円以上の50年間も売れ続けた超特大ベス トセラーです。 

 

 出版社は、50年間も黙っていて毎年5億円以上売れるので参考書の内容が悪く超低合格率参考書でもいいのです。  出版社は、消防設備受験者が毎年、合格しなくても5億円以上の売れる参考書だから合格しなくてもいいのです。

  

   市販の参考書で勉強する全国10万人の消防設備士受験申請者は、驚くことに2万人の消防設備士受験者が試験会場に行かない状況から消防設備士の参考書が非常に分りにくく、受験勉強が間にあわないことは事実です。  

 

      市販の参考書は、系統立てた記載でなく例えば消防法、構造、電気、製図、鑑定、機械内容がじりいあっちに飛んだりこっちに飛んだり頭の整理ができない状況となり、勉強していてもなにを勉強しているか分からない参考書になっています。 

 

  勉強していても何が書いているかわからないので覚えられない現状です。   年間10万人の消防設備士受験者のうち、驚くことに、2万人の受験者が毎年、試験会場に行っておらず受験を辞退しています。   

 

 市販の参考書の内容が悪いから受験勉強が間に合わず、受験料金を支払っていても受からないことがわかるので受験しないのです。  毎年、毎年2万人の受験辞退者の受験料金8千3百万円が毎年ドブに捨てられ、もったいないお話です。 

 

消防設備士免許は、簡単取得できる免許

 消防設備士免許は、合格率100%の合格率より超短期間の消防設備士1免許を30日で取得することが大事なことです。   

 

 例えば消防設備士全類8免許を8年かけ100%の合格率では何ら人生で役に立たたなく8年間という無駄な時間を捨てています。

 

  例えば消防設備士全類8免許を8年かけ100%の合格率より、1年未満で90%の合格率全類8免許を取得するほうが1番大事です。 

 

 消防設備士免許を取得し7年間の時間が有効に活用でき、8免許で多数の業務や仕事をすることができす。    

 

 人生において収入もふえ、ゆとりある生活もでき、老後も楽しい人生が送れます。     

 

 自動車免許取得より安い27万円で消防設備士免許が取得できます。  27万円で人生と豊かな生活が買えるのです。

 

 消防設備士教習所の『消防設備士免許取得教育センター』が設立され講習会が本格的にはじまりました。

 

  消防設備士1免許が2日の講習30日で取得でき、甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許が7ケ月で取得できる消防設備士教習所が開講され本格的にな指導がはじまったのです。 

 

 消防設備士教習所の『消防設備士免許取得教育センター』は、消防設備士受験者に『小さな努力、大きなお金、大きな成果』の時間を販売している会社です。 

 

  『消防設備士免許取得教育センター』の消防設備士講習会や消防設備士通信講座を受講し、1免許30日で消防設備士免許を取得してみませんか? 

 

合格率30%をきる参考書は内容が良くない

 年間全国10万人の消防設備士受験者の99.99%は、市販の参考書で勉強するしかありません。 

 

 消防設備士の10万人の受験者の皆さんは、消防設備士免許がなかなか取れないとか、合格できないとか、努力が足りないとかと消防設備士免許が取れないのは受験者が本人が悪いと考えてしまいます。 

 

 一般的に国家試験で30%をきる国家資格はテキストや参考書が良くないとされいます。  

 

  あまりも合格率が低いため消防設備士の筆記試験、消防法、電気・機械、構造の3科目が全体で180点取得すれば合格で、1科目最低点数40点でいいですよしました。

 

 消防法100点、電気・機械40点、構造40点でも合格とした点数配分としても甲種6免許合格率は19.9%、甲種乙種合計合格率は、27.1%です。 

 

   取得しやすい点数配分にして合格率を高めてもをみても、この合格率ですから取得できない取れない大きな原因は教本やテキストや参考書があまり良くないから合格できないのです。

 

  消防設備士の試験内容は中学2年生で勉強する内容や高校1年生勉強する内容なので普通の努力で合格できる試験内容です。   

 

 市販の消防設備士の参考書のほとんどの著作者が消防設備について良く知らない人とか、もと消防職員でなく消防法についてまったく知らない一般人とかが書いているで解りずらい参考書です。

 

 一般に国家試験で合格率30%をきる国家資格は教本が良くないと言われております。  

 

  甲種消防設備士6免許の合格率は、19.9%で甲種消防設備士と乙種消防設備士の合計合格率は27.1%と合格率が低い明らかです。 

 

   特に甲種1類の消防設備士免許の合格率は14.7%と非常低い況です。  このように昭和40年から続いている市販の参考書で勉強では、超低合格率が50年間も続いております。  

 

消防設備士10万人の合格率30%をきる合格率をみても市販の参考書が悪いと明らかです。

 

  合格率30%をきる国家資格は教本が良くないと言われておりますが、具体的にどんな根拠を持って消防設備士の参考書が良くないのか? 

