固定スペース

 

消防設備士免許を取得して消防設備士になる

消防設備士の写真.bmp

 消防設備士免許を取得した人を消防設備士と言います。 消防設備士免許制度は昭和40年から始まり55年の半世紀すぎ、平成16年5月まで7種類の免許でしたかが、平成16年6月に甲種特類の免許ができ8種類の免許になりました。


 甲種特類、甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類の8免許になります。


 消防設備士8を平成16年6月以降に1年以内に取得したなら誰も取得したことがないので日本一最速取得者となり、誰でも日本一最速消防設備士となれます。

 

 消防設備士になるには、簡単いえば、ただ簡単に一言消防設備士の免許」を取得すればいいだけです。 

 

 消防設備が初めて日本に導入されたのは、明治32年にスプリンクラー設備イギリスから輸入され122年の1世紀以上ち、こんなに古い甲種1類の免許がたったの16.7日で取得できる免許なので簡単に取得できる免許なのでやさしい免許だと思います。

 

消防設備士免許取得革命で8免許225日取得

  令和になり、明治32年に日本に輸出された甲種1類のスプリンクラー設備等を68歳の高齢者の老人が甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許を117日で取得し、一免許あたり「16.7日」日数7回連続して短期かで簡単に取得しています。  

 

 1免許と1免許の取得日数の間が「16.7日」であれば全国の消防設備士受験者全員が誰でも素直に合格率100%を納得します。

 

 この様に短期間に消防設備士免許が簡単にい取得できれば消防設備士に誰でも消防設備士になれます。    

 

 当社の消防設備士教習所の講習や通信講座を受講すれば、この68歳の高齢者老人のように「20名の受講生」が取得した消防設備士全類8免許の実物免許写真を見れば 、誰でも素直に納得します。 

 

 68歳の私は、令和元年10月9日7免許を合格率100%の117日で取得(1免許が16.7日×7回)の短期間取得しました。 更に甲種特類の免許全類8免許を225日で取得しました。

  消防設備士全類8免許7ヶ月半(2消防設備士全類(225日)

消防設備士甲種1類〜甲種5類,乙6,乙7の7免許117日(1免許16.7日)

 免許の種別

 交付年月日

 サトウ.bmp 1 乙種6類 R01.06.14
2 甲種4類 R01.06.21

3 甲3種類

R01.07.30
4 乙種7類 R01.08.02
5 甲種5類 R01.09.02
6 甲種1類 R01.10.01
7 甲種2類 R01.10.09
8 甲種特類 R02.01.29

  消防設備士全類8免許を1年未満で取得受講生が20名以上の当社の講習会や通信講座受講して受講者の免許を実物免許を見れます。 

 

次項有 次項有  次項有当社の20名の受講者の全類8免許取得者の免許  を見たければこちらをクリック

 

 

自動火災報知設備は、スプリンクラー設備が導入された27年後の昭和元年に能美防災(株)がイギリスから特許を取得して日本に初めて設置され、昭和40年までの40年間消防設備士の資格がなくても工事、点検ができ、日本に自動火災 ...

 

 明治時代の輸出の7割が絹であり、なぜこんなに絹なのか言うと、フランス、イギリスで絹生産のもとのお蚕の病気が発生して外国で絹の生産ができなくなりました。  そこで、お蚕の病気が発生していない日本から輸出が7割となったのです。

 

  フランスから絹の紡績機が100台輸入されました。 明治時代当時において、100台の紡績機は非常に高価であり火災になり、紡績機が燃えるような火災が発生したなら大変なので、イギリスからスプリンクラー設備が輸入され、日本に自動消火設備とて入り、110年という1世紀すぎています。

 

 明治33年に初めて義務教育が無料になった時代の頃、文字を読めない人も多く,消防設備士という国家資格もなく、その時代にスプリンクラー設備を取りあつかつていたのです。 

 

 消防設備士免許制度は、昭和40年から始まり、スプリンクラー設備65年間もの長い期間にわたり消防設備士の免許がなくても工事,整備ができました。

  

 また、自動火災報知設備は、スプリンクラー設備が導入された27年後昭和元年に能美防災(株)がイギリスから特許を取得して日本に初めて設置され、昭和40年までの40年間消防設備士の資格がなくても工事、点検ができ、日本に自動火災報知設備が導入されすでに93年の1世紀すぎようとしています。 

 

消防防設備士免許を取得しなければ消防設備士になれません。 消防設備士免許の種類は、13種類免許(甲種特類、甲種1類、甲種2 類、甲種3類、甲種4類、種5類、乙種1類、乙種2類、乙種3類、乙種4類、乙種5類乙種6類、乙種7類)あります。

  

   消防設備士の資格とは、昭和40年に消防設備士設備士免許制度が発足して、消防設備士免許という国家資格になり、53年の半世紀の歴史があります。

  

消防設備士免許は国家資格で中で一番やさしい免許

 この国家資格の消防設備士免許を取得なければ、消防設備の設置工事、整備、点検を行うことができなく、 消防設備士になることができません。  また、消防設備士免許は、国家資格の中で一番やさしく簡単に短期間で取得できる免許です。  

 

 なぜなら、当社の「消防設備士教習所」で全類8免許(甲種特類、甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類、)の2日間の講習を受講すると1年未満で取得できるので一番やさしい取得しやすい資格と言えます。

 

  日本の国家資格資格試験で、消防設備士全類8免許を1年未満で取得できるような国家資格は、消防設備士免許以外にありません。  実際に取得した消防設備士免許事物写真を見なければ誰も信用しません。    

 

 当社の消防設備士教習所の受講者が取得した消防設備士免許の取得状況を見ると、例えば、21歳の学生が甲種5免許60日で取得すると1免許12日で取得したことになります。

 

消防設備士甲種5免許(甲種1類〜甲種5類)取得期間60日(1免許12日)

甲種特類、甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許100日(1免許14日)

 

免許の種別

 

