固定スペース

安全・安心な社会構築を目指して

 私は、この現状を見ると消防設備士の養成学校的なものがなく、勉強するにも消防設備の基本的教本・教材が無い状況が原因だと思います。  教本に基づいて基本的なことを指導できる講師がいないからこのような状況が発生している原因の一つと思います。  

 

 現実に今でも教材と言えば各類の過去問の問題集が各社から多発発行されております。  受験生は過去問だけを何回も、何回も、何回も解き続け基本的に理論的な勉強をせず、過去問重視の勉強しかしていません。 基本的に消防設備について理論的な思考できない消防設備士の誕生になります。 このような受験生は、マグレで受かってしまったマグレ消防設備士が大多数を占める事になります。  このような勉強方法では、当然で全類を1年以内に取得する事は、絶対に無理です。      

 

 社会に出て新築工事は配線の色での結合を覚えてしまい工事をしています。  故障が起きた場合、過去問だけの勉強のため理論的に考えることはできません。  理論的に考えて故障の修理ができないマグレ消防設備士になっり、問題が起こっても適当に回答するから後で大きな問題に発展します。

  

 現場社会で消防設備の配管、配線の設計図の作成、消防ポンプの大きさの計算ができる、消防設備の構造機能が理論的によく分かる消防設備士の育成が必要です。  安全な社会、安心して暮らせる社会を築くためには社会に出て役立つ『真の消防設備士』の養成・育成がどうしても必要になります。 当社は真の消防設備士の育成をめざし社会の安全・安心作りを理念として業務の推進を図っております。

 

 消防設備の設置、点検業務は人命にかかわる業務であります。 消防設備士受験準備合格セミナーは、受講生の方々に短期間に免許の取得していただき、正しい知識と理論的に設備機能について考えられる消防設備士なっていただきたいと考えています。

 555555.jpg

 安全・安心な社会構築、会社で求められる人材、多くの人に認められる

人材なるよう消防設備士受験準備合格セミナーでぜしとも学んでください。

 

 全類の免許を取得して消防設備の事はなんでも分かると自信を持って

『真の消防設備士』になってください。 現状の社会はいつでも大きく変化しております。 消防設備もCルート制度により今までは考えられない消防設備が出てきます。

 

 例えば真空スプリンクラーといつた逆の発想の消防設備がでてきて大きく変化しております。 その中で消防設備士として生きていくためには「毎日の業務の中で学び勉強することであります。 そして広く社会の中で活躍する人材になって幸せな人生を歩んでください。

 

 日本消防コンサルティング株式会社は、全類消防設備士免許の短期間で消防設備士免許取得できる講習会・通信講座を行っています。 消防設備士免許取得専門の講習会、通信講座のオンリーワンであり、ナンバーワンであります。  オンリーワンであり、ナンバーワンであり続けるためにも皆様とおなじように学び勉強し続けます。

▲このページのトップに戻る