 

  消防設備士全類8免許が1年以内簡単に合格率90%で取得できてしまう免許です。     高校卒業程度の試験内容なので、消防設備士甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許がたった7ヶ月取得できます。

 

    消防設備士免許は、簡単に1免許30日で簡単にできてしまう。

    

高校生.jpg近、平成27年1月9日付の

新聞に沖縄県の沖縄工業                           高校化学科の高校生3年生の大城光裕君長嶺雅人君の2名が消防設備士7免許(甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類、) を全国2例目として取得した記事が紹介されていました。    高校生でも在学中に消防設備士7免許を簡単に取得しまう時代です。

 

 甲種消防設備士6免許の合格率は、19.9%甲種消防設備士と乙種消防設備士の合計合格率は27.1%の合格率の市販の消防設備士の参考書の内容良くないので勉強しても良くわからない。 

 

    ほとんどの参考書の著者は、消防設備について良く知らない人だったり、もと消防職員でない人が消防法につい書いています。  

 

 このような一般人が参考書を書いている参考書が多数のため勉強しても解りずらい状況です。

 

  年間全国10万人の受検者のうち、受験勉強がまにあわず受験料金を支払い試験会場に行かず受験としないで消防設備士試験を辞退しております。  

 

 この様な著者が書いた市テキストや消防設備士の参考書で受験勉強をすると、普通の能力と普通の努力で合格する免許なのに合格できません。 

 

   受験勉強しても良くない参考書なので、年間10万人が受験料金を支払い受験勉強間に合わないため驚くことに2万人が受験放棄していることは非常に異常な事です。 

 

 また、10万人の99.999%が市販の参考書で勉強しているから市販の参考書が良くない言えます。 毎年8千万円の受験料金がドブに捨てられています。 

 

 甲種免許受験料金5,000円×10,319人(受験辞退者)=51,595,000円 

 

 乙種免許受験料金3,400円×88,34人(受験辞退者)=30,035,600円  

   

甲種及び乙種受験料金合計金額81,630,600円 

  昭和40年から平成27年の50年間も毎年全国10万人の消防設備士受験者は、普通に勉強しても何が書いてあるかわからないのでテキストや市販の参考書で勉強するしかありません。 

 

    全国10万人の消防設備士受験者の5人に1人、2万人の受験者は受験勉強がまにあわず試験会場に行っておりません。 

 

 年間10万人の消防設備士受験者の99.9は市販のテキストや参考書で勉強し、高い受験料金を支払つています。  

 

 また、2万人の消防設備士受験者が高い受験料金を支払い、かつ、試験会場に行かず消防設備士試験を辞退していることは、市販のテキストや参考書で勉強して試験に間に合わないからです。 もったいないお話です。

 

  消防設備士免許は、1免許30日で簡単に取得できる合格率90%の試験です。   甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許が7ケ月で取得できてしまう簡単に合格できる免許なのです。

 

  50年間も合格率の低い市販のテキストや参考書で勉強することをお奨めできません。

 

   合格率19.9%の試験では、平均5回も受験しなけば合格しません。    東京を除く地方では、年2回の試験ですので合格するまで2年半もかかります。 

 

 人生無駄な時間を過ごさないためにも『消防設備士免許取得教育センター』の消防設備士講習会や通信講座を受講してみてはいかがですか。 

 

 『消防設備士免許取得教育センター』の消防設備士講習会や通信講座では、短期間で消防設備士免許を取得された多数の受験生がおります。 

 

 消防設備士免許の取得は、合格率1番大事でなく消防設備士1免許が30日で取できることが1番大事ことです。  

 

 消防設備士全類8免許を8年かけて100%の合格率より1年以内で90%の合格率で消防設備士全類8免許を取得するほうが大事です。  

 

 消防設備士免許取得教育センター』は、消防設備士受講生に時間を販売している会社です。

 

  消防設備士免許取得日数が短ければ勉強時間が少なく、1年も2年も勉強しない時間を楽しい時間に使えます。    消防設備士免許取得日数が短いことが1番大事で合格率ではありません。  

 

  甲種消防設士6免許の超低合格率19.9%の市販の参考書のはやめましょう。    人生の大事な時間の無駄使いはやめましょう

 

  『消防設備士免許取得教育センター』 は、消防設備士免許取得時間を消防設備士受験生に販売会社です。 例えば10回受験し合格した場合、5,000円×10=5,0000円かかります。

 

 試験会場までの交通費もかかります。 1免許30日で取得するなら2年4ケ月の人生の時間を購入したことになります。 

 