交付年月日

斎最速免許.jpg 1 甲種1類 H28.05.18
2 甲種2類 H28.05.18
3 甲種4類 H28.06.21
4 甲種5類 H28.07.11
5 甲種3類 H28.07.19
6 乙種6類 H28.08.31
7 乙種7類 H28.08.31

 

 例えば、68歳の男性消防設備士が、消防設備士7免許を4ヶ月未満(115日)で取得したなら、1免許の取得日数は17日となります。17日が連続7回で取得したことにより合格率100%で超スピードでの取得したことは誰も疑いません。

 

 消防設備士全類(8免許)取得 (225日)(取得期間7ケ月半)

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間4ヶ月未満の115日)

 免許の種別

 交付年月日

 サトウ.bmp 1 乙種6類 R01.06.14
2 甲種4類 R01.06.21

3 甲3種類

R01.07.30
4 乙種7類 R01.08.02
5 甲種5類 R01.09.02
6 甲種1類 R01.10.01
7 甲種2類 R01.10.09
8 甲種特類 R02. 01.29

 

  

 当社は、消防設備士13免許の全ての消防設備士講習会を毎月4免許〜8免許の講習会を実施している全国で1ヶ所しかない消防設備士免許取得専門の消防設備士教習所です。

  

甲種4類免許の取得消防設備士教習会場

 消防設備士講

 

 

 

  14年前の平成16年6月に甲種特類の免許ができ7免許が8免許になりました。 当然、誰も全類8免許を1年以内で取得しょうする受験者や、取得した受験者は誰もいませんでした。      

 

 当時、過去半世紀において消防設備士全類8免許を1年以内で取得した消防設備士免許を見た人はいないため、実際に取得した消防設備士免許を見なければ消防設備士受験者全員が信用しません。

 

  当社の「消防設備士教習所」の講師が、平成16年10月25日に甲種4類免許を取得しました。  そして、平成17年10月25日に甲種特類の消防設備士全類8免許を364日で取得したのが日本で最初でした。    

 

 

 日本最速全類8免許取得のスーパー消防設備士講師

 14年前の甲種特類の免許ができ7免許が8免許になった。

日本で最初に全類8免許を年未満(364日)で取得した消防設備士

 

免許の種別

 

交付年月日

コウイツ免許.jpg 1 甲種4類 H16.10.26
2 乙種7類 H17.01.28
3 甲種1類 H17.02.28
4 乙種6類 H17.03.03
5 甲種2類 H17.07.07
6 甲種5類 H17.08.05
7 甲種3類 H17.10.13
8 甲種特類 H17.10.25

 

  当社の「消防設備士教習所」の2人目の講師は、11年前に消防設備士7免許の資格を7ヶ月(1免許1ヶ月取得)で取得し、全類8免許を348日で取得しました。 「消防設備士教習所」の講師2名は、全類8免許を1年未満で取得し、この経験と実績をもって効率の良い講習指導に当たっています。 

 

 

 日本最速全類8免許取得のスーパー消防設備士講師

 11年前消防設備士全類(8免許)日本最速取得者(取得期間348日

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間7ヶ月)

 

免許の種別

 

交付年月日

宇山免許.jpg 1 甲種2類 H19.10.25
2 甲種4類 H19.11.14
3 甲種1類 H19.11.22
4 甲種5類 H20.03.06
5 甲種3類 H20.04.16
6 乙種6類 H20.05.26
7 乙種7類 H20.06.03
8 甲種特類 H20.10.08

 

 

 消防設備士全類8免許の合格率100%の証明方法

 

    実物の消防設備士免許の1免許や2免許を掲載して「合格率100%」といってと言っても証明することは困難です。 当社の消防設備士教習所では、実物の消防設備全類8免許を掲載して、1免許の資格取得期間が12日〜30日で取得したことが判明すれば、合格率100%が証明できると考えました。

 

 例えば 甲種5免許の資格を60日で取得したなら1免許の取得期間は12日で取得した事になり、12日、12日、12日、12日12日の間隔で1免許取得したなら合格率100%でしょう。  

 

 

 例えば消防設備士7免許の資格を100日で取得したならば、「14日、 14日、14日、14日、14日、14日、14日」の間隔で7連続の日数で取得したことになり、合格率100%の証明になります。  

 

最近の当社の消防設備士教習所受講生の免許取得状況 

 

  当社の消防設備士教習所の「合格率100%」を証明するために、講習会の受講生が取得した実物の消防設備全類8免許を掲載することにしました。  第三者の受講生が取得した実物の 消防設備士全類8免許を見れば誰でも「合格率100%」を素直に納得してくれると思います。   

 

 

21歳の受講生の消防設備士資格の7免許取得状況

  

  当社の21歳の受講生は、甲種5免許の資格を60日(1免許12日)取得したり、甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙7類の7免許を超スピードの100日(1免許14日)で取得しております。  講師として10年指導しておりますが、昭和40年から消防免許制度が始まり半世紀の53年たちますが1免許が14日日(2週間で1免許)で7回連続して資格を取り続けた結果に驚嘆するほどの快挙です。  

 

 

消防設備士全類(8免許)取得期間日本第1位(取得期間219

甲種特類、甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(100日)

 

免許の種別

 

交付年月日

斎最速免許.jpg 1 甲種1類 H28.05.18
2 甲種2類 H28.05.18
3 甲種4類 H28.06.21
4 甲種5類 H28.07.11
5 甲種3類 H28.07.19
6 乙種6類 H28.08.31
7 乙種7類 H28.08.31

 

 

69歳の受講生の消防設備士資格の免許取得状況

  

   当社の69歳の受講生は、消防設備士7免許をヶ月(1免許34日)で取得し、全類8免許の資格を349日で取得しています。  1回の講習費で何回も受講できるうれしい資格講習会ですと感想を述べています。

  

 消防設備士全類(8免許)取得期間日本第2位(取得期間349日

 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間8ケ月)

 

免許の種別

 

