固定スペース

消防設備士免許でコロナを乗りきる方法

 コロナの発生により、令和の厳しいコロナ時代の時代に特に製造業、宿泊業、飲食業、小売業などドンドン失業者の数は増え、多くの人が解雇されています。

 

 早期退職者を募る企業も増えて、従業員の皆さんは生き残りを掛けて必死に頑張っております。  従業員は給料が安くなっても何とか耐え忍んで、この不況を乗り越えようと頑張ってい.る状況です。                                                   

088.jpg

 消防設備士

   代表講師   

山 幸 逸

 

 

  

 コロナの発生により、令和の厳しいコロナ時代にほとんどの製造業、宿泊業、飲食業、小売業は失業者の数は増え、多くの人が解雇されています。

 

 早期退職者を募る企業も増えて、従業員の皆さんは生き残りを掛けて必死に頑張っても会社は持ちません。 

  

 会社が倒産したら元もこも無くなるので、従業員は給料が安くても我慢して、この不況を乗り越えようとしています。 

 

 また、早期退職を受け入れる人も大変な生活苦と退職者に対して住宅ローンや教育ローンなどの精算が始まります。

 

 40代〜60代の人がどうしたら再就職出来るかと考えた場合、答えを見つけるのが大変です。 ほとんどの人は、どうしょか志向停止して毎日悩み答えがでません。

 

コロナ失業者の安定資格のスキルは何か?

 コロナ失業者や会社の倒産等を考えた場合は、自分の人生の将来が安定的な生活でき、退職するまで続く資格免許のスキルを身に付けたいと誰でも考えます。

 

 将来的に安定できる仕事につきたいと考えた場合、誰でも公務員の仕事を選びます。  次に公務員になれなければ国家資格の免許取得して国家が保証する仕事を行えば仕事が安定します。

 

 その様な仕事の人気のある国家資格は、1位:簿記検定  2位:宅建士(宅地建物取引士) 3位:中小企業診断士 4位:社会保険労務士 5位:ファイナルシャルプランナー 7位:公認会計士 7位:税理士 8位:情報処理・パソコン  9位:行政書士 10位:司法書士となっています。

 

 これらの国家資格を取得するには、長期間の6ヶ月〜2年間の勉強がかかりますので無理です。 

 

コロナに対応できる短期間で取得できる資格

  ロロナに対応できる仕事は、1ヶ月で取得できる免許でなければ対応できません。で取得できません。

 

▲このページのトップに戻る