『消防設備士免許取得教育センター』 の 受講料金35,000円で1免許購入したならメリットとして2年4ケ月の人生の時間と 試験会場までの交通費9回と2年半のストレスの購入しなくてもいいのです。 

 

  市販の参考書で甲種6免許の合格率は、19.9%です。  この合格率から1免許取得するには平均5回受験しなければ合格できません。 

 

   東京を除く46道府県の受験者は、年2回の消防設備士試験ですから1免許取得するには、2年半かかります。      

 

 『消防設備士免許取得教育センター』の講習会や通信講座を受講すれば1年で全類8免免許を取得してしまい、1年半の時間が余ってしまいます。  1免許30日で消防設備士免許を取得することはいかに大事かわかります。  

 

13 なかなか取れない市販の参考書で勉強する全国10万人の受験者

 消防設備士免許取得制度が昭和40年から始まり50年たちます。 

 

 年間10万人の消防設備士受験者は、消防設備士免許を取得するたのには市販の参考書で勉強する方法しかありませんでした。 

 

  年間10万人の消防設備士受験者の99.99%は、市販のテキストや参考書 を50年間購入し独学で受験勉強して消防設備士の免許を取得する方法しかなかったのです。

 

 消防設備士の免許取得は、自動車教習所のような消防設備士教習所は、50年間日本には存在しません。 

 

 年間10万人の消防設備士受験者の99.99%は、市販の参考書 を50年間購入し独学で受験勉強して消防設備士の免許を取得する方法しかなかったのです。

 

 消防設備士試験は、年間10万人が受験して、10万人の消防設備士受験者は、4億2千2百万円を一般財団法人 消防試験研究センター支払って受験しております。 

 

    合格率が30%をきる国家試験資格は、一般的に参考書が良くないと言われています。    消防設備士甲種消防設備士甲種特類〜甲種5類の6免許の合格率は、19.9%です。 

 

 甲種消防設備士及び乙種消防設備士の13消防設備士免許の合計平均合格率は27.1%で30%を切っています。 

 

  この合格率をみても消防設備士免許の市販の参考書が非常に悪いことが明らかです。  この様な市販の参考書で一生懸命普通に勉強していてもなかなか合格することはできません。

 

 10万人の受験者の受験者は、一生懸命普通に勉強しているがなかなか合格できないのは受験者の程度が低いから合格できないの?     

 

 電気の試験は中学2年生で勉強する内容、機械試験の内容は高校1年生で勉強する内容、消防法の内容は中学3年生で勉強する程度なので難しくありません。

 

    この程度の内容でなので消防設備士甲種1類から甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許が7ヶ月で取得できてしまう程度です。

 

 また、市販の参考書の合格率が非常に悪い裏付けとして、10万人の受験者の中で2万人の消防設備士受験者が受験勉強に間に合わず受験放棄しております。 

 

   消防設備士免許の受験申請をして、2万人が試験会場に行かないのは、市販の参考書の記載の内容が全く解らない。 

 

   消防設備士試験に出題されたことのない消防設備士予想問題や消防設備士想定問題だから90%の合格率9合格は絶対無理です。

 

  2万人の消防設備士受験者が試験会場に行っていない状況を見ても消防設備士の参考書が非常に分りにくく、非常に悪いことは明らかです。  

 

  5人に1人の受験者が試験会場行かず、毎年2万人の受験料金8千万円がドブに捨てられています。    こんな市販の参考書では90%の合格率は望めず、1年未満での超スピードで消防設備士免許は取得できません。

 

 消防設備士試験の筆記試験3科目の内容や難易度は、消防法、電気は中学二年生、機械・構造は高校一年生の程度で簡単で易しい内容です。

 

   消防試験研究センターの消防設備士講習会・通信講座を受講すれば、中学卒業程度の試験なのに普通に勉強してれば甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許が7ヶ月で取得できてしまう免許です。

 

 消防設備士講師2名は、消防設備士全類8免許を10年前に90%の合格率で、1年未満の超スピードで取得した実績のあるスーパー消防設備士講師です。   

 

 よい消防設備士講師の講習を受講すれば、69歳の男性でも消防設備士全類8免許を90%の合格率で350日の1年未満で簡単に取得できます。 

 

14 筆記試験3科目は、合格率90%と中学二年生程度のやさしい内容

 消防設備士筆記試験の消防法、電気・機械、構造・規格の3科目のテスト内容の難易度はどの程度あるかというと中学2年生程度で難しくありません。

 

(1) 試験にでる消防法の内容は、消防法全体からするとさわり程度の内容の中学2年生でもわかる分る  簡単な内容となっています。

 

  例えば消防法の目的を遂行するために、6つ程度の条文が作られており、目的を念頭に置けば覚えやすく簡単に覚えられます。

 