交付年月日

8免許.jpg 1 甲種4類 H26.04.15
2 甲種2類 H26.05.09
3 甲種1類 H26.09.01
4 甲種3類 H26.09.05
5 甲種5類 H26.11.25
6 乙種6類 H26.12.17
7 乙種7類 H26.12.17
8 甲種特類 H27.03.30

  

 

23歳の文系女子の消防設備士全類8免許の取得状況

   何も知らない文系女子の23歳の私は、消防設備士全類8免許が1年以内に取得できる『日本一最速の講習会』の言葉を信じて受講してみました。   実際に消防設備にさわったり、配線や配管を実際におこない目でみて覚えてしまい全類8免許の資格を1年未満で取得しました。 

 

 文系女子の私は、前の会社で月に甲種4類の資格を取得しました。 10月に会社が合併になり、残りの7免許を6ヶ月で取得しました。  消防設備士講師より女性消防設備士の快挙 (全国の女性消防設備士の中で、日本最速の女性全類8免許取得者になりました。)とほめられました。 

 

 甲種1類〜甲種5免許、乙種6、乙種7免許を10ヶ月で取得 

  消防設備士全類(8免許)取得期間351日で取得

免許の種別

 交付年月日

千木良舞.jpg 1 甲種4類 H28.08.23
2 甲種2類 H29.02.20
3 甲種5類 H29.03.29
4 甲種1類 H29.04.17
5 甲種3類 H29.05.15
6 乙種6類 H29.06.22
7 乙種7類 H29.07.19
8 甲種特類

H29.8.04

  

 私に対する消防設備士資格取得の会社評価と講習会トメリット

  社内では、消防設備士全類8免許を短期間の取得したことにより、周りの同僚社員からの高評価も合わせれば、料金的に安すぎるくらいだと思う。  相談ごとには親身になってアドバイスしくれる 楽しい講習会でしたよ。

 

マンション管理に転職、消防設備士7免許8ヶ月、全類8免許取得

 

  60歳の私は、定年退職後に大手マンショウ管理会社に勤務したので消防設備の知識が必要になりました。 日本最速で消防設備士全類8免許の資格が取得できる「消防設備士教習所」にいき、「消防設備士7免許を8ケ月で取得」し、全類8免許を取得しました。

 

   

 また、設備のハードだけでなく、防火管理のソフトの知識が必要になり、現在は、宇山さんの紹介で「東京理科大学の小林恭一教授の予防塾」ソフトの勉強をしています。

   

 

 

 

 

 

  消防設備士全類(8免許)取得

 免許の種別

 交付年月日

山田2.jpg 1 甲種2類 H28.02.20
2 甲種4類 H28.03.22
3 甲種1類 H28.05.10
4 甲種3類 H28.07.11
5 甲種5類 H28.09.15
6 乙種7類 H28.09.20
7 乙種6類 H28.10.18
8 甲種特類 H29.04.25

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

消防設備と無関係な会社から全類8免許を1年未満で取得転職

 

  消防設備と無関係な会社に勤務していた51才の私は、定年後の将来の事を考えて平成29年10月に「消防設備士全類8免許の資格を1年」で取得しました。  平成30年5月1日から転職して消防設備会社の正社員になり、給料も上がり、希望を持って新会社に勤務しています。    

 

  消防設備士全類(8免許)取得

免許の種別

 交付年月日

甲種特類免許.jpg 1 甲種4類 H28.10.12
2 乙種6類 H29.02.15
3 甲種5類 H29.02.20
4 乙種7類 H29.04.26
5 甲種1類 H29.05.01
6 甲種3類 H28.09.27
7 甲種2類 H29.09.28
8 甲種特類 H29.10.27

 

 

 消防設備士全類8免許が私をリストラから守った

  51歳の私は、大手の会社で研究総務部施設グループで管理の仕事をしております。 会社で1年後に1,000名リストラのある話を知りませんでした。  何も知らない私は、たまたまネットで日本最速で消防設備士全類8免許が取得できる「消防設備士教習所」を見つけ、ためしに乙種6類の講習を受講し全類8免許を取得ました。

 

 全類8免許を取得していたためリストラの波はなく、消防設備士全類8免許の資格は、私を「リストラの波」から守ってくれた消防設備士の資格の強さを実感しました。 

 

 消防設備士乙種6類の消火器の免許をして宇山さんからハードだけでなくソフトの知識が必要のお話を聞きました。  全類8免許を取得1年前より先きに、宇山さんの紹介で「東京理科大学の小林恭一教授の予防塾」で勉強していた事もリストラの波を避けま。                                                   

  

  消防設備士全類8免許取得1年

免許の種別

 交付年月日

樋口.jpg 1 乙種6類 H29.08.28
2 乙種7類 H30.02.05
3 甲種5類 H30.02.20
4 甲種1類 H30.03.20
5 甲種4類 H30.05.14
6 甲種2類 H30.07.26
7 甲種3類 H30.08.27
8 甲種特類 H30.09.19

  

社長の指示で新しい消防設備の開発のため甲種特類の免許の取得

 私は、20年前「独学で甲種1類と甲種2類」の2免許を取得しました。  私は、社長の指示で「甲種特類の免許」を短期間で取得し、新しい消防設備の開発を依頼れました。

 

 そのため、日本最速で「甲種特類が取得できる講習会」を受講して免許を取得しました。 また、ハードだけでなくソフトの勉強が必要となり、 現在、宇山さんの紹介で東京理科大学の小林恭一教授の予防塾でソフトの勉強をしています

 消防設備士全類(8免許)取得

 免許の種別

 交付年月日

傍島免許.jpg 1 甲種1類 H08.10.23
2 甲種2類 H12.03.08

3 乙種6

H27.05.22
4 甲3種類 H27.07.14
5 甲種4類 H27.08.27
6 甲種5類 H27.09.18
7 乙種7類 H27.12.04
8 甲種特類 H28.02.08

 

