固定スペース

消防機関の予防行政に必要な人材

 消防職員数は全国的に定数削減はありません。全国の各消防機関において、段階の世代の多数の退職から予防業務及び警防業務についてスムーズに引き継げるよう職員の育成が必要になっております。

 

 警防業務は毎日訓練を実施すれば警防隊員育成の成果は目に見えて判断できます。  予防指導業務については、知識のためこの隊員がどれだけ能力があるかどうか判断できません。 目に見える判断として公の資格である甲種消防設備士の免許を取得している人物かで判断するしかありません。

 

 消防職員が消防同意業務に必要な能力として、甲種消防設備士の免許が必要です。 この免許は消防設備の設計図の作成と工事ができる免許です。 消防同意にあたり配管・配線が正いしかどうか読める。 スプリンクラー、屋内消火栓のポンプの大きさが計算できる。 ガス系消火設備の設計図読める。 泡消火設備の配管と原液タンクの大きさが計算できる等の知識がなければ正しい消防同意はできません。 どうしても甲種消防設備士の資格が必要です。

 

 乙種消防設備免許は、消防設備の点検整備する免許ですから消防職員には必要ありません。査察及び消防設備検査に行き消防設備を点検整備は行いません。 査察に行き消防設備士及び消防設備点検資格者が実施した消防設備定期点検表をみて、不備な点があれば是正させればよいことです。 消防同意事務には消防設備設置の製図作成でき、配管・配線が読める能力の甲種消防設備士免許が必要です。

 

 上司の方は、甲種消防設備士免許を持っている部下を消防設備の配線・配管・機能・消防設備の設計図が読めて作成とができると判断します。  上司は、甲種消防設備士免許を所有している部下を信頼して消防同意事務、消防設備着工届の受理、消防設備等設置届による消防設備等の検査でき消防設備の完成検査済証の発行まで安心して任せる事ができます。 当然、消防同意業務を行うには、甲種消防設備士免許が目安となり、この様な人材がどうしても消防機関に絶対に必要となります。

 

 全国の各消防機関において、予防業務を見ますと段階の世代の多数の退職から消防同意業務についてスムーズに引き継げるよう職員の育成が必要になり、様々な問題が発生しております。

 

 予防業務にあっては、消防同意業務をされていた段階の世代の方々が一度に多くの毎年、毎年退職されています。 消防同意業務能力の引き継ぎ継続ができなくなっています。 消防同意業務能力の低下により設備業者とのさまざまなトラブルが発生しております。 消防組織が大きくなれば消防同意業務を各署から消防局に引き上げて一か所にまとめて消防同意事務を実施する消防機関も出てくるかもしれません。

 

 大なり小なり全国的に発生している問題を解決するためには、若い消防職員や年代を段階的にわけた消防職員に最低必要な消防設備士免許(甲種消防設備士の甲種1類、甲種4類、甲種5類免許)を取得させ早急に消防同意業務能力を育成する必要があります。

  

 消防職員数は全国的に定数削減はありません。 警防業務は毎日訓練を実施すれば警防隊員育成の成果は目に見えて判断できます。  予防指導業務については、知識のためこの隊員がどれだけ能力があるかどうか判断できません。 目に見える判断は、甲種消防設備士の免許を取得している人材かで判断するしかありません。

 

 消防同意にあたり配管・配線が正いしか読めること、自動火災報知設備の配線製図の作成できるとか、スプリンクラーの配管図の作成及びポンプの大きさが計算できるとか、屋内消火栓の吐出量及びポンプの大きさが計算できるとか。ガス系消火設備の設計図読めること。泡消火設備の配管と原液タンクの大きさが計算できること等の判断は上司にはできません。  段階の世代の多数の退職者により、適正な人事異動が困難な状況がおきています。 上司が消防設備の免許取得者なら判断できますが、ほとんどの上司は消防設備士免許取得者ではありません。

 

 建築士姉歯さんは、建築士1級の免許を所持して業務をしております。 甲種消防設備士が消防設備の設計図を作成し、消防設備の設置届を提出してくるわけですから、その人と同等の免許を持っていなければ適切な判断ができませんから、姉歯さんみたいな人が万一いたら大変な事になります。

 

  消防機関において甲種設備士の免許取得のメリットは、具体的に 消防設備の消防同意事務の受付に当たり、甲種1類の免許であれば、例えば55階のビルの屋内消火栓、スプリンクラー設備の配管、スプリンクラーヘッドの数、ポンプの大きさの計算及び図面が読めたり、作動試験方法わかるので試験ができる様になります。 甲種4類の免許であれば、例えば自動火災報知設備の感知器及び配線の設計、どの種類の感知器をつけるとか、作動試験方法等ができるようになり、消防同意事務及び消防検査業務スムーズにできようになります。

 

   若い消防職員及び消防同意事務に携わっている消防職員の方々には是非とも免許を取得され自信をもって指導課業務に励んでいただきたいと思います。 また、年齢が高齢化になってくると現場がキックなったり、現場で怪我をしたり、病気になった場合等を考えると免許を取りたいという方もおられます。    消防設備が分かると火災現場での正しい活用方法がわかり、誤作動した場合の処理対応がスムーズにできができます。 1日講習会ですので、指導業務をされている方、これから指導業務の仕事をされたい方にお勧め講習会です。 

  

  若い消防職員及び消防機関員になぜ消防設備免許取得が全類1年以内で取得できるのと聞かれたり、消防職員に必要な消防設備士全類(8種類の免許)が1日講習で1年以内に取得できますか。

 

 一つの免許が30日〜45日で取れる訳ですから常識的に考えたら『出来ないと』答える人が99.99%だと答えます。 なぜ取得できるかと言うと一言、試験に出る問題と出題傾向がわかり製図作成等が教本に反映されているからです。 

 

 当社がこの講習会を引き継いだ前社は、東京都内で18年間にわたり消防設備士免許取得講習会を行っていた会社です。 18年間で多数の講習会の会社ができては消え、できては消えて数年でなくなってしまつております。

 

 18年にわたり長年続く存続しているのは前社だけだすと前社長は話しています。  長期に継続し続けた最大の理由は、全類消防設備士免許取得講座の実施と取得合格率が高いことが存続につながったと話しています。 また、免許を取得された多数の方々がリピーターになっていただき受講生がこられました。

 

 消防設備業務をされてる方は、一つの免許だけでは仕事にならず、かける7免許及び8免許のお客様になっております。社長として消防設備士免許取得講習会のプロ中のプロだから合格させ続けた事により生き残りになたがったと話しています。

 

 教本作成には、長年の消防設備工事の実務経験が実務に必要な教本を作成し、18年間の講習会のノウハの蓄積が教本の作成に非常に役立っています。 

 

 

 最初は2日間講習で実施していたが、遠方の方達が2日の受講期間大変であるので1日講習でお願いしたいとの要望でた1日講習会になったのです。 当社のキャチフレーズは『大きな費用・小さな努力・大きな成果』がキャチフレーズです。

 

▲このページのトップに戻る