  消防法は、1類から7類までの7免許は共通科目であり、出題される問題は、1類から7類まで同じで点数が取得しやすい科目です。   

 

また、試験の内容は、同じですので受験すればするほど点数が取得できて楽になります。     消防設備士試験3回目のときは、試験前日に少し見るだけで点数を取得できる科目となり、他の科目に取得点をまわせ楽にります。

 

(2) 試験に出題される電気の内容は、中学二年生で勉強している内容なのでやさしい試験です。    消防設備士講習会で電気が難しい、苦手な受講生がおります。 

 

 電気の苦手な受講生には、消防設備士講習会で中学2年生の理科の参考書を見せると苦手意識が取れます。

    

 中学3年生の高校受験の娘さんがいる52歳の受講生が電気の勉強をしていると「お父さんフレミングの右手の法則、中学2年で勉強している内容だよ。」  

 

 お母さんは、「フレミングの右手の法則」なんなのと中学2年生で勉強したことは忘れています。    中学2年生で覚える内容なのでやさしい内容です。   

 

(3) 機械は、高校1年生で勉強している内容で難しくありません。パスカルの原理、運動の法則、テコの原理、荷重、応力、 弾性限度、モーメント、溶 接 の 用 語など簡単なやさしい内容です。

 

  消防法、電気・機械は、消防設備士1類から7類まで共通となっているため、3免許を受験する頃は、試験前日に見るだけで合格点が取得できるようになります。    

 

 また、消防設備士の試験は、受験すれば受験するほど筆試験の取得点を楽に取得でき、他の科目に取得点を配分できるようになります。

 

  例えば消防法で70点、電気・機械で70点、新しく受験する類の構造・規格で40点取得すれば合格となります。  

 

   消防法、電気・機械の2科目が60点以上の合格点を取得できるので、規格・構造の科目に点数がまわせるので40点以上取得すれば筆記試験は合格になります。

 

(4) 鑑定試験は、消防設備の部材の名称、構造、用途について問われます。    年間10万人の消防設備士試受験者の99.999%は、市販の参考書で勉強して消防設備士免許を取る方法しかありません。

 

  鑑定試験は消防設備の部材の名称、構造について問われます。  市販の参考書では写真で見るだけで構造はよく分かりません。

 

  消防設備士講習会で実物を見れば消防設備の部材の名称、構造、用途について一目でわかり構造も理解できます。      

 

 写真をみて何度くり返し覚えても、一度でも実際に消防設備の部材を見ることには及ばないのたとえとおり、簡単に消防設備の部材の名称、構造を覚えてしまいます。  

 

  だから、甲種消防設備士5免許と乙種2免許の7免許が7ヶ月で取得できるのです。

 

  製図の試験は、自動火災報知設備、屋内消火栓、スプリンクラー設備等の消防設備構造ついて製図の作成おこなわれます。     これらの設備は、構造が簡単なので一度聞けば構造を覚えてしまいます。

  

  例えば、自動火災報知設備の必要配線の数え方や送り配線の製図方法、また 屋内消火栓、スプリンクラー設備等の配管方法や必要部品の設置位置は、消防設備の構造が分かるから2分〜3分で簡単に製図が書けてしまいます。      

 

 だから、消防設備士全類8免許が1年以内で取得できるのです。

 

  講習会で消防設備の構造について2分から3分以内で説明できなければ消防設備の構造についてなにも分かっていない講習会です。 

 

    この様な講習会でなければ消防設備士全類8免許を1年未満で消防設備士免許は絶対に取得することはできません。    

 

 

 69歳の受講生でも消防設備士7免許を8ヶ月で消防設備士全類8免許を350日で取得してしまうのです。

 

  30日で消防設備士1免許取得できるのに半年〜2年間かけて消防設備士免許を取得することは、人生の時間の無駄使いになります。    

 

 また、長期間にわたりストレスと苦痛を伴いますが、30日で消防設備士1免許取得できれば、簡単にまた取れた,また取れてと勉強していても喜びと楽しみになります。 

 

  『消防設備士免許取得教育センター』のような消防設備士講習会や消防設備士通信講座で受講することが重要です。  

 

15 受験生の消防設備士免許が取得できない大きな原因はどこ

 消防設備士免許取得制度が昭和40年から始まり50年たちます。 年間10万人の消防設備士受験者は、

 

 消防設備士免許を取得するたのには市販の参考書で勉強する方法しかありませんでした。 

 

  年間10万人の消防設備士受験者の99.99%は、市販のテキストや参考書 を50年間購入し独学で受験勉強して消防設備士の免許を取得する方法しかなかったのです。

 