消防設備の3大メーカー勤務、全類8免許を取得して役員に抜擢

 私は、ある消防設備の3大メーカーに勤務して18年前に独学で甲種4類の免許を取得しました。  14年前に現役の消防職員だった宇山さんと知り合いになり、無料で残りの7免許を教えていただきました。  「消防設備士全類8免許」したので会社の役員になれました。

 

 消防設備士全類(8免許)取得

 免許の種別

 交付年月日

 おざわ免許.jpg 1 甲種1類 S63.04.25
2 乙種6類 H18.02.23

3 甲種5

H18.07.21
4 甲1種類 H18.10.24
5 乙種7類 H19.01.24
6 甲種3類 H19.01.25
7 甲種2類 H19.04.12
8 甲種特類 H20.03.17

 

 30歳の私は、平成から令和元年と元号が変わるとき一大決心しました。 69歳の「小津善久」先輩受講生の全類8免許取得を見て、40歳も若い私も簡単に全類8免許を取得できると確信し、8免許講習費を一括支払いしました。 そして9ヶ月で消防設備士全類8免許取得しました。

消防設備士全類(8免許)取得 (292日)(取得期間9ケ月)

 免許の種別

 交付年月日

 小島全類.bmp 1 乙種6類 H31.01.24
2 甲種4類

H31.03.05

3 甲種1類

R01.05.21
4 甲種5類 R01.07.04
5 甲種3類 R01.09.19
6 甲種2類 R01.11.06
7 乙種7類 R01.11.22
8  甲種特類 R01.11.22

 

 

 43私は、ネットで日本最速で消防設備士全類8免許が取得できる「消防設備士教習所」を見つけ、消防設備士全類免許を取得しました。  消防設備士全類8免許取得したので課長に昇進しました。  現在は、宇山さんの紹介で「東京理科大学の小林恭一教授の予防塾」ソフトの勉強をしています。

  消防設備士全類(8免許)取得

免許の種別

 交付年月日

記.jpg 1 甲種1類 H29.09.07
2 甲種4類

H30.01.16

3 乙種6類 H30.06.21
4 甲種5類 H30.09.12
5 乙種7類 H30.09.18
6 甲種3類 H30.10.26
7 甲種2類 H31.02.18
8 甲種特類 H31.04.08

  

 47歳の私は、平成最後の元号になめため1月に一大決心しました。 69歳の「小津善久」先輩受講生の全類8免許の取得を見て、私にも取得できる確信し、消防設備士全類8免許の講習費を一括支払いしました。  

 消防設備士7免許取得したで、あと甲種特類免許取得するのみです。

    消防設備士甲種1類〜甲種5類乙6乙7取得

 免許の種別

 交付年月日

 7免許愛媛.bmp 1 甲種4類 H30.01.25
2 乙種6類 H30.04.12

3 甲種5類

H30.04.12
4 甲種2類 H30.09.13
5  甲種1類 H31.01.08
 甲種3類 H.31.01.24
7  乙種7類 H31.03.08
8  甲種特類 R02..

 

 

消防設備士不足による消防設備士免許取得は正社員の時代

最近の51才の男性ががなぜ消防設備士免許を取得していると正社員になれたのは、次のような社会的な背景がありました。

  

 日本は、世界に例を見ない人口減少に伴い、生産者人口(15歳から64歳)が1年間で70万人減少します。 10年間で700万人、20年で1,400万人、30年で2,100万人、50年で3,200万人の人口が減少します。

  

 消防設備士免許は、特殊な資格なので、市販の参考書では、2年以上勉強しなければ取得できません。  また、平成29年度消防設備士免許の13免許で29,733人(1免許2,27人)の非常に少ない合格者で、どこの会社でも消防設備士不足は、深刻な問題となています。

  

 3年前、モリタ宮田工業鰍ナ甲種4類の免許を当社の講習会で取得した43歳の受講生が正社員になっています。 社長と面接し、当社の二種電気工事士免許を持っている社員はなかなか甲種4類の免許は取れない。

  

 君は、1回でよく甲種4類の免許は取れたね言うことで正社員になれた話を受講生から聞きました。 

 

 このお話から消防設備士不足は、深刻な問題となっていることが解ります。「百聞は一見にしかず」のたとえをこんなに実感したことはありません。消防設備士 教習所の講習会で、消防設備を実際に「 見て さわって 」右脳を使って勉強するから「 1免許が12日〜30日」で取れるのです。

4 市販の参考書では消防設備士免許がなかなか取れない理由

      消防設備士免許が昭和40年から始まり50年たちます。  消防設備士免許を取得する全国10万7千人の消防設備士受験者の99.999%は、自動車教習所のような消防設備士の教習所がないため、50年間も市販の参考書 を購入して独学で免許を取る方法しかありませんでした。    

 

 市販の参考書で勉強している全国10万7千人の99.99%の受験者の合格率は、一般財団法人消防試験研究センターの合格率に掲載されているとおりです。  

 

 市販の消防設備士試験の参考書は、過去問がなく、非常に内容が悪いため、消防設備士免許は取れません。  甲種6免許の合格率は 20.9%、特に甲種一類は、16.9%です。    甲種及び乙種13免許の平均合格率は、25.5%と超低合格率の免許となっています。 

 

 社会一般に独学で合格できる国家資格は、60%以上合格率でなければ合格できないと言われています。  また 、社会一般に30%をきる国家試験は市販の参考書が悪いと言われています。  

 

 一般財団法人消防試験研究センターの合格率の掲載のとおり、市販の参考書で独学で短時間での消防設備士の免許の取得は、まず無理です。    当然、 消防設備士数が大きくたりなくなって大きな社会的問題に発展しました。   

  

 総務省消防庁は、できの悪い市販の参考書のため、消防設備士の絶対数が足りなくなり、国家資格である最低合格点を60点から40点にしかたなく変更しました。   できの悪い市販の参考書は40点、40点、100点の180 点にしなければ消防設備士数をたりず、国家試験制度までかえてしました。  

   

