固定スペース

潟ーキャン消防設備士講座講師のおことわり真相

  2回目の打ち合わせで、親子2名がが甲種特類、甲種1類、甲種2類甲種祖3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類及び乙種7類の8免許を1年以内で取得できたのは、教本、消防設備・機器類及び教材が大切なことをお話しました。

 

 必ず教本は出題されるところだけのところを コンパクトにまとめた薄い教本だなければ合格はできないこと。 教本が厚ければ精神的に参ってしまい途中であきらめてしまう。 『重要・絶対とした部分を覚えれば合格することが明らかであるから頑張れるのです。』 全類の消防設備・機器類を目の前にして消防設備・機器類に直接触られることで機能の確認と鑑定の勉強が直接できることが非常に大事であるなことをお話しました。

 

 過去に出題された問題が多く集められていなければ新規参入は絶対無理であります。 過去18年間にわたり過去問を収拾してきたからそれに合わせ基本的消防設備士設備の教本が自然と作成されたものです。  15年以前に免許を取得した人が教本を書いても現実の出題傾向がわからず、消防設備は毎年進化し新しい設備が開発されています。 

 

 消防法も消防設備の開発に合わせ改正れ、平成16年6月に新しい設備に対応する『甲種特類』というスーパー設備士の免許ができています。  一昔、二昔前に免許を取得した人が作成した教本による免許取得は無理があります。  問題の収拾方法等は難しいので合格にはつながらないお話についてユーキャンにいたしました。 

 

 私ごとでありますが、平成16年6月にスーパー設備士甲種特類の免許資格が新しくでき、平成16年6月以降甲種特類の免許を含めた全類(8種類の免許)を1年以内に取得した人はいないだろう、日本1最速の全類の消防設備士免許取得者なろうと57歳の時に目標をたて勉強をはじめました。 途で3回から4回『もういやだ、もういいや』と思ったことがありました。  途中、これだけ覚えれば合格する事が分かっていたので頑張れたと思います。 今考えると1免許45日で免許を取り、1年で8免許を取得することを考えると『キチガイの沙汰』だと思います。

 

 後日、私よリ19日早く全類を取得した消火器しか見たことのない息子に、消防設備士免許全類取得の勉強は大変だったかと聞いたところ、『出題するところが分かっているので大変ではなかった』との回答でとた。した。  やはり、息子も出題される個所が明確に分かっている事と教本が薄く、要点がまとめられているから頑張れたのだと最近聞きました。

 

 

 潟ーキャンから突然ののメール 2011/01/25

 『宇山 様

お世話になっております。

消防設備士講座の指導講師業務につきましては、ご協力いただいておりますこと、改めてお礼申し上げます。

今回メールを差し上げましたのは、かねてから宇山先生のご指摘の通り、消防設備士講座の増刷にあたり、教材の見直しを行うことになりました。

つきましては、第1類コース(甲種・乙種)の教材内容の検証をお願いしたいと思います。

検証内容、検証期間、対価等につきまして、まずは打合せをお願いしたいと思います。

今週か来週のいずれかで2時間ほど打合せのお時間を頂戴することは可能でしょうか。

場所は弊社代々木事業所か、宇山先生のオフィスまでお伺いするかでお願いしたいと思います。

後ほどお電話をさしあげますので、ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。 』

 

 当社に潟ーキャンより講師の依頼から急に教材内容の検証、検証期間及び対価等につての依頼 『宇山先生のご指摘の通り、消防設備士講座の増刷にあたり、教材の見直しを行うことになりました。  つきましては、第1類コース(甲種・乙種)の教材内容の検証をお願いしたいと思います。検証内容、検証期間、対価等につきまして、まずは打合せをお願いしたいと思います。今週か来週のいずれかで2時間ほど打合せのお時間を頂戴することは可能でしょうか』とのメールが きました。

 

  

 

 

 

 

 その結果、メール『今回メールを差し上げましたのは、かねてから宇山先生のご指摘の通り、消防設備士

場所は弊社代々木事業所か、宇山先生のオフィスまでお伺いするかでお願いしたいと思います

消防設備士講座の指導講師業務につきましては、ご協力いただいておりますこと、改めてお礼申し上げます。』と記載のとおり講師として認められました。

 当社 といたしましては、お客様に潟ーキャンより【安い料金で、お客様の小さな努力で、日本一早く消防設備士免許取得ができる】サービスが提供できることと、当社にとってなんらメリットがないことが最大の理由でおことわりしました。 

▲このページのトップに戻る