 消防設備士の免許取得は、自動車教習所のような消防設備士教習所は、50年間日本には存在しません。

 

  年間10万人の消防設備士受験者の99.99%は、市販の参考書 を50年間購入し独学で受験勉強して消防設備士の免許を取得する方法しかなかったのです。

 

  消防設備士試験は、年間10万人が受験して、10万人の消防設備士受験者は、4億2千2百万円を一般財団法人 消防試験研究センター支払って受験しております。    

 

 合格率が30%をきる国家試験資格は、一般的に参考書が良くないと言われています。   消防設備士甲種消防設備士甲種特類〜甲種5類の6免許の合格率は、19.9%です。 

 

 甲種消防設備士及び乙種消防設備士の13消防設備士免許の合計平均合格率は27.1%で30%を切っています。  

 

  この合格率をみても消防設備士免許の市販の参考書が非常に悪いことが明らかです。  この様な市販の参考書で一生懸命普通に勉強していてもなかなか合格することはできません。

 

  10万人の受験者の受験者は、一生懸命普通に勉強しているがなかなか合格できないのは受験者の程度が低いから合格できないの?    

 

 電気の試験は中学2年生で勉強する内容、機械試験の内容は高校1年生で勉強する内容、消防法の内容は中学3年生で勉強する程度なので難しくありません。  

 

  この程度の内容でなので消防設備士甲種1類から甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許が7ヶ月で取得できてしまう程度です。

 

  また、市販の参考書の合格率が非常に悪い裏付けとして、10万人の受験者の中で2万人の消防設備士受験者が受験勉強に間に合わず受験放棄しております。 

 

    消防設備士免許の受験申請をして、2万人が試験会場に行かないのは、市販の参考書の記載の内容が全く解らない。   

 

  消防設備士試験に出題されたことのない消防設備士予想問題や消防設備士想定問題だから90%の合格率9合格は絶対無理です。

 

  2万人の消防設備士受験者が試験会場に行っていない状況を見ても消防設備士の参考書が非常に分りにくく、非常に悪いことは明らかです。   

 

 5人に1人の受験者が試験会場行かず、毎年2万人の受験料金8千万円がドブに捨てられています。 

 

   こんな市販の参考書では90%の合格率は望めず、1年未満での超スピードで消防設備士免許は取得できません。

 

  消防設備士試験の筆記試験3科目の内容や難易度は、消防法、電気は中学二年生、機械・構造は高校一年生の程度で簡単で易しい内容です。  

 

 消防試験研究センターの消防設備士講習会・通信講座を受講すれば、中学卒業程度の試験なのに普通に勉強してれば甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許が7ヶ月で取得できてしまう免許です。

 

  消防設備士講師2名は、消防設備士全類8免許を10年前に90%の合格率で、1年未満の超スピードで取得した実績のあるスーパー消防設備士講師です。 

 

  よい消防設備士講師の講習を受講すれば、69歳の男性でも消防設備士全類8免許を90%の合格率で350日の1年未満で簡単に取得できます。 

 

16 筆記試験3科目は、合格率90%と中学二年生程度の内容

 消防設備士筆記試験の消防法、電気・機械、構造・規格の3科目のテスト内容の難易度はどの程度あるかというと中学2年生程度で難しくありません。

 

(1) 試験にでる消防法の内容は、消防法全体からするとさわり程度の内容の中学2年生でもわかる分る  簡単な内容となっています。

 

 例えば消防法の目的を遂行するために、6つ程度の条文が作られており、目的を念頭に置けば覚えやすく簡単に覚えられます。

 

  消防法は、1類から7類までの7免許は共通科目であり、出題される問題は、1類から7類まで同じで点数が取得しやすい科目です。   

 

 また、試験の内容は、同じですので受験すればするほど点数が取得できて楽になります。    消防設備士試験3回目のときは、試験前日に少し見るだけで点数を取得できる科目となり、他の科目に取得点をまわせ楽にります。

 

(2) 試験に出題される電気の内容は、中学二年生で勉強している内容なのでやさしい試験です。   消防設備士講習会で電気が難しい、苦手な受講生がおります。 

 

 電気の苦手な受講生には、消防設備士講習会で中学2年生の理科の参考書を見せると苦手意識が取れます。

    

  中学3年生の高校受験の娘さんがいる52歳の受講生が電気の勉強をしていると「お父さんフレミングの右手の法則、中学2年で勉強している内容だよ。」 お母さんは、「フレミングの右手の法則」なんなのと中学2年生で勉強したことは忘れています。  中学2年生で覚える内容なのでやさしい内容です。   

 

(3) 機械は、高校1年生で勉強している内容で難しくありません。    パスカルの原理、運動の法則、テコの原理、荷重、応力、 弾性限度、モーメント、溶 接 の 用 語など簡単なやさしい内容です。