 そこまでしても、市販の参考書は、非常にできが悪く、消防設備士甲種6免許の合格率は 20.6%、甲種及び乙種13免許の平均合格率は、25.5%と合格率は上がりません。  50年間続いている市販の参考書での90%の合格りは絶対に無理です。  

 

 合格率とは、受験料金を支払った消防設備士試験申請者(受験者)で合格者を除した数値が合格率となります。  一般財団法人消防試験研究センターは、実際に試験会場に来て受験した受験者の数で割った誤ったでたらめな合格率をだしています。  万3千人の受験放棄者(107,804−84,848=22,956)を除いて合格率をだしております。 

 

 一般財団法人消防試験研究センターは、正しい合格率27,516(合格者)÷107,804(申請者)25.5%(合格率) です。   虚偽の合格率は、27,516(合格者)÷84,848(試験会場に来て受験者)32.4%(上げ底合格率)をだしています。   毎年、万3千人の受験放棄者 の9,945万円の約一億円の受験料金がドブに捨てられています。

 

 ※ 万3千人の受験放棄者最大の原因は、市販の消防設備士の参考書が非常に内容が良くないため、消防設備士試験に間に合わないません。   10万7千人の超低合格率の最大の原因は 市販の参考書の内容が非常に良くないため甲種6免許の合格率は20.6%、特に甲種一類は、16.9%の超低合格率と万3千人という大受験放棄者がでております。 

    

 そのため、万3千人消防設備士試験に受験勉強が間に合わないため約1億円の受験料金を支払っても受験しません。   年間、10万7千人の消防設備士受験者は、1免許取るのに市販の参考書を2冊5千円で購入します。    超低合格率の参考書でも5億4千万円の参考書が50年間も売れ続いている超特大ベストセラーです。      

 

 なぜ、消防設備士の市販の参考書が50年間も5億4千万円の超特大ベストセラー続くのかという、自動車教習所のような消防設備士教習所かないからです。   全国10万7千人の99.99%の受験者は、市販の参考書を購入して独学で消防設備士免許を取るしかないからです。

 

 この様に、全国10万7千人の受験者が、「市販の参考書での合格できない実態」をしれば、市販の参考書を購入しなくなり 年間5億4千万円の参考書の売り上げはなくなります。   どうしても、早急に消防設備士免許を必要な人は、3万6千円で超短期間で免許が取れる『消防設備士免許取得教育センター』の講習会を受講してください。

  

 各県の消防設備士試験は年2回行われ、市販の参考書が良くないので、20.6%合格率では5回以上の2年半、甲種1類は16.9%で7は回以上の3年半も1免許取得するのにかかります。   『消防設備士免許取得教育センター』の講習会は、簡単に1免許30日 で取得、7免許7ヶ月で取得できます。

 

 消防設備士教習所』の講習会は、消防設備士1免許12日〜30日 の1ヶ月で取得できてしまいます。  市販の参考書の甲種免許を取得するには、20.6%合格率では6回以上の3年の36ヶ月かかります。   人生35ヶ月の1050日の貴重な時間を無駄にしたくありません。

 

 合格率20.6%合格率では6回以上の受験しますので受験料金1回5千円ですので3万円かかります。   私は千葉に居住してますので、交通費は千葉から新宿まで往復で5千円×6回の3万円かかり、合計金額6万円もかかつてしまいます。

 

  消防設備士教習所の講習会費3万5千円で、交通費5千円で4万円で1免許取得できます。  1免許取得日数は、30日で取得できます。   3万五千円で人生35ヶ月050日の貴重な時間を購入できて、050をほかの仕事に有効に使用できます。  

 

 消防設備士免許は、持っている人が非常に少ないので何歳になっても就職できます。  消防設備士の絶対数が足りず、全類8免許取得していたら生活は、一生困りまりませんし、どこでも就職できる貴重な役立つ免

免許です。      

 

5 消防設備士参考書は、50年間も低合格率でも毎年5億4千万円以上売れ続けている超特大ベストセラーです。

 社会一般に合格率30%をきる国家資格は、教本が悪いとされています。   毎年、10万7千人の受験者は、しかたなく市販の参考書を購入して消防設備士免許を取る方法しかないのです。   

 

 甲種6免許の合格率は20.5%で 甲種及び乙種の合計平均合格率は、25.5%の超低合格率の内容が非常によくかい参考書でも、合格しなくても書けば何でも黙っても売れるのです。  

 

 10万7千人の受験者は、1免許取得するのに誰でも市販の参考書を1人平均2冊以上を5千円で購入します。    10万7千人×5千円=5億4千万円の売り上げになります。   消防設備士の参考書は、黙っていも免許です。      

 

5 消防設備士参考書は、50年間も低合格率でも毎年5億4千万円以上売れ続けている超特大ベストセラーです。

 会一般に合格率30%をきる国家資格は、教本が悪いとされています。   毎年、10万7千人の受験者は、しかたなく市販の参考書を購入して消防設備士免許を取る方法しかないのです。    

 

 甲種6免許の合格率は20.5%で 甲種及び乙種の合計平均合格率は、25.5%の超低合格率の内容が非常によくかい参考書でも、合格しなくても書けば何でも黙っても売れるのです。

  

 10万7千人の受験者は、1免許取得するのに誰でも市販の参考書を1人平均2冊以上を5千円で購入します。  10万7千人×5千円=5億4千万円の売り上げになります。   消防設備士の参考書は、黙っていも毎年5億4千万円以上の50年間も売れ続けた超特大ベス トセラーです。  

 

 出版社は、50年間も黙っていて毎年5億4千万円以上売れるので、参考書の内容が悪い超低合格率参考書でもいいのです。  出版社は、消防設備受験者が毎年、合格しなくても5億4千万円以上の売れる参考書だから合格しなくてもいいのです。   

 

 消防設備士教習所がないため、市販の参考書で独学で勉強し免許を取得する方法しかないため合格しなくても50年間も書けば何でも売れるのです。 

 