 

  消防法、電気・機械は、消防設備士1類から7類まで共通となっているため、3免許を受験する頃は、試験前日に見るだけで合格点が取得できるようになります。

 

  また、消防設備士の試験は、受験すれば受験するほど筆試験の取得点を楽に取得でき、他の科目に取得点を配分できるようになります。

 

  例えば消防法で70点、電気・機械で70点、新しく受験する類の構造・規格で40点取得すれば合格となります。    

 

 

 消防法、電気・機械の2科目が60点以上の合格点を取得できるので、規格・構造の科目に点数がまわせるので40点以上取得すれば筆記試験は合格になります。

 

(4) 鑑定試験は、消防設備の部材の名称、構造、用途について問われます。    年間10万人の消防設備士試受験者の99.999%は、市販の参考書で勉強して消防設備士免許を取る方法しかありません。  

 

 鑑定試験は消防設備の部材の名称、構造について問われます。   市販の参考書では写真で見るだけで構造はよく分かりません。

 

  消防設備士講習会で実物を見れば消防設備の部材の名称、構造、用途について一目でわかり構造も理解できます。   

 

 写真をみて何度くり返し覚えても、一度でも実際に消防設備の部材を見ることには及ばないのたとえとおり、簡単に消防設備の部材の名称、構造を覚えてしまいます。   

 

 だから、甲種消防設備士5免許と乙種2免許の7免許が7ヶ月で取得できるのです。

 

 製図の試験は、自動火災報知設備、屋内消火栓、スプリンクラー設備等の消防設備構造ついて製図の作成おこなわれます。 

 

  これらの設備は、構造が簡単なので一度聞けば構造を覚えてしまいます。 

 

 

  例えば、自動火災報知設備の必要配線の数え方や送り配線の製図方法、また 屋内消火栓、スプリンクラー設備等の配管方法や必要部品の設置位置は、消防設備の構造が分かるから2分〜3分で簡単に製図が書けてしまいます。   だから、消防設備士全類8免許が1年以内で取得できるのです。

 

 講習会で消防設備の構造について2分から3分以内で説明できなければ消防設備の構造についてなにも分かっていない講習会です。 

 

 この様な講習会でなければ消防設備士全類8免許を1年未満で消防設備士免許は絶対に取得することはできません。    69歳の受講生でも消防設備士7免許を8ヶ月で消防設備士全類8免許を350日で取得してしまうのです。

 

 30日で消防設備士1免許取得できるのに半年〜2年間かけて消防設備士免許を取得することは、人生の時間の無駄使いになります。  

 

   また、長期間にわたりストレスと苦痛を伴いますが、30日で消防設備士1免許取得できれば、簡単にまた取れた,また取れてと勉強していても喜びと楽しみになります。   

 

『消防設備士免許取得教育センター』のような消防設備士講習会や消防設備士通信講座で受講することが重要です。  

 

17 全類8免許は、90%の超合格率で1年未満で取得できる免許

 誰しも消防設備士免許は、一回の試験で取得したいものです。 消防設備士免許を取得する要件として大切なことは2つあります。

 

  一つ目は、消防設備士免許を短期間で取得できることです。   例えば甲種1類から乙種7類の7免許を7ケ月で取得できる免許、消防設備士1免許を30日で取得できる免許とか、消防設備士全類8免許が1年未満で簡単に取得できる免許です。

 

 2つ目は、消防設備士免許を取得するに当たり合格率です。例えば甲種特類、甲種1類から乙種7類の8免許の取得が超高合格率の90%以上の合格率で取得できることです。 

 

  防設備士免許を短期間で取得できることは、勉強時間がすくなく効率的に勉強する結果とて現れます。    消防設備士1免許取得に2年10回受験すると人生の時間の無駄になり、ストレスも多くたまります。

 

 例えば甲種1類から乙種7類の7免許を7ケ月で取得できれば、当然合格率も90%の超高合格率となり、勤務先でも仕事に対して信頼されます。 

 

   消防設備士全類8免許取得している社員であれば8人の給料や厚生年金等を支払わなくてよく、給料も1.8倍ですみ会社としてメリット大きな人材です。

 

 消防設備士全類8免許取得の社員であれば、建築士や電気工事士との打ち合わせ回数が少なくて仕事の効率も上がり、1社員で8消防設備について全体を管理でき手間がはぶけます。 

 

 建築士や電気工事士は、新現場の仕事での打ち合わせも一人でよく、仕事のスピードも早く、全体の仕事管理もしてくれるので効率よく仕事ができる人材なので新しい仕事をくれます。 

 