 市販の参考書で勉強する全国10万7千人の消防設備士受験申請者は、驚くことに2万3千人の消

出版社は、50年間も黙っていて毎年5億4千万円以上売れるので、参考書の内容が悪い超低合格率参考書でもいいのです。  出版社は、消防設備受験者が毎年、合格しなくても5億4千万円以上の売れる参考書だから合格しなくてもいいのです。   

 

 消防設備士教習所がないため、市販の参考書で独学で勉強し免許を取得する方法しかないため合格しなくても50年間も書けば何でも売れるのです。

 

 市販の参考書で勉強する全国10万7千人の消防設備士受験申請者は、驚くことに2万3千人の消防設備士受験者が試験会場に行かない状況から消防設備士の参考書が非常に分りにくく、受験勉強が間にあわないことは事実です。  

 

 市販の参考書は、系統立てた記載でなく例えば消防法、構造、電気、製図、鑑定、機械内容が混じりいあっちに飛んだりこっちに飛んだり頭の整理ができない状況となり、勉強していてもなにを勉強しているか分からない参考書になっています。   

 

 勉強していても何が書いているかわからないので覚えられないので、年間10万7千人の消防設備士受験者のうち、驚くことに、2万3千人の受験者が毎年、試験会場に行っておらず受験を辞退しています。   毎年、毎年2万3千人の受験辞退者受験料金約1億円の現金が毎年ドブに捨てられ、もったいないお話です。

   

6 合格率20%の超低合格率の市販の消防設備士参考書が最低合格点を60点から40点に変えた。

 全国10万7千人の消防設備士受験生の皆さん、消防設備士試験の筆記試験の内容は、非常に難しい内容の試験なのでしょうか?  

 

 消防設備士試験の筆記試験の内容は、電気は中学2年生でならう内容、機械は高校1年生でならう内容、消防法は中学生でもわかる内容規格・構造、製図は高校生でもわかる程度です。

 

 国家資格の中で一番やさしく、簡単に超スピードで消防設備士1免許がたったの 12日から30日で取得できてしまう免許です。 超低合確率の市販の参考書では、社会で必要する消防設備士の絶対数が足りなくなります。   

 

 しかたなく、総務省消防庁の消防庁長官は増員をはかるため、はしかたなく消防設備士制度の変更を余儀なくされました。

 

 消防設備士の国家試験は、消防設備士筆記試験3科目は、消防法60点、電気・機械60点、規格構造60点の180点以上で鑑定と製図試験は60点以上であれば合格となります。  市販の参考書の内容が非常に良くないため最低合格点60点がなかなか取れません。  

 

 総務省消防庁長官は、消防設備士数の人員がたりなければ、国会で国会議員に消防設備士の増員の責任を求められます。  そのため、消防設備士免許制度を大幅に変更防設備士免許の最低合格点60点40点さげて合格にしました。  

 

 国家試験の最低合格点を40点まで下げさせるほど非常に品質や出来が良くない市販参考書は、世の中で消防設備士の参考書だけです   『命にかかわる大切な消防設備』なのに、筆記試験3科目で40点、40点、100点180点、50点、50点、80点の180点でも合格として合格しやすい配点にしたのです。 

 合格点は、本来60点でなければならないところを40点にさげて合格率を上げようとしましたが、それでも市販の参考書が非常に品質や出来が良くない合格率は上がりません。

 

 合格しやすく配点を下げても、それでも甲種6免許の合格率は 20.5%、甲種及び乙種13免許の平均合格率は、25%と超低合格率です。   最低合格点を60点としたなら消防設備士免許の合格率は10%をきる超難しい国家試験になってしまいます。   

 

7 低レベル40点合格の消防設備士再講習5年の期間が2年に変更された

   一般にどんな免許でも取得すれば、最初の再講習は、免許取得後の5年で行われます。   命にかかわる消防設備士免許の再講習は、免許取得後、2年目に実施しています。  その後の再講習は、5年ごとに実施しております  

 

 本来、国家資格の合格点は、60点以上が合格です。   市販の参考書が内容が良くない免許がとれず、本来の60点合格点40点下げ、しかたなく合格としたのです。    このため命にかかわる消防設備士業務に支障でると大変なことになります。  

 

もっとこの内容を詳細に知りたい方こちらへ
全類消防設備士13免許の講習会のご案内 こちら

 

消防設備士 資格

9 超低合格率の参考書でも、毎年6億円の特大ベストセラー

消防設備士免 許取得制度が昭和40年から始まり50年たち、年間10万人の消防設備士受験者が受験しております。  自動車の免許を取得するには自動車教習所へいき免許を取得するのが常識です。  消防設備士免許を取得する教習所は全国には今までないので、10万人99.99%の消防設備士受験者は市販の参考書を購入して独学で勉強するしかありません。  

 

 甲種消防設備士甲種特類〜甲種5類の6免許の合格率は、19.9%です。 甲種消防設備士及び乙種消防設備士の13消防設備士免許の合計平均合格率は27.1%で30%を切っています。 合格率が30%をきる国家試験資格は、一般的に参考書が良くないと言われており、消防設備士の免許はなかなか合格できません。

 

 一般的に参考書が良くないと言われている結果が、受験勉強が試験まで間に合わないので 2万人の受験者が試験会場に行って受験しておりません。  この2万人の消防設備士受験者が受験を辞退して受験しないことが市販の参考書が非常に悪いことは明らかです。

 

  10万人の消防設備士受験者は、市販の参考書を悪くても購入するしかありません。 消防設備士受験者一人平均2冊五千円の本を購入すると五億円の大きい市場になります。 消防設備士免許制度が昭和40年から始まり、5億円の超特大ベストセラーが50年間も続いているのです。

 

 出版社は、毎年、毎年、消防設備士試験に合格しようが、不合格になろうか、受験勉強が間にあわなくても関係なく合格するために5億の参考 書を黙っていても消防設備士受験者は必ず購入します。   消防設備士教習所がないから10万人の消防設備士受験者は市販の参考書で勉強する方法しかないから必ず購入してくれます。 

 

 合格率が超低合格率の市販の参考書でも50年間も毎年、毎年、売れ続ける参考書はありません。  どんな消防設備士の参考書でも書けば売れるので『消防設備士免許取得教育センター』に7出版社から参考書の作成依頼がありました。  ある出版社では、甲種4類の参考書を10種類だしています。

 

 参考書は、必ず購入してくれる競争原理は働かない五億円の非常に大きな売り手市場なので、超低合格率で、2万人の消防設備士受験辞退者が発生している参考書の受験勉強から脱却の時代だと思います。

 

 消防設備士1免許を『消防設備士免許取得教育センター』の講習会で簡単に90%合格率で講習会費三万五千円超高速の30日で取得できます。   2冊五千円の市販参考書で1免許取得するのには、甲種6免許の合格率19.9%ですので、5回受験で1免許取得するに2年半かかります。  

  

 また、1免許取得するには、五千円の市販参考書代金5回の受験料金二万五千円5回の交通費2年5ヶ月間にわたる長期の受験勉強時間2年半のストレスがかかります。  料金的には、『消防設備士免許取得教育センター』の講習会費より多額の料金がかかります。   三万五千円2年半という長時間を買えるのなら安いお買い物です。  『人生 という時間を無駄にしたくありません』   

 

10 消防設備士試験の1番大事なことは超短期間で免許を取得

消防設備士免許は、合格率100%の合格率より超短期間の消防設備士1免許を30日で取得することが大事なことです。 例えば消防設備士全類8免許を8年かけ100%の合格率では何ら人生で役に立たたなく8年間という無駄な時間を捨てています。

 

 例えば消防設備士全類8免許を8年かけ100%の合格率より、1年未満で90%の合格率全類8免許を取得するほうが1番大事です。 消防設備士免許を取得し7年間の時間が有効に活用でき、8免許で多数の業務や仕事をすることができます。  人生において収入もふえ、ゆとりある生活もでき、老後も楽しい人生が送れます。  自動車免許取得より安い27万円で消防設備士免許が取得できます。  27万円で人生と豊かな生活が買えるのです。

 

 消防設備士教習所の『消防設備士免許取得教育センター』が設立され講習会が本格的にはじまりました。  消防設備士1免許が2日の講習30日で取得でき、甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許が7ケ月で取得できる消防設備士教習所が開講され本格的にな指導がはじまったのです。 

 

 消防設備士教習所の『消防設備士免許取得教育センター』は、消防設備士受験者に『小さな努力、大きなお金、大きな成果』の時間を販売している会社です。  『消防設備士免許取得教育センター』の消防設備士講習会や消防設備士通信講座を受講し、1免許30日で消防設備士免許を取得してみませんか? 

  

11 一般的に30%の合格率をきる国家試験は教本・参考書とは?

 年間全国10万人の消防設備士受験者の99.99%は、市販の参考書で勉強するしかありません。  消防設備士の10万人の受験者の皆さんは、消防設備士免許がなかなか取れないとか、合格できないとか、努力が足りないとかと消防設備士免許が取れないのは受験者が本人が悪いと考えてしまいます。 

 

 一般的に国家試験で30%をきる国家資格はテキストや参考書が良くないとされいます。  あまりも合格率が低いため消防設備士の筆記試験、消防法、電気・機械、構造の3科目が全体で180点取得すれば合格で、1科目最低点数40点でいいですよしました。

 

 消防法100点、電気・機械40点、構造40点でも合格とした点数配分としても甲種6免許合格率は19.9%、甲種乙種合計合格率は、27.1%です。  取得しやすい点数配分にして合格率を高めてもをみても、この合格率ですから

 

 取得できない取れない大きな原因は教本やテキストや参考書があまり良くないから合格できないのです。

 

 消防設備士の試験内容は中学2年生で勉強する内容や高校1年生勉強する内容なので普通の努力で合格できる試験内容です。  市販の消防設備士の参考書のほとんどの著作者が消防設備について良く知らない人とか、もと消防職員でなく消防法についてまったく知らない一般人とかが書いているで解りずらい参考書です。  

 

14 消防設備士免許が取得できない大きな原因はどこにあるの?

   消防設備士受験生の皆さん、消防設備士免許が簡単に消防設備士全類8免許が1年未満で取得できな原因はどこにあるのでしょう?   消防設備士免許取得制度が昭和40年から始まり50年たち、年間10万人の99.99%の防設備士受験者は、消防設備士免許を取得するには市販の参考書を購入して勉強方法しかありません。

 

  なぜ、消防設備士免許がこのような超低合格率なのでしょうか?  大きな原因は、消防設備士業務に携わる人達が程度の低いなのか?  市販の参考書が非常に悪いから合格できないか? 取得できない原因はどちらなのか最初は分かりませんでした。  

 

 なぜこんなに合格率が低いのか? 消防設備士受験者は、消防設備士免許を取得した経験がないので考えても原因を見つけることはできません。 自動車教習所と同じような消防設備士教習所がないからです。

 

 全国10万人の消防設備士受験者の99.999%の受験者は、しかたなく50年間も超低合格率の市販の参考書で勉強するしかありませんでした。  全国10万人の消防設備士受験者は、受験するのに平均2冊の市販の参考書を購入し5,000円を支払います。  10万人×5,000円=5億円の大ベストセラーの大市場なのです。

 

 合格率の悪い市販されている参考書は、受験勉強に間に合わず2万人の受験者が受験放棄しても市販の参考書は毎年5億円の参考書は売れます。  市販の参考書で勉強するしかないので合格率が低くても5億円の大ベストセラーですので消防設備士の参考書は50年間売れつづけてきました。 

 

 おなじ市販の参考書が売れなくなったら少し内容をリニューアルして販売すれば売れます。  おなじ出版社が同じ類の参考書を8冊課〜10冊も出版しています。   手をかえ品をかえて毎年5億円の販売ができます。  この様に合格率の低い参考書で5億円の販売が50年間も続き、さらに今後も販売されます。 だから、 『消防設備士免許取得教育センター』に消防設備士の参考書を作製の依頼が消防設備士出版社から7社からくる理由もうなづけます。