 会社としては、有能な人材なので社長から大事にされ給料も上がり生活も豊かになり、役職も上がり、人望も集まりたのしく人生が過ごせるようになります。

市販の参考書は、免許が取れないので国家試験の根幹の消防設備士免許制度まで変えた

 

日本一早く消防設備士免許が取得できる
6 市販の参考書は、最低合格点を60点から40点に下げて合格

   消防設備士免許の難易度の内容は、中学2年生から高校1年生で勉強する内容です。  市販の参   考書がキチット作成してあれば1免許30日で、7ヶ月で7免許が取得できてしまう簡単でやさしい免許です。  

 

消防設備士免許は簡単に7ヶ月で7免許取れる免許
全類日本最速取得者 (甲種特類の全類を348日                 甲種1〜甲種5、乙種6、乙種7の7免許を7ケ月で取得      消防設備士免許全類を364日で取得                    1免許取得45日で取得
ユキズミ.jpg 幸逸.jpg

 

 市販の参考書は、内容が粗悪なため国家試験の根幹の最低合格点の60点がなかなか取れない参考書です。    中学2年生から高校1年生で勉強する内容 の試験が最低合格点の60点が取得できない参考書は粗悪な参考書としか言いようがありません。   当然、、社会に必要な消防設備士の数がたりなくなり大きな社会問題に発展します。 

 

 総務省消防庁長官は、消防設備士数の人員がたりなければ、国会で国会議員に消防設備士の増員の責任を求められます。   そのため国家試験の根幹消防設備士免許制度を大幅に変更防設備士免許の最低合格点60点40点にさげて合格にしました。  

 

 総務省消防庁は、消防設備士の増員をはかるため、国家試験の根幹の最低合格点60点を崩してしかたなく最低合格点を40点に下げて合格にしたのです。

  

 市販の参考書のできが普通であれば消防設備士筆記試験3科目は消防法60点電気・機械60点規格構造60点180点以上鑑定と製図試験は60点以上であれば合格となり楽に免許が取れます。 

 

 合格点は、本来60点でなければならないところを40点にさげて合格率を上げようとしましたが、それでも市販の参考書が非常に品質や出来が良くない合格率は上がりません。  

 

  合格しやすく配点を下げても、それでも甲種6免許の合格率は 19.9%、甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.1%と超低合格率です。   最低合格点を60点としたなら消防設備士免許の合格率は10%をきる超難しい国家試験になってしまいます。

  

  甲種6免許のうち、特に甲種1類超低合格率の14.7%の合格率で非常に品質や出来が良くない参考書としか言いようがありません。  最低合格点を合格しやすく配点を下げても、市販の参考書の品質や出来が非常に良くない消防設備士の免許はなかなか取れません。

 

 

7 消防設備士試験回数を大幅に増やして、消防設備士の増員

  消防設備士免許と電気工事士免許を比較すると、電気工事士の市販の参考 は、非常に良いため、合格率は72%年1回しか試験は実施されていません。   

 

 消防設備士の市販の参考書は、非常に良くないため甲種及び乙種13免許の平均合格率は、27.1%と超低合格率です。   市販の参考書の品質や出来が良くないため消防設備士免許が取れず増員できません。  

 

 総務省消防庁は、消防設備士の増員をはかるために試験回数を1回でなく試験回数を大幅に増やして消防設備士の確保をはかろうとしました。

  

 

 全都道府県の消防設備士試験回数は、平成27年度の甲種6免許は、680回乙種7免許は790回合計1470回に試験回数を増やし消防設備士の増員をはかつています。

  

 各都道府県の消防設備士試験回数は、東京都の35回青森県は6回北海道、岩手県、山形県、長野県は4回宮城県、秋田県、広島県、福岡県、京都、奈良、富山県、新潟県は3回実施していますがそれでも消防設備士数はたりません。  

 

 

8 消防設備士の大幅増員できないので消防設備士点検資格者で対応

 

 

 総務省消防庁は、消防設備士試験回数を大幅に増やしても消防設備士の絶対数が足らない状況が50年間も続いている状況です。   

 

  

 消防設備点検は、半年に1回、年2回実施しなければなりません。  建築物は、毎年増加して、消防設備の点検は累積的に増加します。

  

 点検のできる消防用設備は、免状に記載されている種類の点検だけなので7種類の消防設備士数のまったく足りない現況です。

  

 

 市販の参考書の品質や出来が良くないため消防設備士の絶対数の数がたりないため総務省消防庁長官は、国家資格でない第1種消防設備士点検資格者第2種消防設備士点検資格者の臨時的な点検資格を制定しました。

  

 

 受験資格もおだやかでたったの3日間の講習会を受講すれば誰でも取れる資格です。

 

 

 第1種消防設備士点検資格者は、1類、2類、3類、6類の消火設備すべての点検ができます。

  