 

 このような消防設備士受験勉強していれば、甲種消防設士6免許の超低合格率19.9%ですから平均最低5回受験しなければ消防設備士免許を取得することはできません。 運のいい人がたまたまマグレデ5回目の受験で合格しただけです。 

 

 「消防設備士教習所」」に甲種5類の消防設備士試験に10回落ちた受講生が神戸から千葉に受講にきました。 この受講生は、この問題はでた、この問題もでた、この問題はたまにでると10回も受験すると出題傾向は良く知っております。  10回落ちた受講生はどうしても回答は書けませんので落ちます。 市販の参考書で勉強続ける限りのような消防設備士免許取得は永遠に続きます。

 

  消防設備士免許は、69歳の人でも簡単に7免許が8ケ月(1免許34日)で取得できてしまう簡単な免許なのです。  甲種特類スーパー設備士免許を含めた8免許が349日で取得できたのです。  甲種特類の免許は、平成16年6月にでき平57歳の男性に平成17年10月に364日の1年未満で取得され10年たちます。  そして2年後の平成20年10月に消防設備士7免許が7ケ月と8日で取得され、348日で全類8免許が取得されています。  消防設備士全類8免許は、10年前から1年未満で簡単に取得できてしまう免許なのです。  

 

15 全類8免許は、90%の超合格率で1年未満で取得できる

 誰しも消防設備士免許は、一回の試験で取得したいものです。 消防設備士免許を取得する要件として大切なことは2つあります。  一つ目は、消防設備士免許を短期間で取得できることです。  

 

 例えば甲種1類から乙種7類の7免許を7ケ月で取得できる免許、消防設備士1免許を30日で取得できる免許とか、消防設備士全類8免許が1年未満で簡単に取得できる免許です。

 

 2つ目は、消防設備士免許を取得するに当たり合格率です。例えば甲種特類、甲種1類から乙種7類の8免許の取得が超高合格率の90%以上の合格率で取得できることです。

 

 消防設備士免許を短期間で取得できることは、勉強時間がすくなく効率的に勉強する結果とて現れます。 消防設備士1免許取得に2年10回受験すると人生の時間の無駄になり、ストレスも多くたまります。

 

 例えば甲種1類から乙種7類の7免許を7ケ月で取得できれば、当然合格率も90%の超高合格率となり、勤務先でも仕事に対して信頼されます。 消防設備士全類8免許取得している社員であれば8人の給料や厚生年金等を支払わなくてよく、給料も1.8倍ですみ会社としてメリット大きな人材です。

 

 消防設備士全類8免許取得の社員であれば、建築士や電気工事士との打ち合わせ回数が少なくて仕事の効率も上がり、1社員で8消防設備について全体を管理でき手間がはぶけます。 

 

 建築士や電気工事士は、新現場の仕事での打ち合わせも一人でよく、仕事のスピードも早く、全体の仕事管理もしてくれるので効率よく仕事ができる人材なので新しい仕事をくれます。 

 

 会社としては、有能な人材なので社長から大事にされ給料も上がり生活も豊かになり、役職も上がり、人望も集まりたのしく人生が過ごせるようになります。 

  

   毎年、全国で10万人の消防設備士試験受験生は、消防設備士免許取得にあたり99.99%の受験生は市販されている参考書で勉強するしかありません。

 

 消防設備士試験の合格率は、電気工事士試験の合格率は72%合格率ですが、甲種消防設備士の6免許の合格率は19.9%と非常に低く、乙種消防設備士7免許は27.%と低い合格率となっています。特に甲種1類は、14.7%と超低合格率です。

 

 消防設備士の99.99%のほとんどの受験者は、独学で市販の参考書を購入して受験勉強をしております。 参考書では過去問題がないため出題傾向と教本の内容が分かりずらく受験勉強が受験に間に合いません。 

 

 平成24年度の一般財団法人消防試験研究センターの統計の甲種乙種の受験者の合計を分析すると約10万人(10,1413人)が受験申請し、実際に試験会場に行った82,260人が受験し、約2万人(19,153人)が受験放棄しています。 

 

 一般に国家試験で合格率が30%をきる資格は参考書が悪いと言われています。 全国の99.999%の受験者は、市販されている参考書で勉強しています。 2万人の受験申請者は、参考書の内容が非常に良くいから受験しても合格できないと自ら判断して5人に1人が試験会場に行っていません。 

 

 受験前から市販の参考書に勉強していてもも何が書いてあるか解らない、内容が分かりずら い市販の参考書では不合格となるのは当然であります。 非常に悪い市販の参考書で勉強しても合格はほとんど無理です。

 

 建物は毎日建てられるので、消防設備の仕事は毎年増加し、半年たてば消防設備の点検することになり、消防設備士の数がたりない状況が発生します。  消防設備士の数が毎年たりないと社会問題となり、消防庁長官は国会で対応を求められます。

 

 どの国家試験の最低合格点は、どの国家試験でも最低60点以上です。 消防設備士の筆記試験は、消防法60点、電気・機械60点、規格・構造60点の3科目のですが180点以上が合格になります。  あまりにも、合格率が悪いたの、直接命にかかわってくる設備なのに、しかたなく消防庁長官は最低合格ラインを40点として40点、40点、100点の180点配点としたのです。 

 

 消防設備試験制度がはじまって過去50年たちますが市販の参考書が悪いから合格基準を下げても市販の参考書で勉強する限り合格はほとんど無理です。

 

 日本消防コンサルティング鰍ヘ、このような現状ふまえ 『消防設備士免許取得講習センター』を設立して一消防設備士免許が30日で取得できる消防設備士講習会や通信講座を開設しました。 最近の『消防設備士免許取得講習センター』の69歳の受講生は、甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許が8ヶ

▲このページのトップに戻る