 第2種消防設備士点検資格者は、警報設備の4類、5類、7種類のすべて点検ができる講習会です。

  

 

 講習会では、出題される箇所を教えチェックさせ、国家試験でないので本を見て回答を書かせ、誰でも合格できる資格です。

  

 

 総務省消防庁長官は、 市販の参考書の品質や出来が非常に良くないので、消防設備士免許が取れないので、しかたなく消防設備士点検資格者の資格制度を制定して対応をはかったのです。 

  

 

 超低合格率の品質や出来が非常に良くない市販の参考書が消防設備士点検資格者の資格を制定させ、消防設備免許制度どの変更させたのです。

 

 

9 低レベル40点合格の消防設備士の再講習が5年が2年に変更

 

 

一般にどんな免許でも取得すれば、最初の再講習は、免許取得後の5年で行われます。 

  

 本来国家資格の合格点は、60点以上が合格です。 市販の参考書が内容が良くない免許がとれず、本来の60点合格点40点下げ、しかたなく合格としたのです。   

 

 

 

  このため命にかかわる消防設備士業務に支障でると大変なことになります。   本来免許の取れない程度の低い消防設備士を5年間も世の中に野放しにしておいたら大変ことになると考えたのです。

  

 最初の免許取得後の2年目に再講習すれば何とかなると考え、2年目に再講習を実施することにしたのです。  

  

 その後は、5年目、5年目と再講習を実施しています。  市販の参考書が良くないため消防設備士の絶対数が足りなくなり、消防設備士免許の再講習受講年数まで変更することとなったのです。   

 

10 超低合格率の参考書でも、毎年6億円の特大ベストセラー

     消防設備士 許取得制度が昭和40年から始まり50年たち、年間10万人の消防設備士受験者が受験しております。  

 

 

 自動車の免許を取得するには自動車教習所へいき免許を取得するのが常識です。

 

  消防設備士免許を取得する教習所は全国には今までないので、10万人99.99%の消防設備士受験者は市販の参考書を購入して独学で勉強するしかありません。  

  

 甲種消防設備士甲種特類〜甲種5類の6免許の合格率は、19.9%です。 

 

 甲種消防設備士及び乙種消防設備士の13消防設備士免許の合計平均合格率は27.1%で30%を切っています。    

 

 合格率が30%をきる国家試験資格は、一般的に参考書が良くないと言われており、消防設備士の免許はなかなか合格できません。

 

 一般的に参考書が良くないと言われている結果が、受験勉強が試験まで間に合わないので 2万人の受験者が試験会場に行って受験しておりません。 

 

    この2万人の消防設備士受験者が受験を辞退して受験しないことが市販の参考書が非常に悪いことは明らかです。

 

10万人の消防設備士受験者は、市販の参考書を悪くても購入するしかありません。  

 

 消防設備士受験者一人平均2冊五千円の本を購入すると五億円の大きい市場になります。     消防設備士免許制度が昭和40年から始まり、5億円の超特大ベストセラーが50年間も続いているのです。

 

  出版社は、毎年、毎年、消防設備士試験に合格しようが、不合格になろうか、受験勉強が間にあわなくても関係なく合格するために5億の参考 を黙っていても消防設備士受験者は必ず購入します。 

 

  消防設備士教習所がないから10万人の消防設備士受験者は市販の参考書で勉強する方法しかないから必ず購入してくれます。 

 

 合格率が超低合格率の市販の参考書でも50年間も毎年、毎年、売れ続ける参考書はありません。 

 

 どんな消防設備士の参考書でも書けば売れるので『消防設備士免許取得教育センター』に7出版社から参考書の作成依頼がありました。    ある出版社では、甲種4類の参考書を10種類だしています。

 

 参考書は、必ず購入してくれる競争原理は働かない五億円の非常に大きな売り手市場なので、超低合格率で、2万人の消防設備士受験辞退者が発生している参考書の受験勉強から脱却の時代だと思います。

 

 消防設備士1免許を『消防設備士免許取得教育センター』の講習会で簡単に90%合格率で講習会費三万五千円超高速の30日で取得できます。 

 

  2冊五千円の市販参考書で1免許取得するのには、甲種6免許の合格率19.9%ですので、5回受験で1免許取得するに2年半かかります。   

 

 また、1免許取得するには、五千円の市販参考書代金5回の受験料金二万五千円5回の交通費2年5ヶ月間にわたる長期の受験勉強時間2年半のストレスがかかります。  

 

  料金的には、『消防設備士免許取得教育センター』の講習会費より多額の料金がかかります。   三万五千円2年半という長時間を買えるのなら安いお買い物です。     『人生 という時間を無駄にしたくありません』   

▲このページのトップに戻る